カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

スポング・コーヒーミル



今日はスポング・コーヒーミルの紹介です。
このミルは大学生のときにアルバイトをしていたコーヒー専門店のマスターが卒業祝いにプレゼントしてくれたものです。

ですから、もう30年選手です。

「これはいいミルだよ」とマスターは言っていたのですが、それなりの価格がしていて貧乏学生の身では買うことができず、いつもほしそうに眺めていたのでした。

プレゼントされたときは嬉しかったですね~。

このミル、見てわかるように、壁か板に固定しないと使えないので、いただいてしばらくは飾りになっていましたが、定位置ができて約5年くらい前からはほぼ毎朝これでコーヒー豆を挽いています。

手回しのコーヒーミルは高校生の頃から使っていましたが、このスポング・ミルは今まで使ったどのミルよりもずっと効率よく挽くことができる優れものです。

ただし、使わないときはふたになっているものを受け皿に使うのですが、浅いので、それを廻しながら挽かないと挽いた豆があふれてしまうので注意が必要です。

ミルの上も下もオープンなので、豆が飛び散ってしまいがちですが、それだけに、とてもいい香りがします。
音もかなりうるさいですし…。



このスポング・ミルについて少し調べたら、今はもう作られていないようです。

世界で最初のコーヒーミルがこのスポング・ミルで1895年にジェームス・オズボーン・スポングという方が考案したそうです。
もともとひき肉を作ったりスパイスを挽く機械を作っていた会社でそれを改造したものです。
その形のまま100年以上も造り続けられたわけです。

大きさは#0~#4の5種類があり、日本には小さめの#1が中心で輸入されていたようです。

私のミルも#1です。

この歴史あるスポング社は1980年代にサルタという秤で有名な会社に買収され、サルタ・ミルとして販売されていたようですが、その後、そのサルタ社が倒産し、作られなくなってしまいました。

サルタ社の時代は、ハンドルの持ち手が赤のベークライト製ではなく、白木の木製になっているようです。
(でも、ほんとうに古いスポング・ミルもハンドルは木製です)


また、後ろのSPONGやENGLANDの刻印もありません。

そして、今は日本のかっぱ橋にあるユニオンという会社が復刻版を作っているそうです。

外見はそっくりですが、性能はやはり、スポングに軍配が上がるようです。
ハンドルは赤に戻りますが、木製のようです。


そういうわけで、スポング・ミルは相当に貴重品となっているようで、オークションやヴィンテージショップでもかなり高値で取引されているようです。
受け皿と蓋を兼ねたパーツが欠品しているものも多いようです。

大事にしていきたいと思いますが、これからも毎日使い続けることでしょう。


お気に入りの小物 | 投稿者 赤の’57 23:50 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2010年 5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ホビダス[趣味の総合サイト]