カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

MG Tシリーズの系譜


1936年式TA

以前のページでオープンホイールの車は見分けがつきにくいなんて話が出ていました。
旧車イベントでちょくちょく目にするMGのTシリーズさえ、私には見分けがつきにくく、この機会に並べて比べれば一目瞭然かと思ってやってみたら…


並べてみてもわかりません!(笑)

MGはMorris Garagesの頭文字です。
Tシリーズは安価なスポーツカーとして開発されたようですが詳しいことは調べていません。
調べる時間がなかなかなくて…(と言い訳)

これはCream Cracker‘sのTAですかね。
当時レースやヒルクライムに活躍したチームの車です。
4気筒1292cc、50bhp/4500rpmでタコメーターはベルトで駆動されたダイナモの後ろに付くギアボックスを介して駆動しています。
つまり、エンジン直ではないんです。後のヒーレースプライトMk-1などもこの方式でした。



1938年式TAの室内。
ウッドとスミスの計器でしょうか?
いい雰囲気ですね~。
TA Tickfordでスペシャルコーチワークの物。
幌の後部がランドウジョイントを使った物で、座席の上のみ開ける事が出来ました。911タルガの感じと言えばいいのかな。



これもTAのようです。
でも、上の写真とぜんぜん違いますね~。


1939年式TB
TBまでが戦前戦中の車のようですね。
4気等1250cc,
54,4bhp/5200rpm
XPAG型エンジンを採用し、このエンジンはTFまで利用されました。



1946年式TC
TCは1945年~1949年まで作られました。
エンジンはOHV4気筒1250ccでパワーは54.4ps
MG-TCは1945年秋に発売されました。
エンジン出力とも変わらず、XPAGが使用されました。
TBとTCは構成がほぼ同じで可倒式ウインドーなどはTBと同じですが幅が4インチ広くバッテリーが12Vとなりました。
足回りにも変更があり、ルバックス ガーリングの油圧式レバータイプダンパーが、リーフスプリングの後端が一般的なシャックルタイプになりました。
価格も戦後のインフレで375ポンドとTB比160%と上昇、英国の購入税が100ポンドも掛かる為英国での販売が落ち込みました。
そのため当時スポーツカー不毛の地超大国アメリカへと輸出されました。
ハンドルは右のままでしたが(資金不足で左用部品の開発が出来なかった。)1948年末に発売されたテールランプ、ブリンカー式方向指示器の付いた北米仕様が大いに喜ばれ、大ヒットとなりました。製造台数10000台のうち平行輸出が約2000台、正式輸出が2001台オーストラリアやアフリカなどに4600台が送られました。




1951年式TD
TDは1949年から1953年の間に29664台が造られました。
Tシリーズのなかでは最も多く作られたモデルです。
このモデルからホイールがスポークからスチールになってますね。
生産台数の80%がアメリカに送られたTD.
その理由はまず為替の変動による価格がTCの2395$から1850$となったことが大きかったようです。
そして左ハンドル仕様が生産された事。
エンジンは初めTCと同じXPAGが搭載されましたが、1951年8月にエンジンが57bhp/5500rpmになり、クラッチが7,25in→8inに。

これ以降の物はTDⅡの名が与えられました。
1952年末にオイルパンの増量、クラッチリンケージがロッドからワイヤーに。
後年カムシャフトのプロフィール変更が行われ、静かなエンジンに成りました。
車体ではC型鋼材ラダーフレームから鋼板ボックスラダーフレームに大きく変更になりました。
そして最も良い変更は、フロントがダブルウイッシュボーン+コイルになりトレース性が向上した事、15inホイールの採用とステアリングギアボックスがラック&ピニオンになり「あいまい」さが減りました。
ただ車重は重くなったので、ギアレシオを下げることで運動性を下げることを防ぎました。
しかしなぜデフで下げずにコストが掛かるギアボックスで下げたのかが疑問です。


ハイパワーバージョンのTDMk2というのもあったようです。
これはレーシングユースを前提としたもので、TDⅡとは別のものです。
ディック ヤコブがブランフォードキャンプのレースでクラス優勝をしたのをきっかけに、数台のレース用の元となるモデルを製作したものです。
改良した足回り、冷却用の穴あきホイール。
1 1/2SUツインキャブ9,3:1の圧縮比で60bhpを発揮し、レースでよい成績を収めました。
この結果を受けてTD Mk2をカタログモデルとして販売、1952年のルマンにこのシャーシに流線型のボディ着せたEX172を参加させました。

  
1952年式EX172             1952年式EX175


1954年式TF
このTFがTシリーズの最終の型で、1953年から1955年まで約9600台作られたようです。
エンジンは当初1250ccから最終的にでは1466cc、63ps、最高速142kmになったようです。
この後、MGAにモデルはバトンタッチされます。

MGのTシリーズはトータルで約53000台が製造されその多くがアメリカ向けに輸出されたそうです。
だから、左ハンドルが多いのでしょうね!

今のところ日本ではあまり人気が無いTFですが、個人的には好きな車です。
最初は相変わらずXPAGエンジンでしたがこれも少し変更がされています。

圧縮比が7.3:1から8.0:1に上がりキャブもSU H2×2からSU H4×2となり、馬力は変わりませんがトルクが8.8kg-m/2600rpmから9.0kg-m/3000rpmと実用域で使いやすい物になりました。
フロントサスペンションにはスタビライザーが採用され、操縦性の向上が見られました。
さすがにこの頃になると、TDの旧さが目立つようになりアメリカでの販売も下降線をたどりました。

1952年にMGの属するナッツフィールドグループとオースチンモーターCoが合併してBMCと成っていた。
EX172の市販車を作りたかったのですが、オースチンのヒーレー100と似ていると言うことで生産が認められませんでした。

1955年式オースチンヒーレー100ルマン
そしてTDの改良型としてTFが製作されました。
TFはTDより低くスマートに見えたが、スカットルからドア、リアにいたる部分は同一の形状でした。

ラジエターグリルは残されたが、キャップはダミーであった。
喜ばれた物は、ワイアーホイールの復活であった。
メーターパネルは右左どちら側のハンドルでも使えるように中央に置かれた。

価格は英国で550£、アメリカでは2250$でMGとしては標準的な物であったがトライアンフTR2が僅か5£高いだけでより現代的で早い為販売競争力は弱かった。
これを解決する為、エンジンのボアを72mmに拡大1466ccとしたTF1500を発売した。
これは1954年夏、ソルトレイクで速度記録に挑戦したEX179と基本的に同じであった。


1954年式EX179
スペックは63Hp/5500rpm、10.5kg-m/3000rpmで、さらに価格も1995$に引き下げた。
生産台数 TF 1250 6200台
     TF 1500 3400台
内65%がアメリカに送られた。

Ttypeは20年にわたり生産され、TDで採用されたFダブルウイッシュボーンサスはMG RV8まで使用された。

1992年式RV8

デブでも早いんだ!さんのMGはJ2ということですから、このシリーズとはまったく違うわけですね。
歴史が長いメーカーなので、深すぎてまだまだ勉強不足の私です。

ところが、デブでも早いんだ!さんのおかげで大変充実した内容となりました。
保存版レベルです。
デブでも早いんだ!さん、ほんとうにありがとうございました!

私が書いた文字数よりも、デブ早さんの文字数の方が多いという、掟破りのページとなってしまいました。

※赤字はあとから加えたデブでも早いんだ!さんのコメントです。



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
TCまで右ハンドルしかなく、TDから北米市場を意識し出して左ハンドルが登場したとどこかで読んだような・・・、デブ早さんのコメントを待ちましょう。TA~TDまではそっくりですね。
投稿者 ヒロシ 2007/11/28 12:09
ヒロシさんに振られたので。
一枚目。
これはCream Cracker‘sのTAですかね。
当時レースやヒルクライムに活躍したチームの車です。
4気筒1292cc、50bhp/4500rpmでタコメーターはベルトで駆動されたダイナモの後ろに付くギアボックスを介して駆動しています。
つまり、エンジン直ではないんです。後のヒーレースプライトMk-1などもこの方式でした。
二枚目。
TA Tickfordでスペシャルコーチワークの物。
幌の後部がランドウジョイントを使った物で、座席の上のみ開ける事が出来ました。911タルガの感じと言えばいいのかな。
三枚目はちょいと不明。調べてみます。
四枚目。
MG-TB
4気等1250cc,
54,4bhp/5200rpm
XPAG型エンジンを採用し、このエンジンはTFまで利用されました。
後は又次回。
投稿者 デブでも早いんだ! 2007/11/28 17:29
「MG」って・・・今は・・・あるのかな?(ローバー社って・・・「倒産」した? 「買収された」?) 1200cc~1500ccで「スポーツカー」・・・その方が 「のどか」で いいですね!(最近は 国産でも 5000ccとか・・・・出てきました・・・から・・・・・)
投稿者 432R 2007/11/28 18:35
ヒロシさん

TDからぐーんと生産台数が伸びてますから、輸出で好調だったのでしょうね!
アメリカが最も豊かだった頃かもしれません。
投稿者 赤の’57 2007/11/28 19:35
デブでも早いんだ!さん

ありがとうございます!
ろくに知識もないのに、かっこいいだの、好きだ嫌いだと騒いでいる自分が薄っぺらく感じます。
勝手にコメントを本文に転載させていただきました。
また次回…を期待してます!
投稿者 赤の’57 2007/11/28 19:38
432Rさん

MGブランドは今でもありますが、会社自体はいろいろな吸収合併を繰り返したのち、今は南京汽車という中国の会社の子会社になっているようです。
MG-TFというミッドシップのスポーツカーを作っているようです。
投稿者 赤の’57 2007/11/28 19:46
違いがよく判らないので、余計なお節介。

ローバーと、MGは、今では、中国製です。
(設備そのものも、買い取りました。)
で、そのまま、作っていますね。

他のブランドは、BMWが所有してます。
(今のところ、ミニだけしか、出してませんが。)

投稿者 sawacchi 2007/11/28 22:40
(^^)内装素敵ですね~~~。
昔の貴族が乗る車のイメージ強いですが、全盛期はいつぐらいの時代なんでしょうか??(@ω@)
投稿者 ぽんこ 2007/11/28 22:54
sawacchiさん

ウーズレーもオースチンも南京汽車の傘下になってるんですね。
イギリスブランドは寂しい限りですね…。
投稿者 赤の’57 2007/11/29 10:50
ぽんこさん

戦前の車ですからね~。
文化の違いを感じます。
全盛期は生産台数からいくとTDが作られた1950年前後ということになるのでしょうか?
投稿者 赤の’57 2007/11/29 10:52
つづき。
写真5枚目。
MG-TCは1945年秋に発売されました。
エンジン出力とも変わらず、XPAGが使用されました。
TBとTCは構成がほぼ同じで可倒式ウインドーなどはTBと同じですが幅が4インチ広くバッテリーが12Vとなりました。
足回りにも変更があり、ルバックス ガーリングの油圧式レバータイプダンパーが、リーフスプリングの後端が一般的なシャックルタイプになりました。
価格も戦後のインフレで375ポンドとTB比160%と上昇、英国の購入税が100ポンドも掛かる為英国での販売が落ち込みました。
そのため当時スポーツカー不毛の地超大国アメリカへと輸出されました。
ハンドルは右のままでしたが(資金不足で左用部品の開発が出来なかった。)1948年末に発売されたテールランプ、ブリンカー式方向指示器の付いた北米仕様が大いに喜ばれ、大ヒットとなりました。製造台数10000台のうち平行輸出が約2000台、正式輸出が2001台オーストラリアやアフリカなどに4600台が送られました。

今日はここまで。
最後のグリーンの車はTCで車名のミスプリントです。
投稿者 デブでも早いんだ! 2007/11/29 15:59
デブでも早いんだ!さん

またまた、ありがとうございます。
1940年代にもう12Vになったなんて早いですね!
ワーゲンは1966年まで6Vですからね~。
ヒロシさんの言ったとおり、TCまでは右ハンドルだけだったんですね!
勉強になります!
投稿者 赤の’57 2007/11/29 20:06
では、TD行きます。
生産台数の80%がアメリカに送られたTD.
その理由はまず為替の変動による価格がTCの2395$から1850$となったことが大きかったようです。
そして左ハンドル仕様が生産された事。
エンジンは初めTCと同じXPAGが搭載されましたが、1951年8月にエンジンが57bhp/5500rpmになり、クラッチが7,25in→8inに。
これ以降の物はTDⅡの名が与えられました。
1952年末にオイルパンの増量、クラッチリンケージがロッドからワイヤーに。
後年カムシャフトのプロフィール変更が行われ、静かなエンジンに成りました。
車体ではC型鋼材ラダーフレームから鋼板ボックスラダーフレームに大きく変更になりました。
そして最も良い変更は、フロントがダブルウイッシュボーン+コイルになりトレース性が向上した事、15inホイールの採用とステアリングギアボックスがラック&ピニオンになり「あいまい」さが減りました。
ただ車重は重くなったので、ギアレシオを下げることで運動性を下げることを防ぎました。
しかしなぜデフで下げずにコストが掛かるギアボックスで下げたのかが疑問です。
そして「赤の‘57」さんが書いているTD Mk2です。
これはレーシングユースを前提としたもので、TDⅡとは別のものです。
ディック ヤコブガブランフォードキャンプのレースでクラス優勝をしたのをきっかけに、数台のレース用の元となるモデルを製作したものです。
改良した足回り、冷却用の穴あきホイール。
1 1/2SUツインキャブ9,3:1の圧縮比で60bhpを発揮し、レースでよい成績を収めました。
この結果を受けてTD Mk2をカタログモデルとして販売、1952年のルマンにこのシャーシに流線型のボディ着せたEX172を参加させました。
TFは今度又。
投稿者 デブでも早いんだ! 2007/11/30 11:53
訂正
ディック ヤコブガブランフォードキャンプで

ディック ヤコブがブランフォードキャンプで
投稿者 デブでも早いんだ! 2007/11/30 11:58
しかし '57 さん、よく調べる根性ありますねー !?
いつも感心しながら勉強させていただいています。
TD 身近にもありますし、確かに入手しやすそうです。
持つとなると、この辺に落ち着くのかなー ?
ワイヤーホイールも捨てがたいしー・・・
投稿者 こーいち 2007/11/30 15:17
デブでも早いんだ!さん

引き続き、ありがとうございます!
1950年前後に2000ドル前後というのはやはりかなり高価な車ですね!
けっして安価なスポーツカーとはいえない価格です。
TDⅡというシリーズがあるのは知りませんでした。
写真の1951年型はどちらか微妙なわけですね。
またまた勉強になりました!
EX172とEX175の画像を探しましたので、追加しておきます。
合ってますよね!



投稿者 赤の’57 2007/11/30 20:11
こーいちさん

調べるといっても…、ネットで検索したらバリバリ引っかかってきますから、ありがたいです。
TD、身近にあるのですか!
ぜひ、買って私に見せびらかせてください!
ラリーイベントのナビやりますよ!
(と言って乗せてもらいたいだけ…?)
投稿者 赤の’57 2007/11/30 21:30
さて、クラシカルなスタイル最後のTFです。
今のところ日本ではあまり人気が無いTFですが、個人的には好きな車です。
最初は相変わらずXPAGエンジンでしたがこれも少し変更がされています。
圧縮比が7.3:1から8.0:1に上がりキャブもSU H2×2からSU H4×2となり、馬力は変わりませんがトルクが8.8kg-m/2600rpmから9.0kg-m/3000rpmと実用域で使いやすい物になりました。
フロントサスペンションにはスタビライザーが採用され、操縦性の向上が見られました。
さすがにこの頃になると、TDの旧さが目立つようになりアメリカでの販売も下降線をたどりました。
1952年にMGの属するナッツフィールドグループとオースチンモーターCoが合併してBMCと成っていた。
EX172の市販車を作りたかったのですが、オースチンのヒーレー100と似ていると言うことで生産が認められませんでした。
そしてTDの改良型としてTFが製作されました。
TFはTDより低くスマートに見えたが、スカットルからドア、リアにいたる部分は同一の形状でした。
ラジエターグリルは残されたが、キャップはダミーであった。
喜ばれた物は、ワイアーホイールの復活であった。
メーターパネルは右左どちら側のハンドルでも使えるように中央に置かれた。
価格は英国で550£、アメリカでは2250$でMGとしては標準的な物であったがトライアンフTR2が僅か5£高いだけでより現代的で早い為販売競争力は弱かった。
これを解決する為、エンジンのボアを72mmに拡大1466ccとしたTF1500を発売した。
これは1954年夏、ソルトレイクで速度記録に挑戦したEX179と基本的に同じであった。
スペックは63Hp/5500rpm、10.5kg-m/3000rpmで、さらに価格も1995$に引き下げた。
生産台数 TF 1250 6200台
     TF 1500 3400台
内65%がアメリカに送られた。
T typeは20年にわたり生産され、TDで採用されたFダブルウイッシュボーンサスはMG RV8まで使用された。
投稿者 デブでも早いんだ! 2007/12/01 11:11
デブでも早いんだ!さん

ほんとうにありがとうございました。
大変勉強になりました。
EX172のデザインはMGAに引き継がれていますね!

投稿者 赤の’57 2007/12/01 12:17
戦前型MG,それも私が持っているMMM(トリプルM)ミジェットについては私もメンバーとなっている「神戸MGCC」のHPをご覧ください。
現在戦前型MGの1931年Mtypeと1932年J2 S/Cを楽しんでいます。

http://lace.shiga-med.ac.jp/kmgcc/index-j.html
投稿者 デブでも早いんだ! 2007/12/01 14:05
デブでも早いんだ!さん

すごいHPです。
皆さん、極めてますね!
とても勉強になるというか、部外者でも面白いです!

投稿者 赤の’57 2007/12/03 00:02
これ買いなはれ。

http://autos.yahoo.co.jp/ucar/search/detail.html?arid=U071130CN0000449617&car_cd=MGS999&clid=080552002

http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/f1b8d82887.woa/wa/read/f2db006ab6/

マレーシア製のレプリカ
http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/f1b8d82887.woa/wa/read/f7283e5ac6/

写真は私が正月にマレーシア行った際の日記にあります。
http://hiroshi939.at.webry.info/200701/article_12.html

この出会いがきっかけで少しMG-TDとTFを調べたんですよ。

投稿者 ヒロシ 2007/12/03 15:44
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2007年 11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ホビダス[趣味の総合サイト]