カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

海の中の四季(夏の海)


(8月の神奈川県葉山)

今日は寒いですね~!!
北海道は雪ですし、こちらも外は「冬晴れ」という感じです。
そんなときに、夏の海の話です。

「夏の海」
だいたい7月~9月くらいでしょうか。
夏の海は、にぎやかです。
にぎやかというより、騒々しいといったほうがあたってますかね!

夏の海は皆さんご存知のとおりです。
天気がいいと海岸は海水浴客やバーベキューを楽しむ人たちなどでごった返します。

ダイビング人口も一気にこの時期は増えます。
この夏こそ…と、講習を受ける人も多いし、体験ダイビングをする人もぐっと増えます。

水温はぐんぐん上がり、体温を奪われるということが比較的少ないので軽装備で潜れるのは利点ですが、軽装備といい加減な装備とは意味が違うことに気が付かない人もいて、そういう人がトラブルを起こし、さらに大騒ぎになったりもします。

さて、海の中は春に生まれた稚魚たちもかなり大きくなって、やはりにぎやかです。
水温の上昇とともにプランクトンも増え、やはり夏の海は水中の視界はいまいちです。

水面近くは太陽の熱でかなり暖められているのですが、少し深く潜ると沖合いの水深の深いほうから冷たい水が上がってくることがあります。
その冷たい水の層と、浅いところの温かい水との境目がとてもはっきりしているときがあります。

その境目のことをサーモクラインといいます。
沸かし始めのお風呂で似たような現象が起きますね!

暖かいけれど、濁った水の層からサーモクラインを越えて深く潜ると、驚くほど冷たく、そして驚くほどきれいな海が現れます。

その水温の差は時に10℃くらいにもなります。

夏専用の軽装備でそんなところに突入すると呼吸も困難になるくらい冷えることがありますので注意が必要です。

もわっと濁っていた水が一気にクリアーになり、いきなり遠くまで見渡せたりします。

サーモクラインはたまに現れる現象です。
陸から沖に向かって強い風が長く続いたあとに起きることが多いように感じます。
表層の水が沖に持っていかれるので、その分、下から水が補充されるというわけです。
まあ、実際には単純にそれだけではないと思いますが…

きれいで冷たい層の海を楽しんだあと、浅瀬に戻ると濃霧に突入したように水が濁り、さらに浅いところまで底伝いに進むと、海水浴客の足が見えてきたりします。

ビキニのお姉さまの足が見えるとついつい、じっと…バキッ!!

ええと、そういうわけで、夏の海はにぎやかなわけです。

夏の海で一つ、残念なのは、この時期に浅瀬の貝類がほとんど獲られていなくなってしまうことです。

最近のダイバーは貝や魚を獲ったりすることはまずありません。
少なくともスポーツダイビングが盛んな地域ではダイバーになるための講習で魚介類の採取が禁じられていることをきちんと教えているからです。

貝類を獲るのは決まって海水浴客です。
しかも、深く潜ることができないので浅瀬の稚貝ばかりが犠牲になります。

サザエ、トコブシ、シッタカ(バテイラ)、アワビ、
これらが被害にあいます。

お盆が過ぎて、海水浴客が一気に減った海岸を見て寂しさも覚えますが、ほっとする気持ちにもなるのは私だけではないと思います。

夏から秋にかけての海で忘れてはならないのは台風です。

台風は厄介なものとしか捕えられていませんが、それは人間の世界のことにだけ言えること…。

台風の後に潜ると見慣れた大きな石が動いていたりすることもあり、波のパワーに驚かされますが、それとて海にとってはたいしたことはありません。

どんな小魚もどこかできちんと避難していたわけで、何事もなかったかのように生活しています。

しかもたまに海の中がかき回されることは海の中の掃除になって却っていい結果になるようです。

たとえば魚を飼っている水槽の中でも、プールの循環槽の中でも時々かき回してあげないとろ過能力が落ちます。

海の中も時々かき回してあげることも重要なようです。

話はそれますが、川底も同じことが言えるらしいです。
100年や200年に一度しかない洪水を防ぐために山間部に巨大なダム作るべきだという自治体の長たちは自然のこの摂理に関してはなんの興味もないのでしょうか?

200年に一度の洪水まで防止するのは単に人間のエゴで自然破壊をしていることになると思うのですが…。

もちろん、洪水の被害にあうことをヨシとするわけではありません。
でもどこに住んでも100年に一度起きるレベルのリスクは負っているのではないかと思うわけです。

そんなにダムの治水が優先順位が高いとは思えないわけです。

同じように、海でも100年や200年に一度の台風の波を防ぐために巨大な防波堤が作られていまや日本には自然海岸がほとんどなくなってしまっています。

いいのかなあ…、そんなことで…。


話しがそれましたが、夏の海はやはり活気があっていいですね!



海・ダイビング | 投稿者 赤の’57 07:37 | コメント(4)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
こちらも寒いです^^

先日刺身調理ぎりぎりのアワビ、ステーキで食べました@@

美味かった!!
投稿者 イトヤン 2009/11/03 17:15
>ビキニのお姉さまの足が見えるとついつい、じっと…

私もダイバーになろうかなぁ~~~(^^ゞ
投稿者 歩瑠(ぽる) 2009/11/03 20:57
イトヤンさん

ああ、アワビのステーキ…
3年前の夏に食べて以来食べてません…
そういえば、牛ステーキもいつから食べてないんでしょう…
投稿者 赤の’57 2009/11/06 00:14
歩瑠さん

実際はダイビングは通常磯から出入りすることが多く、そういうところは比較的若い女性は少ないのですよね…。
若い女性は砂浜の方がお好きなようで…
投稿者 赤の’57 2009/11/06 00:22
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホビダス[趣味の総合サイト]