カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

上杉伯爵邸



今日は米沢の上杉伯爵邸の紹介です。
このところ、たくさん書いている東北紀行文の多くの部分はにわか勉強によるところですので、間違いがあったら指摘してくださいね!

上杉伯爵邸は米沢城のすぐ脇、昔なら二の丸にあたるところにあります。
上杉家は代々、米沢藩の藩主だったわけですから廃藩後は貴族になったわけですね。

この建物はもともと明治29年に上杉家の14代にあたる茂憲(もちのり)伯爵邸として建てられたそうです。
当時は敷地約5,000坪、建坪530坪という壮大な大邸宅だったそうですが、大正8年の米沢の大火災で焼失ました。

今の建物は大正11年に着工14年に再建されたものです。

第二次大戦の戦火も免れ、戦後の一時期は米軍の将校の宿舎として使われていたそうです。

その後、米沢市に戻され、1979年より上杉記念館として開放され、米沢の郷土料理を食べることもできるようになりました。



私が訪れたのは夕方の遅い時間だったので、営業はしていませんでしたが、庭に入り建物を観ることができました。

伯爵邸というよりは、もともと旅館や料理屋さんとして設計されたような建物にも見えます。
1階と2階が同じ大きさだからですかね…。

立派な庭も残っていて、これは浜離宮を模して造られたそうです。



米沢では上杉謙信や上杉景勝よりも9代藩主の上杉鷹山が最も親しまれているようです。
上杉鷹山だけが「公」付けで呼ばれます。


というのも、鷹山は米沢を救った藩主としてたいそう尊敬されている人物だからです。

彼が17歳の若さで藩主になったときは米沢藩の台所事情は最悪だったそうです。

関が原以降、会津からこの地に転封された上杉家なのですが、15万石の石高にされたにもかかわらず、会津120万石時代の家臣6000人を抱えたままだったからです。

そんな状態で侍たちの生活を支え続けられるわけがなく、もう自己破産寸前だったところで、藩主になった鷹山は一生涯をかけていろいろな改革を行い、米沢藩を立て直しています。

自ら大変な倹約をし、藩の産業を振興し、陣頭指揮をとって農地改革をしていったそうで、政治家の鑑のような人だったようです。

ジョン・F・ケネディやビル・クリントンが最も日本人で尊敬できる政治家として名前を挙げたことでも有名になりました。


鷹山の名前は知らなくても、
「生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬは人の 生さぬ生けり」という言葉はよく知られていますね。

米沢城のすぐ前に上杉博物館があるのですが、ここの展示はなかなかのもので、この「生せば生る…」の書状も展示されていました。
撮影禁止だったので、写真は何もありませんが…。

鷹山公がどんな苦労をして改革をしていったのかなど、短編映画や動く人形で展示されていたりしてわかりやすく知ることが出来ました。
入館料は400円かかりますが、とてもお金のかかった展示内容です。

米沢に行かれた方はお勧めです。


しかし、日本の政治のこのていたらく…
鷹山公の爪の垢を今の政治家や悪徳官僚たちに浴びるほど飲ませてあげたいものです…。

中国にも、ロシアにもなめきられているし…
事業仕分けは何も効果を生み出さない政治ショーでしかないし…
天下りは根絶どころか今までよりもひどい状態にしてるし…
景気は一向に上昇しないし…
自分たちは贅沢ばかりしているし…



みちのく一人暮らし | 投稿者 赤の’57 07:36 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2010年 11月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ホビダス[趣味の総合サイト]