カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

当時の雑誌(その1)


今日からカルマンが発売されている頃の雑誌で記事として取り上げられているものを紹介したいと思います。
ポストカードの紹介もまだ終わっていないのですが…。
なんせドイツ語なんで読めません!!
写真と数字だけ追っているだけなのですが…。

初回はAUTO MOTOR and SPROT誌の1955年7月号です。

カルマンギアの発売開始は1955年8月とされているわけですから、まさに生産は開始されていても、発売前の時期ということになります。

表紙はシボレーベルエアですね!
これも大好きなクルマです。
ドイツの雑誌ですが、アメ車もちゃんと紹介していたのですね。

下のほうに、「カルマン社からVWのクーペが!」なんて感じで紹介されてます。


まさに出来上がって発売を待つばかりのカルマンが並んでいます。
何を書いているかよく解りませんが、価格は7500マルクだったようです。
いつかも価格に関して考察したのですが、この7500マルクって、どのくらいの価値だったのでしょう?
1955年当時のマルクレートを調べるのは結構大変でした。
対米ドルは360円の時代。
1ドル=3.6マルクくらいだったようです。
ということは1マルク=100円
7500マルクは750000円ということになります。

さて、1955年当時の750000円ってどんな価値?
当時の初任給を調べると約10000円。
今の価値で行くと20倍?
コーヒー1杯は50円、今400円とすると8倍?

まあ、相当に高額だったことは確かです。
それを日本で乗ろうなんて考えると、さらに輸入コストやその他を合わせると、とんでもない高級車だったのでしょう…。


サイドミラーもラジオアンテナもない、つるんとした姿です。


残念ながらさっぱり読めません…。
後姿の写真を見ると、まだカルマンギアのクレストが付いていません。
取り付けようの穴も開いてないようです…。

まさに、新型のVWの華麗なクーペがベールを脱いだ瞬間の雑誌です。
なんか、こう当時の興奮が伝わってくる感じです。



**************************************************************
カルマンギア100台ミーティング
2008年10月19日(日)in山中湖
参加カルマンのエントリー受付中!!


現在のエントリー数は83台です。
ミーティングの詳細はこちら
エントリーの内訳はこちら
お申し込みはこちらからお願いいたします。

私のブログの100台ミーティングに関する記事はこちらをクリックするとまとめて見ることができます。



カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 09:50 | コメント(10)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
その当時の価格を考えると今の貨幣価値で現在の価格って・・・安いのか高いのかわからなくなりますね~~~!? 特に旧車の価格は相場が『時価』ですから・・・    
投稿者 TJ 2008/08/20 12:22
当時のマルクがいくらだったのかやっと謎が解けました…。ありがとうございました。
投稿者 MAXX 2008/08/20 12:42
アンテナもミラーも要らないけど、リアのスクリプトはあったほうがカッコイイのになぁ~
投稿者 DENNIS 2008/08/20 13:04
TJさん

考えようによっては、ずっと新車のように維持していたら、ほとんど値段は変わらないともいえますね!
投稿者 赤の’57 2008/08/20 22:30
MAXXさん

昔のレートって、結構わかりませんね!
日本では相当に高いものになりますが、当時のドイツの物価水準から見て、どの程度の車だったのでしょうね?
投稿者 赤の’57 2008/08/20 22:36
DENNISさん

リアのスクリプトは超重要なワンポイントですよね。

しかし、師匠のカルマンを最初に日本で買った人は大変なお金持ちだったのでしょうね~。
投稿者 赤の’57 2008/08/20 22:40
こんばんは、小山田春樹です。
吹く風は、秋を感じさせるこの頃です。
如何お過ごしですか?

さて、私は、コンテッサ900スプリントの大ファンで、復刻版を製造して欲しいと願っている偏執マニアです。
カルマンギアユーザーに叱られそうな発言ですが、ミケロッティのデザインに共通性を感じています。
もしかして、ミケロッティが、ギア社の依嘱を受けて、デザインしたということは、ありえないでしょうか?
昔は、それほど、感じなかったのですが、最近、フロントフェンダーん処理の仕方、テールランプ周りの造形、ドアの後ろからリアにかけてのラインに、ミケロッティのデザインでは?と、思わせるものを発見しています。
BMW700より、カルマンギアの方が、妙にミケロッティ的なのですよ。
投稿者 春樹 2008/08/20 23:00
こういう写真はオリジナルを調べる上で大変貴重な資料になりますね。
私も356の事を調べる時は、当時の写真が大変役立っています。
投稿者 Gmund 2008/08/21 02:12
春樹さん

お忙しい中、コメントありがとうございます!
ミケロッティがギア社と関係があったかどうかはわからないのですが、ジウジアーロはギア社にいたことがあるようですね!
カルマンのデザインはルイージ氏ということになっているようですが…。
カルマンが出来る頃はミケロッティの全盛期のようですから直接かかわってはいなくても、影響を与えている可能性もあるかもしれませんね!
投稿者 赤の’57 2008/08/21 07:40
Gmundさん

レストアされたのではない、ほんとうの新車時の写真はとてもワクワクするものがありますね!
新車時のままで劣化もしてないものを一度見てみたいものですが、タイムマシンでもない限り無理ですからね~。
特に色、オリジナルの色を見てみたいですね~!!
投稿者 赤の’57 2008/08/21 07:48
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2008年 8月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ホビダス[趣味の総合サイト]