カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

中尊寺



先週末は気仙沼での仕事でした。
気仙沼へは東北道を下り、一関ICで降りて向かいます。

ん?…一関??

ということは…

平泉が近い。

よし、いいチャンスだから中尊寺に行くぞ!

と立ち寄りました。

かねてから中尊寺の国宝金色堂はぜひ観てみたいと思っていたのです。

宗教的な興味はほとんどないのですが、古い建築物、美術品という意味で以前から大変興味があったのです。

時期を選んで行ったわけではないのですが、結果的には一番いい時期に行ったのかもしれません。
境内の紅葉がそれはもう、見事でした。

上の写真は中尊寺の参道入り口のすぐ近くにあるのですが、なんと、あの、弁慶のお墓なんだそうです。

楓が見事に色づいていて、この地にも中国人観光客がたくさん来ていたのですが、盛んに写真を撮っていました。




肝心の弁慶の墓ですが、

なんだか石碑が新しくてそれっぽくありません…。
もっとも、弁慶自体、実在の人物かどうか怪しいようですが…。
勧進帳をはじめとして物語や逸話は数多くありますけどね!

個人的には好きなんですが…。

後ろのほうにそれっぽい石が置かれています。


以前は五輪塔があったそうです。
その頭の部分だけが残っていますね…。




中尊寺は小高い山の中にたくさんのお堂で構成されているのですが、ここがその参道の入り口です。
入り口脇の公営の駐車場(400円)に車を止めたのですが、その駐車場の脇にたくさんの蕎麦などを食べさせる飲食店が並んでいるのですが、その客引きがうるさくて興ざめでした。

ま、気を取り直してゆるい坂を登って行きました。


参道はこんな杉木立が並んでいます。
花粉症なので春に来るのはやめときます。



ふと、木々の間から平泉の平野が見えるとことがありました。

平泉は奥州藤原氏が作った里ですが頼朝に滅ぼされて跡形もなくなったそうです。

かの松尾芭蕉がこの地を訪れ、この場所からこの景色を見て詠んだ歌が「夏草や つわものどもが 夢のあと」の句なんだそうです。



中尊寺は850年に比叡山延暦寺の慈覚大師によって開山され、その後奥州藤原氏初代の藤原清衡が1105年から再建に着手し、1124年に金色堂が竣工、基本的な伽藍が完成したのは21年後の1126年だったということです。

奥州藤原家は4代にわたって、この地にいくさのない理想郷を作ろうとしたようです。

そのひとつが中尊寺。
他に毛越寺や無量光院など、美しい建物を造ったようです。

中尊寺には全盛時には40くらいのお堂があったそうですが、現在は20程度のお堂が坂の両脇にぽつぽつと建っています。

たび重なる火災で創建当時の建物で現存しているのは金色堂だけだそうです。

これは坂の中ほどにある本堂。

明治42年に再建されたものです。

本堂の門の脇に目立たない感じで建っていた鐘。


参道のもみじはほんとうに見頃でした。





ようやく奥にある金色堂まで着きました。
ここは有料(800円)になります。
拝観券を購入する建物が讃衡蔵という史料館になっていてそこの入場料と共通です。
どちらを先に入ってもいいのですが、もうここまで来たら早く金色堂を観たいので、そちらを先に…。


金色堂はこの写真の奥にある鉄筋コンクリートで出来た覆堂の中にあります。

中に入ると、上野動物園のパンダのようにガラス越しに観ることができます。

光り輝く金色堂は想像していたよりも小ぶりでしたが(1辺が5.4m)その存在感たるや、尋常ではありませんでした。

まさにこの世のものとは思えないくらいに浮世だっています。
作り物というか(まさに作り物ですが…)異次元に存在するものというか、そういう非現実的、非日常的な空間でした。

写真は撮影禁止だったし、wikipediaにも金色堂の写真はないので、転載も出来ません。

中尊寺のHPに行くと写真がありますので、そちらをご覧ください。

長い年月の間にかなり痛んでいたようですが、昭和30年代に大規模な解体修理、補修が行われたそうで、今は創建当時のような状態です。

その修復の記録映画が史料館の讃衡蔵で観ることが出来たのですが、想像を絶する細かく、根気のいる作業だったようです。

皆さんの中でこれから金色堂を観にいこうと思っている方はぜひ、先に讃衡蔵を見学してから実物を観ることをお勧めします。
きっと観る目が変わると思いますよ!

金色堂の脇に旧覆堂があります。

この覆堂は鎌倉時代の1283年に建てられたといいますから金色堂が建てられて159年後ということになります。

義経をかくまったということで藤原氏を滅ぼした頼朝ですが、鎌倉幕府もこの金色堂の貴重さはわかっていたようで保護の必要性を感じたのでしょうね。

昭和38年に現在の覆堂ができて、今の場所に移築されたということです。

ここは中に入ることも出来ます。

後に中尊寺を保護した伊達政宗や松尾芭蕉をはじめ、昭和初期まですべての人がこの覆堂の中にある金色堂を拝観したわけです。

私たちにとっては伊達政宗も源頼朝も芭蕉も同じように「昔の人」ですが、伊達政宗からみた頼朝は4~500年も前の歴史上の人物なんですよね。


そんな時の流れに関して考えさせられました。



苔むした灯篭というのもいいですね!
5年や10年じゃできない風格です。


この鐘楼に吊るされている梵鐘は1343年の鋳造だそうです。

突かれる部分は長い年月の使用で相当へこんで変形しているらしく、現在は使われていません。



そんなわけで、思いがけなく中尊寺の金色堂を拝観することができました。
できればもっとゆっくり、そしてちかくにある毛越寺(もうつうじ)にも行ってみたかったのですが、時間がないので仕事先に向かったのでした。

機会があったらぜひ、もう一度ゆっくりと行ってみたいところでした。



みちのく一人暮らし | 投稿者 赤の’57 01:51 | コメント(6)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
紅葉の赤色が私の地域とは違い凄く鮮やかですねぇ~~~^^
投稿者 ぽる 2010/11/08 08:17
えー!金色堂は撮影禁止なんですか?!知りませんでした・・・
投稿者 フカ 2010/11/08 11:15
本当に、仕事してるんですか。(バキッ!
前沢牛や、冷麺、さらに煎餅汁を堪能しに行ったってことですね。
次は、恐山ですかね。(ドカバキグシャ
投稿者 さわっち 2010/11/08 22:33
ぽるさん

鮮やかでしたね~!!
画像処理はまったくしていないんですよ!
きれいな紅葉が見られてラッキーでした!
投稿者 赤の’57 2010/11/09 18:41
フカさん

金色堂だけでなく、いろいろな場所の史料館など撮影禁止の場所多いですね~。
撮りたいものほど撮れません…。
ストロボなしならOKにしてほしいですけどね!
投稿者 赤の’57 2010/11/09 21:00
さわっちさん

実は…、仕事というのはウソで、みちのく放浪の旅をしているのです…。
毎日のように東北の旨いものを食べて楽しんでおります!
次は冬の八甲田山です!
投稿者 赤の’57 2010/11/09 21:17
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2010年 11月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ホビダス[趣味の総合サイト]