カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ロールス・ロイス(トヨタ博物館 クラシックカーフェスタ その5)



今日はロールスロイス特集。
ロールスロイスは4台エントリーしていました。

まず最初にトヨタ博物館所蔵の1910年型40/50HP シルバーゴーストです。
1906年に創業したロールスロイス社が最初に手がけたクルマです。(それまではロールスとロイスは別々にクルマを作っていました)

ロールスロイスといえば、少し前まで馬力などの性能を発表しないので有名だったのですが、最初のモデルは馬力そのものがモデル名になっているのが面白いですね。


昔の衣装を着た女性がずっと横にいましたが、衣装はともかく、あのヘアースタイルはどうなんでしょ?


赤と金の色使いはまるで、消防車のようです。
スペアタイヤはホイールなしでリムとタイヤだけなんですね。

幽霊のように静かに走るということでシルバーゴーストと呼ばれるようになったそうです。

50馬力といったら、私のカルマンと同じ馬力ですからね~。
この車体じゃ、性能はたかが知れていたでしょうね…と思っていたら
最高速は65マイル出たそうです。
でも7000ccですからリッター7馬力!(笑)なのに。

このシルバーゴーストは1925年まで19年間に渡って6,173台作られたそうです。


こちらも同じ1910年型のシルバーゴースト。



色が違うだけで、ずいぶん雰囲気が違って見えます。
この頃のラジエターグリルのRRのマークは赤です。
ナンバー付いてますからね。
すごいです!!
パレードにも参加したようです。



前照灯というより、探照灯というような感じのでかさです。



このランプは電気じゃなくオイル?
ほとんど馬車用と同じでは?

当時から、エンジンもボディも相当しっかりと作りこまれていて、お金持ちの信頼を獲得して行ったようですね。



運転席というより、操縦席、男の仕事場といった感じです。
きっとこのハンドルを動かすにはそうとうな腕力を必要とするのでしょう。

4段変速機のトップギアはオーバードライブギアで、高速巡航を考慮していました。
1906年といえば、明治39年ですよ。
その頃に、高速巡航を考慮していたとは…

もっとも変速作業自体を面倒がった当時のユーザーからは「段数が多過ぎる」「トップで粘らない」と不評で、1909年から3段式になり、オーバードライブは廃止されたそうです。
当時は、トップギアにシフトしたまま、低速から高速までアクセル操作だけで運転できるのが良い高級車、とされていたのです。



こちらは1939年型 25-30 レイス。



第2次世界大戦が始まると自動車生産を中止していたそうですから、その直前のモデルということですね。
この頃はボディはコーチビルダーに製作させていたようです。



ショーファードリブンのクルマは運転席は革、リアシートはファブリックが普通でした。
ファブリックのほうが高級だったんですね。
今と逆です。
このクルマの足元の広さは半端じゃなかったです。


で、こちらが1957年型シルバークラウド シューティングブレイク。



カルマン、私と同じ歳です。
2007年9月23日のブログで紹介したのと同じ個体だと思います。
このモデルから自社製のボディに戻ったそうです。
ロールスロイス初のモノコックボディになり、量産化に進んで行ったようです。



こんなにでかくて、シートは1列だけです。
あとは荷物室。
仕留めた鹿でも載せるためでしょうか?
このときはなぜか、大きな椅子を載せてました。




直列6気筒OHV4887cc

シルバークラウドは1955年から1959年まで合計2359台が生産されたそうですが、シューティングブレイクはその中のごくわずかなんでしょう。

このクルマがファーストカーであるわけがないですから、ロールスロイスを何台ももてるようなお金持ちが2台目、3台目のクルマとして所有したのでしょうね。

イベント | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(8)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
はいからさんですねぇ~~~^^

もう少し若ければ・・・バキッ!!
投稿者 歩瑠(ぽる) 2008/12/05 11:51
シルバークラウド2台ほど扱ったことありますけど・・・運転ポジションとか大きさとか・・・ブレーキ踏んだ感触とか・・・どれも疲れます。。
投稿者 TJ 2008/12/05 12:44
シルバークラウド シューティングブレイクは、
鹿沼のイベントにも参加してる個体かなぁ。
見に行きたいけど、いつも寝坊して行けません。(泣
投稿者 sawacchi 2008/12/05 22:30
このシューティングブレーク、ボクの友人が横浜市内で平日に見かけたそうですが後日わかったことでどうやらこのリアに書いてあるHPの家具屋さんの看板車のようです。(たぶん椅子はそのせいですね)
投稿者 kimoda 2008/12/06 15:30
歩瑠さん

友達が目の前に来て、プライベートな話題でだべっているしょーがないモデルでした。
もう一人いたらしいのですが、気がついてもいませんでした。
スカート長いし…
投稿者 赤の’57 2008/12/08 19:25
TJさん

やはり、あの車は運転するより、後ろで楽して乗る車なのですね!
あ、でもシューティングブレイクだけは自分で運転するしかないですね。
後席ないですからね。
投稿者 赤の’57 2008/12/08 19:29
sawacchiさん

私も鹿沼のイベントはまだ見に行けたことがありません。
かなり、いい車が来ますからね!
一度は行ってみたいです。
投稿者 赤の’57 2008/12/08 19:34
kimodaさん

そういうことだったのですね。
どうりで…。
後につんである椅子には座ると絶対頭が天井につくようなものでしたから…。
外で使うような椅子でもないように見えましたし…。
投稿者 赤の’57 2008/12/08 19:40
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2008年 12月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ホビダス[趣味の総合サイト]