カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

初めてのエンジンストール

昨日は土曜日でしたが、カミさんは仕事で、私はカルマンに遊んでもらおうと思っていたら、「いいわよ、遊んだげる…」とでもいうように、カルマン嬢は私にいろいろと勉強させてくれました。

まずは、先週エンジンオイルを交換したので、エアークリーナーのオイルも交換してあげることにしました。
低年式のワーゲンのエアーフィルターはオイルバス式といって、エアークリーナーの中にエンジンオイルを入れているのです。


上から吊り下げられるようにつけられているエアーフィルター説明書きには3000マイル、もしくは5000kmごとにオイルを交換するように指示しています。

ネジ1本で止まっているオイルが入っている部分を外しました。

中のオイルはけっこう汚れていました。

汚れたオイルをオイル専用の吸収剤に移して底に溜まっていたスラッジのようなものをゴシゴシ落としたら、なかなかきれいになりました。

そこに、オイル交換のときに余っていたエンジンオイルを注ぎます。

二つ上の写真と比べるとオイルの汚れ具合がわかりますね。
エアーフィルターはこれでOKです。

次に、この前のブログで書いた熱対策のゴム作戦が問題ないか、走ってみました。
コメントでノーマルエンジンはそんなに対策しなくても大丈夫じゃないかという声もお聞きし、少し安心しているのですが、実は実は2度ほど、「これって、オーバーヒート?」というような症状に出くわすことがあり、対策してみようかな…と思うきっかけになったのです。
それが、オーバーヒートの症状か自分自身で自信がなかったものですから、結果が出てから書こう…と思っていたのです。

2回とも、状況は同じです。
高速道路、クーラーをかけながら60マイル~70マイルで巡航中です。
急にエンジンが吹けなくなりました。
徐々にスピードが落ちて行き、止まりそうなスピードになる頃、急にまたアクセルに反応しだしました。
それ以降はスピードを控えめにして普通に走り続けることができました。
短い間ですが、ガソリンがキャブに行っていなかった感じです。

熱対策をしてみようかな…と思ったのはこれがきっかけでした。
対策をして同じ状況で症状が出なければ、それだったんだろうということにしようと思ったわけです。
どう思われます?
これって、オーバーヒートの症状のひとつでしょうか?

そんなわけで、昨日はとりあえずゴムの上下を変えてみました。

この方が、フード側の棒状のラッチの収まりがいいかなと思ったわけです。
フードを閉めると、ゴムの穴の部分にラッチがしっかり食い込んでくれています。


真後ろから見ると、このくらい浮いています。
よしよし、これでガタツキさえなければOKだと路上へ走り出しました。

ところが、走り始めた途端、ラジオが時々切れてはすぐにまたついたりします。
んん???…なんだろ…と思いながら走っていると、JRの線路をまたぐ誇線橋の上り坂の途中でいきなりエンジンストールです。

セルはちゃんと回りますが、まったくエンジンがかかる気配がありません。
片道1車線、中央線ははみ出し禁止の黄色い線。路側帯も全くないところです。
後ろからの車が途切れたところで坂の下まで逆走しました。
こういう時はブレーキの倍力装置がついていない旧車は助かります。
今の車はエンジンを切るとブレーキもハンドルもほとんど効かなくなりますよね。

とりあえず、通行の邪魔にならないところに移動はできました。
さ~て、どこがおかしい???
どうも、電気系統のような気がします。
ラジオは切れているが、時計は動いています。
ヘッドライトも点きます。
う~ん、点火系?
コンピュファイヤーのトラブル?
としたら、救援を呼ぶしかありません。
どうしよう…

そういえば、ウィンカーも点かないぞ…、とスピードメーターを見たら、チャージランプも点いていません。
もしかして、イグニッションスイッチ??
と思い、スイッチの裏を見てみると、原因がわかりました。
1本黒いコードがスイッチのターミナルから抜けています。

これだあ~!!
これで、救援を呼ぶような事態にはならなくて済みそうですが、このスイッチはボンネット右奥のほんとうに手が入りにくい部分にあります。
汗だくになりながら、ああでもない、こうでもないと小さなネジと格闘していたら、
「あの~、すみません…」という声が聞こえてきます。
何か邪魔になっているのか??と思って、顔を上げると、ニコニコした顔の男性が立っています。

「これ、何年式のカルマンですか?」「60年代ですか?」
「あ、いえ、57年式なんです」
「え~!そんなに前なんですか?きれいですね~」
と、とても私のカルマンに興味がある様子。
「よく見させていただいていいですか~?」
「ええ、どうぞ、どうぞ」

普段なら、もっと余裕を持って応対できるのですが、今は実はそんな状況ではないわけで…、
でも、「ちょっと、今取り込んでますから…」などど、邪険にすると、世の中のカルマン乗りの方やワーゲン乗りの方みなさんの印象を悪くするだろうと、
「カルマン、お好きなんですか?」などと、こちらから話題までふったりしてました。

10分程度その方は「いいですね~」とカルマンを褒めてくださり、立ち去りました。
私は作業に戻りましたが、どうしてもそのネジは回ってくれません。
これ以上中途半端な工具で緩めようと続けると、ネジの山をなめてしまって、もっと悪い状況になりそうなので、抜けたコードの先を少し強引に取り付けるべき穴にグリグリと差し込んでみました。

なんとか、抜けずに止まってくれています。
試しにエンジンをかけてみると、一発始動。
よしよし!
でも、どうしよう、このままではまたすぐに抜けてしまうだろうということで、その足で、先週オイル交換でお世話になったワイルドシングまで行くことにしました。

午前中の早い時間ということもあって、他に車は入ってなく、すぐに見てくれました。
イグニッションスイッチを取り外して、ネジを緩めようとしてくれましたが、プロがやってもなかなか抜けません。

「これ、長年の熱でネジが完全に固着していますね。無理に外そうとすると折れてしまう可能性が高いですよ」
「折れたらどうなるんですか?」
「イグニッションスイッチごと交換することになります。」
「同じのはあるんですか?」
「高年式のものに取り替えることになります。ドアのカギも同じカギで開けたいのなら、ドアノブのシリンダーも取り替えることになります」

げげ~!!
小さなネジ1本が固着したおかげで大変なことに発展しそうです。
また、角テールのイグニッションキーはエンジンをかける時にはキーを少し押し込みながら回すという、ちょっと変わったスイッチになっていて、これ、独特なんです。
角テール用のイグニッションキーが中古でもいいからないか、社長はあちこち問い合わせてくれましたが、探してみるというところがちらほらあるくらいでした。

となると、高年式のスイッチに換えるしかない?

で、最終的に私がなんて社長にお願いしたかというと、、
「ネジが折れてしまったら、とりあえず、ハンダでくっつけてくれませんか?そうやっておいて中古のイグニッションスイッチを探していただき、やはり不調で間に合わないようなら、意を決して高年式のスイッチに取り替えるということでお願いできませんか?」

「ハンダ、つくかな~」と苦笑いしながら社長は私のしみったれた作戦をしぶしぶ了承してくれました。
で、ネジの取り外しに再びかかります。

私が迷ったり、いろいろ問い合わせをしてくださっている時間、ケミカルをしみこませたネジは果たして、外れるか、それとも折れてしまうか…。
「8~9割り折れます」と宣告されてしまいました。

ところが、ところが、最終的には折れずに外れてくれたのです!
 

そういうわけで、たったネジ1本で大修理にならず、万々歳で帰ってきたのでした。
終わってみれば、なんということはない、結論でした。

もちろん、フードの方もずっと大丈夫でしたよ!

今日は長くなってしまいました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


**********************************************************
「カルマン100台ミーティング」計画中!
http://mk7054.blog.hobidas.com/archives/article/24758.html

委員長提示の骨子案です。

・日本の中間点地区での開催
・カルマン100台の確保と並べる場所の確保
・ギャラリーVW車駐車場の確保
・遠距離からでも参加してもらえるように宿泊が可能な所
 モービルキャンプ場も近場にあればベスト
・展示とツーリングをメニューに入れる
・可能なら、村・町おこし、あるいは地震後の復興応援など
 地域にプラスになる

現在、カルマンギアのオーナーの方の把握に努めています。

現在の確認数 125台

ぜひ実行委員長tosioさんまでご連絡ください!
また、オーナーの方をご存知でしたらお教えください。
tosiomm@peach.ocn.ne.jp

**********************************************************



トラブル修理、メンテ | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(31)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
よかったですね~。
修理代は安いにこしたことはありません。
ましてや、オリジナルパーツを変えないといけないなんて悩んじゃいますよね。

夏場にパーコレーションを起こして、走った後にエンジンがかかりにくくなるという経験はしたことがありますよ。
投稿者 Gmund 2007/06/10 09:13
お疲れ様でした(笑)
カルマンの後姿が笑って見えますね(笑)
口の横に舌のステッカーでも作って貼り付けたいですね(笑)

私もワーゲンショップへ行く途中でイグニッションの配線が外れたことあります。
ボディに触れるとショートしてしまいますが、あやうく助かりました。(あいまいな記憶ですがこんな感じだったと思います)

それ以降洗車の時はエンジンや配線はよくチェックするようになりましたよ。

投稿者 MAXX 2007/06/10 09:19
Gmundさん

やっぱり、パーコレーションですかね…。
イグニッションスイッチに関しては、大事に至らなくてほんとうによかったです。
なんせ、鉄製のオリジナルキーまでついていましたから…。
投稿者 赤の’57 2007/06/10 10:28
MAXXさん

ストーンズのマークのようなヤツ、垂らしてみますか!
後ろの車、ビックリするでしょうね!(笑)

>ボディに触れるとショートしてしまいますが、あやうく助かりました。

そうですよね。最悪の場合、ショートして焼けてしまいますよね。
いやあ、大事に至らなくてよかったです。
投稿者 赤の’57 2007/06/10 10:31
ゴム、上手く収まっていますねー !
方法論としては、これで完璧に見えます。
後は効果の検証ですが、もう少し暑い時に長く走られた結果もお教えいただければ幸いです。
投稿者 こーいち 2007/06/10 10:49
こーいちさん

了解しました!
引き続き、レポートさせていただきます!
早ければ、来週、高速走ります。
(仙台まで行くかも…。)

投稿者 赤の’57 2007/06/10 12:11
私は、イグニッションのトラブルは過去に2度あります。1度目は河原でバーベキューをしたとき仲間が「エンジンかけていい?」とキーを回したら、「あっ!」キーが折れてしまい、数秒の沈黙がありました。幸いVW仲間の集まりだったのでバッテリーとコイルを直結してからドライバーでショートさせてセルを回し、何とか帰りました。2度目は端子部分が劣化によりショートして燃えてしまいました。これが切っ掛けで配線をすべて張り替える決断をしたわけです。シリンダーは高年式に変えました。イグニッションに入るプラスはメイン電源ですから早目の対策必要ですよ。
投稿者 信州1958 2007/06/10 14:01
エアークリーナのオイルは同じ頃のベンツD300も同じような感じででっかいのが付いています!!

走行中のストール、パーコレーションの可能性ありますね。暑い時は燃料タンクのキャップ開けてエアーを抜いたり、エンジンとキャブの間にヒートプレート入れたりする方法もありますよ!!

キーシリンダーは、壊れている物でもいくつか入手しておくと部分的にでも使えるパーツ確保できますよ。
投稿者 TJ 2007/06/10 14:02
信州1958さん

はじめまして!
コメントをいただき、ありがとうございます!

失礼ながら、キーが折れてしまったくだり、笑ってしまいました。
当事者としては笑い事ではなかったでしょうけど。
燃えてしまったというのは、怖いですねえ。
ハンドルネームから察して58年型にお乗りですか?
年式的には近いですから、ひとごとではないんですよね。
オリジナルパーツはなるべく維持していきたいのですが、燃えてしまっては元も子もなくなりますし…。
配線は9年前に引きなおしているようなんですが。
投稿者 赤の’57 2007/06/10 18:57
TJさん

湿式のエアクリーナーは知ってましたが、オイルバス式というのは初めての経験です。

ストールはやはり、パーコレーションですかね!
復旧が早かったので、???という感じでした。

キーシリンダー、今のうちから捜し始めます。
同じ年式のビートルとも違うらしいので、ほんとうにカルマンの一部の年式だけのもののようです。


投稿者 赤の’57 2007/06/10 19:01
「坂」で 「エンジン ストール」・・・コワ~!
(でも 「線路」・・・よりは いいですかね!?)   無事(?) 「簡単」に 済んで よかったですね!  うちの 車 「12年落ち」ぐらいでは・・・・「まだまだ 子供」ですかね!?
投稿者 432R 2007/06/10 23:06
初めまして、chromeheadと申します。
毎日楽しく拝見させて頂いております。
初めて書き込ませて頂きます。

本日、茨城の某ワーゲンショップに行って来たのですが、そこの社長が、ワイルドシングさんから角テールのイグニッションの問い合わせがあったと言っていました。
これって、赤の'57様のですよね…

あと、別のショップで部品取り車として売りに出されている、朽ちた'58年式(ディテールからして恐らく'57年製造の'58モデルだと思います)角テールに、ライセンスランプが付いていました。
平たいレンズが付いてましたから、多分前期モデルの物ではないでしょうか。
連絡先が分かれば、そのショップをお教え致したいのですが…。

私も近々、カルマン・クーペのオーナーとなります(現在納車待ちです。待ち遠しくてたまりません!)ので、これから宜しくお願い致します。
長文失礼致しました。
投稿者 chromehead 2007/06/11 00:57
432Rさん

比較的、車の通りが少ない道と時間帯でよかったです!
後ろにずらっと車の列ができたら、どうしようもありませんでした。
特に、どこかに出かける途中でもなく、雨も降っていないときで、私一人だけ…と、まるでTPOをわきまえてくれたような故障でした。

12年…ですか!
せっかっくの4バルブ、3気筒、ツインカムですから、大事に乗ってあげてください!
投稿者 赤の’57 2007/06/11 08:49
chromeheadさん

はじめまして!
コメント、ありがとうございます!
茨城のワーゲンショップ、ガレージ○○サワですよね!
まさに、その通りです!
繋がっているものですね!
おお、そのレンズランプ、興味あります。
メルアドは、mk7054@yahoo.co.jpです。
ぜひ、よろしくお願いいたします。

カルマン、納車待ちですか!
楽しみですね~!何年型でしょう?
私も想像以上に楽しい世界が待ってくれていました。
ぜひ、カルマニアhttp://www32.tok2.com/home/karmannia/top.htmへの登録もお願いします!
投稿者 赤の’57 2007/06/11 08:58
高速でのストールはパーコレーションですかね~。
ウチの場合、高速でしばらく走った後、休憩などでエンジンを切ってしまうと、かかからなくなってしまいます。
若干ですがキャブからガソリンが染み出してきたこともありました。
キャブのジェットをカットオフバルブ付きの物に変えたら染み出しはなくなりました。
投稿者 フカ 2007/06/11 10:31
外れたネジには、次から固着しないよう、ねじ山にうすーくグリスを塗って取り付けた方が良いかもしれません。
投稿者 フカ 2007/06/11 10:50
フカさん

パーコレーションなんですかね。
一旦切るとしばらく再始動できない…という話は割りとよく聞きますね!
しばらくほっとくと何もなかったようにかかると…。

私の場合、止まるまで行かない程度でまたすぐに吹けるようになるので、何だろう…と思ってしまいました。

ネジはショップの方が別のものを焼きつき防止のグリースを塗って、付けてくれました。
ただ、それだけ+ネジなんですよ~。
「そんなとこまでこだわっても仕方ないでしょ。誰も見ないところだし…」とカミさんに言われてしまいました…。
投稿者 赤の’57 2007/06/11 10:58
> 一旦切るとしばらく再始動できない…
私もそうです。
実際には「できない」までは行きませんが、しにくいです、始動に失敗することがあります。
これも「パーコレーション」なんでしょうか ?
不思議だったんですが・・・
投稿者 こーいち 2007/06/11 12:01
エンジンが熱~くなっているときにエンジンを切ってしまうと、それまでファンの風で下(地面)方向へ押し出されていた熱気が、一気に上ってきてしまい、キャブの中のガソリンが沸騰してしまい、キャブの中が空になってしまうそうです。

それで次にエンジンをかけるときに、何度かセルをまわしてキャブにガソリンを溜めてやらないとエンジンがかからないのだと聞きました。

エンジンチンやヒーターホースのグロメットが無いと、マフラーなどの熱が上がって来やすいため、パーコレーションを起こしやすいとも聞きました。
投稿者 フカ 2007/06/11 13:34
マイナスネジの件、お気持ちわかります(^^;)

でもマイナスネジは作業しにくいし、悩みどころですよね~。

私は自分でどこかしらのネジを外した時は、さび止めもかねてグリスをつけるようにしています。
ホームセンターなどの安ーいグリスで十分だそうですよ~。
投稿者 フカ 2007/06/11 13:37
こーいちさん

私より先にフカさんが私が知っていることよりも確かな情報をわかりやすく説明してくださいました。
フカさん、ありがとうございます。
ホットスタートはアクセルを踏み込んで…というのもそのためなんでしょうね。

投稿者 赤の’57 2007/06/11 14:28
フカさん

ありがとうございます!
エンジンチンはエンジンの熱をエンジンルームに上げないために重要なんですね!
ワーゲンに乗っていない方はエンジンチンなんてわからないですよね!
エンジンを上下に分ける仕切り板のようなものです。
その仕切りの上部にはキャブレター、ジェネレーター、エアークリーナー、デスビのような補機類があり、下部に水平対向のエンジン、マフラー、などがあります。
なんて、ここで解説もヘンですね。(笑)

投稿者 赤の’57 2007/06/11 14:35
フカさん、

旧車オーナーの方の、マイナスネジへのこだわりが少しわかってきたような気がします(笑)
マイナスネジが並んでいるところに、1個だけプラスがあると、すごい違和感なんです。(私だけ)

グリス、大事なんですね。
ちょうど自転車のグリス(ワイヤーなどに塗るヤツです)があるので、それを使ってみようかと思います。
アドバイス、ありがとうございます!
今後も引き続き、いろいろ教えてください!
投稿者 赤の’57 2007/06/11 14:40
赤の’57さん、こーいちさん、私の情報も本やショップからの受け売りですので恐縮です(^^;)

メンテなどのコツというかtipsの情報交換なんかもできるところがあるといいですよね~。
投稿者 フカ 2007/06/11 15:37
フカさん

いえいえ、とても助かります!
インターネットがなかったら、私自身、基礎レベルの知識しかありませんが、ここまで来るのに、何年かかったか…。
こういった、ブログをはじめとして、ネットで得られる膨大な情報に本当に感謝してます。
投稿者 赤の’57 2007/06/11 18:53
マイナス・ネジ、カメラの世界でもこだわりがあります。
同じモデルでも初期のものには - が使われていますが、その後 + に変わります。
これはロボットでの生産がしやすいように、とのことで、- 時代は本当に人がやっていたんだなーと実感します。
中古市場も、初期の物(高値)でも + に変えられた物は安値です、が個人的には + の方が扱いやすくて良いです・・・
投稿者 こーいち 2007/06/12 11:05
こーいちさん

おお、カメラもおやりですか!
カメラも相当に奥深いようですね~。
やはり古い工業製品は(-)なんですね。
α7000が出たときに飛びついて、少しはまりましたが、自分のセンスのなさにあきらめて、現在はオリンパスの古いデジカメオンリーになってしまいました。
ニコノスも誇りをかぶったままです…。
投稿者 赤の’57 2007/06/12 13:31
かく言う私も今ではすっかりデジカメになってしまい、写真の撮り方、すっぱり忘れてしまいました。
情けないです・・・
投稿者 こーいち 2007/06/12 23:42
こーいちさん

私の父が自分が若いときに買ったcannnonを持っているのですが、フィルムを入れるのも難しくてうまく使えませんでした。裏蓋がなく、底の部分を開けて入れるタイプでした。
古いライカでモノクロの写真を撮ってみたい…なんて思いますが、きっとまたガッカリするだけかも…。
投稿者 赤の’57 2007/06/13 06:32
私もその手の Canon 持っています。
持っているだけで特に使ってはいませんけど・・・もう腐りかけているかも・・・?
皆可哀想なやつらです・・・
投稿者 こーいち 2007/06/14 11:54
そうですか!
いろいろお持ちなんですね!
アルフィーの坂崎氏もコレクターで有名ですね。
私の父は一時期写真に凝っていたようで、押入れを改造して暗室まで作っていました。
でも、撮った写真は私たち子どもの写真以外、見たことがないです。
いったい、何を撮っていたんでしょう…。
あのカメラ、こんど譲ってもらおうかなあ…。
投稿者 赤の’57 2007/06/14 12:00
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2007年 6月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]