カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

テオ・ヤンセン



このところ、冷たい雨がよく降ります。
昨日もしかたなくクルマで通勤していたのですが、その途中で面白いものがテレビで紹介されていました。

上の写真、何だと思いますか?

なんだかわけがわからないオブジェですが、これはオランダの発明家で芸術家、テオ・ヤンセン氏の作品なんです。

なにが面白いかって、このオブジェは自分で動くことが出来るそうなんです。

以下は、2005年にこのデオ・ヤンセン氏の作品を紹介したHPからの引用です。

『この砂浜動物は、海岸に吹く風を動力にして自ら砂浜を歩き、走り回ることが出来ます。テオさんはかれこれ17年ほど動物達を進化させていく事に集中していて、その間にこの“生物”達も段々と世代を乗り越え、進化してきました。現在丘の上にいる最新世代はアニマルス・ペルセピエーレ(浜辺の知覚動物)と呼ばれるもの。風を感知し、羽を羽ばたかせ、空気を体内に溜め込み、それを原動力に、足をモゾモゾと上げて横歩きに歩き出します。



動物たちは交換可能な、乳白色のプラスチック管でつくられています。その管は重要な“遺伝子のコード”の役目を担っています。
この“遺伝子”は、砂浜動物の行動や能力を変化させ、次世代へ受け継がせるかどうかの決定の重要な鍵となります。
すなわち、不良な遺伝子を持った世代は、より有利な遺伝子を持った世代に取って代わられる、より良い遺伝子は次の世代にコピーされる、という事が繰り返されます。
何故プラスチックの管が用いられるかというと、軽くて、安いこともその要因の一つですが、加工のし易さ、柔軟性、しなやかさが“生命体”にとって有利だったからです。



動物たちは、“遺伝子のコード”であるプラスチック管のほか、“神経系”と呼ばれる透明チューブ、紐、ゴム、ペットボトルといった軽量で、交換可能で、柔軟な素材から成り立っています。
最初はコンピューターを使って、歩くのに最も有利な方法のシミュレーションを行いましたが、その後は、もっぱらアナログ的に経験と試行錯誤を繰り返して、改良を重ねてきました。
一時期、イギリスの動物学者で「利己的な遺伝子」の著者としても知られるリチャード・ドーキンス(Richard Dawkins)氏の説にはまった時期もある、とテオさんが言うように、動物達の遺伝子の特質を知る為に、砂浜でレースを行った事もあるそうです。
競争に勝ったものや、有利と思われる“遺伝子”を集めて、次の世代に移していくことが今日も繰り返されています。
現在の世代であるアニマルス・ペルセピエーレは、風のエネルギーを貯めて使い、自分で土地の状況や、障害物を“触覚”で感知し、方向を変化させることが出来るまでに進化しました。




さて、これらの生物がいったいどんな動きをするのか、興味がありますよね!

ありました。You tubeにしっかりと。
しかも、下の動画はBMWのコマーシャルフィルムのようなんです。



おお!
ちゃんと動いてますね!

もう一つ、他の動画も



面白い動きをしますね~。
無機質名ものの集合体なのにどこか、生物的なユーモアを感じる部分、先日の映画のウォーリーに通じるところがあります。

こういうの、結構好きかも…。

このデオ・ヤンセンの作品が実は今、日本に来ているようなのです。

でも、どこか、わかりません…(オイオイ…bysawacchiさん)

東京のようなのですが…

どなたか、ご存知でしょうか?


日記 | 投稿者 赤の’57 00:14 | コメント(8)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
急に浜辺でこんなのに遭遇したら、ちょっと怖いかも。
街中の方が怖いですかね。
理解が出来ないでしょうね。
投稿者 Gmund 2009/02/27 08:25
動きが動物と昆虫がまざったようで、動いているの見たら不気味でしょうね~~~大きいから怖いのかな!? 小さいと欲しいかも^^
投稿者 TJ 2009/02/27 09:18
「世界まる見え!テレビ特捜部」でやってましたねぇ~~~^^

ここに行き着くまでにはかなり変人扱いされたことでしょうねぇ~~~~

私は未だに変人扱いされてますが・・・(^_^;)
投稿者 歩瑠(ぽる) 2009/02/27 14:38
スタン ハンセン(バキッ!

なんか、ネットのニュースでは、見た様な。
私も、ゲージュツ向きじゃないので。
投稿者 sawacchi 2009/02/27 22:31
Gmundさん

たしかに、何も知らずに、こんなものが動いているのを見たら、怖いかもしれませんね!
でかいですからね!
でも、脚の動きなんか、とても動物的でユーモアも感じません?
投稿者 赤の’57 2009/03/04 00:26
TJさん

そうですね。足が多いから昆虫っぽくもありますね~!
投稿者 赤の’57 2009/03/04 21:07
歩瑠さん

私は「はなまるカフェ」で見ました。
誰でもピカソでも紹介されたようですね。
歩瑠さんは変態じゃなくて変人だったんだ~。
投稿者 赤の’57 2009/03/04 21:15
sawacchiさん

そら、覆面レスラーやろ!!

あれっ?

投稿者 赤の’57 2009/03/04 21:22
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 2月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ホビダス[趣味の総合サイト]