カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ヒストリック・オートモビル(356LM編)


第1パドックには今回のこのイベントで見るのを最も楽しみにしていた車がさりげなく置いてありました。

1951年PORSCHE 356 LIGHT METAL COUPE
ポルシェ356ライトメタル・クーペです。

普段はドイツのポルシェ博物館に展示されている車で、日本で見ることができるのはこれが最初で最後になるかもしれないという車です。

この車についての説明はホビダスの説明を借りると
「ポルシェ356ライトメタル・クーペは、1949年~1951年の間に、当時グミュントにあった工場でわずか約50台が製造された稀少なクルマ。
ポルシェにとって「レーシングヒストリーの始まり」といえる存在で、車重640kgという軽量化を実現したレーシングトリム車両が1951年のル・マン24時間耐久レースに参戦し、平均速度140km/hという記録と共に見事クラス優勝を遂げるなど、輝かしい成績を残した。」
まさにその車が目の前にいる不思議。

なんでもレース場まで自走していって、ルマンを24時間走りぬいたそうです。

この車は先日行われた356ホリデーでも展示され、そてについてはGmundさんのブログにも詳しいので、こちらもご覧ください。


ゼッケンは1951年に出たルマンのゼッケンの番号です。
エンジンは108688cc 4気筒NA、センターカムシャフト、2ダウンドラフトキャブレター、46PS。4速ミッションを介して最高速は160km/hでした。





昼間見たときには上の写真のように簡単なロープで仕切られてそれ以上近づくことができなかったのですが、


夕方、フカさんともう一度見に行くと、すでに撤収が始まっていて、シャッターが下ろされたパドックの中にひっそり佇んでいました。
小さなテールライトはGmundモデルと同じです。
この後姿を眺めていると、係りの(おそらくポルシェジャパンの方)女性の方が「どうぞ~」と中に入るのを許してくださいました。


「もう、カバーを外しちゃったので恥ずかしいんですけど…」なんて、その女性はまるでスカートを脱いで足が丸見えになって恥ずかしがっている女性のように表現していました。


触れる距離でじっくりと見させていただきました。
実は、そおっと、触ってしまいました。(ナイショ!)
アルミのボディのさらっとした感触が忘れられません。
バンパーの上にビートルのオーバルのダッシュボードのスピーカーグリルに似た感じのグリルがついています。


このベンドウィンドーと開かない三角窓は独特の形状です。


ダッシュボードはレースカーらしいところはどこにもありませんでした。
が、左端にメーターが追加されているように見えます。
(この頃からメーターの文字や目盛りはグリーンだったんですね。)


(クリックすると大きくなります。)
これ、タコメーターのようですよね!
どうして、タコメーターが、しかもホワイトメーターで追加されているのでしょう?

この車は11月10日~11日に富士で行われるルマン・クラシックでは両日とも走るらしいですね!
でも、きっと富士ではここまで近づいて見ることなんてできないんだろうな…と思います。

とても貴重な経験でした。


ヒストリックオート | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
私は朝早くに行って、見せてもらいました。
もちろん柵の中で。
また詳しい事は、後日ブログに書くかもしれませんので、そちらで。
投稿者 Gmund 2007/11/01 09:06
例の貴重な博物館級の車ですね(^^:

総アルミでしたっけ?キレイですね~~!^^

そぉ~~と触っているほほえましい赤の’57さん想像しちゃいました(笑
投稿者 ぽんこ 2007/11/01 10:56
綺麗だな~~~^^

実物はもっと綺麗なんでしょうね~~~

ホワイトハンドルもいいな~~~

私も欲しいけどたっかいんですよね~~~(^_^;)
投稿者 歩瑠(ぽる) 2007/11/01 12:31
これは見なかったなぁ♪
見てみたかったですね・・・(;´Д`)
356はフロントの皮フック?の所が妙に好きだったりします(笑)
投稿者 みんみん 2007/11/01 15:17
この車、オーラが在りますよね。
聞いた話ではル・マン走った本物は値が付けれないですが、この程度の50台のうちの一台は値をつけると¥500,000,000.くらいから!!だそうです。
そのうちにTJさんが仕入れてくるのでは?
投稿者 デブでも早いんだ! 2007/11/01 18:10
トラックバックありがとうございます。
いろんな角度で撮ったんですね、私はまさかそんな希少車だとは思わず、あの1枚だけです・・。
クルマが放つ存在感も特別ですが、私は上から4.5枚目のサイドからリヤの眺めとなんとも言えない曲線美に溜め息です。
投稿者 papabus 2007/11/01 21:12
Gmundさん

こんなにしっかり見られたのはこの車がいかに貴重なものかGmundさんが教えてくださっていたからです。
きっとこの車についてもいろいろご存知でしょうから、ブログを楽しみにしています!
投稿者 赤の’57 2007/11/01 21:53
ぽんこさん

まさに、博物館から飛び出してきた車ですからね~。
このタイプは総アルミらしいですね。
近くで見られてラッキーでした!
投稿者 赤の’57 2007/11/01 21:57
歩瑠さん

ホワイトハンドルはレトロでいいですね!
ハンドルの塗装が剥げるほどこの車は乗り倒されているのでしょうかね?
カルマンのハンドルにも付く円形のホーンリングを探しているところなんです。
投稿者 赤の’57 2007/11/01 22:00
みんみんさん

パドックの一番コントロールタワーに近い方に展示されていました。
なかなか渋いところに目をつけますね!
投稿者 赤の’57 2007/11/01 22:02
デブでも早いんだ!さん

すごいですね~!
諭吉さんが5万人以上も束になってかからないといけないのですね!
TJさんに期待して私はミニカーで我慢しておきます!
投稿者 赤の’57 2007/11/01 22:05
papabusさん

私もそのラインが好きです。
で、4枚目の写真はもう少し、そのラインが出ているものに入れ替えました。
これが1951年の車のデザインですからね~!
昭和26年の日本車なんて…
投稿者 赤の’57 2007/11/01 22:10
さすがドイツ車1951年作られた車で最高速度162キロ
そのころの日本車・・・ですね
投稿者 イトヤン 2007/11/01 22:53
イトヤンさん、

同じ、技術国で、同じ敗戦国なんですけどね~。
どうしてここまで違うんでしょう?
一人の天才の力だけとはいえないですよね。
今はほんとうに追いついた追い越したといえるんでしょうか?

投稿者 赤の’57 2007/11/01 23:04
えぇ!いいなぁ。
すごく良いタイミングで、行ったんですね。
(もう一度行ったとは、狙ってましたね。)

ポルシェジャパン?の女性も、ナイスな受け答えですね。
投稿者 sawacchi 2007/11/01 23:05
Gmundさんのブログ読んでなかったら、この車の希少性を知らなかったです。読んでてよかった。
フロントのバンパー上のグリルは仰るとおり、ビートルオーバルのスピーカーグリルそっくりです。
投稿者 ヒロシ 2007/11/02 01:05
予定の調整がつけば来週1日は富士に行けそうです!!そうすればグミュンドクーペ見られます^^

履歴がはっきりした売り物があれば面白いですね!! 
最近では新車のまま未登録のトヨタ2000GTとかその他数台新車状態未登録の車が売りにでたんですよ。。 
投稿者 TJ 2007/11/02 03:59
sawacchiさん

フカさんがまだ見ていないと思って一緒に行ったら、ラッキーでした。
ポルシェジャパンの女性の方に感謝です!
投稿者 赤の’57 2007/11/02 06:38
ヒロシさん

あのグリルが何のために必要なのか知りたいですね!
Gmundには付いていませんから、何か意味があってわざわざつけていると思うのです。
356はあの位置、バッテリーがあるわけですけど、バッテリー冷やしてもね~…。
投稿者 赤の’57 2007/11/02 06:41
TJさん

未登録の2000GTですか!
あるところにはあるものなのですね!
Gmundが売りに出たら、ひとつよろしくお願いします。って、お願いしてどうする?
LMはポルシェジャパンの女性の方は2日間とも走らせる予定ですと言ってました。
私はいけるかどうか、微妙です…。
投稿者 赤の’57 2007/11/02 06:45
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2007年 11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ホビダス[趣味の総合サイト]