カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ニコノス(ボディ編)



今日からちょっとだけ水中写真の話しをしましょうか。
話はできても、私は水中写真は超ヘボです。
自分の感性と技量のなさに嫌気がさして撮るのをやめたくらいです。

そんなことは置いておいて…

上の写真はウチにあるニコノスです。
ニコンが作った世界で唯一のそのまま水中に持って入ることができる本格的な水中カメラでした。

でした…というのも、今はもう作っていないからです。

向かって左がニコノスⅤ、右がニコノスⅣAです。
(Ⅴ型はカミさんのカメラです)
先日のミノルタの一眼レフをどこかからか引っ張り出してきたついでに出てきたものです。


まずはニコノスというカメラのボディの話しから。

最初のニコノスⅠ型は1963年に発売されました。

フランスのカリプソというカメラが原型で、ニコンが開発、完成させた世界初の本格水中カメラでした。

私はカリプソというかなりビンテージモデルのレギュレーター(ダイビング用語では呼吸装置)を持っていますが、カメラのカリプソは実物を見たことはないです。

このニコノスⅠ型の改良版がニコノスⅡ型で、1968年に発売されました。

このⅡ型からは使ったことがあります。

私がダイビングを始めたのは1978年くらいからですから、当時すでにビンテージカメラっぽい域に達してました。

このニコノスⅡ型、フィルムのカウンターがボディの底にあって、撮影枚数を確かめるのにいちいちカメラを上下逆にするのが面倒でした。

当然、完全マニュアル。
露出もピントも「感」でした。
露出計なんて付いていないし、距離も目盛りを見てだいたい何メートルとあわせるわけです。

水中写真はほとんどの場合、昼間でも人工光をあてて撮るわけですが、当時、ストロボもあまり普及していなく、フラッシュバルブという、1回発光するごとに交換が必要なものを使っていました。
あのバルブ、未使用のモノを水中で放してしまうと、中に空気が入っているので水面までフワッと浮いていってしまうのですよね…。
1発100円くらいしていましたから、もう、泣きでした。
フィルムの巻き上げも不均等で、リバーサルフィルムを現像に出しても機械で切ることができず、ロールのまま戻ってきていました。

リバーサル(スライド)フィルムを使っていたのは、プロや上級者のように発色などの性能面からではなく、失敗の多い水中写真ですからフィルムの現像だけですむリバーサルフィルムの方がランニングコストが安く済んだからです。

1975年、ニコノスⅢ型になって、フィルムの巻上げがかなり正確になり、カウンターも上について、使いやすくなりました。

しかし、フィルムを取り替えるのにはレンズまで外さないといけない点、完全マニュアルの点は同じでした。

でもⅢ型までのシャッターとフィルム巻上げが一つのレバーで兼ねていたのは使いやすくいいアイデアだと思いました。

1980年にニコノスⅣAになって、初めて露出計が装備され、絞り優先のAEが搭載されました。

ⅣAのAはAEからきています。
このタイプから裏ブタができて、レンズを外さなくてもフィルム交換ができるようになりました。

でも、カメラとしての評判はあまりよくなかったですね。
なぜなら、絞り優先オートしかなく、マニュアル操作を選ぶことができなかったからです。
ストロボ使用の際のシャッタースピードは1/90固定でしたし…。
私は愛用していましたが…。

1985年に最終型のニコノスⅤ型となりました。

AEとマニュアルを選べるようになりました。
このⅤ型はいまでも愛用している方は多いのではないでしょうか?
(写真は右側がⅤ型で左はⅣAです)

その後、1992年にニコノスRSというオートフォーカス搭載水中用一眼レフカメラも鳴り物入りで登場しましたが、巨大でとても高価だったので、プロや一部のヘビーユーザー以外は買えませんでしたね~。

ボディだけで40万円くらいしていましたから…。
すべて専用のストロボやレンズを揃えると100~200諭吉コースでした。

超バブリーな水中カメラだったのです。
5000台程度しか売れなかったようです。

ちょうどその頃はやり始めた陸上用のオートフォーカス一眼レフをハウジングに入れて水中に持ち込むほうが手軽に楽しめるようになったこと、どうせお金をかけるならビデオを水中に持ち込むほうにかけるダイバーも増えてきたからです。

というわけで、次回はレンズの話しをしようかな。




お気に入りの小物 | 投稿者 赤の’57 07:25 | コメント(11)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
ニコノス!懐かしい名前です。実は私もダイビングの免許保持者でして、、、、。欲しかったなぁ~。

今じゃリギュレターのつなぎ方もわからない、、、。
投稿者 norinori 2009/09/25 08:48
さすがというか、この世界のお話は十八番ですね。いつか連れてってください
投稿者 DENNIS 2009/09/25 09:15
フィルム巻上げ部はどうなってるんですか???

水入らないのかな~~~(^_^;)
投稿者 歩瑠(ぽる) 2009/09/25 11:30
ニコノス.....懐かしいです。
昔はよく持って入ってました。

何回水没させたことか.....
ストロボの水没が痛かったな

もう手元のは撮った写真しか残ってません。
投稿者 マスター 2009/09/25 16:36
こんばんは、小山田春樹です。
私は、ニコン党で、F、F2、F3、ニコマートFTN、EL,FM2など、マニュアルフォーカス機から、デジタルカメラまで、ほとんどのニコン1眼レフを愛用してきました。
しかし、水中カメラ、ニコノスだけは使ったことがありません。
水中写真を撮る機会がなかったからです。
でも、頑丈なボディには魅力を感じますね!
Ⅲ型が欲しいですね。
投稿者 春樹 2009/09/26 00:25
norinoriさん

ぜんぜん潜ってませんか?
実は、私も…。
海に行きたい!
25℃以上の。
投稿者 赤の’57 2009/09/29 23:07
師匠!

行きましょ!
ぜひ!
恩返しをさせていただきますよ!
投稿者 赤の’57 2009/09/29 23:15
歩瑠さん

水没する原因はほとんど開ける部分のOリングの手入れ不足とかゴミが挟まっていたとかの人為的ミスで、構造上の問題の水漏れはまずありませんでしたね~。
そういう意味ではよくできたカメラでした。
投稿者 赤の’57 2009/09/29 23:20
マスターさん

ストロボの電池室とか接点とか、水没結構ありましたね!
私も15mmを水没させたことがあります。
たまたまニコンのショールームに勤めているお客さんがいて、とてもお世話になりましたね~。
投稿者 赤の’57 2009/09/29 23:28
小山田さん

さすがに、すごいコレクションですね!
私もニコノスのⅢ型が今でも欲しいです。
メーカーはすでに保障を打ち切っていますけどまだパーツはなんとか手に入るようです。
まあ、水中に入れなければ壊れるところはほとんどないでしょうからずっと使えるのでしょうね!
投稿者 赤の’57 2009/09/29 23:35
初コメントさせて頂きます。偶然このブログを見かけました。
投稿者 アゲサゲ 野外 2010/05/12 20:25
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
ホビダス[趣味の総合サイト]