カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

もう一度感謝!そして実は100台



もう、あれから2週間も経つのですねえ…
参加者の方のブログでも「参加してよかった~!」という感想がたくさんあって、嬉しい!…というより、どちらかというと安堵しています(笑)

参加者の方のブログはこちらの100台ミーティングのHPでURLを紹介、更新していますよ!
http://www.karmannghia100cars.com/20_2010/2010.html

カルマンギアオンリーのミーティングが2回開催されたことで、なんだか勝手に、カルマンギアオーナー同士の結びつきが前よりもさらに強くなったような気がしてほんとうに嬉しく感じます。

こういう機会がもてたことにはカルマンオーナーの私たちだけでなく、たくさんの方々にご支援ご協力を頂いているからで、ここで改めて感謝の気持ちを表したいと思います。



まずは、会場を提供してくださった山中湖観光協会様。
あの広大な駐車場は「きらら」の臨時駐車場となっていますが、持ち主、管理は山中湖観光協会です。
第1回から快く自由に使わせていただき、しかも無償で提供してくださっています。
前回よりも2週間時期が早かったので、芝も緑が多く、カルマンの展示もより映えました!
これもひとえに山中湖観光協会会長の高村さんの太っ腹のおかげです。
ほんとうに、ありがとうございました!

山中湖交流プラザきらら様。
今回は単独の開催にもかかわらず、早朝からトイレを開放して頂き、ありがとうございました。

ホテル撫岳荘様
特別な宿泊料金の設定、わがままな前夜祭会場のセッティング、荷物の保管、など多岐にわたりお世話になりました。

マグナ・シュタイヤー・ジャパン社(旧カルマンジャパン)様
実行委員会にカルマングッズを分けて頂き、独占販売を許可していただきました。
おかげで前回出られなかった皆さんもレアなカルマングッズを手に入れることができました。

株式会社 武藤商店 武藤様
今回もステッカーの印刷をお願いしました。
安くクオリティの高いステッカーを作っていただき、ありがとうございました!

株式会社 ファーフィールド 遠藤様

高級オイルを1ダースも協賛していただき、ありがとうございました!
おかげさまで4名の方にブラッド・ペンを試して頂くことができます。

日比野様

たくさんのスパークリングワインの差し入れ、高級ブレーキオイル、化粧品の提供、ありがとうございました!

KdFジャパン様

毎回賞品、プレゼントをご用意いただき、ありがとうございます!
(このイラスト、個人的にほんとうに欲しかった…
 だって…、ねえ…)

高村ガス店様(ほうとうの販売)

たいへんおいしいほうとうを提供していただき、ありがとうございました!


ボランティアスタッフの皆様
カルマンギアオーナーではないのに多くの方がイベントの運営に力を貸してくださいました。
委員会メンバー自身がカルマンギアオーナーばかりで、イベント、特にミニツーリングには参加したいため、カルマンに乗らない方の助けがどうしても必要になります。
快くスタッフを引き受けて頂き、ほんとうに感謝しています。

車両誘導、安全管理
 TJさん
 Yume丸さんご夫妻
 シゲオさん

写真撮影
 papabusさん

ビデオ撮影、KdF賞審査
 ヒロシさん


車の似顔絵描きのきもだこよしさん
今回も快くお越しいただき、ありがとうございました!
おかげさまで自分のカルマンの絵が宝物になった方が増えました!

こーいちさん
カルマングッズの受け入れ、検品、送付、ほんとうに面倒くさいことを快く引き受けてくださり、ありがとうございました!


そして、最後にもう一度、ご参加いただいたカルマンオーナーの皆様、来ようと思ってくださったカルマンオーナーの皆様、ミーティングを観に来て頂いた皆様、応援、成功を祈念してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました!!

おかげ様で盛大に無事にイベントを開催することが出来ました!

そして、ここで発表です。

実際にミーティングに参加してくださったカルマンは84台でしたが、エントリーしたのにいろいろな理由で当日は参加できなかったカルマンが実は16台。

このカルマンがみなさん参加できたらちょうど100台なのでした!!

つまり、これは…

なんということでしょう!
100台のカルマンギアが今回集まる予定だったわけなのです。



まさに、カルマン100台ミーティングなのでした!!


というめでたい報告で第2回のカルマンギア100台ミーティングのレポートを〆たいと思います。


あ、今回のイベントの記念グッズのTシャツ、車検証入れ、ステッカーについてはまだ若干余りがありますので、ご希望の方には販売ができます。

ご希望の方はこちらのフォームからご連絡ください。
http://www.karmannghia100cars.com/contact.html
追って、担当からご連絡差し上げます。

ちなみに、ステッカー300円、車検証入れ1000円、Tシャツ2000円です。

おみやげ、差し入れをしてくださった皆様、心より御礼を申し上げます!!


開催10日前から終了後2週間まで1ヶ月近くも100台ミーティングのネタだけでこのブログを続けてしまいました。

その間に起きたことなどのブログネタが実は相当溜まっていまして…

いったい何から書けば…と思うくらい頭の中がゴチャゴチャしていて、さらに、記憶も遠ざかって行っており…
明日からのこのブログは時系列的にはハチャメチャな内容になりそうです。



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:04 | コメント(8)| トラックバック(0)

実行委員のカルマン紹介



参加カルマンギアの紹介の最後は実行委員会のメンバーのカルマンです。

出席番号順で紹介します。


山梨県 あらドンさん 1969年型

甥っ子さんも助っ人に連れてきていただき、大変助かりました。(ミニツーリングの時、折り返しのロータリーで誘導してくれた青年です)
イベント会場の立派なPAはあらドンさんが持ち込んで下さったものです。



愛知県 今さん 1973年型

奥様も来ていただき、前夜祭ではBBQの準備から後片付けまで大活躍していただきました。
毎回、お子さんのために駄菓子なども用意してくれてます。



千葉県 tosioさん 1968年型

言わずと知れた、このミーティングの言いだしっぺです。
mixiをメインとしたカルマン生息台数のカウントはミーティングのベースになっています。


東京都 k-ghiaさん 1970年型

三日月テールに見えますが、1970年型です。
HPの制作、運営、ハガキ、プレートなどいろいろな印刷物の作成、申し込みの窓口業務、オリジナル車検証入れの作成など、奥様とご一緒に多岐にわたる活躍でした。

k-ghiaさんのブログはこちら
http://ameblo.jp/k-ghia/entry-10667324117.html#main



東京都 フカさん 1972年型

オリジナルTシャツのデザイン、作成、年代ごとのパネルの作成をしました。
実は角テールよりレアなビッグテールに拘って乗っています。
車のメカやパソコン関連も詳しくて頼もしいです。

フカさんのブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/fukarr/archive/2010/10/5



長野県 信州1959さん 1959年型

前夜祭では煙にまみれながらBBQの焼き場を死守してくださいました。
実は蕎麦を打ったらプロ並みなんですよ。
カルマンにも大変詳しく、今回トラブルを彼に救ってもらったカルマンも数台ありましたね!
メカの部分では最も頼りになる委員です。



東京都 マルさん 1964年型

実行委員の中ではもっともカルマン所有暦が長いマルさん。
今では少なくなった伝統的キャル・ルックのカルマンです。



そして、私のカルマン 1957年型

今回最も古い(年寄り)だったで賞をいただきました。



カルマンの写真はないのですが、委員の方を紹介します。



千葉県 NAOKIさん 1969年型
現在NAOKIさんのカルマンはパンオフレストア中です。
本当はこのミーティングに間に合うはずだったのですが…。
毎月の実行委員会も今回のミーティングもセカンドカーのビートルでの移動でした。



東京都 観音ライダーさん
前回のミーティングのあと、訳あってカルマンを手放したのですが、実行委員は続けてくださり、ステッカー、記念ポスターのデザイン、版下制作など、デザイン面でサポートをしてくださいました。
当日もお仕事の都合がつかずに参加できず、大変残念でした…。



新潟県 ミドリガメさん 1964年型
このミーティングに向かっている途中、高速道路でトラブル…。自走不能に…
20年以上乗っているという緑のカルマンはもう大変有名なカルマンの1台ですね!



東京都 DENNIS師匠 1959年型
今回はどうしても抜けられない用が入ってしまい、ミーティングの参加は出来ませんでした。
アワードの盾、年代ごとのパネルの制作はDENNIS師匠の手によるものです。
100台ミーティングにはなくてはならないカルマンなのですが…。



そんなわけで、84台のカルマンの紹介を終わります。
閉会式の時は83台と発表したのですが、後に+1台となりました。

その+1台はエントリーNo.37番のやすさんのカルマンなのです。

3日の朝、エントリー受け付けをしているときに、やすさんからTEL。

京都から参加のやすさんは前日近くまで来て泊まっていたのですが、そこからカルマンが動かない…という連絡でした。

たまたま近くにいた何人かの方に相談して最も近くのショップの名前を紹介する程度しかそこではできませんでした。

その時点では山中湖に行けないということもありますが、京都に帰れない…という問題の方も大きかったと思います。

でも、捨てる神あれば拾う神ありで、そのショップと連絡がついたやすさんはなんとか自力でそこまで行き、診てもらうことができ、午後には見事カルマンが復活したわけです。

「復活しました!」とやすさんから連絡を受けたときはすでに閉会式を終わった直後でした。

「私たち実行委員はまだしばらく会場にいますし、せっかく近くまで来ているのですから山中湖までいらしてはどうですか?」とお誘いしたら「せっかくですから、行きます!」ということで、駆けつけてくださったわけです。

会場から帰路についたカルマンと何台かすれ違ったとおっしゃってましたので、「ああ、あのカルマン?」と覚えている方もいらっしゃるのでは?

そして、会場で撮った写真がこれです。




とても素敵なご夫婦でした。
これに懲りずに、次回もぜひご参加くださいね!!

今回トラブルに見舞われた他の参加者のみなさんも!
懲りちゃ、ダメですよ~!!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 22:03 | コメント(2)| トラックバック(0)

参加カルマンの紹介(その2)



参加カルマンの紹介を続けますね! 
一気に全部いきますよ!
一部、MAXXさん、バロンさんの写真をお借りしました。

コメントを書いていくといつまでたっても終わりそうにないので、すべてナシでいきます。

それでは!!



エントリーNo.31

福井県 kumaさん 1958年型 リザードグリーン
★kdf賞


エントリーNo.32

埼玉県 Ueさん 1965年型


エントリーNo.33

京都府 ゆうじんさん 1968年型


エントリーNo.37

京都府 やすさん 1969年型



エントリーNo.38

愛知県 青さん 1965年型



エントリーNo.40

愛知県 RANさん 1974年型 ブルーメタ



エントリーNo.41

神奈川県 こーちゃんさん 1969年型



エントリーNo.42

群馬県 SUWAさん 1959年型


エントリーNo.43

東京都 ジャッカルさん 1963年型



エントリーNo.44

岐阜県 NAEさん 1961年型



エントリーNo.45

群馬県 KAKAAさん 1963年型



エントリーNo.46

東京都 ジョニーさん 1966年型



エントリーNo.47

岐阜県 ハニバニさん 1959年型 ベルニナ



エントリーNo.48

千葉県 YOBO’Sさん 1966年型 パールホワイト



エントリーNo.50

大阪府 バスクラさん 1974年型
★最も最近造られたカルマン賞



エントリーNo.51

神奈川県 NEGIさん 1961年型



エントリーNo.52

千葉県 タクさん 1967年型



エントリーNo.53

群馬県 孫一さん 1970年型 アイボリー



エントリーNo.54

愛知県 コオロギさん 1968年型タイプⅢ



エントリーNo,55

東京都 バッポンさん 1970年型



エントリーNo.56

群馬県 りょうさん 1959年型



エントリーNo.58

奈良県 あきちゃんさん 1960年型



エントリーNo.59

長野県 ちぃちぃさん 1968年型 アイボリー



エントリーNo.60

愛知県 山猫さん 1957年型 リザードグリーン



エントリーNo.61

東京都 カルマンパパさん 1964年型 ローズレッド



エントリーNo,63

東京都 カルマンボーヤさん 1959年型 ドープブルー



エントリーNo.64

神奈川県 えせラスタさん 1958年型



エントリーNo.65

東京都 cool★mintさん 1958年型



エントリーNo.66

東京都 こもりやさん 1973年型



エントリーNo.67

静岡県 カツヤマさん 1969年型



エントリーNo.68

千葉県 八田さん 1965年型



エントリーNo.69

千葉県 カーキさん 1962年型



エントリーNo.70

東京都 ふるす よういちさん 1959年型



エントリーNo.71

東京都 東京国立さん 1963年型



エントリーNo.72

東京都 ruikaさん 1958年型



エントリーNo.73

神奈川県 hisadaさん 1966年型



エントリーNo.74

静岡県 AGさん 1967年型
カルマンの姿がないぞ??と思ったらこういうことだったのですね!レストア中ということで…。(バロンさんのブログより)



エントリーNo.75

京都府 ムガテゥーさん 1970年型



エントリーNo.77

群馬県 kei59さん 1974年型



エントリーNo.79

大阪府 TYPE3さん 1967年型タイプⅢ



エントリーNo.80

埼玉県 nonさん 1972年型 レモンイエロー



エントリーNo.81

東京都 サイさん 1957年型



エントリーNo.82

神奈川県 キクチさん 1967年型



エントリーNo.83

埼玉県 葉っぱさん 1972年型



エントリーNo.84

静岡県 ナガシマさん 1969年型タイプⅢ



エントリーNo.85

神奈川県 kimusannさん 1966年型



エントリーNo.86

群馬県 kazuさん 1969年型



エントリーNo.87

神奈川県 クリサキさん 1964年型



エントリーNo.88

静岡県 オザワさん 1966年型



エントリーNo.89

山梨県 ナカムラさん 1972年型
★最も長いワンオーナーカー



エントリーNo.90

神奈川県 かなっぺさん 1969年型 モナコブルー
★ルーキー賞


なんと、最後にエントリーした2台が最もカルマン暦の長い車と短い車だったのですね!


あとは実行委員のカルマンだけになりました。
それは次回ということで。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 23:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

参加カルマンの紹介(その1)



さて、それでは参加カルマンの紹介をさせていただきますね!
エントリーの順番に行きます!
ほとんどは私が自分で撮った写真なのですが、私が撮るよりも先に帰ってしまったカルマンもいるようで、一部papabusさんの写真を使わせて頂いています。

色については特別な色の名前を書いていただいている方のみ入れています。




エントリーNo.1

兵庫県 MAXXさん 1958年型 カージナル・レッド


エントリーNo.3のジッチさん 1971年型 赤のカルマンは函館からの道中のトラブルで自走を断念…。代車での参加でした。


エントリーNo.4

新潟県 Gさん 1959年型 
★ベストカルマン賞


エントリーNo.5

愛知県 Ulrich Keslerさん 1970年型


エントリーNo.6

大阪府 いけださん 1972年型 ターコイズブルー


エントリーNo.8

東京都 バロン竹内さん 1965年型 ポーラブルー


エントリーNo.10

山梨県 ぽよん旦那さん 1958年型 シルバーグリーン


エントリーNo.12 pantaさん 1959年型黒のカブリオレは参加していただいたのですが、早く帰らなければならないということで、外の駐車エリアに止めてあったため、写真がありません。


エントリーNo.13

東京都 TEXASさん 1965年型


エントリーNo.14

長野県 ダルメシアンさん 1968年型タイプⅢ


エントリーNo.15

福岡県 凱さん 1968年型
★ロングディスタンス賞


エントリーNo.16

神奈川県 こーいちさん 1969年型


エントリーNo.17

静岡県 柿ピーさん 1968年型


エントリーNo.18

愛知県 ナベさん 1959年型


エントリーNo.20

福島県 ぶんぶんさん 1958年型 ペリカンレッド


エントリーNo.21

神奈川県 キャブヲさん 1964年型


エントリーNo.22

埼玉県 なかじ~さん 1959年型


エントリーNo.23

静岡県 たか坊さん 1973年型


エントリーNo.24

長野県 マル和さん 1964年型


エントリーNo.25

東京都 たっきーさん 1967年型 ミントブルー 


エントリーNo.26

兵庫県 ちげさん 1966年型
 

エントリーNo.27

山梨県 KAZさん 1971年型


エントリーNo.29

京都府 イソップさん 1959年型


エントリーNo.30

群馬県 いしいさん 1971年型


つづく


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

100Mの拘り(アワード編)



アワードをどうするか…。
これは実行委員会にとって結構課題でした。

第1回は信頼できる審査員の方にヴィンテージ部門やカスタム部門からコレというカルマンをチョイスしていただきました。

第1回はあれでよかったと思っていますが、毎回主観的な審査員の判断でカルマンを選んでいいものか…。

みんな、自分のカルマンが一番と思っているわけだし、ほんとうにそうだし…。

でも、アワードが何もないとイベントとして何か、こう、締まらないしなあ…

ということで、決めたのが、誰かの主観じゃなくて絶対的な理由で決められること。
誰もが受賞の可能性があること…。

決して、お金をかければかけるほど受賞の可能性が高くなるということにはしたくない…

という思いで決めたのが以下のアワードでした。


まずは、ロングディスタンス賞。
やはり、一番遠くから駆けつけてくださった方には労をねぎらい、敬意を表したいですからね!

ロングディスタンス賞は福岡県から16時間かけてお仕事を5日も休んで駆けつけてくださった、凱さんとその愛車、1968年型カルマンの九龍號でした!

実はこのロングディスタンス賞は函館から参加のジッチさんと競っていたのですが、ご自宅からの距離を正確に調べた結果、数十キロの差だったのですが、凱さんの方が遠かったのでした。

凱さんはブログでこのイベントのレポートを綴って下さっていますので、無事に帰りつかれたようで、よかったです!

凱さん、それからジッチさん、ほんとうに遠くからのご参加ありがとうございました!


次に、1台のカルマンにもっとも長く乗り続けている方にアワードを贈呈しました。
山中湖の湖畔にお住まいの中村さんと1972年型のカルマン。

なんと、中村さんは1972年に新車のカルマンをヤナセでで購入してから37年間、一度も手放すことなく維持されているということです。
大変残念なことに引越しをしたため、ナンバーが変わってしまったことが悔やまれます。

このカルマン、息子さんもお孫さんも大変なお気に入りで3代にわたって愛されているというなんとも幸せなカルマンです。

外装は同じ色で再塗装されていますが、内装はオリジナルのままです。

ぜひ、このまま末永く維持していただければと思います。


さて、逆に最も所有暦が短いカルマン。
なんと、2週間前に納車されたばかりという、かなっぺさんと1969年型モナコブルーのカルマン。

当日申込みで参加された11台のカルマンの中の1台です。
いわゆるルーキー賞ですから、これはきっと1度しか取れない賞ですね!
クロモドラホイールが雰囲気です!


こちらは今回集まったカルマンの中で最も年式が新しいということでアワードを贈呈させていただいたバスクラさんの1974年式カルマン。

大阪からの参加です。
最も年式が新しいといっても36年経ってますからね…。
政治の世界で30代、40代の人が若い若いといわれているのと近い?

バスクラさんのカルマンで驚いたのがコレ。

なんと、普通の自転車が納まっています。
カルマンのこのスペースに入る自転車をわざわざ買ったのだとか?
恐れ入りました。
そんなこと、考えもしませんでした。
せいぜい、折りたたみ自転車なら乗るかも…と思う程度でした。私は。


それから、参加カルマンで最も製造が古かったカルマンは…。

正直、悩みました…。
1956年型の参加が今回はなかったので(前回は2台参加)1957年型が対象となりました。
それぞれ車検証を見せていただいて最も古いのがなんと私のカルマンだったのです。

果たして実行委員が受賞していいのか…。
困りました…。

でも、実行委員も参加者のひとりなのです。
前にも書きましたが、実行委員も全員、エントリーフィーなどの費用は他の参加者の方と同じだけ支払って正式にエントリーしています。

実行委員が一番参加者として参加したいイベントでもあるわけなんです。
このイベントは…。

だから、ここでもし私が受賞を辞退したら、今後第3回以降などで他の委員のカルマンが対象になったときも辞退せざるを得なくなってしまいます…。
そんなわけで、皆さんの暖かい拍手もいただき、受賞させていただきました。

みなさん、ありがとうございました!

私のカルマンは1957年2月に製造、出荷されています。
私より2ヶ月だけ長くこの世にいることになります。
そして、きっと私よりも長く生き続けてくれるものと思っています。



そして、アワードで唯一、主観により選ばれたカルマンがこの、新潟から参加のGさんの1959年型カルマンです。

今回の投票はひとり3票ずつ、入れていただきました。
1台だけだと、自分のカルマンに投票して終わり…ということになってしまうし、それも当然だからです。

選考基準は何もなし。
参加者が自分のカルマン以外に2台、コレと選んでいただいたわけです。

内装もとてもオリジナリティな雰囲気の高いまさに正統派ヴィンテージカルマンな1台でした。

おめでとうございます!



アワードはもう1台ありました。
第1回から特別賞をくださっている古くからあるワーゲングループのkdfから贈られるkdf賞。
今回は福井からお越しのKUMAさんの1958年型角テール。

今回、見事なリザードグリーンに塗られたカルマンが2台登場しました。
前回は1台もなかったオリジナルカラーのリザードグリーンはやはり、とてもいい色でした!

KUMAさんは前回の100台ミーティングにも参加されているのですが、前回はぜんぜん違う色でした。

前回のミーティングで他のカルマンを見て一念発起。

なんとほとんどの作業を自分で行うレストアをしたそうです。

すごい!!

まるで、DENNIS師匠のようです。
DENNIS師匠は今回、どうしても抜けられない用があって参加できなかったのですが、二人が会えたらさぞ話が合ったことでしょう。

内装も見事にオリジナルな雰囲気を再現しています。

カスタムも楽しいですが、こういうオリジナルな雰囲気のカルマンが増えるのも嬉しいですね~!!

kdf賞は一番上の写真の右端のイラストが贈られました。



そんなわけで、DENNIS師匠が激務の中、夜なべして作製してくれた盾のひとつが我が家に飾られております。

この盾、とてもいいのですが、写真に撮りにくいこと…。

作製姿を見守っておりましたが、実は相当な苦心作なんですよ!!

師匠、ありがとうございました!
そして、kdfの信沢さん、ヒロシさん、ありがとうございました!

アワードを獲得した皆さん、おめでとうございます!!





100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 23:00 | コメント(4)| トラックバック(0)

100Mの拘り(カーショー編)



ミニ・ツーリングが終わってカーショースペースに皆さん移動していただきました。

前回は無我夢中でしたが、今回は誘導にも少し余裕を持ってできました。

おおよそ、予定通りで全てのカルマンが並びました。

富士山も午前中はずっと顔を出してくれていましたね!


クリックすると大きくなります。



今年は富士山の姿だけでなく、雲の感じがいいですね~!!



こういう感じの雲、大好きです!



開会式でいくつかご案内をした以外はイベント中は特にアトラクションなど設けませんでした。



出来なかったというのもウソではありませんが、敢えて何もしなかったというのも本音です。



このミーティングの最大の目的は「カルマンオーナー同士の交流」
ということで、余計なアトラクションは必要ないだろう…ということが委員会で決まりました。



誰とも話が合わないわけ、ないですからね!
「何年式ですか?」
「いつから乗ってます?」
程度の会話からいくらでも話題は膨らむはず…。

でも、オーナーさえ近くにいれば、聞きたいことがたくさんあるけど、オーナーは自分の車のそばにあまりいないし…なんて感じもあったかな?



「水着のミスコンテストをぜひやろう!!」なんて話も出ず、「自分に歌を歌わせろ!」という申し出もなく、「のんびり、まったり行こう」ということになりました。



それでよかったですかね?



退屈した方もいたでしょうか?



椅子に座ってリラックスしたり、芝生に横になって寝ている方もいましたが、それぞれその時間を楽しんでいただけていたのなら幸いです。



今回、嬉しかったのは、ビッグテール(ミドルテールもね!)とタイプ314カルマンの参加が大幅に増えたことです。

タイプ314カルマンは最大5台になりましたからね!
石川県からお越しの予定だった方が参加できたら前代未聞の6台勢ぞろいになったわけです。

タイプ314カルマンがたくさん集まる唯一のミーティングになれたら嬉しいですね~!



今まで、ビッグテールオーナー同士、タイプ314オーナー同士で話が出来る機会は少なかったのではないでしょうか?

私が立ち寄ったときも、「あれはナンだ?」「この装備はナンだ?」と盛り上がってましたね!


カルマン社製のデブ早総統の356ラリーも注目集めてましたね!


カーショーの時間の拘り、それは、何もしないこと…でした!




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 23:57 | コメント(6)| トラックバック(0)

100Mの拘り(ミニ・ツーリング編)





翌日、実行委員は5時半起床で準備開始。
もう、明るくなっていましたが、カルマンたちは夜露でしっとりと濡れています。

会場で、本部テントや受付の準備を始めました。





「準備していると徐々に富士山が姿を現してきました。
受付開始の7時ごろには完璧な姿になってきました。
この天気が何時まで続くか…
少なくともミニ・ツーリングの間は見え続けていてくれよ…と祈る思いでした。

というのも、天気予報はあまりいい予報ではなかったからです。

曇りのち雨

でしたからね。
晴れないまでも雨が降らなければよしとしようと思っていた程度でしたから、富士山が見えたことは嬉しかったですね!



参加車両も徐々に集まってきて、ミニ・ツーリングの出発待ちのため、年代ごとに並んでいただきました。



今回はツーリング終了後の入場をよりスムーズにするために年代ごとに別の列を作っていただきました。
左から50年代、60年代、タイプ3、70年代という風に。

台数的には60年代が最も多いので、この列だけかなり長くなってしまいました。



ミニツーリングに関する拘りは二つ。
なるべく切れずにカルマンが並んだ状態で走りたい。
もう少し距離を長くできないか…。

うまくUターンをすることができれば1列で走ればすべての参加カルマンをすれ違うことが出来る…。

それができるところはないか…

ということでルート探しをしました。


地図などでいくつか候補を挙げて、委員会メンバーで実施に行って走ってみたら、第1候補のルートはコースの楽しさも、Uターン箇所の状況も思ったほどではありませんでした。

第2候補もルート上の問題がありました。

どうしよう…
他にないか…
と、現地で話しているうちに、行ってみた場所、そこならUターンが出来そうだ…ということになったのがあの第2駐車場脇のロータリーなのでした。

あそこならわき道に入っているので少しくらいスピードを落としても、また台数によっては一旦止まっても一般者にめいわくにならないだろう…ということでUターン場所が決定したわけです。

あの場所をUターン場所にして山中湖の周回コースを2周しよう。
そうすれば左回りの景色と右回りの景色を両方楽しむことができる。

ということになったのです。

最初は全車左折で左回りなら、比較的列が途切れることが少ないのじゃないか…。
そうすれば、2回目の右回りは多少途切れ途切れになっても景色を楽しんでもらうほうに重点を置いてもらおうということでコースも決定したわけです。

山中湖を2周することでツーリング時間も前回の倍以上の約1時間楽しめることになります。


そんな計画でスタートしたミニ・ツーリングです。




1周目、左回り。
山中湖の向こうに富士山がデーンと見えましたね!

感動しました!
この姿を遠くから来た方に見ていただきたかった。

晴れても富士山はいつも見えるものではありませんから、ここまで見えるのはほんとうにラッキーなんですよ!


実際に走った皆さん、いかがでしたか?





全車が周回道路に出た時点で、止まって隊列を整えることが出来ればいいのですが、やはりそんなところはないので、どうしても、切れてしまったところもあったようです。



前も後ろもカルマンじゃなかった…なんて方はいらっしゃいませんか?

まあ、少なくとも、Uターン地点では80台以上のカルマンのみの列になれましたね!

そんなわけで事故もトラブルもなく、無事にミニ・ツーリングは終了したのでした。


寝坊してミニ・ツーリングの2周目から参加したカルマンが1台あることはナイショ!!


この3連休は秋田県の横手市というところに仕事で来ていて、パソコン環境が不安定で、写真がまだうまく整理されていないので、この記事は今後も編集していく予定です。



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 18:17 | コメント(6)| トラックバック(0)

100Mの拘り(前夜祭編)


(私のカルマンを目印にお出迎え!  写真提供:papabusさん)



早いもので、あれからもう1週間なんですね~。
私たちはほんとうについているというか、今週末は天気が本格的に崩れてしまうようですね…。


(写真提供:papabusさん)




さて、前夜祭実施の土曜日、実行委員は朝から現地入りしてミーティング会場に白線を引いたり、ポスターの袋入れ、カルマングッズの検品などをしていたのですが、午後になると参加者もぼちぼちと集まり始めました。

で、今日は前夜祭に関してのこだわりの話しです。

もう、前夜祭に関してはやること自体がこだわりですね~!

日帰りのイベントでは飲んで盛り上がるということは絶対にできませんから、飲ん兵衛ばかりの実行委員会としては前夜祭をやるかやらないかなんてことは議題にさえならずに、実施前提で準備するわけです。

今回のこだわりは、食べ物は充分に!!ということです。



(撫岳荘の駐車場ではすでにカーショーが始まっていましたが…)


(バーベキュー会場では準備が着々と進められていました)

(写真提供:papabusさん)




第1回の時、事前に実行委員でシミューレーションした際には食材は余るくらいだったのですが、当日はちょっと足りない状況になってしまいました。

さらに、BBQが焼けるまで待ち遠しい。
待てないから半生の状態でもなくなっていった。
そもそも暗くて焼けてるかどうかもわかりにくかった。

というような反省点をクリアーすべく、

・BBQの場所をトレーラーハウスの間に設定
・充分な照明
・食材をよりボリュームアップ
・オードブルを用意

したわけです。


(写真提供:papabusさん)



で、いかがでしたかね?

最後まで食料があったことに「よし、よし」と実行委員は満足していたわけです。


焼き係1号、信州1959さん

(写真提供:レッツ・プレイVWs)




焼き係2号、3号、今さんと奥様

(写真提供:レッツ・プレイVWs)



信州さんも今さんご夫婦も完璧な仕事ぶりでした!


前夜祭は、函館から参加のジッチさんの乾杯の音頭で始まったわけですが、

(写真提供:レッツ・プレイVWs)



その乾杯用の飲み物はデブでも早いんだ!さんが10本も差し入れしてくださったスパークリングワインでした。

おかげで非常に格調高く前夜祭を始めることができました!

しばしの歓談の後、前回のミーティングの様子を収めた実行委員会特製のDVDを放映しました。

いかがでした?

あのDVDは実行委員会の内輪の資料としてみんみんさんが編集したものなのですが、まあ余興の一つとして放映させていただきました。
余興というにはもったいないくらいの出来ですが…。
こんなところにも実行委員の特技が生かされていたわけです。


(写真提供:papabusさん)



また、初めて同士、カルマンのオーナー同士、少しでも知り合えるきっかけになればと、各モデルイヤーごとにオーナーの皆さんの自己紹介をお願いしたわけですが、まあ結果的にはそんな気遣いも必要ないくらい、その時点で皆さんそれぞれの場所で盛り上がっていましたね!

ほとんどの方がステージに見立てたトレーラーハウス前のデッキでマイクを持って自己紹介していただきましたが、聞いているのは1/3~1/5くらいの方…程度でしたかね!

でも、いいんです。
盛り上がっていただければ…。


(写真提供:papabusさん)




ひとりでポツンと寂しくしている人がいないかな?
…とそういうことを心配して見ていたのですが、そんな心配は必要なかったようです。

いい感じで盛り上がっていただけました!


そして、前回はチェロの生演奏というサプライズがあったのですが、今回もありましたね!!

ドラムの競演会!




(写真提供:レッツ・プレイVWs)



なかなかのものでした!

こんな感じで賑やかにわいわいと山中湖の夜はふけていったのでした。




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:29 | コメント(4)| トラックバック(0)

100Mの拘り(募集編)



こうして第2回カルマン100台ミーティングの実行委員会が組織されたわけですが、今回は実行委員長というポジションは作らず、全員同じ立場で準備をすることにしました。(事務局は事務手続き上、設置しましたが…)

そして、最初の実行委員会でまず話し合われたことはミーティングの名称でした。

「100台」という言葉を入れるかどうか…

「100台」という言葉を入れると100台集まったかどうかがミーティングの成功不成功の線引きになりそうな気がして心配な点もあったのです。

このミーティングの目的は100台以上集めるというような、数にこだわることじゃなくて、集まったカルマンオーナーの皆さんが楽しく有意義な時間を過ごしていただけることにこだわりたかったのです。

でも、最終的に100台ミーティングの名前は残しました。

その理由は、

1)すでにこの名称が定着していて名前を変えると同じ趣旨のイベントと理解してもらえないかもしれない。

2)「100台」はそのくらいの台数あつまるミーティングだという、大雑把な規模を表す名称ということで捉えておけばいいじゃないか。

という理由でした。

これで、名称は決定!!


次はいつにするか…

前回は富士スピードウェイで行われるF1と日程がかぶることはできない。(きららの臨時駐車場もF1の駐車場として使うため)
またフジヤママーケットというきららで実施するフリーマーケットと日程を合わせたため、10月19日になったわけです。

でも、あの季節、夜の前夜祭はちょっと寒かったね…ということで、2週間早めることにしました。

1週間前の体育の日の連休に当てると、いろいろな他のイベントに出る方も多いだろうし、道路の渋滞もより激しいだろうということで、10月の第1週にしたわけです。

でも、お子さんの運動会とかと重なった方も多かったようですね!
まあこの時期、どの週末にしてもいろいろなイベントが多い時期ですからね!


ところが、ところが、なんと、お子さんの運動会を振り切って参加したお父さんもいましたよ!
お母さんは日程を変えろと学校に本気で掛け合ったとか?
…恐れ入ります…




次に参加費です。

日程、参加費を決める際にもっともこだわったことは、とにかくひとりでも多くのカルマンオーナーが参加しやすいこと。

前回のように魅力的なノベルティを用意することはカルマン社がああなったことで望みようがありません。

ほんとうに参加したいと思う方に参加していただけるよう、とにかくぎりぎりの安い参加費を設定しようということで、今回はTシャツも参加費に含めず、1500円ということに決定しました。

無料にできないのは、ステッカー代、案内ハガキやしおり等の作成費、郵送費、アワード盾制作費などどうしても実費として出る分だけは確保する必要がありますから…。



あのすばらしい会場を無償で提供してくださった山中湖観光協会の協力なしにはあの参加費は絶対に実現不可能です。

さらに、申込み時に参加費の先払いは必要なく、当日支払いとしているのも同じ理由です。
一人でも多くの方に…という。

実際、製作物の支払いはイベント開催前に必要になりますから、現金が必要になるわけですが、それは実行委員会のメンバーが立て替えざるを得ませんでした。  

実行委員も参加者の一人ですので、皆さんと同じように参加費を支払い、記念グッズもまったくみなさんと同じ価格で購入しています。
あの、オレンジのスタッフジャンパーも自費購入なんですよ!

何度にもわたる委員会の費用、交通費や飲食代、打ち合わせのために山中湖に通った費用もすべて自腹です。
もちろん前夜祭の費用も…。

まさに、手弁当…。

夫婦で委員会メンバーになってるk-ghiaさんと私はさらに2倍…(ハハ…)

まあ、そんなボランティア精神に支えられて実行委員会が運営されていたのです…というと、カッコいいですが、実は仲間と会う楽しさの部分も多かったですし、好きでやっているのですから、いいのです。


たまたま集まった実行委員会のメンバーなのですが、多才な方が多いのにも驚きでした。

HPを作ったり、ロゴの作成、各種印刷物の作成、Tシャツのデザイン、今回のポスターの版下作成、アワードの盾や年代別のパネルのデザイン、作成などすべて実行委員の方の手によるものなんです。

業者に頼んだのは、ポスター、ステッカーの印刷、Tシャツ、車検証入れの作製だけで、それ以外は全て実行委員の手作りです。


そんな感じでミーティングの形が徐々に出来上がっていきました。


次回は「前夜祭編」です。
いよいよ当日の写真を公開していきますよ!!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

100Mの拘り(開催決定編)


(写真提供:レッツプレイVWs)



第2回カルマン100台ミーティングについては昨日のブログで紹介したように参加者の方々がたくさん書いて下さっていますので、私のほうは企画・運営側の視点からどのようにイベントが実施されたか、メイキングの部分を書いてみようかと思います。

前回のイベントのレポートのキーワードは「感動」でしたが、今回は「こだわり」でいきたいと思います。



そもそも、このミーティングは2年前の第1回開催のときから定期開催を前提に始めたものではなく、とにかく一度カルマンだけ出来うる限り集めてみたいね…ということで始まった企画です。

そして2008年10月、ついに116台ものカルマンが山中湖に集結したわけです。

感動しましたね~!!

最高の天気の中無事イベントが終わったとき…、
実行委員の頭の中は真っ白だったと思います。

次をやるかどうかよりも、とにかく「無事に、大成功した!」の思いで一杯でした。

もう、灰になってましたね…。

ですから次回のことはまた改めて…ということで実行委員会は一旦解散しました。
(といっても、別に何かをしたわけではありませんが…)

心のどこかで期待していることがあるとすれば、また翌年開催するというよりも、これに触発されてたとえば関西方面のオーナーが立ち上がって次をやってくれるとか、そういうことにならないかなあ…ということでした。

でもね、なかなか難しいですよね!
イベントを企画して始めよう…なんてそんなヒマ、なかなかないですからね!

そういう意味では第1回のミーティングの実行委員はよく集まったものだと思います。
最終的に10人以上も集まったのですから…。

イベントの準備には1年やそこらの期間が必要なので、翌年の開催というのはほとんどの委員の頭の中にはなかったと思います。
毎年開催するとなったら1回目が終わってすぐに次の準備を始めることになりますからね…。

第1回が終わって1年後の同じ時期、撫岳荘で実行委員のメンバーを中心にBBQをしました。
その時点でも、どうしようかね~。という程度の話しか出ていなかったと思います。

今年の年明けですかね。
もし、今年やらなかったらたぶん二度と出来ないね。
3年に1度とか、4年に一度はあまり考えられない。
やるとしたら今年しかない…。

どうする?

やる?

やらない?



「もし、今年実施するとしたらもう一度実行委員会に名乗りを上げていただける方はどのくらいいらっしゃいますか?」と、第1回の委員会のメンバーにメールを出したら、ほとんどの方が「やりましょう。できることはお手伝いします」というお返事でした。

「おお!!これはやるしかないか!」と盛り上がっていったのです。

2年間の間にはいろいろな事情でカルマンを手放した実行委員の方もいらっしゃいましたが、それでも手伝うと名乗りを上げてくださいました。

嬉しいですよね~!!

そんなわけで、今年の3月に入ってから第2回カルマン100台ミーティングの準備が本格的に始まったのでした。


(写真提供:レッツプレイVWs)



「開催へのこだわり」
それは自発的にボランティア精神で集まったカルマンオーナーによる実行委員会組織で作ったイベントだということです。
特定の団体やお店などにスポンサーになってもらってその色を出すことはなしにするというか、しようがなかったわけです。
協賛などもこちらから無理に頼み込んでお願いすることもしない方針です。

ほとんどの委員が第1回を経験しているし、その記録がきちんと残っているので、同じ場所での開催ということが決まればあとは第1回の暗中模索で進めたときに比べてずいぶん楽でしたね~。

委員会のメンバーそれぞれが、役割を分担して準備していき、決めるべきことや報告は月1回ペースでの実行委員会の集まり以外はメーリングリストのメールのやり取りで進んで行きました。


第1回の時のメーリングリストのメールのやり取りは2000件を超えていたのに、今回は500件にも行かずにすみました。

前回の反省点を埋めたり、過剰な部分をそぎ落としていく作業が多かったように思います。

それが何かも今後書いていきますね!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

参加者のイベントレポート紹介


(写真提供:レッツ・プレイVWs)




(こちらをクリックすると大きくなります)


実はまだ写真が整理されていないのと、今回どういう切り口でカルマン100台ミーティングのレポートをしていくのか考えが固まっていないため、まずは参加していただいた方のレポートで私が知っている限りのものを紹介したいといます。

「私も書いてるよ!」という方、「あの人も書いてるよ!」というのがありましたら、ぜひコメント欄でお知らせください!
どんどん追加します!

mixiは登録していない方は入れないので、残念ですが紹介はしないでおきます。
さらに実行委員のブログも別途にしますね。


まずは、MAXXさん
http://blog.intermeccanica.jp/?eid=986471
前回はカルマンが修理中で本人のみ参加でしたが、今回はついにカージナルレッドに変身した見事なカルマンで参加。
エントリー1番ということもあり、ミニツーリングでは先頭を走っていただきました。



ホビダスではおなじみのTJさん
http://111.blog.hobidas.com/archives/article/265165.html
今回もミニツーリングの出入りの安全管理をお願いしました。
ありがとうございました!



バロンさん
http://www.hobidas.com/blog/garagelife/baron/archives/2010/10/100_2.html
バロンさんはレッツ・プレイVWsを発刊しているネコ・パブリッシングの編集者ですが、第1回目からカルマンオーナーとしてプライベート参加をしてくださってます。
でも、きっと、記事にもしてくれますよね!?


papabusさん
http://papabus.blog.hobidas.com/archives/article/264236.html
タイプ2バスにお乗りのpapabusさんには今回オフィシャルカメラマンをお願いしました。
2日間、ありがとうございました!


中村右近さん
http://fujiyama7.exblog.jp/15227840/#15227840_1
なんと1972年にカルマンを新車で購入して以来ずっと乗っているということです。
ブログは息子さん。
とてもきれいな写真ばかり。
親子3代で受け継いでいただけたら、なんて幸せなカルマンなんでしょうね!
私のカルマンの内装も紹介されていて、ああ…、パーセルシェルフの上を片付けるのを忘れていた…と反省する次第です。


凱さん
http://gai.jugem.jp/?day=20101005
九州は福岡県から16時間かけて自走して参加してくださいました。
函館から参加のジッチさんと競いましたが、僅差でロングディスタンス賞をゲット!


青さん
http://ameblo.jp/blue5368/entry-10667574051.html
女性オーナーの青さんはお子さんやお母様と2台に分乗して初参加してくださいました!


KAKAAさん
http://kakaa.blog.hobidas.com/archives/article/264467.html
たくさん集まると、頼りになる人が必ずいて助かりますよね!
KAKAAさんは絵も上手ですね~!!


TEXASさん
http://ameblo.jp/texas-65/archive1-201010.html
黒いオーバルの方はお友達だったのですね!


白福来(しろふくろう)さん
http://blogs.yahoo.co.jp/mini1000su2/34205900.html
カルマンはご主人のキャブヲさん所有なのですが、ご主人は長期出張に行かれたと言うことで奥様のブログを紹介します!


そのキャブヲさんもレポートをアップしてくださいました!
http://blogs.yahoo.co.jp/karmann_ghia_64/19358877.html
おしゃれな服装で、お二人も目立ってましたよ!


えせラスタさん
http://ameblo.jp/flat4-sounds/entry-10668617221.html
皆さん帰られたあともゆっくりされていて、なんか嬉しかったです!


ゆうじんさん
http://blog.goo.ne.jp/f-onc/e/1c5077386ccc6d00a10b26f8bff9f338
遠くからのご参加、ほんとうにありがとうございました!
2CVやXMにもお乗りなんですね!
いいですね~!


EVANSさん
http://yaplog.jp/bwv988-aria/archive/165
エントリーしていたのに、トラブルで参加できず…
ほんとうに、残念でした…。
でも、大きなトラブルじゃなくてよかったです!
何が起きたのかはこちらで…

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:24 | コメント(11)| トラックバック(0)

感謝、感謝、感謝、感謝!!


(ぽるさん、ありがとうございます!)

第2回カルマン100台ミーティングが無事終わり、仙台に戻ってきました。

ああ…

終ってしまいましたね…。

今回も夢のような2日間でした。

日曜日の天気は前日まで心配されていたほどなのに、見事に晴れ渡り、富士山が完璧な姿で私たちを歓迎してくれました。

おかげで皆さん、日焼けして帰ることになりましたね!
傘の準備をした方はいても、日焼け止めの準備をしてきた方はいなかったのでは?

私も鼻の頭が真っ赤です。




イベントの内容については参加者の皆様もご自分のブログ等にアップされていて、それも知りうる限り紹介しようと思いますが、運営側の視点からのレポートは自分用の記録としてもじっくりとアップしますね。

自分で撮った写真はやはり少ないので、オフィシャルカメラマンをおねがいしたpapabusさんの画像などお借りしながら進めたいと思っています。



今、私が感じていること、それは第1回目を終えた直後と同じで、「感謝、感謝」の気持ちです。
そして頭に出てくる映像は、皆さんの笑顔ばかりです。

参加してくださった方々の笑顔。
ギャラリーで来て下さった方々の笑顔。
ボランティアでお手伝いして下さった方々の笑顔。
そして実行委員の笑顔…。

集まったカルマンの姿よりも、皆さんの笑顔ばかりが思い浮かんでしまいます。


本当に、いいですね~。
カルマン仲間…
ワーゲン仲間…
旧車仲間…
ブログ仲間…


すべてカルマンを購入してから出来た仲間です。


企画
運営
サポート
参加
協賛
応援…

このミーティングを支えてくださった全ての皆さんに、
その一員として参加できたことがほんとうにうれしく、
感謝の念でいっぱいです!


ほんとうにありがとうございました!


そうそう、参加台数は最終的に83台+1台でした。

この+1台というのが、またすごいドラマで…

後ほどご紹介しますね!



記念ポスターのモザイクを取りますね!


クリックすると大きくなります。





100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 09:12 | コメント(30)| トラックバック(0)

1日前(さあ、山中湖へ!)



夜中に走って仙台から千葉に戻ってきました。
今日1日、準備をして明日の朝山中湖へ出発です。

遠くの方でもう道中の方もいらっしゃいます。

みなさん、くれぐれも安全運転で長旅の方はドライバーにもカルマンにも充分な休憩を入れながら走ってくださいね!

雨は大丈夫だと思いますが、最低気温は13℃です。

山中湖は標高1000mありますから…。

充分な防寒の用意もお忘れなく!

山中湖でお待ちしております!!



事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 11:16 | コメント(20)| トラックバック(0)

2日前(お待ちしてます!)















いよいよ2日前になりました。
私も今夜仙台を発って自宅に向かいます。

天気もまずまずのようで、

カルマンオーナーの皆さん、
すでにエントリーいただいている方、
エントリーしていない方も
カルマンオーナー以外の方も、

10月3日、山中湖きらら臨時駐車場でお待ちしております!



事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:47 | コメント(7)| トラックバック(0)

3日前(スケジュール)



ここで、ミーティングの大雑把なタイムスケジュールをお知らせしますね。

カルマンギアのオーナー以外の一般の方の見学ももちろん大歓迎です!

入場料、駐車代は無料です!


【前夜祭】  

10月2日(土)  山中湖畔ホテル撫岳荘キャンプ・バーベキュー場

14:00~  前夜祭受付開始

17:00~  前夜祭開始

21:00   前夜祭終了



【ミーティング】

10月3日(日)  山中湖交流プラザ きらら 臨時駐車場(下図参照)

7:00~8:00   ミーティング受付け
          ※7:00以前には入場できませんが、路上での待機はご遠慮下さい。

8:30~8:40   ドライバーズ・ブリーフィング

8:45~9:45   ミニツーリング

10:30~14:30  カーショー・スワップミート等

14:30~15:00  表彰式・抽選会等

15:00~16:00  解散


(クリックすると大きくなります)

※天候その他の理由でスケジュールが変更になる可能性もある点、ご了承ください。

カルマンオーナー以外の方も、ぜひ、遊びに来てください!!















事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:38 | コメント(7)| トラックバック(0)

4日前(昼食など)



前回は会場となる山中湖交流プラザきららではふじやまマーケットというフリーマーケットが実施されていたのですが、あれはあの年で終わったようで、今回は100台ミーティングの単独開催となります。

歩いていける距離のところにはコンビにもありませんので、昼食は地元の方に協力していただくことになりました。

山梨といえば、

そう、

「ほうとう」です。

ほうとうとおにぎりのセットを700円と格安で販売していただけます。

ぜひ、ご期待ください!

飲み物も一緒に用意していただきます。



もうひとつ、お知らせ

きもだこよしさんというイラストレーターの方が今回も来場してくださいます。



きもださんはその場で愛車の似顔絵を描いて額装してくださいます。

価格も3000円と大変リーズナブルです。

きもださんのHPはこちら

 http://www.d5.dion.ne.jp/~take-abe/index.html

きもださんはお一人ですから1日に描ける数には限りがありますので、ご希望に添えないこともある点、ご了承ください。




事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:42 | コメント(3)| トラックバック(0)

5日前(記念品、販売物に関して)



週間天気予報が出ましたね!
10月2日(土)は晴れ時々曇り
10月3日(日)は曇り

まあ、まずまずじゃないですか?!

これであと、台風さえ発生しなければ…


さて、カルマン100台ミーティングの記念オリジナルグッズの紹介をしますね!

どれも担当した実行委員の苦心作です。

上のステッカーは参加者費に1枚ずつプレゼントします。
もちろん、会場でも販売しますよ!
1枚300円です。


こちらはオリジナルTシャツ。
フリーサイズです。
1枚2000円。
袖にVWのタグがついたところがオシャレです。



こちらはオリジナル車検証入れ。
カルマンの小さなグローブボックスにすんなり入るよう、三つ折タイプになっています。
1個1000円。


参加カルマンの写真を集めたポスター。
大きさはB2です。(B4×4枚分の大きさ)
出来上がりは現物でご確認ください。
1枚500円。


さらに、さらに…
ここからは新情報ですよ!!

前回、カルマン・ジャパン社の皆さんが社長をはじめとしてたくさん来ていただき、販売されたレアなオリジナルグッズ。

なんと、これらのグッズを全て委員会で仕入れることが出来ました!

どこにも売っていないこれらのグッズを当日販売いたします!!

こんな内容です。

・腕時計(男性用・女性用)
・テディベア         
・ポロシャツ(男性用・女性用)   
・キーホルダー       
・キャップ         
・モデルカー       
・折りたたみ傘      
・書籍(カルマン社史)

これを逃すともう、二度と手に入らないものばかりです。

販売個数には限りがありますので、売り切れた場合はご了承ください。
また、もともと数が少なかったものについては抽選会の景品としていくつか提供させていただきます。

当日をお楽しみに!!
















事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:35 | コメント(0)| トラックバック(1)

6日前(カーショーに関して)


(今回は空撮はありません)

カーショーのカルマンはこのように真ん中の通路を境にして、写真の右側が50年代、70年代、タイプ3が並び、左側に60年代のカルマンが並びます。

真ん中の通路に向かってカタカナのハの字になるように斜めに並べます。

目印となる白線を引いていますので、それに沿って止めてください。
ラインに車の左側を合わせることとなります。
右ハンドルの方はちょっとわかりにくいと思いますが、一旦止めてから修正してください。

隣の車とは1台分空きますからスペースには余裕があると思います。
テーブルや椅子を出してくつろいだり、ミニスワップミートをしていただいて構いません。

ぜひ、ご自分のカルマンを楽しくディスプレーしてくださいね!

アワードはユニークなものをいくつか用意していますのでお楽しみに!

アワードのひとつに、人気投票で選ばれるものがあります。
参加者の皆様は一人3台気に入ったカルマンを投票していただきます。

それを集計してこの日一番人気のカルマンを決めます。

投票用紙は抽選会の用紙も兼ねていますので、忘れずに投票してくださいね!
















事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 06:30 | コメント(4)| トラックバック(0)

7日前(ミニツーリングに関して)



開催までいよいよあと1週間となりました!

来週の今頃は山中湖なんですね~!!
実感がありませんが…

参加の皆様はそろそろ準備が始まる頃でしょうかね?

さて、今回のミニツーリングですが、前回よりもさらにスケールアップしますよ!!

参加車両が1列になって山中湖をなんと2周します!
どうしてか…
内回りの景色と外回りの景色はずいぶん違って見えるんですね。
その両方を楽しみたいと思うわけです。

で、どこかでUターンするわけですが…、
そのUターンの時に今度は参加する全てのカルマンとすれ違うことになるわけです。

すごいでしょ!

100台参加したら、100台のカルマンとすれ違うんですよ!

いったいどこでUターンするのか…

それは、現地でご説明しますね!

お楽しみに!

したがってミニツーリングの所要時間は前回の倍、50分~1時間をみています。

ミニツーリングのブリーフィングは3日朝8:30~
8:45からスタートする予定です。

楽しみですね~!!

台風、来るなよ!!




朝の受付順に列を作って並んでいただきます。
列の順番でカーショーでも並びますので、カーショーで他の一緒に並びたい方はこの時点で一緒に並んでください。


今回は4列で並んでいただきます。
左から角テール、三日月テール、タイプ3、ビッグテールの順番になります。


並んだカルマンを見るだけで気持ちは盛り上がりますよ!!


8:30よりドライバーズミーティングを行いますので、受け付けテーブル前にお集まりください。


ミーティングが終わったらいよいよツーリングに出発です。
写真は右折で出ていますが、今回は全車左折で出発です。


オレンジ色のジャンパーを着たスタッフの指示に従い、出発してください。


走行中はヘッドライトの点灯をお願いします!


山中湖を2周(1周目は左回り、2周目は右回り)したら右折で会場に戻ります。
やはり、オレンジジャンパーのスタッフの指示に従ってください。

会場に入りましたら、前から順番に所定の位置に止めていただきます。




事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 06:42 | コメント(8)| トラックバック(0)

8日前(前夜祭に関して)


前夜祭は17:00、午後5時から開始予定です。
現地に早く着いて出かけた方はそれまでに戻ってきてくださいね!

場所は森側のトレーラーハウスの間です。

この写真の中央部分がBBQ会場となります。
雨の場合は他の場所に移動する予定です。


メニューは前回と同じBBQですが、前回よりボリュームアップしました。
オードブルも用意する予定です。


前夜祭の最中に、前回のミーティングの様子を納めた実行委員会特製DVDをプロジェクター放映する予定です。

その他、いろいろお楽しみを考え中です!

秋の山中湖の夜を楽しみましょう!


前夜祭に参加される方へお願い!!

〇生ビール、ソフトドリンクは用意していますが、それ以外の飲み物はぜひ、お持込ください!
各地のおいしい飲み物、そして食べ物をお持ち寄りいただけると嬉しいです。

〇テーブル、椅子はこちらで用意しますが、使い慣れたテーブルや椅子をお持ちいただいて使っていただいても構いません。(カルマンに乗れば…ですが)
ランタンなどの照明器具もお持ちの方はぜひ、使ってください。

〇夜は冷える場合もありますので、充分な防寒の用意をお願いいたします。

〇余興になる特技をお持ちの方、自薦、他薦を問いませんので、ぜひお知らせください!














事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:19 | コメント(2)| トラックバック(0)

9日前(当日の受付について)



事前申込みをいただいた方がどこから来てくださるのか、地図にしてみました。

やはり、突出しているのが北海道と福岡県ですね!

どちらも自走で来られるそうです。
ほんとうに、嬉しいですね~!!
充分に余裕のあるスケジュールで来てくださいね!

北海道や福岡県よりも山中湖に近い方は、「遠いからなあ…」なんて言わずに、ぜひ!

そんなこと言ってはいても、関西からでも数百キロ。
集まってくださる皆様に感謝、感謝です!

高速道路1000円の割引中でよかったです。
遠くからの方は前回よりも安く来られますよね!
大月から山中湖までは無料になりました!

とにかく、道中でトラブルがないことを祈っています!


2日に到着予定の方、実行委員は午前中から撫岳荘で準備をしていますので、早く着いたら来ていただいても構いません。
チェックインは2時以降になりますが、車を止めて一休みすることはできます。
でも、近くに観光スポットがたくさんありますから元気が残っていたら、観光名所めぐりもいいかもしれません。
下記の山中湖観光協会のHPを参考にしてください。

撫岳荘の場所はこちらでご確認ください。
 http://bugakusou.com/access.html

目印になるように、私の赤いカルマンを道路から見えるように止めておきます。


ホテル撫岳荘とその横の駐車場スペースです。
写真の向かって左に山中湖周回道路が走っています。
トレーラーハウスは写真の右側の山側と左側の山中湖畔に点在しています。


トレーラーハウスの場所によってはすぐ横まで乗りつけることができます。

3日の早朝に着いた場合は、山中湖周辺に数箇所ある無料駐車場で一休みしていてください。
会場での受付開始は7時の予定です。

8時半からツーリングのミーティングを始めますので、それまでにご集合ください。


山中湖に着いたら、とりあえず山中湖を1周してみてください!
とてもいい景色でここをカルマン100台で連なって走ることが楽しみになると思いますよ!

展望台もあります。
 
展望台(パノラマ台)からの眺め
山中湖と富士山(天気がよければ)が見渡せます。


温泉に浸かって旅の疲れを癒すのもいいかも…
 石割の湯HP
  http://www.ishiwarinoyu.jp/


山中湖観光協会HP
 http://www.yamanakako.gr.jp/


撫岳荘HP
 http://bugakusou.com/



事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 12:30 | コメント(4)| トラックバック(0)

10日前



いよいよカルマン100台ミーティングがあと10日と迫ってきました!

事前申込みをしていただいた方には確認ハガキが届く頃だと思います。
あと数日経っても届かないという場合はご連絡くださいね!

今日からは100台ミーティングの話題を中心に書いていくことにします。
前回のミーティングの未公開写真も掲載して行く予定です。


事前申込みをしてくださったカルマンの年式の内訳は…

なんと、1956年の最初期モデル以外は全て揃いましたよ!
嬉しいですね~!!

ただし、申告していただいている年式が製造年なのか、モデルイヤーなのか定かではありませんが…

1956カルマンをお持ちの方、ぜひ、当日の来場をお待ちしてますよ!!

さて、現在の参加予定カルマンの内訳です。

1957年  3台
1958年  8台
1959年 15台(!)
1960年  2台
1961年  2台
1962年  1台
1963年  4台
1964年  5台
1965年  5台
1966年  4台
1967年  7台
1968年  8台
1969年  7台
1970年  5台
1971年  3台
1972年  4台
1973年  3台
1974年  3台

これだけのカルマンが集まるのですからすごいでしょ!
楽しみですね~。
もちろん、当日参加のカルマンもたくさんいらっしゃるでしょうからさらに楽しみです!

それにしても1959年の角テールが15台というのはたいへんなことになってます!
実際、モデルイヤーでいくと、1959年モデルの期間は、1958年1月1日~1959年7月31日までと、ここだけ大変長いのです。

逆に、1958年モデルは1957年8月1日~1957年12月31日までの5ヶ月間のみと短いのです。
角テール時代はモデルイヤーの設定が不安定だったようなのです。

1960年以降はモデルイヤーの設定も安定し、8月1日~7月31日で統一されています。

同じ年代のカルマンのオーナー同士で情報交換なんかできるといいですね!
前夜祭の時にはそういう機会を持てるようなプログラムを考えていますよ!









前回よりも2週間時期は早いのですが、夜は冷えると思いますので、前夜祭に参加の方は充分な防寒着をお持ちくださいね!


事前受付は終了しましたが、3日のミーティングは当日参加も大歓迎です!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 22:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

申し込み期限です!



第2回カルマン100台ミーティングの事前申し込みは

9月15日までですが、


Tシャツ
車検証入れ
ポスター

の申し込みは8月31日までとなります。


よろしくお願いいたします!


オリジナルTシャツ

販売価格は2000円


オリジナル車検証入れ

販売価格は1000円

オリジナルポスター

販売価格は500円



オリジナルステッカー

こちらは参加費に1枚含まれています。
販売価格は300円


すべてイベント会場でも販売する予定ですが、事前にご予約いただいた方が優先となります。

予算の関係で、予約数以上にたくさん作ることが困難ですので、ぜひ、事前にご予約ください!!

よろしくお願いいたします!!


公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:32 | コメント(4)| トラックバック(0)

記念Tシャツのサンプル完成!



この土日、カルマンは原宿で行われているフォルクスワーゲンジャパンのイベントの展示に借り出されています。

私は土曜日は100台ミーティングの実行委員会、日曜日からまた仙台に出張のため、行くことができません。

そんな中、みんみんさんが現地の写真を送ってくれました。

みんみんさん、ありがとうございます!!

こんな感じで展示されているのですね!

カルマン、タイプ1の向こうはゴルフが並んでいるようですね。

向こうに見えるニュービートルの中で子どもが遊べるやつ。(なんという名前か知りません…)

あれを100台ミーティングで使えたら子どもたちは喜ぶんでしょうけどね!

貸してくれないですかね~??
無理でしょうね~!(笑)。



さて、実行委員会のほうは大詰めに入り、全体像が見えてきました。

今回も派手なミーティングになることはありませんが、アットホームな爽やかなミーティングにできれば…と委員一同、がんばって準備をしています。

そして昨日、記念Tシャツのサンプルが届きました!



色は前回は黒でしたが、今回はスレートという紺に近い色です。
この色が今回のシンボルカラーになります。

写真ではどうしても本当の色になりにくいのですが、もうちょっと濃い感じがします。

左胸にミーティングのロゴが入ります。



そして背中にカルマンギアのロゴが大きく入ります。



そして、ココがこだわったポイント。
左袖にあるVWのタグ。

実はこのタグに結構コストがかかっています。

担当の委員の方の苦心作です。

それでも販売価格は2000円!!

参加費には含まれていませんので、ご希望の方は事前にお申し込みください。

会場でも販売する予定ですが、予約者優先となりますので、万一品切れとなった場合はご了承ください。

予算の関係で予約枚数よりそんなに多くは作らない予定です。

ご希望の方はぜひ、ご予約ください!!

すでにエントリー済みの方は、コチラにメールをください。

info@karmannghia100cars.com

これからエントリーの方はそのときに枚数をご記入ください。

Tシャツの予約、オリジナル車検証入れの予約、オリジナルポスターの予約、すべて8月31日が締め切りとなります。

お急ぎください!!

エントリーの受け付けは9月15日が締め切りです。



というわけで、これから仙台に新幹線で向かいます!
1泊だけでまた帰ってきますけどね!




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 06:29 | コメント(4)| トラックバック(0)

オリジナル記念ポスター



カルマン100台ミーティングに参加するカルマンの写真を集めてポスターを作ります。

まだ、イメージというレベルですが、こんな感じになります。

参加される方はぜひ、写真を送ってくださいね!!

締め切りは8月31日です。

ポスターの大きさはB2サイズ。
B4サイズの4枚分ですね!

横位置で作成する予定です。
カルマンの写真も横位置でお願いしますね!
カルマンを撮る方向は前からでも、後ろからでも、上からでも、どんな撮りかたでもOKです。

ぜひ、自分のカルマンだとすぐにわかるよう、個性的な写真にしていただけると嬉しいです!!

詳しくはHPの募集要項を参照してください!!



しかし、たかだか有名人の結婚式というだけでバカみたいに盛り上がるのは日本だけでなく、アメリカも同じなんですね!

よく知っている近い人の結婚式に盛り上がるのならわかるんだけどなあ…。



*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 22:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

100Mオリジナルポスター製作決定!!



第2回カルマン100台ミーティングを記念してオリジナルポスターを作ろうか!!ということになりました!

皆さんからいただいた自分のカルマンの写真を集めてひとつのポスターにしようということなんです。

カレンダーという案もあったのですが、その年を過ぎるとカレンダー部分が意味がなくなってしまいますからね…。
ポスターで行こうということになりました。


上の写真はイメージです。
あのポスターでは8台しか写っていませんが、希望者全員の写真を載せようと思っています。


仮に希望者が100人いたら、1台ずつは小さすぎて見えなくなるのでは…とお思いの方、大丈夫です!

これは、2006年に参加した八王子のクラシックカーイベントの時のポスターなのですが、ざっと250台くらい写っています。

このサイズでも自分の車の写真はちゃんとわかりますよ!

せいぜいこの半分ですから、楽勝です!!

ミーティング当日に撮った写真をまとめて…という案も出ましたが、背景がみな同じだと却って面白くないので、自分のカルマンのベストショットを持ち寄って作ってみたいな…と思うわけです。

ですから、このポスター作りの参加はミーティングの参加が条件となります!

ミーティングの思い出として作るものですからね!

サイズなどは特に指定しませんが、横位置でお願いします。
縦横比の関係で多少こちらでトリミングさせていただくことがある点、ご了承ください。

ナンバーを隠したい場合は事前に処理をした状態で送っていただけると助かります。

ご自分でできないけど処理をしてほしいという方は応募時に申告してください。
申告がない場合はそのまま掲載させていただきます。

紙焼きの写真での応募もお受けします。
こちらでスキャンしますので、現物を送付してください。


〇販売予価 500円

  ※購入予定の方のみが参加できます。

〇応募締め切り 8月31日

〇応募先   info@karmannghia100cars.com
  
  ※郵送希望の方はメールで送付先をお問い合わせください。

〇ポスターサイズ B2版予定

販売はミーティング当日に行う予定です。

応募者がとても少なかったらコストの問題でこのプランはキャンセルということになってしまうこともある点、あらかじめご了承ください!


ぜひ、皆様のご応募をお待ちしております!!


ミーティングのホームページも随時、更新していますので、ときどき覗いてくださいね!!

こちらですよ!
  ↓ ↓




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 10:04 | コメント(2)| トラックバック(0)

100Mエントリー状況



10月3日開催のカルマン100台ミーティングのエントリー状況ですが6月25日現在で59台となりました。

25日間で59台ものエントリーをいただけるなんて、大変嬉しいです!!
この勢いで行くと200台なんて事に…
とはいかないでしょうがね…。

たくさんのカルマンが集まることが嬉しいのですが、台数にはこだわりません。
カルマンオンリーの楽しい1日をすごしましょう!!

今年は1台1台じっくり見させていただくのが私の目標ですが、運営していると難しいですかね?

本当は1台1台オーナーの方にお話を聞いて、このブログで紹介したいと思っているのですけど、とてもそんな時間はありませんね。
せめて写真では全車紹介させていただくつもりです。

さて、今までにどんな年式のカルマンがエントリーしているかまとめてみました。

56年  0台
57年  2台
58年  5台
59年 11台
60年  0台
61年  1台
62年  0台
63年  1台
64年  4台
65年  4台
66年  3台
67年  4台
68年  6台
69年  5台
70年  2台
71年  3台
72年  3台
73年  3台
74年  1台
タイプⅢ 1台

という内訳です。
結構、各年代が揃ってますね!
59年角テールが11台というのはものすごいことになってます。
それなのにその後の60年~63年は薄いです…。

あと56年、60年、62年のエントリーがあればコンプリートです!

ぜひ、この年式のカルマンをお持ちの方、ぜひ、エントリーお願いします!!

もちろん、どの年式のカルマンも大歓迎です。

ブラジルカルマンT/Cをお持ちの方の情報はないでしょうか?
タイプⅢカルマンのさらなるエントリーもお待ちしております!!



また、どの都道府県から来ていただけるのか、チャートにしてみました。

オレンジのところが山中湖のある山梨県です。

こうして地図で見ると、山梨県は日本の中心に近い気がします。

北海道、福岡県からのエントリーがひときわ目立ってますね!
ジッチさん、凱さん、気をつけて来てくださいね!

関東地方ではぽっかり白いところが逆に目立っています。

栃木県です!!

あれ?
栃木県にお住まいの〇〇さん!!
早くエントリーしてくださいよ~!!

石川県、富山県、三重県、奈良県、和歌山県の皆さん、ぜひいらっしゃいませんか?

東北、中国、四国、南九州の方もぜひ、がんばって走ってみませんか?
きっと、まだ高速は1000円ですよ!

さらに6月28日から東富士五湖道路が無料になりますので、さらに安く行くことができそうです。

高速道路一部無料化


*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:41 | コメント(4)| トラックバック(0)

トレーラーハウス



今日はカルマン100台ミーティングの宣伝をさせてください!
本番は10月3日(日)ですが、前日の2日(土)は前夜祭です。

3日のミーティングは山中湖交流プラザきららの臨時駐車場で行いますが、前夜祭、宿泊は撫岳荘という施設を使います。

撫岳荘のホームページを見ていただくとわかりますが、広大な敷地にホテル、トレーラーハウス、バンガロー、オートキャンプ場、パターゴルフ場、ボート乗り場など、いろいろな施設があります。

今回はその中のトレーラーハウスを紹介します。
宿泊のメインがこのトレーラーハウスになります。



撫岳荘ではこの巨大なトレーラーハウスが12台あります。
カルマン100台ミーティングでこれらのトレーラーハウスは借り切っています。

定員3名(4名まで宿泊可)のエアストリームから最大6人が寝ることができる超大型のトレーラーハウスまでタイプは5種類あります。



これらのトレーラーハウスはブナの林に囲まれた森林浴もできそうな場所と、国道をはさんだ湖畔との2箇所に分かれて設置されています。

上の写真はすべて森のトレーラーハウスになります。



クルマはトレーラーハウスのすぐ横に置くこともできます。
(駐車場もすぐ近くですが…)
すべてのトレーラーハウスの入り口にはデッキが用意されています。

ここでビールを飲んだり、朝のコーヒーを飲むのが格別です!


こちらはトレーラーハウスの中です。

いかにも、アメリカ!という感じのウッドをふんだんに使った内装です。

くつろげる空間が充分確保されています。
ソファーはすべて簡単にベッドに変身することができます。



テレビもセットされています。


こちらがメインのベッドルーム。

大きなベッドではありませんが、車の中ということを考えるとすごい広さです。


キッチンです。
家と思うと狭いですが、コンパクトなキャンピングカーに比べると立派なものです。

電子レンジ、炊飯器、電気ポット、電気式ギャレーなどが装備されています。
食器はありませんので、ここで朝食など調理をして食べる場合は食器類をお持ちください。

冷凍冷蔵庫も当然完備されています。

中身は何も入っていないので、すべてお持込ください。
歩いていける距離ではありませんが、コンビニはたくさんあります。

シャワー室と洗面台です。

シャワー室は狭いですが、お湯はたっぷり出ます。
湯船に浸かりたい方はホテルのお風呂(有料)か、近くの温泉(有料)に行ってください。

フェイスタオルと歯ブラシは用意されていますが、バスタオルは各自でお持ちください。


トイレも狭いですが、水洗で家と同じように使えます。

一部のエアーストリームは足踏みポンプ式のトイレもあります。


こちらがエアストリーム

お子様のいるご家族などにピッタリです!
雰囲気、ありますよ!!


こちらは、湖畔にずらっと5台並んだトレーラーハウス。


こちらは湖畔に面しているので、窓から直接山中湖が見えます。



山中湖を見ながらデッキで飲むコーヒーもまた格別です!!

ちょっと降りるとすぐ湖畔の岸辺です。

釣りの好きな方はすぐに釣りができます。
道具はお持ちいただいたほうがいいと思います。

晴れていると、この向こうに富士山がど~んと見えます。


こちらはパターゴルフ場

仲間とちょっと遊ぶことができます。


ホテルも落ち着いていいと思いますが、この機会にぜひトレーラーハウスの宿泊を経験してみるのはいかがですか?

人が歩くとぐらぐら揺れたりしますが、それも味です!



*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:46 | コメント(12)| トラックバック(0)

梅雨の山中湖



梅雨真っ只中の山中湖へ秋の100台ミーティングの準備のために行って来ました。

でもね、日ごろの行いがとてつもなくいい私たち実行委員はほとんど雨に降られることなく2日間を過ごせましたよ!


さすがに、朝6時過ぎ、ウチを出た頃は雨で、雲が低く立ち込めたレインボーブリッジあたりは日本ではないような景色でした。

でも、集合場所の談合坂SAについた頃はすっかり雨も上がり…


ちょっとメタボ系のメッシも予定通りの時間に登場し、


ビートのチームとも合流…

なんてことはありませんが…

ほんとうに晴れ間が出てきました。


よしよし、このまま晴れろ!!
と願いつつ山中湖に向かったわけですが…



ほら、この通り!

ちゃんと富士山も姿を見せてくれました。

このあたりはまだ、菜の花畑が満開状態で、

ツツジはまだこれから…という感じでした。
東京や千葉よりも1ヶ月は遅いでしょうか…

だって、山中湖は標高1000mありますからね。
高原の気候になります。


今回、山中湖に行った目的はいろいろあるのですが、ひとつはミニツーリングのコース決めでした。

事前に調べて候補を上げていたのですが、そこを実際に走ってみました。

正直、期待はずれの道が多かったのですが、見つかりましたよ!!
いいルートが…

まだ、最終決定されていないし、参加するみなさんの楽しみでもあるでしょうから、もうちょっと詳しい話は先にしますね!

でも、距離は前回の倍!
しかも、参加するすべてのカルマンとすれ違うことができるコースになりそうな…

ちょっと楽しみでしょ?


さて。こちらは宿泊のメインとなる撫岳荘のトレーラーハウスです。


中はこんな豪華な造りです。
家と思えば狭いですが、車の中とは思えないばかげた広さです。
ご家族連れの方、お子さん、喜ぶと思いますよ!

トレーラーハウスの中に関してはまた別途紹介しますね!

こちらはBBQの食材です。

前回のミーティングのBBQでは食べるものが足りなかったという方、いらゃっしゃいませんでしたか?

今回はきっと必要充分だと思いますよ!

私たち委員が実際に食べてみて、朝食分までありましたから…
どうぞ、ご安心ください!

ビール、ソフトドリンク以外の飲み物、いわゆる酒の類ですね。こちらはぜひ、お持込をお願いします!

この日、実行委員がそれぞれ持ち込んだ酒はそれはもう、バラエティーに富んでいましたが、その中でもっとも強烈だったのがこれ。
テキーラです。

日本には売っていないもので、委員の一人がメキシコに旅行した際に現地で購入して日本に送ったものです。

この写真では大きさがわからないと思いますが…



この大きさですから…!!

なんと、3リットルのボトルです!
隣のメタボメッシはこの時点ですでに出来上がってます!

このテキーラ、なかなかおいしい酒でした
さすがに半分くらいは残っていましたが、それでも普通のボトルなら2本くらい開けている量がほんの数人の腹に入っています。

メンバーが前日に釣ったニジマス。

これも美味でした。
このニジマスは前夜祭のBBQには出ませんので…
(お持ちいただく分には大歓迎!)




別に大宴会だけしに行ったわけではなく、
ちゃんとまじめに会議もしましたよ!

やはり、2回目なので、いろいろスムーズに決まります。
前回の反省点はことごとくクリアーできそうです。
よりスムーズで心地のいいミーティングの運営ができるよう、委員の頭を振り絞っております。

カルマン乗りのみなさん!
ぜひ、10月3日は一緒に楽しみましょう!!

この週末、3台のエントリーをいただきました。

やすさん、青さん、けんけんけーさん、
ありがとうございました!

これで、エントリー台数は50台になりました!!


*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:33 | コメント(7)| トラックバック(0)

現在41台



カルマンギア100台ミーティングの参加申し込みを6月1日から開始して2週間が経ちました。

現在の参加台数は実行委員のカルマンを含めて41台です。

すごい、すごい!!

台数だけが目標ということではありませんが、たくさんのカルマンが集まってくれればより嬉しいです!

それから、いろいろなところでこのミーティングに関して説明をする際に、必ず聞かれるのが「今回は何台くらい集まるの?」ということなんです。

「それが未知数で…、前回は116台集まりましたが…」と言わざるを得ないのです。

カルマンオーナーの方も、もっと近くにならないと予定が立たないという方も多いと思いますが、休みを取ろうと思っているし、取れたら参加するつもりでいる方はぜひ、事前にお申し込みをお願いいたします!

これまで申し込みをしていただいた方は以下の皆様です。
実行委員会のメンバーも下のほうに書きました。
(実行委員会にはカルマン乗り以外の方にもたくさんご協力いただいています。今回は参加カルマンの数としての紹介です)

皆さんがご存知のカルマンオーナーの方で、まだ申し込みをしていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ぜひ、お声掛けをお願いいたします!!

記念品(別売り)のTシャツや車検証入れも事前のお申し込みの数をベースに作成します。
当日も多少は販売する予定ですが、ご希望の方全員にご購入いただけるお約束はできませんので、その意味でもぜひ事前にお申し込みください!

宿泊に関すること以外はキャンセル料は発生しませんので、ご安心ください。

すでにお申し込みいただいた方は以下の通りです。
ありがとうございます!!
*************************************************************
兵庫県のMAXXさん       1958年型クーペ
東京都のマスターさん      1968年型カブリオレ
北海道のジッチさん       1971年型カブリオレ
新潟県のGさん         1959年型クーペ
愛知県のUlrich Keslerさん   1970年型カブリオレ
大阪府のイケダさん       1972年型カブリオレ
埼玉県のぽんぽこさん      1967年型クーペ
東京都のバロン竹内さん     1963年型クーペ
神奈川県のよこはまタンタンさん 1959年型クーペ
山梨県のぽよんの旦那さん    1958年型クーペ
岐阜県のタイショウ☆さん    1959年型カブリオレ
東京都のpantaさん        1959年型カブリオレ
東京都のTEXASさん        1965年型カブリオレ
愛知県のダルメシアンさん    1967年型タイプⅢ
福岡県の凱さん         1968年型クーペ
神奈川県のこーいちさん     1969年型クーペ
静岡県の柿ピーさん       1968年型クーペ
愛知県のナベさん        1959年型クーペ
静岡県のEvansさん        1957年型クーペ
福島県のぶんぶんさん      1958年型クーペ
神奈川県のキャブヲさん     1964年型クーペ
埼玉県のなかじ~さん      1959年型クーペ
静岡県のたか坊さん       1973年型クーペ
長野県のマル和さん       1964年型カブリオレ
東京都のたっきーさん      1967年型クーペ
大阪府のちげさん         1966年型クーペ
山梨県のKAZさん       1971年型カブリオレ
滋賀県のCCDJさん        1972年型クーペ
京都府のイソップさん      1959年型クーペ
群馬県のカルカル君さん     1971年型クーペ

実行委員会メンバー
山梨県のあらドンさん      1969年型クーペ
愛知県の今さん         1973年型クーペ
東京都のDENNISさん    1959年型クーペ
新潟県のミドリガメさん     1964年型クーペ
千葉県のtosioさん        1968年型クーペ
東京都のk-ghiaさん       1970年型カブリオレ
東京都のフカさん        1972年型クーペ
千葉県のNAOKIさん        1969年型カブリオレ
長野県の信州1959さん    1959年型クーペ
東京都のmaruさん        1964年型クーペ
千葉県のバカの’57      1957年型クーペ


いよいよ今夜カメルーン戦ですね。
せめて、最後まで応援する気になる試合をしてほしい…。

しかし、日本代表のユニホーム、なんだかなあ…
全員首の下にレッドカードつけてるみたいで…


*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 06:37 | コメント(7)| トラックバック(0)

オリジナル車検証入れ



今回のカルマン100台ミーティングのオリジナル記念品の第1弾、車検証入れのサンプル画像を紹介します!

なかなかいい感じでしょ?

この車検証入れの特徴は珍しい三つ折になっているところです。
なぜ三つ折にしたかっていうと、カルマンギアのグローブボックスはとても奥行きが浅いからです。

普通の大きさの車検証入れでは端のほうが曲がったり折れたりしていませんか?

この車検証入れならカルマンのグローブボックスにぴったり入ります!

表は格調高いカルマンギアのスクリプトを印刷。



裏にはイベントのロゴマークが入ります。



中面には名紙を入れることができるポケットがあり、



中は、シンプルに車検証のみが入るポケットになっています。

しかも、この車検証入れ、ペラペラの薄いものではなく、芯が入ったしっかりしたものです。

販売予価は1000円です。

上記の画像はあくまでサンプルですので、今後、色やデザインが変更になる場合があります。

なお、こちらの記念品は数量に限りがありますので、購入を希望される方は8月31日までにご予約くださいね!

※当日の販売も予定しておりますが、予約をされていない方は購入できない場合があることをご了承ください。

これからミーティングのエントリーをされる方はぜひ、車検証入れのご予約もしてくださいね!

すでに申し込みをしている方の追加ももちろんお受けします!

すべて、下記のHPからお願いいたします!


昨日まででエントリー台数は37台になりました!
そのうち7台は初エントリーです!
嬉しいなあ!!

エントリーいただいた皆様、ありがとうございます!!
秋が楽しみですね!

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:51 | コメント(7)| トラックバック(0)

1番乗りはMAXXさん



今回のカルマンギア100台ミーティングの栄えある(?)第1番の申し込みはMAXXマクレーンさんでした!

MAXXさんありがとうございます!

上の写真がMAXXさんの1958年型、カージナルレッドもまぶしい角テールです。

このカルマンは実はあることで大変有名なカルマンになってしまいました。



というのも…




彼の4台目になるグッドコンディションの角テールがなんと、こんな激しい追突事故にあったのです。

2007年6月のことです。
お子さんと一緒に乗っていたそうなのですが、二人とも無傷だったというのが信じられないくらいのへこみようです。

軽自動車がノーブレーキで突っ込んできたそうな…。

想像するだけで、ぞっとしますね…。


クルマといっしょに、彼の心も相当にへこんだようですが…。
まあ、乗っている人をカルマンが身をもって守ったということになります。
この状態で、エンジンはかかったというのですから、凄いと思いません?
でも、このまま走るわけにもいかず、さて、修理が可能かどうか…ということになったのですが…


どの工場も修理不能ということで、MAXXさんはしかたなく一時期は次のカルマンを日本中、いや世界中探しまわっていました。

でも、彼の心を動かす個体はなかなか出てこなかったようです。

そんな時、「よし!、俺が直したる!」と酔った勢いかなんなのか、修理をしてくれるという方が現れ、長い復活への工程に入ったのでした。





そして、事故から2年半が経過し…

見事に復活したわけです。
それにしても、すごい修復技術です!

外装は1958年に工場から出てきたときのもともとの色、カージナルレッドに塗り替えられ(関西方面ではジとナのあいだに「あ」が入るそうですが)、どうせならと内装もアメリカの専門職人にオーダーした当時の内装と同じマテリアル、色を再現したものに再生したわけです。



後期型角テールカルマンだけのカージナル・レッドの塗装をしたカルマンって、日本に他にあるのでしょうか?
きっと、これ1台だけだと思います。

そんな貴重なカルマンでいの一番に駆けつけてくれるMAXXさん。

前回のミーティングの時は自分のカルマンはまだ修理中だったにもかかわらず、遠く関西から電車+仲間のカルマンの同乗で参加してくださいました。

乾杯の音頭を発声していただいた方です。

MAXXさん、再会を楽しみにしています!


************************************************************
初日は実行委員のカルマンを合わせて15台のエントリーとなりました。

エントリーいただいたみなさん、ありがとうございます!
函館のジッチさん、新潟のGさんからもエントリーいただけました。

みなさん、遠くからほんとうにありがとうございます!
九州、四国方面の方、お待ちしてます!!

カルマン乗りのみなさん! 準備の都合もありますので、なるべくお早めにお申し込みください。
(前夜祭は定員に限りがあります)

第2回カルマン100台ミーティングの詳細、申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.karmannghia100cars.com/

第1回の様子の写真もアップしました。

エントリー用紙にある、「オリジナル車検証入れ」ってなに?
と思ってる方、多いと思います。

これに関しては後ほどお知らせしますね!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 09:40 | コメント(6)| トラックバック(0)

受け付け開始!!



今日は6月1日!

ということは…

そうです!
10月3日(日)のカルマン100台ミーティングの受け付け開始日です!!

申し込み1番はどなたでしょう!!
もう、このブログで、にぎにぎしく、発表しちゃいましょうかね!
特に、賞品はありませんが…(笑)



カルマン100台ミーティングのHPはこちらです!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.karmannghia100cars.com/

申し込みだけでなく、こちらのホームページにミーティングの詳細を随時アップしていきますので、ミーティングに参加する方はもちろん、参加されない方もぜひ、時々ご覧ください。
(まだ、最低限の情報のみですが…)


皆様のお申し込みを心よりお待ちしております!!




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:19 | コメント(11)| トラックバック(0)

もうじき申し込み開始です



2日続きで飲み会でした。
体の中のアルコール度数が相当高まってしまいました…。
ほどほどに…って、切り上げるのは難しいですね~。

カルマンギア100台ミーティングの申し込み開始はいよいよ6月1日からです。

ホームページの準備も着々と進んでいますよ!(k-ghiaさん、ほんとうにご苦労様です!)

このミーティングに参加した記念になるオリジナルグッズをいろいろ企画しています。

「あ、こういうの、ほしかった!」というようなものをミーティングオリジナル記念グッズとして販売しようと思っています。
見本ができて価格が決まったらお知らせしますね!

利益を上げるつもりはありませんので、お安く提供できると思います。

記念Tシャツも今回は参加費に含めないで、参加費を安く設定しました。
1台1500円ですから安いでしょ!

製作個数の把握をしたいので、お早めに申し込んでいただけると助かります。

10月まで高速道路上限1000円が続いていてくれるといいですね!
そうしたら、遠方の方もだいぶ安く行けますよね!

ぜひ、前夜祭から参加してくださいね!
前回、食材がもっとあったら…という反省点がありましたので、これは今度は絶対にクリアーしますよ!

照明もね、もうちょっと明るく…って思ってます。

細かいことなど決まりましたら、このブログやHPで順次発表していきますね!


*************************************************************
カルマンギア100台ミーティング

〇日時 2010年10月3日(日) ※2日(土)は前夜祭

〇場所 山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

〇参加費 1500円(1台)

〇申し込み 専用ホームページから(6月1日より申し込み開始)

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 11:47 | コメント(4)| トラックバック(0)

6月1日申し込み開始!!



秋のカルマン100台ミーティングですが、いよいよ6月1日から申し込み受け付けを開始することが決定しました!

申し込みはミーティングの専用ホームページからお願いします!
ホームページは現在作成中です。
URLは6月1日に発表しますのでもう少し、お待ちください!

***********************************************************
〇日時 2010年10月3日(日) 2日(土)は前夜祭

〇場所 山中湖交流プラザきらら 臨時駐車場

〇エントリーフィー 1台1500円(記念ステッカー付き)

〇前夜祭 3500円(大人1名)

〇宿泊  4500円(大人1名トレーラーハウス相部屋)

その他、詳しいことはHPやこのブログで随時発表していきます。
*************************************************************



ミニツーリングもやりますよ!

今回は前回よりもボリュームアップしたものにできるよう、プランニング中です!

こちらも、お楽しみに!!


カルマン乗りのみなさん、カルマンが大好きな皆さん、10月2日~3日はぜひ、あけておいてくださいね!!

秋の1日を山中湖で楽しみましょう!!



以下は前回のミーティングのレポートです。

ようこそ!(100Mの感動その1)

前夜祭(100Mの感動その2)

集合(100Mの感動その3)

ミニツーリング(100Mの感動その4)

並んだ!(100Mの感動その5)

開会式~空撮(100Mの感動その6)

空撮写真(100Mの感動その7)

ケータリングとスワップ(100Mの感動その8)

全車紹介(100Mの感動その9)

スナップ(100Mの感動その10)

るまの似顔絵(100Mの感動その11)

取材(100Mの感動その12)

記念品(100Mの感動その13)

アワード前編(100Mの感動その14)

アワード後編(100Mの感動その15)

抽選会~終了(100Mの感動その16)

製作物(100Mの感動その17)

エンドロール(100Mの感動その18)

メイキング(100Mの感動その19)

レポートを終えて(100Mの感動その20)


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 20:47 | コメント(12)| トラックバック(0)

第2回実行委員会



今日はカルマン100台ミーティングの第2回目の実行委員会がありました。

6月の申し込み開始を目標に準備を進めています。
それまでに、HPもリニューアルする予定です。
もう少しお待ちください。

10月2日(前夜祭)3日(本番)は決定事項です!

詳細は追ってお伝えしますね!

この上下の写真は第1回の実行委員会の時のものなのですが、実行委員が乗ってきた車がなかなかバラエティがあって面白かったです。

ビートルありの、


観音クラウンありの、


こんな、スーパーバイクまで…



みなさん、なかなかです!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 23:26 | コメント(2)| トラックバック(0)

さて、次回は…?



第2回のカルマン100台ミーティングは開催が決定しましたが、どんなミーティングになるのか、まだ細かいことはこれからです。

実行委員会で決定したことはすぐにお知らせしますね!

前回はこれ以上は望めないというくらいの最高の天気に恵まれたこともあり、116台ものカルマンが集結しました。

カルマン社を始め、たくさんの方のご好意でたいへん豪華な記念品が用意されていたということも大きかったでしょうか。

とにかく、最初で最後になるかもしれないということでできることはなんでもやっておこうという感じで準備をしました。

結果、どんなミーティングになったのか、もう一度振り返ってみましょうかね!

なんと、開催した2日間のレポートだけで20件もの記事を書いていますね。

準備の部分も含めると60以上の記事をこのミーティングだけで書いていますねえ…。

全部呼んでみたい方がもしいらっしゃいましたら、右にずらっと並んだカテゴリーから「100台ミーティング」のところをクリックしていただくとすべて読めます。
(下から順番になりますが…)


ようこそ!(100Mの感動その1)

前夜祭(100Mの感動その2)

集合(100Mの感動その3)

ミニツーリング(100Mの感動その4)

並んだ!(100Mの感動その5)

開会式~空撮(100Mの感動その6)

空撮写真(100Mの感動その7)

ケータリングとスワップ(100Mの感動その8)

全車紹介(100Mの感動その9)

スナップ(100Mの感動その10)

るまの似顔絵(100Mの感動その11)

取材(100Mの感動その12)

記念品(100Mの感動その13)

アワード前編(100Mの感動その14)

アワード後編(100Mの感動その15)

抽選会~終了(100Mの感動その16)

製作物(100Mの感動その17)

エンドロール(100Mの感動その18)

メイキング(100Mの感動その19)

レポートを終えて(100Mの感動その20)


いやあ、それにしても書いたものです。

改めて読み直すと私の中であの感動が再びよみがえってきます。

個人的には次回のミーティングはもっと肩の力を抜いた、それでもほのぼのとした暖かい雰囲気のミーティングになればいいなあ…なんて思います。

たくさんのカルマンが集まることがもっとも嬉しいことですが、それが第1の目的ということでもなく…

集めることよりも、集まった方が「また参加したいなあ…」と思えるようなミーティングにしていきたいですね~。

前回参加した方はぜひ、また!
前回参加できなかった方、新しくカルマンのオーナーになった方、
カルマンが大好きな方!

ぜひ、秋の山中湖で充実した2日間を過ごしませんか?


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 23:03 | コメント(4)| トラックバック(0)

第2回カルマン100台ミーティング開催決定!!



大事なお知らせです!

第2回カルマン100台ミーティングの開催が決定しました!!

はい、拍手っ~!!

いやいや、ありがとうございます!

やはり、2年に1度くらいはカルマン乗りが集まってまったり楽しく過ごしたいですね~!ということで、やりましょう!!ということになりました!

と、今日のブログはやたらと!!だらけになることをお許しください!


〇日程 2010年10月2日(土)~3日(日)

〇場所 山中湖交流プラザ「きらら」臨時駐車場
    http://www.kirarayamanakako.jp/

〇参加費 1500円(記念ステッカープレゼント)

前回と同じ場所ですが、時期を少し早めました。
夜はかなり冷えましたからね!

参加費が安くなったのはTシャツ代が入っていないからです。

でも、記念Tシャツは作成予定で希望の方に購入していただければと思います。

他にも素敵な記念グッズの作成を企画中です。
ご期待ください!

申し込み方法など細かいことは随時お知らせしていきますが、日程は決定ですので、ぜひ、この2日間は山中湖に行く予定をしてください!

2日は前夜祭です。

3日はミニツーリングも前回よりもさらに楽しめるように企画をしたいと思います。

すでに実行委員の中でいろいろなアイデアが出ています。


さあ、今年の秋はまた、大いに盛り上がりましょうか!!!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 22:57 | コメント(12)| トラックバック(0)

ミュージカルなんぞを…



忙しい、忙しいといいながらも、飲む機会の確保は是が非でもと押し込むバカの57です。

昨日はTJさんと6時間以上飲んでましたね~。

でも、その話しをする前に今日は8日の話しに遡ります。
もう、1週間も前のことじゃないですか~。

ベスパのお店に行ったあと、夜はミュージカルを観に行ったのでした。

生のミュージカルを観るのは実際、初めてのことでした。
映画でも、「マイ・フェアレディ」くらいしか観た事がありません。

「サウンド・オブ・ミュージック」や「ウエスト・サイド・ストーリー」のような有名な映画は何度かトライしたことがあるのですが、ダメなんです。

ぐっと、ストーリーに入り込みそうになったら歌が始まる…。
それがダメでした。

あ、でも、「ブルース・ブラザース」も観に行ってDVDまで持ってるし、初めてのロックミュージカルといわれた「トミー」も観にいったのを今思い出しました。

そんな私がどうして生のミュージカルを観に行ったかというと、知り合いが出てるからなんですね~。

カルマンオーナーで、100台ミーティングではロゴや名札などたくさんのものをデザインしてくださった観音ライダーさんがこれまた多才な方でミュージカル俳優もやっているということで、「ほんとに歌って踊って演技してるの?」と半ば冷やかしに実行委員会メンバー8人で行ったのでした。

もちろん、冷やかし半分なんて不届きな気持ちで観にいっていたのは私くらい…じゃなくてみんなそうだったかな?(笑)

演目は「星の王子さま」。
みなさん、小学校の頃読みましたよね!

観音ライダーさんはこの作者のサン・テグジュベリを演じる、まあ主役級の役なのです。

私たち8人の委員会メンバーは一番前から2列目に横1列に陣取り、よせばいいのに、100台ミーティングのときのオレンジのスタッフジャンパーを着てずらっと並んで座ったのです。
一番前は完全に空席でしたから、実質、私たちが一番前列。
しかも、オレンジ1列。

ビックリして観音ライダーさんがせりふを忘れたり、かんだりしないか、心配でしたよ…。(なら、そんなことするなって?)

ミュージカルを楽しむ前に、親戚の子の学芸会を観にいったような気分?

手が届きそうなくらい近くの舞台で演技する観音ライダーさんを見て、自分のほうが照れたり、勝手にハラハラしたり…。


でも、そんな心配なんか、なんのその。

観音ライダーさんの演技も歌も、踊りも(?)素晴らしかったです!

結構上演時間は長く、一番せりふが多い役でしょうに、見事に演じきってましたね~。

ほんとに、素晴らしかったです!

いやあ…、ミュージカルもたま~~~にはいいものですね!


終わってからみんなで…。

顔出しちゃいました!
いいですよね?

ダメなら早く言ってくださいね!

このあと、近所の焼き鳥屋さんでお疲れ会。
アンソワール鉄仮面は茶髪だけどいつもの観音ライダーさんに戻っていました。

いやあ、いいもの、見せていただきました!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:38 | コメント(8)| トラックバック(0)

余韻



ミーティングの翌日、時間のある委員会メンバーで山中湖近くの忍野八海に行ってきました。

私とカミさん以外はみなさん初めてということで、意外と知られていないのかなあ…。

駐車場でもカルマンは観光客の目を引いていました。
行楽シーズンだからか、平日なのに結構観光客がいました。


忍野八海は富士山の雪解け水の地下水が湧き上がってできた池。
すばらしい透明度です。
実際には8つ以上あります。
ただの池といえば池なのですが、一見の価値はあります。
近くにお立ち寄りの際はぜひ!




その日の朝、前夜祭ですばらしいチェロの演奏を聴かせてくださったチェロの演奏家の黒川さんから連絡があり、「今、山荘に向かっているので、よかったら来ませんか?」ということでした。

黒川さんは山中湖のふもとに山荘をお持ちなんです。

図々しくも、カルマン6台、10人もの大勢でお邪魔してしまいました。




山荘に、カルマンに、ボーダーコリー…。
決まりすぎです。



しばらく談笑したあと、「富士山がとてもきれいなので、近くの景色のいいところに行ってみましょうか?」ということで移動。


行った先にはこんな景色が…。
7台のカルマンで7台ミーティング。

写真撮影大会となりました。


数十分の間にも、雲の様子が刻々と変わって見ていて飽きませんね~。








山荘に戻ってから、黒川さんお手製のイタリアのデザート(イタリア人から直接教わった本人も名前わからず)をいただき、ワイワイやっているとあっという間に夕方…。

再会を誓って山荘をあとにしたのでした。


3日間、富士山をずっと見ていたような気がしますが、富士山が見えるだけで幸せな気分になれるなんて、日本人なんだな~…って思います。


さて、明日から、ようやく100台ミーティング以外の話題になります。




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:11 | コメント(26)| トラックバック(0)

レポートを終えて(100Mの感動その20)




ようやく、長いレポートが終わりました。
ずっと、お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました。

私にとっても100台ミーティングが「ほんとうに終わったなあ…」という思いです。

なんだか、ずいぶん前の出来事のようにも感じます。

最初に書いたように、やはり感謝の気持ちで締めたいです。
プロジェクトの一員として参加させていただき、本当によかったです。



ここに挙げた写真は当日、私やカミさんがプレゼントしていただいたものです。

どれも、心がこもったもので、見るだけで暖かい気持ちになります。



食べ物もいただいたのですが、写真を撮る前に食べちゃいました…(笑)





私にとってこのミーティングの一番の成果はなんだったか…。

100台集まった。
最高の天気だった。
トラブルもなく、成功した。
皆さんにとても喜んでいただけた。

すべて、ほんとうに嬉しいことですが、やはり、このミーティングを通して、多くの方と知り合うことができ、ほんとうに親しいと思える友人がたくさんできたことが最も大きいことでしょうか。

2年前にカルマンギアを偶然見つけて購入した時点で今の状況は想像もできないことです。

関東圏以外にも中京方面、能登方面、長野方面、そして関西方面、東北方面、ああ、北海道にもカルマンを通して「彼は知り合いです」と言える方がたくさんできました。

どの方も、一緒にいることが「心地いい」のです。

時間や空気を共有していることに喜びを感じる友…。

この2年間で何人できたでしょう?

時間とお金さえあれば、すぐにでも出かけて行って、「メシ食いましょう!」、「呑みに行きません?」「お邪魔していいですか~」なんて言いたい友がたくさん…。

社交辞令じゃなくて、「ぜひ、来てください!」といってくれる友…。

ネット社会なんて…というような評論をよく聞きますが、なんと暖かい友達の和がネットを通じでできることか…。

それを実感しています。



ネットはきっかけで、「会う」ことですね。

大事なことは。

初めて会うのに、まったくそんな気がしない。
多くの方にそんな思いをしました。

やっぱり、ネットで、何度も言葉を交わしているからなんですね。





「集まりません?」

に、たくさんの方が共感してくださいました!

こんどは「会いに行かせてください!」って、言いたいなあ…

でも、それにしては、忙しすぎるなあ…
今の私…。



このところ、実行委員の皆さんやその相方の皆さん、師匠も、もう何年も前から親しい方のように心を許してしまっています。

こんなに親しく感じて、いいですか?


ほんと、
一生の財産をたくさん持つことができました。



この美しい富士山のもとで起きた2日間の出来事、皆さんの笑顔を私は一生忘れることはないでしょう。


みなさん、本当にありがとうございました!
このミーティングに参加させていただいて、ほんとうによかったです。










これで、私はこのブログを書くのを終わりにします。















なわけないか…。



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:10 | コメント(12)| トラックバック(0)

メイキング(100Mの感動その19)


ミーティング前日、ロワードされたカルマンでもストレスなく移動できるよう、会場の整地に精を出すこーいち店長。
ワンコも応援?
「ネエネエ、あそぼってば!!」
「ねえ、おじさん…。ヒツジの絵を描いて!」(これは内輪うけ)


日差しが強かったので、汗、汗。


看板類を仕上げ中。


こちらはライン引き部隊。


石灰で線を引くのは小学校以来?



これらのメイキング画像はすべてokachinさん撮影でした。




イベントの翌日、後泊したスタッフ一同。
3日連続で富士山がくっきり見えるなんて、ありえません!


スタッフ全員の写真は、Let's Play VW'sの方が撮ってくれたので、きっと雑誌に載るかと思います。

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 14:14 | コメント(8)| トラックバック(0)

エンドロール(100Mの感動その18)

☆SPECIAL THANKS
山中湖観光協会
撫岳荘
山中湖交流プラザきらら
YUKIMOTO TAKAMURA
カルマン・ジャパン株式会社
株式会社 フラットフォー
KdF of JAPAN
山中屋製造麺
TIME JUNCTION
JOKE BOX
HIDEJIRO ITO
MAKOTO MURASE
株式会社武藤商店
YOSHINORI ISHIMARU
KOYOSHI KIMODA
KAZUAKI KIMURA
OLD VOLKS WORLD ZAMA
ONLY WEEKEND
DENBEI SURUGAYA
YUJI KAICHI

Mt.Fujiyama & Blue sky


☆CATERING SERVICE
SABROSO
CAFÉ BLUE CORN
晴れ晴れ


☆GEST
KEN UEDA
MAKOTO UENOHARA
TOSHIZUMI OKI
ATSUSHI ORIKASA
MASAKI KURODA
TOSHIAKI SUZUKI
YASUTOSHI SUZUKI
MAKOTO DOBASHI
TAKUYA NAGASHIMA
KAZUHITO NAKAJIMA
MASARU NARA
NOBUYUKI HIRAKAWA
HIROAKI FUJITA
RYO FURUSAWA
YOSHIAKI MATSUMURA
YUYA MATSUMOTO
HIDEKI YAGI
HIROSHI KAMIYA
KAZUHIKO TAKAZAWA
JUNICHI TAGAI
SHIN CHI
NAOKI HIRABAYASHI
MASAHIRO FUJIMORI
HIROSHI MIZUYA
KATUNORI RUIKA
TAKAHITO TAKAMURA
MICHIO NAKAMURA
YOSHIKAZU KONDO
YOSHI KOUMUNE
MAMI KANEMITSU
HARUO KOMIZO
NOBUTAKA MIMURA
TOSHIO CHINO
SAORI SOMIYA
KAZUTAKA OKUMURA
FUTOSHI NAGATA
NORISHIGE TAMURA
NAOKI YAMAMOTO
KYOZO FUJII
SHIGEAKI UMEDA
TSUBASA TAKIZAWA
HIDEKI SUGIYAMA
YOSHIAKI NISHIDA
TAKASHIGE HOSOOKA
HIROSHI ADACHI
KAZUAKI ODA
KATSUNORI KURAMOTO
MASATOSHI KONISHI
NORIHISA ITO
SOSHI FUKUDA
TEIZO NISHIZAWA
NOBUHIRO TOMIOKA
TAKESHI YAMAMORI
HIROAKI NAKABA
JUN SAKAO
HIROMI KOBAYASHI
SATORU KIMURA
SHINYA MIZUKOSHI
KOTA TAKEUCHI
KOJI ISHII
KOHEI MAEDA
DAIKI FUJIWARA
SATOSHI HYOJI
TOSHIHIRO AMIKURA
SYOTARO INOUE
ARISU HISADA
KAZUO MARUYAMA
HIROSHI SAKAMOTO
TOSHIMI WATANABE
YOICHI MIYAGAWA
RYOHEI SUZUKI
MASARU UTSUMI
HARUKI KUMAGAI
EIJI TOMIYAMA
YASUYUKI WATANABE
KATSUNORI TAKAHASHI
ISAMU HIRAI
SATOSHI KOMUTA
TETSUYA FUKUDA
YOSUKE UENO
OSAMU KADOTA
TAKAYUKI IKEDA
HIROAKI KATSUKI
KENNJI TAKIMOTO
KAZUO KIKUTA
TOSHIYUKI SIMIZU
HIDETO SAKAGUCHI
MASAMI NAKAGAWA
MAKIHIKO KATUYAMA
KOTA TAKEUCHI
DAISUKE SATO
SHINYA KOYAMA
NAKAGAWA
ESAKI
AKIO NOSE
KAZUMI UCHIDA
YUKIHIDE SAI
YASUTADA UMEZAWA
YUICHI TSURUOKA
HIROSHI KURISAKI
MASATOSHI TAKAYANAGI
TOSHIKAZU ISHII
SATOSHI OMURO
HIROYUKI IWATA
YOSHIAKI TSUDA
MASATO MATSUMOTO
MITSUHARU MIURA

JUNJI KITTA
NORIAKI YAMAMOTO
CHIKAKO MIZUTANI
SHIGEKI ITO

TOMIHIRO HIBINO
RUF
KAZUYA YAMAUCHI
TAKAAKI WADA

  
☆STAFF
TOSHIO ONO
AYAMI AMI
YOSHINOBU ARAI
HIROKI ITO
TSUTOMU IMANAKA
KOICHI UTAGAWA
TAKASHI UCHIYAMA
RYUICHI OKAZAWA
SATOSHI OCHI
MASATERU KAWAGUCHI
HIROTAKA FUKATSU
NAOKI FUJIWARA
MEGUMI MERA
TAKAMARU YAMAOKA
YOICHI YOSHIDA

KEN UEDA
MASATO MATSUMOTO
TOSHIO AMI
CHIKAKO OCHI
RULI KAWAGUCHI
ANKO OKAZAWA
MAKI SUGIYAMA
YUMI KAMAGATA
TAKASHI KOYASU
TATSUO OGURA
HIROSHI SASAKI
TOMOYUKI KITAMI
SACHIE HAYASHIKAWA
TOMOHARU OKUBO
KENTARO NAKAMA
YASUYOSHI MIYAZAKI
MITSUHIRO MOROKATA
JUNICHI KISHIMOTO
KIMIKO
SYOKO ONDA


We wish to express our gratitude to all everybody of the Karmann ghia freak.


KARMANN GHIA 100cars'MEETING PLANNING COMMITTEE





100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:43 | コメント(17)| トラックバック(0)

製作物(100Mの感動その17)



このミーティングのためにたくさんの方がいろいろなものを作ってくださいました。
こういうことができる方々が集まったからこそ、実現できたのですよね~。
というわけで、改めてどんなものを作ったのかまとめます。

上は最初に作ったチラシです。
MAXXさんが作ってくださいました。
まだ、日にちも場所も決まっていないのですが、まずはカルマンの生息を確認していこう、案内はそれからだ…ということで、チラシ、ポスターになる画像をMAXXさんが作ってくれ、ご自分のHPに登録のページを作ってくださいました。

それが「ハローカルマニスト」のページです。

イベントに行ってカルマンを見つけてはあのチラシを配っていました。


日にちと場所が決定して、急遽作ったチラシがこれです。
これは、ウチの奥さんの製作です。



カルマン・ジャパン社を始め、外部へのこの企画の説明のため、こーいちさんとtosio親分が企画書を作成しました。

かなりボリュームのある、立派なものでした。


ロゴデザインを観音ライダーさんが作り、スタッフ用のウィンドブレーカーを自主制作。
お台場のジャンボリー会場でこれを着て、


同時にできたフライヤーを配りまくりました。



この凝ったデザインのフライヤー製作もすべて観音ライダーさんです。


そして、申し込み受け付けを開始しました。
これはその申し込み用紙です。


ジャンボリーの受付初日で実行委員を含めて30台に達したのでしたね!


k-ghiaさんが100台ミーティングのホームページを作ってくれてからは、ネットでの申し込みが中心になりました。

年度末で大変なスケジュールの中、時間を割いて作ってくれたものです。



これらのツールを使ってミーティングの存在がじわじわと伝わっていくことができたのですね~。

ついに9月4日に申し込みが100台を達成したのでした。


10月の初めに、参加者へこのハガキが送付されました。
こちらもk-ghiaさん作成です。



料金別納のハンコを押したのもね!

これは車にぶら下げていただくタグ。
観音ライダーさんデザイン、k-ghiaさん製作です。

業者に出したのではありません。
すべて手作りなんです。
穴を開けたり、切込みを入れたり…、全部です。
なんせ、予算がないですから…。
表面に色をつけるか白黒にするかでもかなり議論したくらいです。

参加費を事前徴収していませんから、当日雨でも降って参加者が半減したらどうする…大赤字になるぞ…という恐怖感の元、作られた製作物です。


こちらはネームプレート。
所有しているカルマンの年代によってデザインを変えましたからエントリーナンバーとの照合には相当気を使って作られました。
こちらも観音ライダーさんデザイン、k-ghiaさん作成。

お名前をあらかじめ入れて印刷することもできたのですが、本名を出したくない方もいるかもしれないということで、手書きで書いていただくか、余白に名刺を入れるとちょうどいい大きさになるように作られました。

ネームホルダーにはプレゼントされたストラップの紐を真ん中に通せるように、1枚1枚パンチで穴を開けたんですよ。


こちらは何度か紹介した記念Tシャツ。

男女2サイズで作りました。


ステッカーは観音ライダーさんデザイン、Gmundさんの会社に製作していただきました。


こちらは会場入り口に置かれた看板。

フカさんがデザイン、DENNIS師匠製作です。
裏と表でちょっとデザインが違います。


こちらも、何度か紹介したDENNIS師匠作成のアワードの楯です。



この下のパネルは会場内で年代別に分けて展示されたカルマンのそれぞれの年代の特徴をまとめたものです。
フカさんデザイン、DENNIS師匠製作です。









この方たちはこのパネルを見ているところだったのです。


こちらは参加者に配ったしおりです。
これは私とカミさんとで作りました。

こちらは、スタッフに配られたマニュアル。

32ページに渡る詳細な内容になっています。
k-ghiaさん作成です。
このマニュアルがあるので、細かい記録がすべて残ります。


(okachinさん撮影)


会場内のあちこちに貼られていた案内はすべて今さんが作って持ってきてくださいました。


こちらは本部に貼ったポップ。
k-ghiaさんの奥様の作成です。
みなさん、ほんと、多才です!


というわけで、たくさんの方の才能と努力と手間とボランティア精神で、これらの製作物ができたわけです。

予算的には最低限の材料費だけで済ませることができました。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 09:30 | コメント(10)| トラックバック(0)

抽選会~終了(100Mの感動その16)


(駿河屋伝兵衛さん撮影)


アワードの発表の後は抽選会です。
今回のミーティングでは、協賛を無理にお願いするのはよそうということで、積極的に協賛依頼はほとんどしていません。
ミーティングの実施をお知らせがてらに軽くお願いしたことくらいでしょうか?

それでも、結構たくさんの品々を提供いただき、抽選会の景品とさせていただきました。

FLAT4さんからは、ワーゲン用高級オイルを6本、カタログ5冊、ステッカー25枚、
KdF of JAPANさんから、Tシャツ2枚、ステッカー
TJさんから車の汚れ取り、高級オイル、
KIMIKOさんから、ハワイで仕入れたカー用品セット

そして、JOKE BOXさんがわざわざお持ちいただいたカルマンの絵が入ったかわいい子供サイズのリュック。
ああ、これも写真に撮っていません…。
こちらは、ぜひ、お腹にお子さんがいらっしゃる方へということでしたが、ちょうど、お一人いらっしゃいました。
JOKE BOXさんから直々にプレゼントしていただきました。

抽選会が終わり、閉会式も無事終了。
終了直後に全員が入った記念写真を撮ろうか…という話もあったのですが、すっかり飛んでましたね~。

まあ、あの人数を全部入れて写真を撮ろうとすると、そうとう時間のかかることになったかもしれません。

終了後もほんとうにスムーズに皆さん退場していただけました。

(フカさん撮影)


なんの混乱もなく、帰るときまで皆さんジェントルに、1台、そしてまた1台と家路につくカルマンたち…。

(TJさん撮影)


皆さんをお送りしながら、「終わっちゃった~」と感無量でした。
名残惜しかったですね~。



片づけがおおよそ終ったころ、富士山を見るとほぼダイヤモンド富士になって輝いていました。

(TJさん撮影)




ケータリングの方々や、ボランティアの方々もお見送りし、ほんとうにすべて、終りました。

大きなトラブル、事故もなく、最高の天気の中、すべて無事終了しました。

翌日の休みが取れたスタッフはそのまま残り、撫岳荘で打ち上げの予定です。

観光協会の会長さんにご挨拶に行ったら、大成功をほんとうに喜んでくださいました。
またいつか、ぜひやってくださいと、嬉しいお言葉。

打ち上げ前に皆で「石割の湯」に浸かりに行きました。
体は疲れていましたが、心地のいい疲労感を温泉で癒し、さっぱりできました。

さて、その夜は…
皆ではじけたのはいうまでもありません…。
こんなにおいしいお酒は甲子園で優勝したとき以来でしょうか?(ウソです。だいたい高校生はお酒飲みませんって!)

打ち上げが終わり、トレーラーハウスに戻って、ベッドに横になった瞬間に意識を失ったのも言うまでもありません。



まだつづく


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(15)| トラックバック(0)

アワード後編(100Mの感動その15)


(駿河屋伝兵衛さん撮影)



アワードの後編です。
次はKdF of JAPAN賞。
こちらはクラブを代表してヒロシさんが選出してくださいました。

受賞はハニバニさんの1959年型トラウトブルー(と思っていたら、実はL 431 berninaという色だと師匠からのご指摘あり)ベルニナという色のカブリオレです。
なんと、この車、ご主人から奥様への

プレゼントらしいですよ!
ご主人はこれまたきれいなタイプ2にお乗りとか…。

このカルマン、F4で販売しているところを見に行ったことがあります。


こちらのカルマンもこのところ、アワードキラーのようですね!


賞品は、「ワーゲンを抱きしめたい」という本をKdFの信沢氏と書いた漫画家、片桐氏のオリジナルイラストです。

こちらもちゃんとした画像がなくてすみません。
どなたかお持ちですか?

KdFの賞はもうひとつありました。
大阪在住のKdF会員のモデラーさんがカルマンのチョロQを作ってくださり、最も似たカルマンに差し上げてくださいということで、MAXXさんが預かってきてくださいました。

実は写真がないのですが、同じ作者の方から購入したカルマンのチョロQがありますので、その写真を載せます。
これとほぼ同じだと思います。

さらに、いけないことに、このチョロQをどなたに差し上げたのか、記録を紛失しています。

カルマンのチョロQをもらった方!、もしくはその方をご存知の方、ぜひ、教えてください!

と、書いていたら、KIMIKOさん情報。
受賞者はNEGIさんでした!
この日のために、ハンドル換えてきたとおっしゃってましたね!

さらに、その後、ご本人NEGIさんが画像を送ってくださいました。
ありがとうございます!



バットウィング、カッコいいです!

 
チョロQと一緒に。




そして、最後に実行委員会特別賞。
この話しはちょっと長くなります。

差し上げたのはこのカルマンギアのスクリプトを彫り上げたプレートです。




これは9月16日のブログで紹介したIさんの製作によるものです。




これを差し上げたジッチさんは最も遠く(函館)からもっとも苦難を乗り越えてこのミーティングに駆けつけてくださった方なのです。

ジッチさんは今、目がご不自由です。
以前からカルマンが大好きで、大好きで、とうとう所有してしまいました。
このミーティングの話しが始まった頃から参加を表明して下さっただけでなく、影から実行委員会を応援し、励まし、支援し続けて下さっていました。
ジッチさんは音声変換のパソコンをお使いなんです。

ジッチさんはヘルパーの方の運転でなんと函館から自走で山中湖まで駆けつけてくださいました。

何ヶ月もメールのやり取りだけだった方が撫岳荘に到着して初めて言葉を交わしたときは感無量でした。

そんなジッチさんにお礼をしたいと実行委員の間で何かいいものはないかと探していました。
見て楽しむだけでなく、触れてわかるもの…。

そんな折、実行委員のみんみんさんがたまたまIさんの作品と出くわしたのです。

幸いなことにIさんは大の車好きでした。
みんみんさんの話しで、カルマンが100台集まることにも感銘し、またジッチさんのことを聞いてとても感動してくださいました。

そこで、基本的に注文製作は受け付けない方なのですが、快く製作を引き受けてくださったのです。
9月16日のブログはその製作状況を確認しに行ったときのことだったのです。

そして、出来上がったのがあの作品です。
材料はヒバというお面を作る木材です。
(Iさんは能面も彫ります)
それを切り出し、カルマンのスクリプトを彫り抜き、台座に貼り付けています。

世界にひとつしかない作品です。

ジッチさんにはたいへん喜んでいただき、ほんとうによかったです。


実は、Iさんに私のも作ってくださいよ!と半分冗談でお願いしたら、
「同じものを二つ作るのは嫌だ」
ですって!

やっぱり、世界でただひとつです!


いい加減にしろといわれそうですが、
レポートはまだ続きます。

このミーティングのことを全部書かないと気が済まなくなっています。
というか、書き上げないと私の中でミーティングは終わらないのですよ。




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(18)| トラックバック(0)

アワード前編(100Mの感動その14)


(TJさん撮影)



今日は久しぶりの休みなので、じっくり書きますよ!
長くなりますよ~!!

まったりした時間もあっという間に過ぎ、太陽がどんどん富士山に近づく頃、閉会式が始まりました。

受賞車両を本部前の広場に移動していただき、
まずは、アワードの発表です。
アワードの審査は厳正に行いましたよ!
審査委員長はDENNIS師匠
審査員をTJさん、MAXXさんに託しました。


午前中は3人別々に審査し、午後はそれぞれの結果をつき合わせて絞込みをしていました。
アヤシイ3人組がウロウロしながら車を見てはヒソヒソ話しをしていたのは、盗んで売り飛ばそうと画策していたのではなく、審査をしていたわけです。

本来、アワードの最有力候補となる師匠のカルマンですが、自分の車を選ぶことはできませんので、最初から対象外となってしまったのはよかったのか、悪かったのか…。

とにかく、3人の審査員の皆さんは閉会式の直前までほんとうに真面目に審査していただいていたのは事実です。



さてさて、それでは発表です!
TJさんによる総評のあと、発表に移りました。


最初にカルマン・ジャパン社賞。
こちらは参加者が一人1票を投じる人気投票で決定されました。
会場内でもっともカルマン乗りの人気を集めたカルマンは…

(駿河屋伝兵衛さん撮影)


mr.patinaさんの1956年型クーペ、「由紀恵ちゃん」でした!
ドイツのカルマンミュージアムから抜け出てきたのでは?と思えるようなオリジナリティと当時もののレアパーツ満載のカルマンでした。

投票の権利は参加したカルマンオーナーの方だけだったのですが、さすが、カルマンオーナー、お目が高い!



グローブボックスの中にはなんと、本物のオーナーズマニュアルが…。

カルマン・ジャパン社が用意してくださった賞品がまた、よだれモノでしたね~。
カルマンギアの3面図とこのブログでも時々紹介している生産当時の写真を何枚も並べてパネルにしたもの。

カルマンパーツのコレクションでも有名なmr.patinaさんでも絶対に持っていない代物だったのではないでしょうか?

実は、その写真がないのです。
手に入ったら、載せますね!

と、書いていたら、早速junさんが送ってくださいました!



junさん、ありがとうございました!
3面図、ちゃんとカルマンギアのロゴまで入っていますね!
いいなあ、これ…。

こちらは、あらドンさんが送ってくれた写真です。


そして、受賞者のmr.patinaさんがご自宅での画像を送ってくださいました。


みなさん、ありがとうございました!



次に、100台ミーティングのアワードですが、こちらはヴィンテージ部門3台、カスタム部門3台が選ばれました。
順位はありません。

ヴィンテージ部門はバランスよく、角テール、三日月テール、ビッグテールから1台ずつが受賞しました。
コメントは審査員のコメントではありません。
私の個人的なコメントですのであしからず…。





角テールはEVANSさんの1957年型クーペ。
トラウトブルーのオリジナルの色がとてもシックです。
フロントは今や日本の角テールの定番?となりつつあるファンファーレホーンとフォグランプ(どちらも当時モノ)で決めています。
ちゃんとスペアタイヤまでホワイトウォールタイヤにしているあたり、抜け目がないです。

昨年の同じ時期、下見に行ったときのこのカルマンとの2ショット。
わたしのお気に入り写真のひとつです。

(フカさん撮影)




次に、三日月テールは

(駿河屋伝兵衛さん撮影)


hisadaさんの1966年型クーペです。

同じように見えても微妙に変化をしているカルマンギアですが、1966だけの特徴というのがあります。

それが、このダッシュボードのモールなのです。
これは、一度なくなったら二度と手に入らないのではないかというレアパーツです。
ルーフラックも決まった、見事な1台でした!


ビッグテールからは、

(駿河屋伝兵衛さん撮影)


TOSHIさんの1972年型クーペ。
このカルマン、TOSHIさんのお父様が購入してそのまま引き継いで乗っているそうです。
いいですね~。
親子2代でカルマン…。
「こんなにすばらしいカルマンを引き継がせてくれた父に感謝します」というオーナーの弁、素敵でした!



次に、カスタム部門の受賞車です。

最初に、

Taishowさんの1959年型カブリオレ。
この車のヌメっとした黒光りは尋常ではなかったです。
黒の塗装にありがちなヘアラインの傷もぜんぜんなし。
どんなに磨きこんで来ていただいたか、それを考えただけでも嬉しくなります。
内装はなんと紫。

ヘタをすると下品になってしまう色ですが、とてもシックにまとまっていると思います。

しかし、私、当日は写真を撮る時間がほとんどなくて、外観だけ駆け足で撮ったのですが、ほんの数枚撮った内装の写真はすべて受賞車両のものでした。


次は

(駿河屋伝兵衛さん撮影)


norinoriさんの1963年型カブリオレ。

最近タイプ3から乗り換えたというnorinoriさんですが、Hiogh&Lowに続き、アワードキラーになってますね!
でも、それだけ完成度、高いと思います!

下の2枚は川越のHigh&Lowの時に写した写真です。






カスタム部門のもう1台は、

(駿河屋伝兵衛さん撮影)


D-MARK 5号さんの1967年型カブリオレ。

ビタミンイエローという黄色が目立ってましたね~!!


(k-ghiaさん撮影)




(k-ghiaさん撮影)


室内も、エンジンルームも、相当手が入れられていました。
バッテリー、ヒーターホース、プラグコードなどの補機類がぜんぜん見えません。
ここまでスッキリできるんですね!




こちらの受賞車6台には師匠が作った手製の楯が贈られました。

この楯がまた、実にカッコいい!

色も、カルマンのオリジナルの車体色をイメージして決めたそうですよ!


こちらは、アワード受賞車に貼られたものです。
こんなものや、投票用紙まで全部、師匠が自ら作って当日持ってきてくださいました。

何度も言ってますが、ほんとうに、お世話になりました!


というところで、長くなったので、続きはまた明日にしますね!


次回はアワード後編になります。




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 10:00 | コメント(8)| トラックバック(0)

記念品(100Mの感動その13)



今回、ご参加いただいた皆さんはほんとうにたくさんの記念品をお持ち帰りいただいたと思います。

記念Tシャツとステッカーは参加費の中から制作費を捻出して作りましたが、この二つ以外はすべてこのミーティングの趣旨に賛同してくださった方々のおかげです。

その中でも飛びぬけていたのが、上の写真のカルマン・ジャパン社の記念品です。
写真集は1冊と思っていたら2冊も入っていました。
それに、キャップとキーホルダー。
これらが、下の写真のオリジナルの紙袋に入れられ、一人一人、カルマン・ジャパン社の社長から手渡されたのです。


右側の写真集の表紙のカルマンはホノグラフになっています。
なんともお金のかかった冊子のようです。

実は、この本、まだビニールがかぶったままです。
もったいなくて…というのもありますが、ゆっくり見る暇がいまだにないというのも事実なんです…。

ほんとうにすばらしい記念になりました。

カルマン・ジャパン社の太っ腹に改めて御礼を申し上げます。



それから、この携帯ストラップ。

ストラップ部分は人工皮でできていて、ちゃんとVWのロゴも入っています。
それが、きちんと箱に入っています。
こちらはある方のご厚意でいただけたものなのですが、ちょうど100個だったため、エントリー100番の方までに差し上げています。

これに、名札をつけてぶら下げてもらおうと思っていたのですが、もったいなくてか、使っている方は少なかったようです。


そして、これがいつかご紹介した記念Tシャツ。

デザインは実行委員の一人、観音ライダー(鉄仮面)さんです。
フライヤーも含め、黒とオレンジがこのミーティングのシンボルカラーに自然となりました。
各年代のカルマンのテールライトがモチーフになっています。
もちろん、タイプ3カルマンも!


こちらのステッカーも観音ライダー(鉄仮面)さんのデザインですが、製作はGmundさんの会社にお願いしました。
予算の内情を知ってか、とても安くしかも大変きれいに仕上げていただき、ほんとうにありがとうございました!



さらにこちら。
カルマンのイラストが入った来年のカレンダーです。
これは、私たちにもサプライズでした。
カルマン乗りのイラストレーターanticoさんの作品なのですが、ミーティングには事情があって参加できなかったのですが、参加の皆さんにと、百数十部、ご自分で印刷して名古屋から電車で持ってきてくださったのです。

できたてホヤホヤのカレンダーと台紙つきのビニール袋や封印のシールまでお持ちいただき、会場で女性スタッフと1枚1枚急いで封入作業をして皆さんにお渡ししたのです。

よく見ると、角テール、三日月テール、ビッグテール、タイプ3カルマンをそれぞれすべて入れてくださっています。
カルマンオーナーならではの心遣いですね!


こちらがシール。

わざわざ名古屋からたくさんのカレンダーを紙袋に入れて電車で山中湖まで駆けつけてくださったanticoさんにはなんとお礼を言っていいのやら…。


そして、最後に地元山中湖で製麺業をされているカルマンオーナーの方から蕎麦の生めんのお土産をいただました。
こちらは生ですから、なるべく新鮮な状態でお持ち帰りいただけるよう、閉会式ぎりぎりまで撫岳荘の冷蔵庫で保管し、お帰りの際に手渡しさせていただきました。

残念ながら、写真がありません…。
と書いていたら、KAKAAさんが送ってくださいました!

KAKAAさん、ありがとうございました!

実行委員はミーティング当日の夜、撫岳荘でゆでていただき、味あわせていただきました!
おいしかったですね~!!


というわけで、大変豪華な豪華な記念品の数々となったわけです。

他にも数量的に参加者全員に差し上げることができない品々は閉会式の時の抽選会の景品にさせていただきました。
その件はまた別途…。


ご協力いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました!
この場をお借りして、今一度、お礼を言わせていただきます。




さらにつづく。
次はいよいよアワードの予定です。




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 06:27 | コメント(10)| トラックバック(0)

取材(100Mの感動その12)



このミーティングが一般報道されるか…、
まったく未知数でした。

しかし、来てくださいました。
地元の山梨日日新聞の記者の方が。

こちらもボランティアのKIMIKOさんからの連絡によるものでした。

奇異者の方にいろいろな話をし、カルマンも数台、近くまで行って説明をし出来上がった記事が以下のとおりでした。

翌日の新聞は現地でチェックしていたのですが、どこにもなかったので、「なんだ~、ボツかあ…」と思っていたら、開催の翌々日、21日の朝刊に載ったようです。



同じ内容が1日前にWEBでも発表されました。

http://www.sannichi.co.jp/local/news/2008/10/21/13.html

取材があった時点ではまだ最終の台数の集計がされていませんでしたので、およそ120台とお話しをしていたのでその数字が報道されています。

ちゃんと写真入りで報道していただき、ありがとうございます!




また、ソーキャル・パブリッシングの方々がDVD用の動画を撮影しにいらしていただいたのですが、彼らが乗ってきた車がこれ。

(okachinさん撮影)


いいですね~。
インターメカニカのキューベルワーゲンです。


(駿河屋伝兵衛さん撮影)


この車なら完フルオープンになりますから、車から写真を撮るには最適ですね!

参加車の1台に車載カメラを載せたいということで、それはミドリガメさんのカルマンにお願いしました。

(ミドリガメさん、お借りしました!)



どんな映像が撮れているか、楽しみですね~!!
発売は来年になるそうです。



また、カーグラフィックやNAVIで有名な二玄社の方も取材に来てくださっていました。
こちらは実行委員の一人の方のコネでした。
ミーティングの模様が雑誌に載るかどうかはわかりませんが、すでにwebCGでレポートを4ページにわたって掲載してくださっています。

http://www.webcg.net/WEBCG/essays/editor/e0000020080.html?pg=1

恥ずかしながら、私のカルマン嬢も紹介されてますね!

とても、好意的にこのミーティングを捉えてくださっていて嬉しいですね!!
さすがにプロで、見事にまとめてくださっています。
このダラダラ適当ブログとは段違いです。




さらに、ワーゲン専門誌2誌の取材ももちろんありましたよ!
ホビダスの親元、ネコ・パブリッシングからはLet's play VW'sの取材が。
そして編集部の方が1名、カルマンで正式エントリーもしてくださいました。
どんな記事になるかな?

で、もう1誌、Street VW's誌に関しては、なんと、師匠が記事&写真を担当してレポートを書きます。
というか、11月25日発売の号に間に合わせるため、今頃、必死で書いていると思います。
ウチの師匠、こんなことまでこなしてしまいます。
ミーティング当日はアワードの審査とこのための取材で、まったくミーティングを楽しむ余裕はなかったようです。

ほんとうに、ご苦労様でした!
ご苦労は現在進行中のようですが…。
どんなレポートになるか、楽しみです!



そんなわけで、いろいろな取材を受け、参加者の方のブログなどさまざまなところでこのミーティングが紹介されていているわけです。



さらにつづく


次は「おみやげ編」の予定



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(12)| トラックバック(1)

くるまの似顔絵(100Mの感動その11)



自分の車の写真はあっても自分の車のイラストを持っている方は少ないのではないでしょうか?

写真はまあなんとか自分で撮れますが、絵はなかなか描けませんからね!

それを実現させてくれる方と偶然出会いました。

今年のニューイヤーミーティングだったと思います。
会場で展示車両をスケッチしている方がいまして、それがとても上手で、お話を聞いてみたら、その方はきもだこよしさん(もちろんペンネーム)という方で、各地のイベント会場に出現しては、希望の方にその車の似顔絵を描いてあげているというのです。

その場で額装してくれて3000円。
これは安い!
でも、私はその時はエントリーしているわけではなく、見学者でしたから、描いていただくわけにも行かず、「ぜひ、秋のカルマン100台ミーティングに来てください!」とお誘いしていたのでした。

その、きもだこよしさんが当日、ほんとうに山中湖まで来てくださいました。

直前にご連絡したところ、年始にお渡ししたチラシを見えるところにずっと貼っていてくださっていたそうです。
嬉しかったですね~。

そこで、見本になればと、私は事前に写真を送って描いていただけないかとお願いをしていたのですが、それをわざわざ描いて持ってきてくださっていました。

それが一番上の写真です。
ベースとなった写真はもともとルーフも赤の状態のものなのですが、ルーフを黒に塗ろうかと話が出たときに、師匠がチャチャっとフォトショップでルーフを黒にしてくれた画像があったのです。
それを送って描いていただいたので、ちゃーんと赤黒になっているわけです。

BOWさんのようなあっさりしたタッチで、とても好きな画風です。

開会式が終わった直後、きもださんが私のところを訪ねてきてくださいました。
「いやあ…、来ましたよ!」って。

きもださんの笑顔を見てまたまた感動。
ここまでわざわざ、よく来てくださいました!

さっそく、マイクで紹介したら、たくさんの方が希望されて、即、お仕事開始!
きもださんには大変な1日になってしまいました。

(papabusさん撮影)




(papabusさん撮影)


こんな感じで、1枚の絵を1時間~2時間くらいで仕上げてくださいます。

会場で描いてもらった方は、いい記念になりましたよね!
残念ながら、きもださんはお一人しかいないので、希望しても当日は間に合わなかった方もいらっしゃったと思います。

でも、写真を送ったら順番に描いてくださるそうですから要相談ですね!

きもださん自身も今回のミーティングの記事をアップして下さっています。

http://www.art-mobile.jp/article.php?aid=EV00007


きもださんのHPはこちら。
http://www.d5.dion.ne.jp/~take-abe/


(k-ghiaさん撮影)



(k-ghiaさん撮影)



レポートを読むと、当日は食事も摂らずにひたすら描き続けてくださったとのこと。

きもださん、ほんとうにありがとうございました!




100Mのレポートはまだまだ続きます。

次は「取材編」の予定です。



P.S.
実はこの大切なイラストがウチに帰って見当たらず、委員の方に知らないかと大騒ぎしてしまいました。
ところが、しっかりと、カルマンのトランクに入っていました…。
お騒がせして申し訳ありませんでした!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 14:31 | コメント(8)| トラックバック(0)

スナップ(100Mの感動その10)





はい。
そうなんです。
三連休もずっと仕事です。
次の休みはいつかわかりません…。

ということで、今日はミーティング会場のスナップを…。
すべて駿河屋伝兵衛さんの撮影です。

ブログでは不特定の方の写真を掲載するのはいいのか悪いのかわかりませんが、問題があるものがありましたらすぐに削除しますので、ご連絡ください。

雰囲気のいい写真がたくさんあったので、やはり、載せたくなったわけです。


























私も、このように、ゆっくり、まったりと全カルマンを見て回りたかったですが、駆け足で写真を撮るだけで精一杯でした。

でも参加された方が楽しんでいただけたのでしたら、本望です。

「時間中に何か催しはしなくていいのか」という話も出ましたが、10台程度集まっても1日話が尽きないのだから、これだけ集まったら何かをやると、ゆっくり見る暇がなかった…となりかねない。
ということで、開会式、閉会式以外の催しは敢えて一切やりませんでした。

それでよかったですよね?

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 20:00 | コメント(10)| トラックバック(0)

全車紹介(100Mの感動その9)

自分のカメラで当日の様子はほとんど撮っていないのですが、これだけは…と思っていたのは、参加してくださったすべてのカルマンを1台ずつ収めるということでした。

合間を見て、全車撮ったつもりですが、前夜祭のみで帰らなくてはならなくなった方、ツーリングから帰ってきてすぐに帰らなければならなかった方の車は撮影できませんでした。

展示していたのに、写っていない…という方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

それでは、カルマン100台ミーティングに参加のほぼ全カルマンの紹介です!



























































































































































































































100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:23 | コメント(11)| トラックバック(2)

ケータリングとスワップ(100Mの感動その8)


(駿河屋伝兵衛さん撮影)


周りに食べたり飲んだりできるところがまったくないのがあの会場でミーティングを開催にするにあたっての心配事のひとつでした。

各地で参加したイベントに来ていたケータリングサービスの方たちすべてに「ぜひ、来てください」とフライヤーを配りまくったのですが、嬉しいことに3台のワーゲンバスのケータリングの方が来てくださいました。

山中湖まで交通費だけでもそれなりにかかりますからね。
販売価格を見ても実際、お話を聞いても、皆さん、儲け度外視。
ボランティア的なお気持ちで来てくださっていることがわかり、またまた感動でした。

上の写真は「ブルーコーン」さん。
各地のイベントで何度もお会いし、「必ず行くよ」と心強いお返事をいただいていました。
どんなメニューにするか、周りとのバランスを考えてくださいました。


(駿河屋伝兵衛さん撮影)


こちらは「晴れ晴れ」さん。
おいしいコーヒーだけでなく、山形の「いも煮」や愛知の「味噌カツ」など、郷土料理を用意してくださいました。


(駿河屋伝兵衛さん撮影)


そして「SABROSO」さん。
お友達の方を3人動員してくださり、たこ焼きやお好み焼きなど、バスのケータリングではなかなかできないものを出してくださいました。
皆さんの元気な呼び声が会場に活気を与えてくださいました。

あの値段ではどう考えても人件費なんて出ないですからね!
まったく、儲け抜きですね!
ほんとうにありがとうございました。



さて、つぎはスワップ編です。

カルマン・ジャパン社さんはお土産をたくさん持って来てくださっただけでなく、自社ブースで珍しいオリジナルグッズをたくさん販売してくださいました。
カルマン・ジャパン社の記念品については別途紹介しますね!

(駿河屋伝兵衛さん撮影)




(papabusさん撮影)


わたしはちゃんとチェックしてなく、何も買う余裕がなかったのですが、あとで聞いたら時計、テディーベア、フリース(M/L)、ポロシャツ、バスタオル、キーホルダー、キャップ、モデルカー、傘などを販売していたようです。
う~ん、いろいろほしかったかも…。
あれ~!委員のどなたかがしっかりチェックしてますね~。



こちらは委員会主催のスワップミート。
こーいち店長が懇意にしているワーゲンショップからかき集めたものや実行委員が持ち寄ったものなどが中心です。

どれも、破格での提供ですから、売れ行きはなかなかよかったようです。
わたしが持っていったヘッドライト類などもすべて売れたようです。

(k-ghiaさん撮影)


ボランティアのO田さん、店番ありがとうございました!


さて、こちらは参加者のミニスワップ。

店番しているおじさんたちは怪しげですが(失礼!)、売っているものは「驚き!」でした。


師匠が「こりゃ、ミニSambaだ」と言ってましたが、ほんとうにレアパーツのオンパレードでした。
Sambaというのはアメリカのワーゲン専門サイトでレアなワーゲンパーツが取引されているところなんです。


こんなにきれいで欠品なしなら20諭吉はすぐにしてしまうハゼットの純正工具が12諭吉…。
めちゃめちゃ安いけど、買えない…。
これ、フロントのスペアタイヤの真ん中につけるようになっているんです。


自作のエコバッグを売っている方もいました。


(k-ghiaさん撮影)


こちらは信州1959さんのミニスワップ。
長年、乗っていると不用品がいろいろ溜まるようですね!

テールレンズ、買い損ねた!

しかし、家族4人で泊りがけで来て、あのトランク2個、いったいどこに積んできたの?


こういうパーツのリサイクルをしながら旧車を維持していくのは究極のエコですよね!
それなのに、税金1割増しですからね!
太郎ちゃん、わかってる?
わかってないよね…。


まだまだつづきます



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:55 | コメント(14)| トラックバック(0)

空撮写真(100Mの感動その7)



今回、空撮が実現できたのは、KIMIKOさんという方のご厚意なんです。

KIMIKOさんは現在カルマンのオーナーではないのですが、昔からとてもカルマンがお好きだったということで、カルマンギア100台ミーティングが開催されると聞き、なにかお手伝いできることはないかと申し出てくださったのです。

もちろん、空撮なんて私たちはどう考えても実現不可能ですから思いもしていなかったのですが、皆さんに喜んでいただけるならと、個人でヘリをチャーターしてしかもすべての写真を公開してくださいました。

ヘリを飛ばすなんて、ちょっとやそっとではできませんからね~。
もう、ほんとうに感謝!感謝!です。

後ほど紹介する新聞報道に関してもKIMIKOさんのご尽力なんです。

このイベントはほんとうに多くの方の強力やボランティア活動の元に成立しているのですが、KIMIKOさんにもほんとうにお世話になりました。

さて、上空から撮影されたカルマンの写真を一挙、アップしますね!

ゆっくりお楽しみください!
まだ、開会式直後のため、みなさん、スワップの準備をしたり、テーブルを出したりと、設営中のようですね!

見学の方もまだほとんどいない時間帯の写真です。








































みなさんのカルマン、写ってましたか?

KIMIKOさん、ほんとうにありがとうございました!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:50 | コメント(8)| トラックバック(1)

開会式~空撮(100Mの感動その6)


(papabusさん撮影)



どうですか!
私のカルマン嬢もKen'sクリニックで若返り美容を受け、ちょっとすまして晴れ舞台にいるようです。

100台オーバーのカルマンがきれいに勢ぞろいしたところで、予定よりも45分も早く、開会式を始めることになりました。

司会は実行委員のみんみんさん。

体は小さいのですが、張りのある声でなかなかいい感じでしたね!
とても、初めての司会とは思えなかったですよ!

ご挨拶は実は3人予定していました。

まずは実行委員長のtosio親分。

(TJさん撮影)



そして、20人以上の社員の方が会場に駆けつけてくださったカルマン・ジャパン社を代表して代表取締役社長のマークス シェードリッヒさん。

(TJさん撮影)


日本語でご挨拶してくれましたよ!
すごいなあ…
「カルマンギアが生まれたとき、私はまだ生まれてません!」ですって!
なんだ、年下じゃん!!(どうみてもそうだろ…by皆さん)

そして、もう一人予定をしていたのが、山中湖観光協会会長の高村氏でした。

この広大な駐車場を「無償で」貸してくださった山中湖観光協会のご協力なしには、このイベントは成立しませんでした。

たくさんの方に、「どうしてあの参加費でこんなにすごいところでイベントができて、あんなにプレゼントがもらえたの?」と聞かれました。

その最も大きな理由が山中湖観光協会会長さんの信じられないほどオープンなご協力のおかげだったのです。

そこで、高村会長を皆さんにご紹介し、ご挨拶いただこうと思っていたのですが、開会式の時間が前倒しになってしまったため、隣りで開催する「フジヤママーケット」の式典と重なってしまったのです。

だったら、閉会式のときにご紹介すればよかった…と、終わってしまってから思ってももう遅い…。

これが大きな反省点の2番目です。
(1番目はミニツーリングのスピードが速すぎたことです)




開会式が終わって、しばらくすると、
晴れ渡った空の遠くからバタバタという、空冷ではなく、ヘリの爆音が近づいてきました。

そうです。
このミーティングの大きな大きなサプライズのひとつ、空撮のヘリがやってきたのです!


(駿河屋伝兵衛さん撮影)


ああ、みなさん、手を振ってます!
空にヘリがいなかったら、集団ホールドアップです!(笑)


(駿河屋伝兵衛さん撮影)


すごい!!
ヘリから身を乗り出して写真を撮っています。
私にはこんなこと絶対にできません…。
(高所恐怖症ではありませんよ!)


(papabusさん撮影)


いいカットです!

実は、このとき、私は遠く離れた入場口の誘導をやっていたのでヘリは遠めに見ていたのです。
思っていたよりもずっと長く、上空にいましたので、みなさん手が疲れたのではないでしょうか?

しかし、なんとう、きれいな青空でしょう!!
私の心の中のようです…(バキッ!)



で、ヘリから撮った写真の一部を紹介しますね。



会場のロケーションはこのように富士山と山中湖に隣接した抜群のところです。
残念なことに、ヘリが来ていたときに限って富士山に雲がかかっていたのですよね~。



ミニカーを並べたように見えますね!
こうしてみるとこれで100台もあるの?という感じもします。
でも、あるんですね~。

やっぱり、数えましたね!
あなた!

しかし、カラフルですね~!!

こうでなくちゃね!

このとき、師匠のカルマンは独占取材のために抜けてますね。
所用で早く帰った方のところも歯抜けになっています。




もう少し、寄って撮られた写真もたくさんありますので、それは次回に紹介しますね!

この空撮が実現した経緯ものちに触れたいと思います。


つづく




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:02 | コメント(8)| トラックバック(1)

並んだ!(100Mの感動その5)


(駿河屋伝兵衛さん撮影、下の写真をクリックすると大きなサイズで見えます)


ミニツーリングから一気に帰ってきた100台オーバーのカルマンをいかにスムーズに展示会場に誘導するか…。
またどのような並べ方をするか…

それまではどうやって100台以上集めるかに集中していたのですが、9月になって100台集まってからは、この二つが実行委員会にとって大きな課題でした。

どのように並べるか、どうやって並べるかをかなり長い時間を使って真剣に検討しました。

自分自身、このイベントの広報をかねて1年間イベントに出まくった結果、誘導がスムーズに行かずにずいぶん待たされた経験を何度もしました。

全員イベントの開催側になることは初めての実行委員でしたから、「何とかなる…」という気持ちがまったくないため、それは真剣に話し合われましたよ!

まあ、これがベストな方法かな…というところで落ち着いたのですが、それでもすべての車両が並び終わるのには1時間近くはかかるだろうと思っていました。

とにかく、ここが最大の山場と考えていました。

ミニツーリングから帰ってきてきららの臨時駐車場敷地内に入ると、「よ~し」と気合が入りました。

右回りの先頭を走っていた私が帰ってくると、左回りのほうがだいぶ早めに戻ってきていたようで、すでに入場が始まっていました。

私の担当エリアでは委員のYさんが一人で奮闘していました。
急いで車を所定の位置においてからはもう無我夢中。

前日に基準となる線をすべての台数分スタッフが石灰のラインを引いていてくれたので、想像以上にスムーズに誘導できた気がします。

受け持ちのエリアがひと段落して初めて全体を見渡すと…

すでに、上の写真のような状態が出来上がっていました。


鳥肌ものでした…



100台オーバーのカルマンが見渡す限り並んでいます!

ほんとうに、集まってくれたことを改めて実感したというより、夢を見ているような光景でした。

写真では向こう半分はほとんど重なって見えている感じですから、ほぼ半分です。


こちらが、反対側から写した写真です。

(師匠!1枚だけ、お借りしました!)


これだけのカルマンが並び終わるのに要した時間は、終わってみると約20分…

驚きました…


作戦勝ちというだけでなく、参加した皆様がほんとうに誘導に従ってスムーズに移動してくださったおかげです。

海外のイベントを参考にして、1台おきに充分なスペースをとり、テーブルを出したり、ミニスワップを開いていただけるようにしました。

駐車場のようにまっすぐ置くのではなく、斜めに置くのもカーショーだから…とこだわった部分です。

開会式は10時30分からの予定だったのですが、9時30分過ぎには入場は終わっていました。

感激している間もなく、開会式を前倒しで始めようということになりました。

10時半~のつもりで本部の準備をしていたスタッフはもうてんてこ舞い…。
なんとかPAの用意も整って、9時45分から開会式となったのでした。



つづく



って、その5まできてまだ開会式かよ…by皆さん




昨夜はしょーもないぼやきブログにたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます!
こうしてなんとか生きております!

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:20 | コメント(8)| トラックバック(0)

ミニツーリング(100Mの感動その4)


(駿河屋伝兵衛さん撮影)



ミニツーリングは一周14~5kmの山中湖を左右に分かれてそれぞれ一回りしてこようというものでした。
そうすれば50台のカルマンをすれ違うことができる計算になります。

普段、すれ違うどころか、見かけることもほとんどないカルマンと50台もすれ違うなんて、すべての参加者にとって初めての経験だったはずです。

50台のカルマンとすれ違う…。
考えただけでもワクワクしますね!

私は師匠のカルマンを運転して右回りの先頭を走りました。
師匠自身は写真を撮るために前日のロケハンで、「ここ」というところで今か、今かと待ち構えているはずです。



(駿河屋伝兵衛さん撮影)




ミニツーリング参加車両には他の車と区別するため、ヘッドライトの点灯をお願いしました。


(駿河屋伝兵衛さん撮影)





(papabusさん撮影)



ずいぶんゆっくり走ったつもりだったのですが、速すぎたようです。
ペースメーカーがぜんぜんペースメーカーになっていませんでした。
ここは反省点です。

一般者に迷惑をかけないスピードで…と思っていたら、後ろの車は追いつけない速度になっていたようです。


(papabusさん撮影)



いやあ、それにしてもすばらしい光景です。


(フカさん撮影)


サイドミラーに写る車はすべてカルマン…。
これを心待ちにしていましたね!


(フカさん撮影)


予定通り、半周した交差点ですれ違いが始まりました。

圧巻でしたね~。

でも、50台のすれ違いは想像していたよりも短い時間であっという間に終わった気もします。
このすれ違いのところは何人もの方が動画をアップしていますので、そちらをお楽しみください。


(フカさん撮影)



このように木立の中を走るところもあるのですよ!



(駿河屋伝兵衛さん撮影)



トラブルや事故もなく、無事に皆さん帰ってきてくださいました。
入り口で迎えてくださったボランティアの誘導の皆さんの笑顔もうれしかったです!


(駿河屋伝兵衛さん撮影)




(フカさん撮影)



きららの会場に戻ったら、今回のミーティングにおける私たちスタッフの最大の課題である、100台のカルマンをいかに早くスムーズに展示スペースに誘導するか…
勝負が始まりました。

とにかく、ここでもたついたら、ミーティングのイメージが相当悪くなると考えていました。
そういう思いを各地でしましたからね!

案内の徹底とスムーズな誘導。
これが課題でした。

さて、実際は…


つづく




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 14:23 | コメント(16)| トラックバック(0)

集合(100Mの感動その3)



静かに山中湖の夜が明けてきました。
素晴らしい好天を約束するような朝焼けです。



冠雪した富士山の頂上付近は登山道のつづら折りがはっきり見えるくらいきれいな姿を現していました。

素敵な1日はこの富士山の輝きから始まりました。



まだ薄暗さも残っている早朝7時前、参加車のカルマンが集まり始めました。

あれ?
入り口の看板の向きが逆だぞ!!



7時を過ぎると続々とカルマンが集まり始めました。



100台ミーティングの幕開けは山中湖1周ミニツーリングです。
受付を済ませたカルマンは2列に並んでスターと待ちです。

はるか先までカルマン、カルマン、カルマン、そしてカルマン…



こんな光景は今までにあったでしょうか?



見事に並んだカルマン達。
集まったオーナーたちはこの光景を喜びと驚きと入り混じった、「すぎいなあ…」という目で見ていたと思います。



私は列の一番最後の誘導をしていたのですが、集まってくるカルマンがみな、なんときれいなこと!
大事にされているなあ…と、一目でわかるし、この日のためにきちんときれいにして来た様子にまた感動!

本番前に床屋さんに行ってきたという感じですかね!



このくらいしか写っていなくても、オーナーは、「あ、これ、僕のカルマン」って、わかりますよね!
そのくらい同じ車でも個性があります。



カルマンの整列姿をしばらく楽しんだ後、
8:30からドライバーズミーティング開始
「地域の方が見ているから、ジェントルに走りましょうね!」
なんてお願いをしましたが、そんなお願い、まったく必要なかったですね!




さあ!

いよいよミニツーリングの開始です!



つづく




※このページの写真はすべて駿河屋伝兵衛さん撮影のものです。

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 17:25 | コメント(16)| トラックバック(0)

前夜祭(100Mの感動その2)


(フカさん撮影)



ほとんどの方が前泊に使った撫岳荘の駐車場はすでに、カルマンギアミーティングの状態でした。
なかなか車のそばを離れようとしないオーナーたちをマイクで前夜祭会場まで行くように促し、会場に行ってみると、見事に火の準備をしていつでも始められる状態になっていました。

BBQ奉行をお願いしたミドリガメさん、okachinさん、今さん、さすがです。

みんみんさんの司会、MAXXさんの乾杯の音頭で前夜祭が始まりました!

といっても、自分の写真は1枚もナシ。

仕方がないので、みなさんの写真をお借りします。

なんといってもこの前夜祭の中ですごかったのが、上のフカさんの写真。

なんと、カルマン乗りの西湖原人こと黒川さんがチェロの生演奏を披露してくれたのです。


黒川さんはこんな方。
プロのチェリストなのです。(黒川さんのHP

昨年のミニツーリングにも駆けつけてくださいました。

黒川さんもミーティングを楽しみにしてくださっていたようですが、ちょうど演奏会と重なってしまい、参加ができなくなりました。

それでも、前日の予定をなんとかやりくりして前夜祭だけでも…と駆けつけてくださったのでした。

たまたまお仕事に使うチェロをお持ちになっていたので、私は図々しくも生演奏をお願いしたのでした。

そうすると、黒川さんは気軽に受けてくださり、あの演奏会が実現したのです。

あれは、仕込じゃなかったんですよ!
実行委員にもサプライズでした。

曲はバッハの無伴奏チェロ1番プレリュード。

曲名は知らなくても、みなさんきっと聞いたことのある曲です。

どんな曲か聴いてみたい方はこちらを…
http://www.youtube.com/watch?v=S6yuR8efotI

この曲が夜の山中湖に響き渡ったのです。

感動!でしょ?

上の写真のランタンの横でマイクをかざしているのが私です。
幸運にも一番近くで聴くことができました。

チェロの音色だけでなく、黒川さんの指使いの音まで聴くことができました。

言葉で言い表せません…


(駿河屋伝兵衛さん撮影)




(駿河屋伝兵衛さん撮影)




参加者の心にも、山中湖の木々の間にも染み渡る演奏が終わり…

当然、アンコール、アンコール!!

黒川さんは快くもう1曲演奏してくださいました。
曲はラフマニノフのヴォカリーズ。

こんな曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=Lybp-0JFQdE

なんと贅沢な夜だったのでしょう!!

指がかじかむような寒さの中、普通は演奏しません。
また、お持ちのチェロはあとから聞いて、私なんかが想像していたよりもさらに高価なヴィンテージなもので、素人の怖さというか、よくもまあ、あんな場所での演奏を平気でお願いし、また演奏していただけたものだと思います。

まあ、そんなわけで前夜祭は楽しくも、格調高い場面もあり、いい気持ちになった信州1959さんの熱いメッセージも飛び出し、打ち上げ花火も上がり(これは仕込みました…ウソウソ)、秋の山中湖の夜は更けていったのでした。


(駿河屋伝兵衛さん撮影)




そんな頃、山中湖を目指し、必死に奮闘していたのがヴィ・あつヴォさんとそのご家族なのでした。

愛車のタイヤのバルブの具合が悪く、タイヤがフラットになり走行不能に…。

それでも自力で半日かけて山中湖にたどり着いたときにはすでに前夜祭は解散していました。
スタッフと数人の参加者の方たちとが火と食材を保ってヴィ・あつヴォさんの到着をひたすら待っておりました。

9時半くらいでしたかね。
到着したのは。
ヴィ・あつヴォさんも大変だったでしょうが、一緒に乗ってひたすらガマンし続けた奥様、お子さんに特別賞をあげたいくらいでした。


片づけをして前夜祭が無事に終わり、スタッフはそれから翌日の打ち合わせです。

終わったときには12時を回ってましたかね。
トレーラーハウスのベッドに潜りこんだ1秒後には意識を失っていたと思います。





こんな素敵なプレゼントをヒロシさんからいただきました。
木箱にフォルクスワーゲンの焼印が押してあるのです。
私が100台ミーティングの準備を始めたと言い始めた頃から今日のために取っておいてくれたそうです。


感激…です。


デブでも早いんだ!さんはとてーもおいしいワインを5本も差し入れしてくださり、るうふさんも貴重な貴腐ワインを…。

ほんとうにおいしいワインでした。
(るうふさんの貴腐ワインは飲めなかった…残念…)

イトヤンさんの差し入れのせんべいも評判よかったですよ!

ほとんどの方が食べたと思います。



つづく






100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 01:36 | コメント(16)| トラックバック(2)

ようこそ!(100Mの感動その1)


(あらドンさん撮影)



ああ…、もうだめです…。
皆さんの暖かいコメントを読んで、またウルウルきています…。

「楽しかった!」という感想もとてもうれしいのですが、「感動した」という言葉をたくさんいただき、その言葉にまたまた感動しているわけです…。

帰ったとたんに激務に追われ、コメントの返信や他の方のブログのレポートにコメントしたりがなかなかできずに申し訳ありません…。


もう丸2日経っているのに、まだ興奮状態です。
何もかも、夢のような素敵な日でした…。



100台ミーティングのレポートを始める前に、今回最も強く感じた感想を最初に書かせていただくと、それは、カルマン乗りのみなさんのマナーのよさ、フレンドリーさでした。

ミーティングが終わり、すべての参加車両が会場をあとにしたのち、スタッフがゴミや忘れ物がないか、見て回ったのですが、あの広い会場に、タバコの吸殻や小さなゴミのひとつも落ちていませんでした。

わずかに拾い上げたゴミはみな相当古いものばかりでした。
敢えて、会場にはゴミ箱も灰皿も用意しなかったので、お願いしたとおり、みなさん、きちんと持ち帰ってくださったのですね!

また、集合→整列→ツーリング→展示→退場と何度も車を移動していただいたわけですが、想像をはるかに超えるスムーズさでジェントルに移動してくださいました。

そのため、開会式を45分も前倒しで始めることになりました。

カルマンギアは本当にすばらしいオーナーの方々に愛されている車なんだなあ…と心から思い、これが最も感動したことです。

私自身がこんなすばらしいオーナーの皆さんの一員になれたことがとてもうれしく、そして誇りに思います。
み~んな、友達ですよね!

ボランティアで参加してくださった方々も皆さんおっしゃってました。

「カルマンのオーナーの皆さんって、ほんとうにいい感じの方ばかりですね」と。

私も心からそう思います!


さてさて、レポートを始めますね!
日記代わりですから、ダラダラと書かせていただきますよ!
その点、どうぞご了承ください。



10月18日夜明け前、ガソリンを満タンにしていよいよ出発です。
どんな2日間になるのか…、
ワクワク感もありますが、なにより「大きな忘れ物、していないかなあ…」と大事な旅行に行く前のような理由のない不安感もどこかに…。


スタッフの集合時間より1時間半も早く集合場所の中央高、談合坂に到着しましたが、さすがに本番の日、ほとんどのスタッフがいつもよりずっと早めに集まってきました。
みなさん、張り切っています!

山中湖畔に到着すると、夜のうちに到着していたミドリガメさん、みんみんさんたちとも合流できました。

前夜祭会場の撫岳荘に到着後は持ち場に分かれて準備を始めました。


私は師匠と一緒にミニツーリングのロケハンに出かけたのですが、朝からしっかりと顔を出していた富士山がもう、裾野までくっきりと出ていました。

観光協会の会長さんもここまでくっきり見えることはそんなにないことですよ!というくらい…。

この富士山を目にしたとき、ミーティングの成功を確信しましたよ!

この間、ミーティング会場のきらら臨時駐車場では、車高の低いカルマンでも下をぶつけないように、会場の通路の整地をしたり、展示のための石灰のライン引きをしたりと男性スタッフががんばってくれました。


途中で撫岳荘に立ち寄るとたまたま通りがかったビートル乗りのご夫婦が私と師匠のカルマンに気づき、駐車場に入ってきました。
そのまま師匠とコアな話しをしていました。

なんでもお父さんから受け継いだという68年タイプ1は師匠が驚くほどオリジナルをキープしたすばらしい個体だったようです。
そのうち、雑誌で紹介されるかも…。

まあ、しかし師匠はカルマンだけでなく、ビートルのこともよく知っていること!

お父さんのカルマンを引き継いで乗っているという方がアワードを受賞したカルマンでもいらっしゃいましたね!

素敵な話しですよね~。


女性スタッフの作業場に寄ると、午後から参加者にお渡しする記念品の最後の袋詰めに精を出していました。

会場のセッティングも無事終了した昼過ぎから、集まってきましたよ!
まだ見たことのないすばらしいカルマンたちが続々と…。
駐車場に行ってあれやこれや話しをしたいのですが、ぐっとガマンして準備、準備…。


それでも、ガマンしきれなくて数枚撮った写真がこれ。
あわてて撮ったので、日本有数のベージュ(オフホワイト?)のカルマンが切れているではないですか…!
この写真を撮る時点でそうとうに、興奮していたのは事実です…。


紅葉した木の下のカルマンたちもとても絵になっていました。

私はこの頃、前夜祭、開会式、閉会式の最終打ち合わせをしていたのですが、男性スタッフはBBQの準備や続々と到着するカルマンの誘導に女性スタッフは受け付けに追われていました。

(投票はナシです!)





函館から自走で来られた三浦さんも無事到着し、ほっとした頃、日も傾いて来ました。


(駿河屋伝兵衛さん撮影)




さあて、そろそろ前夜祭BBQの始まる時間ですよ。

っと、駐車場を見ると、もうカーショーがすでに始まっていましたね!


(駿河屋伝兵衛さん撮影)



みなさん、車から離れない、離れない…(笑)



つづく


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 02:11 | コメント(18)| トラックバック(2)

感謝、感謝、感謝!!


         

(歩瑠さん、ありがとう!!)



100台ミーティングが無事、終了しました!
先ほど、帰って来ました。
(多くのスタッフがもう1泊して帰ったので、報告が遅くなりました!)

これ以上はない!という好天に恵まれ、カルマン乗りの皆様とすばらしい時を過ごすことが出来ました!

なんと、116台のカルマンギアが集まりました!!

すごかったですね~!!

まだ、現実感がなく、夢のようです!

今、頭に浮かぶ言葉は「感謝」の2文字だけです。

ご参加くださった皆様、ほんとうにありがとうございました!

多くの方にお礼を言いたいのですが、今、思いつくままにあげても漏れがありそうで…。

映画のエンドロールの意味がこの歳になってようやくわかりました。
あれは、キャストやスタッフを紹介しているのではなくて、作った側の感謝の気持ちの表れなのですね!

ひとつのイベントにどれだけ多くの皆様の善意、強力、賛同に助けられていることか…。

どれだけ多くの方の協力でこのミーティングが実現できたのか、ここにすべて書き上げたいのですが、それはこのミーティングのレポートの最後に、エンドロールよろしく書きたいと思っています。
今、思いつくままに書くと漏れがありそうで…。
でも、忘れないうちに書かないと…


また、詳しいレポートをこれから書きたいと思うのですが、実は写真が少ないのです…。

私のブログは文章力のなさを写真の数で補っているのですが、その写真をあまり撮る余裕がなく、う~ん、どうしよう…というところです。


きっと、後ほど、空撮の写真も含めて、撮影をお願いした方からたくさんの写真を委員会にいただくことが出来ると思いますので、その中からも一部お借りして紹介しつつ、レポートをさせていただきますね!


と書いていたら、さっそく1枚、送られてきました。
tosio親分、勝手に使わせていただきます!



このブログを読んでくださっている方で、いい(面白い)写真が撮れて、このブログで紹介してもいいよ!という方、ぜひぜひ、送ってくださいませんか?


いったい、何日かけたら今回のミーティングのれぽーとが終わるのか…、想像つきません…

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 23:07 | コメント(66)| トラックバック(3)

行ってきます!!




きっと、天気は最高です!

カルマンギアのオーナーの皆さん!
お待ちしてます!!

そんなに集まるなら見てみようじゃないか!という方!

お待ちしてます!

秋の山中湖でのひと時をご一緒に楽しみましょう!


余裕があったら携帯から投稿しますね!


それでは、山中湖で会いましょう!!


(写真はKdFさんのHPから借用しました)


では、行ってきます!!




P.S.
カルマンギア・ジャパン社が記念品を急遽120個まで増やしてくださいました。
事前予約をした方には確実にお渡しできることになりました。(109番の方まで)

キャンセル分と残りの11セットは当日受け付けの先着順とさせていただきます。

でも、決して道路には並ばないでくださいね!
待機は駐車場で!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 00:01 | コメント(13)| トラックバック(0)

空撮~!!



うわあああ…

明日です!

明日はもう前夜祭です!!

大変だ~っ!!!

でも、準備は周到です。
参加、来場した方にはたっぷり楽しんでいただけるよう、やるだけのことはやったと思います!

なんて、自分が…じゃなくて、実行委員会の皆さん、お手伝いいただいた多くの皆さんが…の話しです!

天もわれわれに味方してくれているようで、日曜日の天気予報が「曇り」から「晴れ時々曇り」に変わりました。
ただ、お伝えしていた週間天気予報の予想最高気温は山中湖のものではなかったようです。

実際の気温を見ると、

最高気温15℃、
最低気温は5℃です。

やはり、暖かい服装を忘れずに!!


で、

ここからが今日の本題ですよ!


なんと、

なんと、

100台ミーティングに、

空撮が入ることになりました!!


ある方のご厚意で空撮が実現することになったのですよ!



最近流行のラジコンヘリでの空撮じゃなくて、モノホン、本物のヘリによる撮影です。

なんとかして100台並んだところを俯瞰撮影できないかな…と考えていたのですが、それが一気に解決です。

まったく、なんと言うことでしょう!!

イベントがDVDになるかもしれないし、空撮による映像も撮られるなんて…。

願ってもないことばかりが実現してしまいます!


う~ん、なんだか、1年前には想像もできなかったミーティングになりそうですよ!

準備をしてきた私自身が「現実?」と思えるくらいすばらしいです!

どんどんボルテージが上がってきてます!

だいじょうぶか~?…血圧。


とにかく、カルマン乗りのみなさん!!
当日参加もOKですから、19日は朝8時までに山中湖にお集まりください!!

で、カルマン乗りじゃない方はそれを見に来てくださいね~!!

お待ちしてますよ~!!



**************************************************************
カルマン100台ミーティングまであと

こちら、にミーティングの細かいお知らせを書いています。
毎日追加していますので、ご参加の方はぜひお読みください!

こちらは山中湖のライブカメラです。

http://www.fujigoko.tv/live/camera.cgi?n=1&t=4&b=

もう、冠雪してるんですね。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 07:18 | コメント(13)| トラックバック(0)

撮影が入ります!



カルマン100台ミーティングに撮影依頼が入りました。

プロの方が撮影してくれて、上の写真のような市販DVDのコンテンツになるかもしれません!
1枚丸ごと100台ミーティングなんてなると最高ですが、そこまではね…、望んじゃいけないでしょう…。

製作はSo-Kal Publishing(ソーキャルパブリッシング)さんです。

何とか記録を撮りたいね~と話していたのですが、実行委員全員が参加者でもあるわけで、自分で自分を撮ることはできない…。
というわけで、知人、友人に撮影をお願いしていたところです。

そんな時、プロの方の撮影依頼。

うれしいですね~!!

これがDVDになったら100台ミーティングが全世界に配信されるわけですから!

参加される方!
カメラが向いたらポーズとってくださいね!
世界中のワーゲンフリークの目を意識して!

逆に写っちゃ困る方は、必ずスタッフに言ってくださいね!




昨日は送別会でした。
誰のって、私の…。
これは、夕べいただいたお花です。
とてもいい香りがしてます。

ついに、ベネズエラに移住です!

  …なわけないか…。


実は今月から異動というか、職場が変わります。
今まで天気のいい日は自転車で通勤できていたのですが、それもできなくなってしまいました。
久しぶりに電車通勤が復活しそうです。

というわけで、10月5日まで休みにしちゃいました!
100台ミーティングの準備に精出します。

カルマン100台ミーティングの事前受付は昨日、9月30日でいったん締め切りました。

エントリー台数は109台です。

エントリーいただいた皆さん、ほんとうにありがとうございます!
目標の100台を超えてほんとうにうれしいです。

ただ、実際に当日100台以上集まらないとがっかりですから…。

晴天を祈るとともに、整備中の方、レストア中の方、絶対に間に合わせてくださいね~!!
世界中に皆さんの車の映像が配信されますよ~!!

事前申し込みをされていない方の当日の参加も大歓迎です。
10月に入ってようやく予定が確定する方も多いと思います。

「行けるよ!」というカルマンオーナーの方はぜひ、100台ミーティングホームページのBBSに「行きますよ!」と書き込みしてください。
受け入れの準備がありますので、大変助かります。

100台ミーティングのBBSはこちらです。


ミーティングまであと18日





100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:29 | コメント(12)| トラックバック(1)

ひろびろ


先週の土曜日の話です。
山中湖に打ち合わせに行ってきました。
もう何回目になるのでしょうか?
ミーティングまであと1ヶ月ちょっとですからね。

上の写真は中央高速の談合坂SAです。
前の晩の事故の影響で渋滞が始まり、私たち以外、誰も来ません…。
私たちはいつものとおり少し早めにウチを出たので、渋滞が始まる前に通過できたわけです。

朝の6時半ごろですが、まだ山には雲がまとわり付いています。


カルマンのリアフェンダーのふくらみはこんな感じになってます。
上のラインはわりととがってるんですよ!


結局待ち合わせには誰も間に合わず、一足先に行って現地で待ち合わせることにしました。
誰も事故は起こしたくはないでしょうが、困りものですね~。

山中湖に着く頃には素晴らしい天気になってました。
高原とはいってもまだまだ暑かったですね~!

皆さんを待つ間、ミーティング会場に1台だけ止めて一人で撮影大会をしました。

上の写真の木々の向こうは山中湖です。
左の雲の向こうには富士山がいるはず…なんですが、この日はついに姿を現しませんでした。


逆光で撮ってみました。
右奥の木の手前までカルマンが並ぶ予定です。


向こうの山の反対側に富士スピードウェーがあります。
カルマン100台ミーティングはFSWのF1の次の週になります。
去年は大変な雨でしたが、今年はどうなるでしょうね?


こちらは会場の全景です。
といっても広すぎて全部は写りません。

手前のクリスマスツリーのような木の向こう全体にカルマンがずら~っと並ぶことになります。

どうやって並べるといい感じになるか、いま委員会で喧々諤々議論しています。
きっと素晴らしい雰囲気になりますよ!

前夜祭に関しても順調に準備は進んでいます。
万一、雨になっても、問題なくできるよう、場所も確保しました。


お昼は夏季限定の地元名物、冷やしほうとうを食べました。
なかなか、美味しかったです!

18日、早めに着いた方は山中湖で遊び、この名物ほうとうをぜひご賞味ください。
湖だけでなく、温泉や公園など遊ぶところがたくさんありますよ!
山中湖観光協会のHPはこちらから。

さて、エントリーの方はというと、100台になってちょっと鈍っています。
一昨日、1台エントリーがありました。
タッキーさん、ありがとうございました!
これで、エントリー台数は101台です。

ミーティングの詳細はこちら
エントリーの内訳はこちら
お申し込みはこちらからお願いいたします。

まだ、お仕事の都合がきちんとついていない方も、天気がよければ行こうかなと思っている方も、事前申し込みをしておいた方が絶対に得なことがあると思います。

しかし、今年の夏は台風少なかったですね。
少ないというか、1個も来なかった?
10月にまとめて来るなんて、ないでしょうね?

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(10)| トラックバック(0)

さて、どう並べるか…



昨日、エントリーカルマンが100台に達したお祝いに、ウチでささやかに発泡酒で乾杯しました。

しかし、エントリー受付けはまだまだ継続していますので、まだお申し込みされていない方はぜひ、事前申し込みをお願いいたします。

詳しくは言えませんが、早めにエントリーしておいた方が、きっといいことがありますよ!

さて、100台を越えるカルマンをどう並べるか…。
ここは、悩みどころです。

会場自体は数百台車を止めることができるスペースがありますから、広さはまったく問題ありません。
わかりやすく、楽しめる展示方法を考え中です。

明日の土曜日、また現地に行って検討してきます。
週間天気予報では一昨日までは雨マークもあったのですが、それも取れたようです。

カルマンオーナーの方で土曜日空いている方、よかったら山中湖のきららまでいらっしゃいませんか?
実行委員が数名で、あーでもない、こーでもないとやっていると思いますから、ぜひご参加ください。




日本の政治の代表者を決める方法があれでいいのですかね?
政党のトップがそのまま日本の代表…。
選ぶ人はみな自分の私利私欲レベルで推す人を決めます。
選挙人の大部分は自民党の議員だし…。

路上で「誰がなるといいですか?」なんてインタビューがなんとむなしいことか…。
あなたたちの希望なんて、総裁を選ぶ基準のどこにも入っていないのだから…。

いいのかなあ…
あんなので…。

いいわけ、ないよなあ…。



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:57 | コメント(12)| トラックバック(1)

祝!100台達成!!




やった~!!

ついに

100台達成です!



ほんとうにみなさまのおかげです!

ありがとうございます!

すでに、感動してます!(泣くのはまだ早い!)

しかも、記念すべき100台目のエントリーは写真のカルマン。

日本で(世界で?)最も有名なカルマンの1台、K-LINEの勝木氏のカルマンです。

どこを見てもすばらしいカスタムカルマンですから、当日来られる方は楽しみにしていてください!


ほんとうに、みなさん、ありがとうございます!


事前エントリーは9月30日まで受け付けます!

当日エントリーももちろん大歓迎です!

カルマンオーナーの皆さん、ぜひ、10月19日は山中湖に集結しましょう!!

そして、カルマンに少しでも興味のある皆さん、ぜひ見学にいらしてください!
ゲップが出るほど、カルマンを見ることができますよ!

カルマンを買おうかと思っている方!
きっと、泣く泣くのFOR SALE車もあると思います。

とにかく、皆さん、見に来てくださいね!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 13:18 | コメント(32)| トラックバック(1)

あと3台



これはカルマン100台ミーティングの記念ステッカーです。
エントリーしたいただいた方には全員にプレゼントします。
会場での販売も予定しています!

さて、先ほど、11:19に97台目のエントリーがありました。

うえのさん、ありがとうございます!

100台まであと3台!!

秒読み開始です!

カルマン社の記念品を確実にプレゼントできるのは今のところ100台分です。

ぜひ、お申し込みを!!

もちろん、100台以上になっても申し込みはできます!
というより、大歓迎です!


カルマン社の記念品はキャンセルが出たら101番目の方から順番に差し上げます!
記念Tシャツ、ステッカーは当日エントリーを含めてエントリーしたいただいた方全員に差し上げます!

当日参加も大歓迎ですが、展示場所のレイアウトなどの準備がありますので、なるべく9月30日までに事前申し込みをしていただけると助かります。

さあ!お急ぎください!
100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 12:49 | コメント(8)| トラックバック(0)

みんな集まれ~!!


カルマンギア100台ミーティングまであと56日となりました。
どんどん迫ってきます。
で、今日は実行委員会です。

エントリー台数は現在85台です。
あと16台で100台です。
もちろん、100台でエントリーを打ち切るわけではありませんが、ぜひ事前エントリーをお願いいたします!
当日参加の方にはカルマン社からの豪華なノベルティはお約束できませんよ~!!

tosio委員長が集計している国内のカルマン生息台数は335台にまで達しています。

それにしても上の写真、凄いですね~。
これは2005年にドイツで開催されたカルマンギア生誕50周年イベントに参加したカルマンの集合写真です。
説明にあるように518台集まったようです。
まるでミニカーを並べたようですが、これは実写なんです。
ヨーロッパ中からカルマンが集まったようです。
陸続きとは言ってもドイツ以外からは相当な距離です。
やっぱ、50周年ですからね!
日本でも合わせて実施すればよかったですね!
次は2015年の60周年?

そんな先までブログ続けていたら、「カルマンギアじじい日記」に題名を変えなければいけないかも…。


こちらはドイツのカルマンギアクラブのポストカードですが、タイプ3カルマンだけでこんなに集まっています。
おおよそ30台です。
さすが、カルマンの生まれ故郷です。


こちらもカルマンギアクラブのポストカードですが、このカルマンは市販されたカルマンではなく、1953年に発表されたプロトタイプです。

カルマン社のミュージアムに展示されているので、いつか、見に行ってみたいものです。

そして、いつか日本に招待できたら、どんなに素晴らしいか…。

当日はカルマン・ジャパン社の方もいらっしゃいますから、ぜひ、日本のカルマンギアの濃さを見せつけてあげましょう!!


ミーティングの詳細はこちら
エントリーの内訳はこちら
お申し込みはこちらからお願いいたします。

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(12)| トラックバック(0)

カルマン100台ミーティングの詳細



考えてみたら、100台ミーティングがどんな催しなのか、ちゃんと紹介していませんね。
今日は100台ミーティングの詳細をお知らせします。
ホームページには詳しく書いていますので、よかったらそちらもご覧ください。

○日程 2008年10月18日(土)~19日(日)

○場所 18日(土)の前夜祭 ホテル撫岳荘敷地内特設会場
    19日(日)のミーティング 山中湖交流プラザきらら臨時駐車場
    ※18日と19日は場所が違いますのでご注意ください。
     距離的には700mくらいですので歩いても移動が可能な距離です。

○エントリー資格 タイプ14または34のカルマンギアすべて

○エントリーフィー 3000円

○入場 無料(どなたでも見学していただけます)
    駐車場も無料です。

○スケジュール
 18日(土)14:00 撫岳荘駐車場にて受付け、宿泊のチェックイン開始
             前夜祭開始まで湖畔温泉などお楽しみください。

       17:00 前夜祭開始
             食事はBBQ、ビール、ソフトドリンク付き
             お好きな飲み物はお持込みください。
       21:00 前夜祭終了
             ゆっくりと山中湖の夜をお楽しみください。

 19日(日)07:00 「きらら」臨時駐車場で受付け開始
       08:30 ドライバーズミーティング
       08:45 山中湖ミニツーリング開始
       09:30 ミニツーリング終了
       10:00 カーショー開始
              催し物についてはお楽しみに!
       15:00 カーショー終了

○協力
 山中湖交流プラザ「きらら」ホテル撫岳荘山中湖観光協会、カルマン・ジャパン(株)、FLAT4 etc …まだまだ増えるかも…

○前夜祭のBBQ
 
食事の量は充分あると思いますが、持ち込みも歓迎です!
生ビールとジュース、ウーロン茶は飲み放題です。
その他の飲み物はご自由にお持込みください。
・前夜祭参加費 3000円(小学生1000円)

○宿泊
 3人定員~5人定員のトラーラーハウスを13台確保しました。
 定員で48名まで宿泊可能です。
 もうそろそろ埋まりそうです。トレーラーハウス宿泊希望の方はお早めにお申し込みください。
  

撫岳荘には和室の部屋もあります。


また、キャンプ場ですから、トレーラーを持ち込んで宿泊することも、持ち込みテントに宿泊することも可能です。


ご希望でしたら、近隣のペンションや豪華なホテルの紹介も観光協会を通してできます。

撫岳荘の配置図(クリックすると大きくなります)
右側に点在しているのがトレーラーハウスです。
下側が湖岸になります。


○山中湖ミニツーリング
 参加車両を半分に分け、それぞれ右回り、左回りで山中湖をのんびり1周してきます。
1周は約20分。
その半分10分間くらいはずっと、数十台のカルマンとお互いにすれ違うことになります。


コース図(クリックすると大きくなります)


○本会場「きらら臨時駐車場}

「きらら」の臨時駐車場が会場です。
一般駐車場にも止められますが、距離が離れています。


○参加記念品
カルマン・ジャパン社から豪華な記念品(数に限りがありますのでぜひ事前にお申し込みください)
・豪華なカルマン社のカタログ
    
・カルマンギアのロゴ入りキャップ
   
・さらにもう一つ(当日のお楽しみに!)

実行委員会から
・開催記念オリジナルTシャツ
・開催記念オリジナルステッカー

さらに、協力会社からのプレゼントもいろいろあります。

○アワード
カルマンギア・ジャパン賞
FLAT4賞
その他、ユニークなアワードを考えています。

○ケータリングサービス
かわいいタイプ2バスをつかったケータリングサービスが数台来る予定です。

こちらは、CAFE BLUE CORNさん

【ドリンク】ヨーロピアンコーヒー他各種
【フード】ホットドッグ,ピタサンドその他
【スイーツ】ソフトクリーム,アイスクリーム,シフォンケーキ
を用意してお待ちしてます!

こちらはSABROSOさん


他にも出店予定のお話しをいただいてます。


○スワップミート
カルマンのパーツを中心としたスワップミートも開催予定。
掘り出し物や、ずっと探していたパーツが見つかるかも…?

フジヤマフリーマーケット
 「きらら」の広場ではフジヤマフリーマーケットという地元主催のフリーマーケットが開催されています。



昨日、エントリーが1台ありました。
これで75台になりました。
カルマンボーヤさんありがとうございます!

○エントリーの内訳はこちら
○お申し込みはこちらからお願いいたします。

私のブログの100台ミーティングに関する記事はこちらをクリックするとまとめて見ることができます。

http://mk7054.blog.hobidas.com/archives/category/2484.html


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(8)| トラックバック(0)

あれから1年(再び)


(この記事は一度書いてアップした内容なのですが、操作ミスで消してしまいました。
そのままでは悔しいのでもう一度書き直すことにしました。)

歳を重ねるごとに一年が加速度的に早く過ぎ去るように感じてしまいます。
カルマン100台ミーティングの準備を始めて早くも1年が過ぎてしまいました。
開催当日まで80日を切ってしまいました。(汗、汗)
ここで、今までのことをちょっと振り返ってみようと思います。

そもそもカルマンギア100台ミーティングの話しが始まったのは2007年5月頃でした。

カルマニアというカルマンギアのオーナーズクラブの代表、tosioさんがいきなり夢の実現を提唱したのがきっかけです。
最初の構想は以下のようなものでした。

・日本の中間点地区での開催
・カルマン100台の確保と並べる場所の確保
・遠距離からでも参加してもらえるように宿泊が可能
・展示とツーリングをメニューに入れる
・可能なら、村・町おこし、あるいは地震後の復興応援など地域にプラスになる

実際のところ、カルマンだけが100台くらい集まったところ、見てみたいものだね~。という軽いものだったかもしれません。

どこで、どんなことが可能か、やってみたいのか…。
メールを通して、少しずつですが、意見交換が進みました。

そろそろ実際に会って意見交換の場を持とうと、mixiのカルマンギアのコミュニティなどを中心に呼びかけ、2007年7月16日に第1回実行委員会が都内で開かれました。
その時の参加者は4名。うち、2名はカミさんと私(笑)。
ミーティングの最中にグラグラと大きな地震がありました。
あれが新潟中越沖地震だったのですね。

その頃話し合われていた方向性としては、他のイベントと重ならない時期として夏の時期に涼しく広い場所が確保できそうなスキー場での開催を検討しようというような感じでした。

スキー場での開催が可能なのかどうか、とにかく夏場の現地視察をすることにしました。
7月の3連休に湯沢方面のスキー場をいくつか見て廻りました。(ついでですけどね!)
夏場のスキー場がどんな様子なのか、初めて間近でよく見てみたところ、思ったよりも地面が荒れていたり、1m以上もブッシュが茂っていたりと、イベントでの使用を交渉する以前の問題があるようでした。


そんな中、いつもブログでお世話になっている方が岐阜方面のスキー場の方を紹介してくださいました。
受け入れをしてくれそうなスキー場があった!
岐阜なら、日本の中心地だから関東からも関西からも集まりやすいかも…と期待が持てました。
実際、どんなところか実際に見てみないとわかりませんから、夏休みの旅行を兼ねて行ってみる事にしました。
ちょうど、郡上八幡や白川郷、奥飛騨方面への旅行を計画していて、そのスキー場が郡上八幡と白川郷のちょうど中間くらいにあったので都合がよかったのです。
記録に残るほど日本列島が酷暑にうだった2007年の真夏、カルマンで2泊3日1000kmの旅をしてきました。
その時の旅行の模様はこちらに詳しく書いています。

ご紹介いただいたスキー場はとても広くてきれいなところでしたが、残念ながら地形的にカルマンのミーティングには向いていませんでした。



しかし、白川郷への移動中にとてもきれいなスキー場があり、雰囲気的にはここにカルマンを100台並べたらきれいだろうなあ…という雰囲気でした。
写真は許可をいただいて撮らせていただいたものですが、ここに車を乗り入れることは絶対ダメだときっぱり断られてしまいました。

スキー場での開催は暗礁に乗り上げてしまい、その他の候補地を探すことになりました。
開催時期に関しても、夏の時期はほとんどのカルマンがエアコンを装備していないし、車にも人にも負担の大きい夏場は避けた方がいいだろうということになりました。


そんな中、山中湖にある「きらら」という施設を委員会メンバーから紹介していただき、9月16日、早速tosio親分と下見に行きました。

そうすると、そこは私たちのイメージする場所とかなり一致しており、施設側も受け入れの意志を示してくださり、日程も、現地で地元主催のイベントが開催される10月の中ごろにジョイント開催ということにしました。

その時点では、翌年のFISCOで開催されるF1の日程がまだ出ていないので、日にちを確定することはできませんでした。(きららの駐車場をF1の駐車場として利用するからです)

その後、F1の開催日が決定(10/12決勝)し、100台ミーティングの日程は10月19日に決定しました。

その頃には実行委員に名を連ねていろいろとアイデアを出してくださる方も増えてきていて、皆さんに現場を見ていただこうと10月14日に打ち合わせを兼ねて現地までのミニツーリングを企画しました。


すると、現地集合組みを合わせてなんと16台も集まりました!
嬉しかったですね~。
10台くらいで並んで走ってもなんだか興奮しますから、これが100台も集まったら…と夢は膨らみました!
すべての方がこんなにたくさんのカルマンを連ねて走るのは初めてだったはずです。
その時の模様はこちらでレポートしています。
会場に並べてみたのが一番上の写真です。

ようやく場所も、日にちも決定し、参加者集めが始まりました。
最初はMAXXさんのホームページをお借りしてのアピールでした。
これがその頃MAXXさんが作ってくださったチラシです。

使われている写真は2005年にドイツで開催されたカルマン50周年記念行事の時の写真です。日本では50周年行事は何もされなかったようですね。

3月の終わりにフライヤーができるまではこのチラシを配りまくりました。


年が明け、1月19日に第2回の実行委員会が実行委員のokachinさんのお店、onlyweekendさんで開催されました。
この時、委員の皆さんの意外な得意分野がいろいろとあることがわかり、準備が加速していきました。
専用のホームページを立ち上げ、ロゴやポスター、フライヤーのデザインも決まりました。



雪深い山中湖に打ち合わせに出かけ、前夜祭ではBBQをし、トレーラーハウスに泊まるという企画もでました。




スタッフ用のウィンドブレーカーも作成し、各地のイベントでアピールが始まりました。



これは、3月30日のストリートVWsジャンボリーの時の受付け風景です。
できたてホヤホヤのフライヤーの配布が始まりました。

これから先は、イベント三昧でしたね!

6月にはBBQのシミュレーションもしました。


7月にはカルマン・ジャパン社からビッグなプレゼントをいただけることが決まり、ますます盛り上がっています。

こんな感じであっという間に1年が過ぎ、昨日までのミーティングの参加台数は74台までになりました。

Tosio親分がコツコツ続けているカルマンギアの国内の生息台数の確認は323台にまで達しています。
その中から100台はきっと集まってくれるだろうと信じています。

ここまで、実行委員としてボランティア活動してくださる方はもちろん、ほんとうにたくさんの方にご理解、協力、応援をいただいてます。
ここでお名前を挙げればきりがないくらいです。みなさん、ほんとうにありがとうございます。

あともう少し、がんばりますよ!

ここに、100台並べますよ!!



カルマンオーナーの皆さん!
この、最初で最後かもしれないカルマンギア100台ミーティングゥ~にぜひ、ご参加ください!
こころより、皆さんのご参加をお待ちしております!

これをきっかけにカルマンオーナーの方の横のつながりがより強くなり、日本のカルマンギアレジストリーに発展すると嬉しいですね!


昨日も申し込みを1台いただきました。
なんと、カルマン関連の重鎮、キムラオートの木村社長です。
パンオフレストアを終えたばかりの角テールでエントリーです。
楽しみですね!!

ミーティングの詳細はこちら
エントリーの内訳はこちら
お申し込みはこちらからお願いいたします。

私のブログの100台ミーティングに関する記事はこちらをクリックするとまとめて見ることができます。

http://mk7054.blog.hobidas.com/archives/category/2484.html


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(8)| トラックバック(0)

申し込みはお早めに!


10月19日のカルマン100台ミーティング参加者にカルマン・ジャパン社が大変すばらしいプレゼントをしてくれることになりました。

すごいですよ~!
ホントに。

その一部を紹介しますね!

まずは、このカルマン社のカタログ。
かなりの厚さです。


中身は当然カルマンのことや、


カルマン社が手がけたポルシェ356のことなども書かれています。
かなりの内容の濃さです。
これは、カルマン乗りには宝物になること必至です!
356乗りの方もほしいでしょ!


さらに、カルマンのロゴの入ったキャップ。

そして、さらに、もう一つあるのですよ!!

それも普通は手に入らない素晴らしいものなのですが、当日のお楽しみ!ということで…。

さらに、さらに、
ミーティングを記念したオリジナルTシャツとステッカーを作成してプレゼントする予定です。

で、さらに、さらに、さらに…
参加者全員にプレゼントできるおいしいものも…。

別にモノでお誘いするつもりはありませんが、ミーティングに参加しなければまず手に入らない記念品をたくさん持って帰っていただけることは確実です。

ですが、

ですが、

カルマン社の記念品は数に限りがあります。
すでにお申し込みいただいている方には確実にプレゼントできますのでご安心ください。

ミーティングは当日参加ももちろんOKですが、カルマン社の記念品は事前申し込みをした方に優先的に差し上げますので、当日のことがはっきりしないという方でも、まずは、お申し込みください。

お申し込み、詳細のご案内はこちらから!

記念Tシャツ、ステッカーは参加者全員に必ず差し上げます。
(記念品の内容は変更になる可能性もありますが…)


開催まであと95日となりました。
だんだんすごいことになって来てますよ!

10月19日は山中湖に集まりましょうね!
18日は前夜祭で盛り上がりましょう!!
カルマン乗りじゃなくても遊びに来てくださいね!
入場料も駐車場も無料です!


と、今日は思い切り100台ミーティングのプロモーションとなってしまいました。
カルマン・ジャパン社様にこの場を借りて、心よりお礼を申し上げます!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(1)

営業、営業…(後編)


カルマン100台ミーティングのアピールのため、FLAT4を後にして私たちは、次の目的地、横浜本牧のムーン・アイズを訪れました。

ムーン・アイズはアメリカンポップな車やパーツ、小物のリリースで超有名なお店です。
  



お昼も過ぎていたのでお腹がすいた私たちはまずは隣接するムーンカフェで腹ごしらえ。

店内は60年代のアメリカのドライブインといった雰囲気。
いい感じです。

私と観音ライダーさんはこのポークのテリヤキランチ、大盛!
メタボまっしぐら!


カミさんは得意の焼きそば。

スパムが入っています。

味は?
う~ん、味もアメリカン…!

ここにはハワイ名物、ロコモコなんかもありますよ!


ショップの外には販売している古いクラウンが何台か展示されていました。

この'68年型クラウン、一見普通のセダンのように見えますが…


実はダブルピックアップになっています。


しかも2ドア。
珍しいですよね。


後ろの席もセダン並みに乗り心地がよさそうです。
セダン用の後ろのドアを流用できそうなのですが、どうしてあえて2ドアにしたのでしょう…?

詳しくはコチラ
お値段はHPの価格よりだいぶ値下げしていましたよ!

ここで販売している古いクラウンはみな、ノーマルな状態を維持していて車だけ写すと、ムーンアイズっぽくない絵になります


お店の裏側の駐車スペースにはハーレーやトライクがたくさん置かれていました。
ガレージの中の車もおもいきり、アメリカン!!


このトライクのタイヤの太さ、ハンパじゃありません。
F1のタイヤのような幅です。


このキャディのオーナーはずいぶん若い方でした。
燃費は2~3km/lですって…。

店内に、こんなの売ってました。

最後の1枚で即買いです。
100円!


ムーンアイズでも100台ミーティングの話を聞いていただき、協力を要請しました。




帰り道、三田の慶応大学の近くのパーキングにこんな施設が…。
Timesがこんなサービスも始めているのですね。



さらに、世田谷にあるVWショップ、フレックスオートに寄りました。

カブリオレが1台、売りに出てましたよ!

でも目的地はここではなく、このお店の奥のほうで控えめに営業をしているレディバグさん。

どうしてもここでしか手に入らないものを買いに行きました。


手前の指輪のようなパーツです。

右奥の新品のハザード用リレーに年代モノの左のスイッチノブを取り付けるためのアダプターです。


二個一ならぬ、三個一で、ようやくハザード新設のためのパーツが揃いました。

7000円+4800円+1200円=13000円のハザードスイッチになってしまいました。
是が非でも、取り付けねば…。


今日からガソリンがハイオク180円を超えてますね~。
1軒だけ旧価格で出している店があり、ラッキー!!とそこで給油してきました。
でも、私がスタンドを出る頃には価格のプレートを変更していました。
ギリギリセーフです。
毎月リッター10円上がっていくなんて、ほんとに異常です。
絶対、在庫分売り切る前に値上げしてるだろうし…。
月末のスタンド前の列が恒例行事になるようじゃどうしようもないですね…。


歩瑠さん、ごめんなさい。
昨日、書きかけの状態で一度この記事がアップされてしまい、コメントをくださっていましたが、消えちゃいました…。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(1)

営業、営業…(前編)


今日は朝から梅雨空です。
一日中、こういう天気のようで、車いじりは出来なさそうです。
いろいろやりたいことはあるのですが…。

上の写真、わかりますか?
ナンバープレートを下げてみました。
ちょっと下げすぎ…?

これは下げる前。
この中間ですかね?

どうでもいい?




昨日は観音ライダーさんと100台ミーティングの営業のため、FLAT4とムーンアイズに行ってきました。
観音ライダーさんのカルマンは1958年の角テール。
HNの通り、観音クラウンやハーレーもお持ちです。



2階のショールームには凄い車が3台並んでいました。
この3台が並んでいるというのは、なかなかありえない光景です。

向って右は、ダネンハウアー&スタウス
真ん中はロメッチュ
左はヘブミューラー

どの車もビートルベースのコーチビルダーの車で大変稀少な車種です。
世界に数台しか存在しないような車をまとめて触れる位置で見ることができるのは凄いことです。

ヘブミューラーはワーゲン界では比較的有名な車なのでこのブログではまだ特集していないのですが、2シーターのゴージャスなカブリオレです。
火災により会社が消失して生産も終わったため、現存している車が少ないのです。


FLAT4のHPにあるこの車の説明
「1924年、創業者"Fredrich Rometsch"氏によってベルリンに誕生したKAROSSERIE ROMETSCH社が、VWシャシーをベースとして'51~'62年までROMETSCHを生産していました。クーペとカブリオレの2タイプあり、車体は全て木型をもとにアルミの叩き出しで、1台当たり1,000時間以上を費やして作られた当時の最高級車であり、PORSCHE356やK.GHIAより遥かに高価でした。
このROMETSCHは、1959年製で、大別すると3代目モデルにあたり、#559というボディーナンバーから判別すると、3代目の記念すべき第一号車で、エンジンは高級車に相応しいAutotecknik KITが搭載されています。」


こちらは、ヘブミューラーの説明です。
「幻の2シーターカブリオレと呼ばれているヘブミューラーは、1948年12月のプロトタイプから1953年2月までの間に、僅か696台しか生産されず、現存する台数は世界で90台前後といわれいている正に幻の2シーターです。
VWの最高級モデルとして、KAROSSERIE HEBMULLER社がVWシャシーをベースとして完全なるハンドメイドで生産されました。'49年製造となるこの車は、当時のオプションであったOKRASAチューニングのエンジンを搭載し、ツインキャブレター、アバルトマフラー、そしてクランクシャフトはOKRASAのロングストローク化により1,131cc(25PS)から1,295cc(48HP)へとスープアップし、ステアリングホイールにはPETRI社のバンジョーにホーンリング、リアフェンダーにはフォックスクラフト社のフェンダースカート等、すべてのオプションが装備された世界でも指折りの一台です。」

ビートルのカブリオレはVW本社ではなくカルマン社とヘブミューラー社という2社のコーチビルダーがそれぞれボディを製作していたのです。

カルマン社の4シーターカブリオレのセマフォーはドアの後ろにありますが、2シーターカブリオレのヘブミューラーのセマフォーはドアの前に位置してます。

セマフォーってのは、ウィンカーが出る前のピョコンと飛び出る方向指示器のことです。



これはダネンハウアー&スタウスのダッシュ。
ちょっとオーバルっぽいです。


こちらはロメッチュのダッシュ。
ちょっと356のテイストとアメ車のテイストが入ってます。


こちらはヘブミューラー。
もう、スプリットのダッシュそのものです。
両脇の物入れにはカギつきのふたがついています。


ダッシュボードの上に置くとかわいい扇風機。
リプロですが15,000円。
ほしいけど、高いなあ…。
本物も展示コーナーのショーケースに置いてありましたがそっくりです。



担当の方に、いろいろお話しやお願いをしてきました。
具体的なことは正式に決ったらお伝えしますね!


で、われわれは横浜、本牧にあるムーンアイズへと向ったのでした。



つづく


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(16)| トラックバック(0)

カルマン100台Mシミュレーション(後編)


カルマン100台ミーティングの前泊&前夜祭の会場となる撫岳荘の駐車場です。


木々の間にトレーラーハウスが点在しています。
トレーラーハウスは全部で13台。
全て今回のミーティングで借り切っていますが、すでに7割くらい埋まっています。
トレーラーハウスに宿泊ご希望の方はお早めにお申し込みくださいね!
申し込みは右上のバナーからできますよ!

もちろん、カルマンギア以外のどんな車の方でもご参加ください。
無料ですし、申し込みもいりません。
前泊の手配、BBQの参加はミーティングにエントリーしたカルマンギアのオーナー、同乗者、ボランティア参加していただける方に一応限らせてください。

10月19日当日はどなたでもご参加いただけます!

地元開催のフリーマーケットも開催されてますよ!



さて、Yume丸さんチームのワーゲンも続々と到着し、いよいよBBQの準備です。



食材やビールサーバーも到着しました。
おお!
お肉は全て牛肉ですよ!!
肉屋さん、ありがとうございます!
サービスしすぎです!

野菜類も豊富に用意されました。
このくらいあれば充分でしょう!


火起こしの秘密兵器をちゃんこさんが貸してくださいました。
これさえあれば、着火剤いらずだそうです。

針金細工で有名なちゃんこさんが私たちのためにオリジナルのステッカー(磁石になっていて鉄板の部分ならどこにでもくっつくようになってます)を作って持って来てくださいました。
ありがとうございます!

あれえ??ピンボケでした。
この写真は後ほどちゃんと撮って差し替えます。


さあ、BBQの開始です!
ここから先は写真を撮る余裕がありませんでした。

左側から3人目に写っているSさんがプロ並みの腕を披露してくださり、おいしいBBQが次々と出来上がりました。
Sさんにはほんとうに感謝!です。

でも、前夜祭当日は実行委員がちゃんとやりますよ!
焼くのが大好きな方のお手伝いはもちろん歓迎ですよ!

卓上コンロを持ち込んでテーブルの上で焼く方たちもいました。
ナイスですね!

そういうの、お持ちの方、持ち込み大歓迎ですよ!

足りるか余るか心配だった食材でしたが、食べ物は少し余りましたがビールサーバーはちょうどという感じでした。
30人で19リットルという目安がわかりました。

自家製の梅酒や果実酒、バーボン、泡盛、日本酒…、いろいろなお酒が揃いましたね!

私が持っていった43度の久米仙はいかがでしたか?
若い方は持て余していたような…?

山の天気は変わりやすく、後半雨が降ってきました。
でも、木々の下だったのでタープなしでしたがほとんど濡れずにすみました。
木の葉っぱってすごいです!

本番のときは大き目のタープ2張を用意しますし、屋根のある炊事場の横で実施しますから、雨でも万全です!


こうしてワイワイ、ガヤガヤとBBQの夜は更けていきました。




翌日、雲は多めですが、雨が上がっていい天気です。
トレーラー泊の方あり、
バス泊の方あり、
バリアント泊の方あり、
ビートル泊の方あり、
テント泊の方あり、
みなさん、寝心地はいかがだったでしょう?


駐車場には実行委員のカルマンが7台並びました。


みんみんさんにアメリカで買ってきていただいたカルマン専用のサンシェード(アメリカではサンスクリーンと呼ぶらしいです)を使ってみました。
これは日本では売ってないんです。

みんみんさんには日本では売られていないアイテムをもう一つ買ってきていただきました。
それがこのステッカーです。

グローブボックスのふたの裏側に貼られているステッカーです。
リザーブのことやタイヤの空気圧のことが書かれています。
ドイツ仕様ですから、ほんとうはドイツ語のものがほしいのですが、FLAT4でも現在はストックアウト状態のようです。


さて、撫岳荘は山中湖の湖畔にありますからキャンプ以外にもいろいろなウォータースポーツを楽しむことができます。

水上スキーやウェイクボード


カナディアンカヌー


カヤック、ヨット、ウィンドサーフィン、


そしてローボート。

早めに着いてウォータースポーツもいいと思いますよ。
紅葉のシーズンで最高の季節ということです。

水上スキーや、ウエイクボード、カヤックなどは講習が必要ですからあらかじめ申し込んでおいてくださいね!


ちょっと遅くなった昼食は山梨名物のほうとう。

こんな字を書くんですね。
きっと、5秒後には忘れている漢字です。


これはかぼちゃほうとうです。
豚肉ほうとう、すっぽんほうとう、いのししほうとう、熊肉ほうとうなんてのもあります。
きしめんのような平たい麺です。


ほうとうのおみせの軒下にこんなものが置いてありました。
ふるい消火用のポンプのようです。


水冷直列4気筒の予想より大き目のエンジンが積んでありました。
なぜ、こんなところに置いてあるのか…。



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 11:17 | コメント(18)| トラックバック(1)

カルマン100台Mシミュレーション(前編)



10月19日に富士の裾野、山中湖で行う予定のカルマンギア100台ミーティングですが、朝早くからイベントはスタートするので、できれば前泊していただいて、前夜祭も楽しんでいただきたいのですが、利用予定のトレーラーハウスの宿泊は実際にどんな感じか、BBQも実際にやるとどんな感じか試してみようということで、今回のキャンプの企画となりました。

最初は実行委員の有志で行うつもりでスタートしたのですが、ワーゲン仲間のYume丸さんがちょどその頃キャンプ仲間と富士山のふもとでキャンプをしようという計画をしていて、よかったらジョイントしますか?という話を持ちかけてくださいました。

キャンプに不慣れなメンバーばかりの私たちはそれは大歓迎で、思いもよらず、大所帯のキャンプ&BBQとなった次第です。

その模様をまたまた、ダラダラと自分の日記として書きますね!
お暇な方のみお付き合いください。

いつもどおり、4時起き、5時出発という感じで自宅を出発。
真っ赤な朝日がその日の好天を保証してくれるように光っていましたよ!

5時台、6時台はよほどのことがない限り中央道も首都高も渋滞はないので、スムーズなドライブで待ち合わせの談合坂には1時間ちょっとで着きました。
待ち合わせは8時なのに6時過ぎにはもう着いているわけで、早めに着いてノンビリする方が性に合っているし、ETCの割引率も高いらしい(よくわかってない)のでいつもそんな時間になります。

天気がいい週末だからか、いつもより交通量は多めでした。
これは7時を過ぎると渋滞するだろうなあ…と予測できました。


今回、maruさんたち、早かったですね!
こーいちさんも程なく到着。
papabusさんは実はもっとずっと早く到着していたそうで、今回は1番乗りじゃありませんでした。


こーいち号です。
写真ではわかりにくいですが、テールレンズを2色のタイプに変更し、リアトレイに手作りのハイマウントストップランプを設置し、みんみんさんがアメリカから持って帰ってくれたクリアーのウィンカーレンズを即効でつけてました。
オーディオも換えていましたね。
フカさんもタコメーターやアンメーターを増設していて、私があちこち遊びに行っている間に、みなさん、なんやかやモディファイしていたのですね~。


順調に中央道、富士五湖道路を通って山中湖へ入りました。
後ろの方にpapabusさんのタイプ2が見えます。
一番後ろにタイプ2が走っていると、なんだか不思議な意味のない安心感があるのですよ…。
どうして?
やんちゃボウズたちを一番後ろから見守っているお父さんのような、そんな感じ?


富士山もバッチリ見えてます。
よしよし、いいぞ~!!
こうでなくちゃ!


会場となるきららの臨時駐車場は緑と花でもうメルヘンの世界のようでしょう?(ちょっと言いすぎ?)
ちょうどこの頃、カミさんがみんみんさんと電話をしていて、東北の地震のことを知りました。
ビックリしてぽんこさんに電話をしましたが、留守電…。
心配しましたが、後ほどぽんこさんから留守電が入っていて無事とのこと。安心しました。
こちらの方が電波が悪いところで連絡がつきにくく、申し訳ありませんでした。

地震のこと実際にちゃんと把握したのは今日の朝になってでした。


私たちが到着した時点でokachinさんのチームの車はすでに到着して待っていてくれてました。

okachinさんは今日はアーリーバスでエリバを引いて登場です。
カナディアンカヌーも憎いくらい似合ってますね!
ミーティングのときはカルマンでエリバを引いてくる予定です。
その姿がまたカッコいいのですよ!
普段はどちらかというとW124でエアストリームを引いてキャンプに行くことが多いそうですが、今日はわざわざこのスタイルで来てくださいました。


okachinさんグループのみなさん、papabusさん、カルマンの委員の車がずらっと1列になりました。



私たちがなんだかんだ直射日光の下、打ち合わせをしたり、車を動かしてみたりしている間、okachinさんグループは木陰でまったり。

車の誘導等にお付き合いいただくかもしれませんとお願いしていたのですが、その必要もなかったため、ある意味ほったらかしというか「何しにきららに来たの?」と思わせてしまったかもしれません。
申し訳ありませんでした。


私たちは山中湖1周ツーリングのシミュレーションをしたり、パノラマ台に行って状況を確認したりしてどんどん時間は過ぎていきました。

カミさんも写真の腕をあげてきましたね~。(手前味噌?)






そうこうしているうちに、Yume丸さんがバリアントで登場。
黒バリさんのショートノーズとYume丸さんのロングノーズが並びました。
ああ、どっちもいい!
ますますバリアント、ほしくなります。
バリアントはことのほか、キャリアが似合いますね!
Yume丸さんご夫婦はこのバリアントで寝られるかを今回シミュレーションすることになったそうです。
果たして、バリアントの寝心地は?
Yume丸さんのバリアントの隣りのビートルはSさんのクルマです。
やれた雰囲気を楽しんでいるようです。
こういうビートルの楽しみ方も実は興味があります。
BBQではこのSさんにあんなにお世話になるとはこの時点では思いもよりませんでした。


というわけで、そろそろ撫岳荘に移動して、BBQの準備にかかりましょうかと、一緒に移動しました。


今日はこのくらいにして、明日に続きます。
明日は、BBQ編ですね!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 18:05 | コメント(12)| トラックバック(0)

キャンプシミュレーションから帰ってきました


(最終的には委員のカルマンは7台揃ったのですが、その写真はまた)

先ほど、カルマン100台ミーティングのトレーラー宿泊とBBQのシミュレーションから帰ってきました。

梅雨ど真ん中なのに2日ともいい天気で日に焼けて帰ってきました。
「これで、10月の本番もきっとだいじょうぶだぞ~!よしよし…」などと、まったく根拠のない確信なんぞ持ったりしてしまいます。

土曜日の午前中は富士山もよく見えていました。
昨年は近くまで行ってもなかなか見られなかった富士山ですが、今年は2月、4月、そして今回と3回山中湖に来ていますが、すべて見ることができてます。

そう、富士山観望率100%をキープ中!



じつは、100台ミーティングの実行委員の皆さんはokachinさん以外はほとんどキャンプやBBQに不慣れで、いきなり7~80名規模のBBQなんて絶対無理だぞということで行うことにした今回のBBQなのですが、Yume丸さんのお友だちのワーゲン乗りのキャンプの達人の皆様、やはりokachinさんのお友だち、このブログで知り合ったpapabusさんも来てくださり、総勢30名を超える合同のキャンプ&BBQとなりました。

おかげさまで、委員が10人くらいでちまちまやっても体験できない、いろいろな部分が見えました。

ご参加いただいた皆さんにこの場を借りてお礼を申し上げます!
ほんとうにありがとうございました!
また、運営は不手際だらけで申しわけありませんでした。

焼き場を仕切ってくださったSさんにはスペシャル・サンクスです!

おかげさまで、今回の反省点を土台にして10月18日の前夜祭本番はスムーズな運営ができそうです。(でも内心まだちょっと不安…)

写真はどちらも100台ミーティングの会場となる「きらら」の臨時駐車場です。
カルマンの展示場所、誘導方法などいろいろ打ち合わせをしました。
山中湖1周のツーリングシミュレーションもやってみました。

キャンプ&BBQはここから700mくらい離れたところにある、撫岳莊というところで行いました。

詳しくはまた、あすのブログで。


しかし、カルマンも絵になりますが、タイプ2も集まると絵になりますね!

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 22:28 | コメント(12)| トラックバック(0)

うれしい出会い


世間はGWということですが、いかがお過ごしでしょうか?
私はカレンダーどおりで、何てことないです。

さて、今回の山中湖行きでは、カルマン100台ミーティングの申し込みを新たに2台いただきました。
そのうちの1台、この1972年型クーペは山中湖観光協会のNさんのカルマンなのですが、なんとヤナセもののワンオーナーカルマンなのです。
36年間もずっと維持しているなんてすごいです!
一時期はかなり痛んでいたそうですが、数年前に外装のレストアをしたそうです。
それ以外はほとんど手を加えていないということで、見事にオリジナル状態が保たれています。
購入した時、どうもヤナセの倉庫に最後に残っていた1台だということです。
距離計はまだ6万キロ台でした。
ワンオーナーのカルマンに出会ったのは初めてだと思います。
これからも大事にしていってほしいですね!



もう一つの素晴らしい出会いは、こうやってカルマンを6台並べてあっちでゴソゴソ、こっちでゴソゴソカルマン談義をしている時に、お仕事中にもかかわらず立ち寄って100台ミーティングの申し込みをしに来てくださったTさんが私のカルマンを見て、

「この車知ってます。前のオーナーはもしかして、○○にお勤めの方じゃなかったですか?」

レッツプレイVWのNo14に前のオーナーが投稿をしていたので、私もその方の職業を知っていました。

「ええ、そうですけど、どうしてご存知なんですか?」

「わたし、この車を輸入して仕上げたショップに当時勤めていたんです。」

「へえ~!!そうだったんですか!!」

「この車、輸入された時からとてもいい状態で、こんなにちゃんとしたカルマンはめったに入ってこないので、社長に私が買いたいと言ったんですけど、ダメだと断られたんです(笑)」

「そうですか~!!」

「で、もともとすごく程度はよかったんですけど、クーラーをつけるとか、日本の交通事情に合わせるために、ずいぶんお金をかけたんですよ。
エンジンだけでなく、ミッションも高年式用の新品に換えたんです。
だから、トレッドが少し広がっているので、フェンダーとのすき間がギリギリでしょ?」
と、私がずっと疑問に思っていたことにようやく納得がいく理由がわかったのです。

「たしか、ナンバーは1960でしたよね!」
なんて、10年前の話なのによく覚えているものです。
それだけ、印象が強かったらしいです。

「足回りも全部手を入れて、マスターバックもダブルにしたんじゃなかなあ…」と私も知らないことをたくさんご存知でした。

10年前の輸入当時のマイカルマンのことをご存知の方に偶然お会いすることができ、大感激の私だったのでした。
しかも、このNさんは山中湖観光協会の会長さんのご親戚でもあるようで、「なに!お前もカルマン持ってたの?」とビックリされてました。
6月の練習キャンプの時にはTさんの角テールに会えそうです。



その後、上の白カルマンのオーナーのNさんから、「ウチでコーヒーでも飲んで行ってください」とお誘いを受けて後をついて走っていくと、なんと立派なホテルに案内されてビックリ!


Nさんはこの素敵なホテルのオーナーだったのです。
実質の経営は息子さんに譲っているようです。
ホテルのレストランの窓から見た景色です。
山中湖を見下ろす素晴らしい立地のホテルです。

お孫さんが「カルマンがいっぱい!」と喜んでましたね!

「どのカルマンが一番カッコいい?」

「おじいちゃんのカルマン!」

いいお孫さんです!

ワンオーナーのカルマンはあと数十年はきちんと受け継がれていってもらえそうですね!





Nさんのホテルを後にし、昼食をとりながら100台ミーティングに関する話をいろいろとし、その後k-ghiaさんご夫婦、フカさんと3台のカルマンで、Yume丸さんのお宅にお邪魔しました。

たくさんのワーゲン仲間をお持ちのYume丸さんご夫妻ですが、カルマンがこの素敵なログハウスに訪れたのは初めてだそうです。
2月にお邪魔した時はパジェロでしたからね!
カルマン訪問第1号の栄誉をいただき、気分よく長居をしてしまい、すみませんでした。
楽しかったです!
奥様用のタイプ3バリアント用のルーフキャリアが仕上がってました。
次にお会いする時にはバリアントの上に載っているのでしょう!
これで、自作のカナディアンカヌーの運搬もいつでもできますね!
湖が近くて羨ましい環境です!

カブリオレ仲間。

ちゃんこさん製作のオーバルビートル。

楽しい時間の最後にはお約束の中央道の渋滞(あの日は17km)が待っていました。
それでも3時間弱でウチに着きました。

みなさん、お疲れさまでした!


昨日、Yume丸さんからキャリアを装着した写真が送られてきましたので、掲載します。

バッチリですね!
ワゴンタイプは一際ルーフキャリアが似合いますね!
私もワゴンに乗っていたときは必ずルーフキャリアをつけていました。
そういえば、パジェロにもつけてます。



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:35 | コメント(6)| トラックバック(3)

前泊・前夜祭会場


こちらは10月18日の前泊&BBQの会場予定地です。
イベント会場から700mくらい離れた山中湖の湖畔にある撫岳荘というホテルの広大な敷地に常設のトレーラーハウスを15台くらい置いたサイトがあります。


師匠の角テールとツーショット。


巨大なトレーラーがボッコンボッコン無造作に(?)設置されています。
タイヤのついた家という感じでとてもカルマンで引けるようなシロモノではありませんし、そん所そこらの日本車でもダメでしょうね~。
しっかりとフレームの入った車で引かなければきっと牽引する車の方が壊れてしまうでしょう…。


この真ん中あたりがBBQ会場になります。
当日はこのあたりにコンロやテーブル、照明などの設備を設置予定です。
雨の場合の場所もちゃんと別にあります。


トレーラーハウスの中から見たカルマン。

トレーラーの室内はこんな感じです。
撫岳荘のHPからの写真です。)

   


  
  


豪華ですね~!!
大人でもワクワクしますが、お子さんも喜びますよ~!!
前泊の基本は、このトレーラーハウスになります。
4人~6人定員ですので、ご家族以外の方は相部屋になりますが、ご了承ください。
もちろん、ホテルやペンションの宿泊希望も受け付けます。

さらにさらに、タイプ2キャンパーやエリバのようなトレーラーをお持ちの方も同じ敷地に止めて、一緒にBBQを楽しむことができます。

オートキャンプを普段から楽しんでいらっしゃる方の参加は特に大歓迎です!
キャンプ&カーショーのイベントってあまりないのでは?

19日のイベント当日の早朝ミニツーリングと展示に関してはお申し込みをいただいたカルマンだけになりますが、見学、前泊&前夜祭の参加はどなたでも大歓迎です!

カルマンオーナー以外の方も一緒に大いに盛り上がりましょう!
もちろん、前泊しないで19日当日の参加、見学も大歓迎です!

スワップミート、ケータリングの出店も大歓迎です。
詳しくは、右側にあるバナーをクリックして100台ミーティングのホームページをご覧ください。(まだまだ作成途中ではありますが…)
申し込み受け付けもここからできますよ!
カルマン以外で前泊&バーベキュー参加希望の方もこちらからお申し込みください!


長くなってしまったので、嬉しい出会いに関しては明日にします。

100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(4)| トラックバック(0)

富士山とツーショット


昨日はカルマン100台ミーティング実行委員会の方と山中湖に打ち合わせに行ってきました。
朝のうちは都内は雨がぱらついていましたが、山中湖に近づくにつれ、雲が薄くなっていき、会場予定地のきららに到着した頃には写真のように見事な富士山が姿を現してくれました。


水色のこーいち号の後ろに今回急遽参加してくださった師匠の角テールが見えます。
1200cc、オリジナルのスタンドエンジンなのに、ツインキャブ化が効いているのか、速い速い。
1200じゃ登りがきついといっていた観音ライダーさん、ツインキャブ化はいいかも!


カルマンも、富士山も、自転車も、気持ちよさそうです。


レンズをワイドと望遠に切り替えると富士山の大きさがこんなに違って見えます。
ここに、カルマンが100台ならんだら、いい感じでしょ!

2ヶ月近く前、ここに来たときには1m近い雪で覆われていました。


いいところでしょ~?

もちろん、カルマン以外の方の見学も大歓迎ですから、10月19日(日)はぜひ、山中湖まで遊びに来てください!

すぐ隣りでは、「フジヤママーケット」という、地元主催のフリーマーケットもやっています。

釣り、サイクリング、テニス、ボート、いろいろと遊べます。
ぜひ、10月19日は山中湖へ!

このあと、うれしいサプライズがあったのですが、その話しはまた明日ということで。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(16)| トラックバック(3)

WEB受付け開始!



カルマン100台ミーティング



ネット受付けを開始しました!



http://www.karmannghia100cars.com/



2008年10月19日(日)※18日夜は前夜祭



会場:山中湖交流プラザ きらら



カルマンギア参加費:3000円(Tシャツ、ステッカー込み)



ケータリング出店料:5000円(ワーゲンバスに限る)



スワップミート出店料:5000円




お申し込み、お問い合わせ、お気軽にどうぞ!



1台でも多くのカルマンが集まることを願っております!






これから、八ヶ岳に向って出発です!




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 04:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

ストVジャンボリー(番外編)


ストリートVWsジャンボリーのレポートの最終回です。


会場ではハガキの大きさで作ったフライヤーをA3サイズにしたものをポスターにしてアピールしていたのですが、よく見るとこのポスターにサインらしきものが見えますよね!

これがそのアップです。

実は、会場にアメリカの有名なワーゲンの雑誌である Hot VWs という雑誌から取材に来ていたのですが、その取材担当者の方のサインなのです。
まあ、アメリカから来た雑誌の編集者のサインをもらった程度に思っていたのですが、このサインの主は思っていたよりも有名な方だったようです。

(向って右側の方。FLAT4HPより借用)
ここから先はあとからわかった事なのですが、サインの主は、STEPHAN SZANTAI という方で、アメリカの有名なワーゲンのクラブであるDKPのメンバーの一員でジャーナリストでした。
DKPはアメリカのカリフォルニアでCal lookというワーゲンを楽しむ一つのジャンルを創ったクラブとして有名です。

ステファン氏自身は1957年の白いオーバルに乗っているようです。
2276cc、200馬力オーバーだけど街乗りもしやすいというのですが、どんな街乗り?

たまたま居合わせたカルマンオーナーの皆さんで集合写真を撮ってもらいましたが、まあHot VWsで紹介されることはないでしょう(笑)


これは、実行委員で作ったスタッフジャンバーです。
図柄は、カルマンオーナーだったら、「ああ、なるほど…」と思えるものになっています。
デザインはフライヤーのデザインをしてくださった委員会メンバーのYさんによるものです。

どこかのイベント会場でこのジャンバーを着ている人がいたらカルマン100台ミーティングの実行委員ですから、なんでも聞いてくださいね!


さて、こちらは、会場で入手できたKdFというワーゲンのクラブのフライヤーなのですが、

いろいろなイベントの案内の中で、キャルイザワキャラバンの紹介の部分に私のカルマン嬢が大きく写っていました。、




いやあ、いい写真ですね~!
元の写真が欲しいなあ…。
カルマンの写真はたくさん撮っていますが、自分が一緒に写っている写真はほとんどありませんからね~。
今度、代表のNさんにお願いしてみよう…。




聖火リレーが大変なことになっていますね。
あんなに警備など大騒ぎになるのなら、無理に聖火リレーはやらなくてもいいんじゃないかとも思います。
しかし、この騒ぎを報道している中国の国営テレビの放送内容を聞いて驚きました。
あの騒ぎはチベットの暴動に対する非難だと言っているのです。
こういう事実を曲げた報道を堂々とやっていることは中国国内の人は騙せても世界中の失笑を買うことはわかりきっていることなのに…。
失笑ではすまない話でもあります。

自民党や首相の二枚舌も世界中の笑いものだ…。
年金問題を3月までに解決するというのは私たちが誤解をしていたということなの?
ふ~ん、よーく憶えておこう…。
野党も何かあれば責任責任って辞任を迫るしか能がないし…。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(5)

100Mフライヤー完成


100台ミーティングのフライヤーが完成しました。
デザインは委員会メンバーの一人、観音ライダーさんです。
ありがとうございました!

このカードを今日からジャンボリーの会場を皮切りに配布開始です。
スタッフジャンバーも完成しましたよ!

このカードの配布をカルマンオーナー、もしくは紹介しくださるショップの方、ショップにお願いできる方はぜひご連絡ください。
データで送ることもできますし、現物を送ることもできます。


(クリックで拡大)

正式な受け付けは当日、会場で結構ですが、参加予定の方はあらかじめ、予約を入れていただけると嬉しいです。
予約のフォームは今後100台ミーティング専用のホームページにアップする予定です。

前夜祭ではトレーラーハウスに泊まってバーベキュー大会です。

翌日早朝に、参加者全員で山中湖を1周するミニツーリングをやります!
何台集まりますかね~。
100台以上集まると嬉しいなあ。

カルマンオーナー以外の方で車の誘導などボランティアをやっていただける方も募集します。
「やってもいいよ~」という方、ぜひお声をおかけください。


さてさて、昨日は仕事でもあったのですが、近くの神社の桜がもう満開になっていたので、写真を撮ってきました。

去年も同じところで撮っていますが、ブログを確認したら、3月31日でした。


桜の写真は難しいです。
最新の機器を使ったテレビ中継でも実際に見るきれいさには遠く及ばない気がします。

ここに引っ越す前は隅田川の有名な桜並木のすぐそばに住んでいました。
今頃、大変な騒ぎになっていると思います。


今日聴いたレコードはジャズの定番中の定番といえる、ジョン・コルトレーンのバラード。
ゆっくりした時間を過ごしたいと思う時にはぴったりです。

さあ、これからストVジャンボリーに出発です!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 05:21 | コメント(8)| トラックバック(0)

第3回実行委員会


ようやくデジカメが戻ってきたので、1週間前に遡っての記事になります。
3月8日の土曜日は辻堂のOnly weekendさんでカルマン100台ミーティングの実行委員会がありました。
Only weekendさんの駐車場はまたても色とりどりのカルマンで埋められました。


委員会を始める前に、前の空き地を借りて並べて撮ってみました。


ニューイヤーミーティングの時に2000GTで登場したYさんは今回なんと観音クラウンで登場!
ご本人がお持ちの観音クラウンは黒で現在ドッグ入りしており、これはお知り合いの車でずっと預かっているそうです。
凄くきれいな色です。
何年型か聞いたのに忘れました。
'62年とか'63年型あたりだったでしょうか?


純正のクーラーつき。
内装の色も外装の色とあっています。
さすがはクラウン、豪華な内装です。


この車の給油口はなんと、テールランプの中。
こういうギミックって、いいですね!


またまたエリバとツーショットで撮ってみました。
カルマンで引けるそうです。
コンパクトですが、大人二人が寝るには充分な広さです。

Okachinさん、またしても長居してすみませんでした。
ローストビーフサンドもスープも美味しかったです!



さてさて、昨日のクイズの正解です。
違う部分をアップで撮っておけばよかったのですが、携帯カメラの写真を大きくしたので、違いがわかりにくいのですが、実物はもっとよく分かります。



わかりますか?

よく分からないという方はこちらをご覧ください。
  ↓


Nの付け根に下から斜めに延びている部分が上のリプロ品はNの文字とずれができています。
本物はこの段差がないのです。
字の太さや先端の処理などもリプロ品は本物よりも作りが甘いです。
さて、この違い、気づいた方はいらっしゃいましたか?

また、これは1962年までの大きいタイプのバッジのみの話のようです。
63年からの一回り小さくなったタイプのリプロ品との違いはよく分かりません。

師匠には他にもお宝アイテムを見せていただきました。
ありがとうございました!


今日は久しぶりに自転車通勤をしました。
今年になって初めてです。
自宅から職場まで12.5km。

川原はヒバリが鳴き、菜の花が咲き始めていました。
春なんですね~。



3月18日は何の日?
・精霊の日
 柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の3人の忌日がこの日であると伝えられていることから。

・明治村開村記念日
 1965(昭和40)年、愛知県犬山市に博物館明治村が開村した。
博物館明治村は明治の建築物を保存展示する野外博物館である。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(24)| トラックバック(3)

冬の山中湖


冬の山中湖は空気が限りなく冷たく澄んでいました。

ここは、一番下のカルマンが並んでいる写真を撮った場所です。
50cm以上の雪で完全に覆われていました。

昨日の日曜日はカルマン100台ミーティングの打ち合わせで山中湖に行ったのですが、予想以上に雪が残っていてビックリしました。
パジェロで行きましたが、この先はキャタピラー付きの乗り物しか入れない状況でした。
きららに打ち合わせに来たのは3度目ですが、初めて富士山を見ることができました。


湖は氷結しています。
打ち合わせはとても順調に進みました。
イベントの実現が見えてきましたよ!


前泊に使うかもしれない湖畔のモーターホームも下見をしました。
雪で埋もれそうで、さすがにこの時期は営業していないのですが…。


すごいですね~。アメリカのモーターホームって。
ウチよりもずっと立派かも!!


やっぱり、ウチより立派です!


打ち合わせのあと、現地で落ち合ったワーゲン仲間のYume丸さんご夫妻の案内で、念願の吉田うどんを食べることができました。
讃岐うどんとはまた違った腰のある麺で、出汁も美味しく、なにより、すごいボリュームです。
そうとう大ぐらいの私が大盛のうどん1杯でおなか一杯になりました。
しかも安い!
てんぷらうどんで普通盛り400円です。
いやあ、美味しかったです!
時々、無性に食べたくなる味かも…。


その後、ずうずうしくも、Yume丸さんのご自宅にお邪魔してしまいました。
愛車の赤カブの上には自分で作ったというカナディアンカヌーが。
ご自宅はログハウスですし、もう、決まりすぎ!です。
ご自宅というより、別荘という雰囲気の素敵なお住まいの素敵なご夫婦です。
実は密かに、Yume丸さんと’57年会を結成しています。
メンバーは今の所、Yume丸さんと私とカルマン嬢の3人?だけですが…(笑)
近所にお住まいのビートル乗りの若いカップル、Kさんご夫婦とも知り合いになれました!


さらにうらやましいことに、Yume丸さんは現在奥様のためにタイプ3バリアントのオートマ仕様を探しあてて、現在コツコツご自身で週末を利用して整備中です。
とても状態のいいバリアントでしかも珍しいオートマです。
この車を見せていただくことも今回の山中湖行きの目的の一つでした。
ホント、きれいなタイプ3でした。
これに、もうすでに手に入れているキャリアを載せて、カヌーを積んで湖へ…。
コレも決まりすぎです!
八ヶ岳トレッフェンがデビュー予定ということで、楽しみです!


そして、昨日最後の目的、それはダイヤモンド富士を写真に収めることでした。
ちょうどこの時期、太陽が富士山の頂上に降り、ピカッと光った姿がダイヤモンドの指輪のように見えるというわけです。
マイナス5℃~6℃の寒さの中、カメラを三脚に据えて待ちましたが、頂上付近の雲はついに取れませんでした。
上の写真が限界でした。


湖の周りには写真を撮るためにこんなにたくさんの人たちが寒さに耐えながらあの一瞬を待っていました。

そんなこんなで、昨日も目的だらけの欲張りな1日を山中湖で過ごしてしまいました。
同行していただいた観音ライダーさん、Yume丸さんご夫婦、Kさんご夫婦、ありがとうございました!
おかげさまでとても楽しくも有意義な1日でした。


(これが完璧なダイヤモンド富士です。私の写真ではありません)


********************************************************************


「カルマンギア100台きららミーティング」



2008年10月18日(土)~19日(日)
 ※18日は前夜祭のみ


開催場所:山中湖交流プラザきらら臨時駐車場


山中湖一周パレードも実施します。


公式HP:http://www.karmannghia100cars.com/



ドイツで行われたカルマンギア50周年行事の映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=wiz10sHHl2w




********************************************************************



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(0)

only-weekend


昨日はカルマンギア100台ミーティングの委員会でした。
会場はonly-weekendという湘南にあるログハウスのお店。
オーナーはカルマンを含めいろいろ楽しそうな車をお持ちで、名前のとおり、週末だけ、このログハウスのお店をオープンしています。
前から一度…と思っていたのですが、今回ようやくお邪魔することが出来ました。
予想通り、素敵なお店でしたよ!
奥の方にカルマンが3台見えますが、


さらに奥はこんなことになっていました。
みな、委員会のメンバーのカルマンです。
一番奥に見えるタイプ2ウエストファリアキャンパーとエリバはマスターの車です。
キャンパーの横にはカナディアンカヌーが置いてありました。
カヌー遊びも、ず~っと前からしてみたいと思っていました。
マスター、ぜひ今度、遊びに連れて行ってください!


こちらがマスターの1956年型カルマン。
私が今までに見たカルマンで最古です。

バンジョーステアリング、いいですね~。

バンパー下にはエリバやエアストリームを引っ張るためヒッチメンバー(アヒル隊長が乗ってます)がついています。
最近は引っ張り役は他のクルマのようですが…。


エアストリームの後ろには珍しいべスパのサイドカー。
置いてあるもの、みんなおしゃれです。


エリバ、べスパと。
この組み合わせ、理想的です。



室内もおしゃれです。
コールマンのランタンやジャグ、ワーゲンのミニカーがディスプレーされています。


薪ストーブがキャビンも心も暖めてくれます。

そんな心地いいキャビンでメンバーは真剣にいろいろ話し合いました。
おかげで全体像が見えてきましたね!

今、お伝えできることは、
**************************************************
○日程
 10月18日(土)前夜祭
 10月19日(日)ミニツーリング&ミーティング

○場所…山中湖交流プラザ「きらら」
**************************************************

ということだけですが、順次正式発表してきますね!
マスター、長い時間お邪魔させていただき、ありがとうございました。
また、とてもいいアドバイスをたくさんいただき、感謝、感謝!です。
食べ物も美味しかったです!

湘南はたびたび行ってますので、個人的にもまたお邪魔させていただきます!


関東地方は今晩からまた雪で、今度は積もりそうだということです。
なんだか少しウキウキしますが、月曜の朝の通勤は大混乱かもしれませんね。



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(29)| トラックバック(0)

ドイツのカルマントレッフェン


いよいよ今年の秋はカルマンギア100台ミーティングです。
成功できるようがんばりますよ!
このブログでもたびたび触れることをお許しください。
そして、皆さんの周りの方でカルマンギアをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このことをぜひ、お知らせください。

○開催日 10月19日(日)(18日は前夜祭)
       
○場所  山中湖交流プラザ きらら
     http://www.kirarayamanakako.jp/

参加費、内容などまだこれからです。
モテギのヒストリックオートモビルフェスティバルと重ならなくてよかったです。

上下の写真はドイツで行われたカルマンギアトレッフェンの様子です。
あちらでは毎月のように行われているようですね。
しかし、さすがドイツです。
周りの景色のすばらしいこと!








でも、「きらら」も負けず劣らすきれいなところですからね!

こちらがきららです。
いい感じでしょ?


横綱審議会って、どうしてあんなに偉そうなの?
偉い人と偉そうな人の差はものすごく大きいですね。

酒気帯びで子ども3人殺されて懲役7年6ヶ月では両親は納得いかないでしょうね~。




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(14)| トラックバック(0)

100台ミーティング開催決定!



カルマンギア100台ミーティング開催決定!!

 ○日時 2008年10月18日(土)~19日(日)
         (メインは19日、18日は前泊者による前夜祭)

 ○場所 山中湖交流プラザ「きらら
          http://www.kirarayamanakako.jp/

  (内容はこれからですが、以下はイメージです)
    ・カルマンギアを年次順に展示
    ・山中湖一周カルマンギアパレード
    ・カルマンパーツを中心としたワーゲン関係のスワップミート
    ・前夜祭
    ・アトラクション
    ・多種多様な表彰



ついに開催が決定しました!
カルマンギア100台ミーティングを来年の10月に山梨県の山中湖で開催します!

日本全国のカルマンギアオーナーの皆さん、来年10月に富士山のふもとに集結しましょう!

これから1年かけて準備をしていきます。
カルマンギアのオーナーではなくても、アイデア、協力、アドバイス、進言、提言、協賛、何でもかんでもすべて歓迎します!

ほんとうに開催できるかどうか、とても心配ですが、実現に向けて精一杯やっていこうと思います。
このブログを読んでいただいているすべての皆さん、よろしくお願いいたします!

カルマンオーナー以外のボランティアの方を募集します!
イベントの経験の有無にかかわらず、お手伝いをしていただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お声をおかけください。


これから1年、このブログではこのミーティングの話題が相当多くなる点、ご了承ください!

先週末はほんとうにいい天気で、ミニ・ツーリングがこの天気だったらなあ…と参加したすべての方が思ったでしょうね!

過去の天気予報の統計では10月19日は晴れます!

この週末のモテギも晴れそうですね!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(24)| トラックバック(1)

カルマン・ミニツーリング(最終回)

前回の報告で終わりにしようと思っていましたが、やはり全車載せたくなりました。
自分の車の写真はこのとき、撮っていませんでした。
雨がポツリポツリきていたので、ぽよんさんはお帰りになったあとでしたので、tosioさんの写真を拝借しました。
コンバチブルはトップを上げた状態なのもちょっと残念ですが。


EVANSさん1957        ぽよんさん1958

 
信州1958さん1958     RICOトモさん1958


クロムヘッドさん1959     西湖原人さん1963


みんみんさん1964      maruさん1964


makotoさん1964        ヒロさん1967


tosioさん1968          あらドンさん1969


こーいちさん1969        k-ghiaさん1970


フカさん1972

1956、1960、1961、1962、1965、1966、1971、1973、1974が揃えばコンプリートでした!
(カルマンは1955年から作り始めていますが、モデルイヤーとしては1956年が最初期型となります)



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 14:41 | コメント(8)| トラックバック(0)

カルマン・ミニツーリング(その3)


現地集合の3台が合流してこれが16台揃った完全版です。
tosioさんのカメラでPhoto by maruさんかな?
EVANSさんが上手に車を整列するための誘導をしてくださいました。
いやあ、何度見てもいいですね~。
って、打ち合わせで席をはずしていたため、残念ながらこの状態を私は肉眼では見ていないのですが…

左から
’57クーペ  EVANSさん
’57クーペ  赤の’57
’58クーペ  ぽよんさん
’58クーペ  信州1958さん
’58クーペ  トモさんRICOさん
’59クーペ  クロムヘッドさん
’63コンバチ 西湖原人さん
’64クーペ  みんみんさん
’64クーペ  maruさん
’64コンバチ makotoさん
’67クーペ  ヒロさん
’68クーペ  tosioさん
’69コンバチ あらドンさん
’69クーペ  こーいちさん
’70コンバチ k-ghiaさん
’72クーペ  フカさん

角テールが6台、三日月テールが9台、ビッグテールが1台という内訳でした。
(k-ghiaさんのカルマンは年式からいくとビッグテールなのですが三日月テールにモディファイされているので三日月テールに入れました)

あいにく曇りで気温は12℃。
肌寒いくらいの気候で、おなかも空いてきたことできららを出発し、また山中湖を半周して名物のほうとう鍋を食べに行きました。

この台数でお店の駐車場に入っていくと、「奥の湖岸の方にどうぞ~」と誘導され、行ってみると本当に湖岸でここでも一列に並べて、また写真を撮ってしまいます。

お店は混んでましたね~。
だいぶ待たされましたが、その間に自己紹介などに時間を使うことができました。

例によって、食べるシーンの写真は1枚もありません。
どうしても食べるのに夢中になり、写真を撮り忘れてしまいます。

ほうとうはこんな、煮込みうどんのような食べ物です。
いろいろな種類があります。
かぼちゃほうとう、ちゃんこほうとう、いのししや熊、すっぽんほうとうまで10種類以上あります。
お腹いっぱいになり、体の芯から温まりましたね!


湖岸でフカさんの’72年最終型のカルマンと私の’57最初期型といえるかルマンが偶然並びました。
同じカルマンでも歳の差15歳、こんなにテール周りが違います。

ミニ・ツアーは一応、ここで解散ということに。
寒いといいながらもここでまたしばらく談笑をして皆さん家路に着きました。

私はもう2箇所、見ておきたいところがあったので、皆さんを見送ってから行ってみました。

ここはパノラマ台というところです。
ほんとうはみんなで行きたかったのですが、駐車場が8台分しかないということがわかり、コースからはずしていました。
ラインも引いていない地面の駐車場なので、つめれば10台は止められそうです。

天気がよければこの写真のように奥に富士山がドーンと見えるはずなのですが、あいにく雲が立ち込めていました。


もう一箇所、「花の都公園」というところです。
公園の中のようですが、この道は公道です。
公道の横にお花畑がずーと続いていました。
奥の方に建物がありましたが、閉園時間間近だったので入らずに帰ることにしました。

上りの中央道はやはり渋滞していましたね。
談合坂近辺から17km。
無事に終わってほっとしたのか、激しい睡魔に襲われ、談合坂で30分くらい爆睡しました。
国立のあたりで激しい雨に降られましたが、都心に入るとまったく降ってもなく、ウチに着く頃には水滴もすべて吹き飛んでいました。

皆さん、大丈夫でしたか?
特にコンバチ乗りの方は、水漏れ度自慢?大会されてましたからね~(笑)

そんなこんなの1日でした。
ご参加いただいた皆さんに改めてお礼を申し上げます!

全員で食事に行って、自己紹介…と思っていましたが、お時間がない中、駆けつけてくださった方には、そういう交流ができませんでした。
最初にやればよかったのですが、施設との打ち合わせがあり、それもできずで申し訳なかったと思います。

同じ車が集まるだけで、あんなにワクワクするし、カルマン乗り同士、集まれば話も尽きません。
ぜひ、また、こういう機会を作りたいですね!

たまには1泊して、お酒でも飲みながらゆっくりお話したいです。
温泉民宿コースとか、バンガローに止まってBBQやるとか、いかがですか?



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(14)| トラックバック(0)

カルマン・ミニツーリング(その2)


中央道談合坂SAでの集合風景です。
エンジンのクールダウンを兼ねてエンジンフードを開けて見比べると、同じようなスタイルの車なのに、エンジンルームの様子はひとつとして同じものはありません。
空冷ワーゲンの一番個性が現れるところじゃないかと思います。

朝7時台前半までは比較的空いていた談合坂のSAは8時近くになるとどんどん混雑して来ました。
私たちが集合しようとしていたあたりには観光バスがどんどん入ってきます。(別に大型車専用のところではありません)
バスから降りてきた観光客は一様にものめずらしそうに見ていました。


ぬいぐるみのようなかわいいトイプードル2匹を連れてみんみんさんの登場です。
よく考えたらみんみんさんと実際にお会いするのも初めてでした!
ブログで何度もお話していたので、そんな気がしないでいました。
水色コンパチに長くお乗りの西湖原人さんもボーダーコリーと黒ラブの2匹の愛犬をお供につれてきていました。
わんこと一緒にコンバチに乗る姿はとても絵になっていて外国人に写真を撮られまくってましたね!
RICOさんトモさん夫婦もマルチーズといっしょ。
わんこがいると、場が和みますね~。

さて、1台の病気欠場がありましたが、12台集まったカルマンは1列になって山中湖を目指しました。

絵になりますね~。
カーブを使ってもすべての車を入れるのは難しかったようですが、(Photo by ウチのカミさん)この写真には先頭の私と最後尾のtosioさんの車以外の10台はみんな写ってますね!

帰ってきてから思ったのですが、一番後ろの車が一番前まで追い抜き、また、最後の車が…というように、順番に全車を追い抜きながら一巡したら面白かったろうなって。
今度機会があったらやってみたいです。

途中で、松本からの信州1958さんと友情参加のオーバルが合流し、14台で山中湖に到着しました。

湖畔の駐車場がガラガラだったので、予定にはなかったのですが、一列に並べて記念撮影をしました。



道行く人、自転車の人、車の人、みなさん見てましたね~!
ここで、地元のYume丸さんの03赤カブも友情参加。
全部で15台となって、現地集合の皆さんが首を長くしてまつきららに向かいました。

山中湖を左手に見ながら湖畔の道路を快適にドライブしました。
ドイツの50周年行事のような絵ですね!
湖を半周するときららに到着です。

きららの臨時駐車場に入れ、一列に並べて現地集合の皆さんの合流を
待ちました。

ここで、わんこと子どもたちは自由行動状態です。
どんなに走り回っても問題ないところです。
もうちょっと、暖かければね、よかったのですが…。

まだ、つづきます!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(28)| トラックバック(0)

カルマンギア・ミニツーリング(その1)


おかげさまでカルマンギア・ミニツーリングは無事に終わりました。
楽しかったですね~。
心配した雨にも降られなくてすみました。

ご参加いただいた皆さん、ほんとうにありがとうございました!
すばらしい光景に感動しました。

k-ghiaさん、クロムヘッドさんにもようやくお会いすることができました。
makotoさんの車も、Yume丸さんの赤カブも始めてじっくり見せていただきました。
EVAHSさんは静岡から、信州1958さんとオーバル乗りのSさんは長野からのご参加で遠くからありがとうございました!
初めてお会いできたカルマンもたくさんありました。

カルマンは全部で16台集まりましたよ!
さらにビートルの友情参加が2台、どちらも貴重な車でした。
上の写真には15台しか写っていませんが、撮影の間私は施設の方との打ち合わせに行っていたため、自分のカメラでは写すことができませんでした。
帰ってきたら、1台すでにお帰りになっていたため、1台すき間があいた15台になってしまいました。

それでも壮観ですよね!
左から右に行くにしたがって年式が新しくなります。
きちんと撮れた写真はまた後日アップしたいと思います。

さて、時間はさかのぼりますが、昨日は集合に遅れてはいけないと思い、4時に起きて5時に家を出発しました。
道はガラガラで集合時間は9時でしたが、なんと6時半には集合場所に着いてしまいました。
まあ、早い分にはのんびり待てばいいだけですから。
でも、早起きは三文の徳というように、いいことがありました。


こんな珍しいスリーホイラーが止まってたので、迷わず横に止めて写真を撮りました。
最初はモーガンのスリーホイラーかなと思ったら、ちょっと違います。
ノーズにあったエンブレムを見ると、LOMAXと書いてあります。
ENGLANDと書いた文字も読めました。
ちょっと調べたら、シトロエンをベースとしたキットカーらしいのですが、詳しいことはわかりません。

ご存知の方、教えてください。


写真を撮っていると程なくオーナーの方がミニチュアダックスを連れて戻ってきました。
オーナーとおそろいのような服を着ていて、きちんと3点式のシートベルトをしてあげていました。
それだけでなく、これまたオーナーと同じタイプのヘルメットとゴーグルまでつけてあげているのです。
まあ、似合っていること!


フラットツインの独特の音を残して走り去りました。
振り分け荷物とボディに結びつけた傘が雰囲気です。

いやあ、朝から面白いものを見せていただきました。
今回のミニツーリングでもワンコを連れてきた方が何人もいらして、絵になっていました。

集合時間までしばらく待つことになりましたが、あちらこちらで車の愛好家たちが待ち合わせをしているようで、ポルシェ様ご一行、ハマー様ご一行、フェラーリ様ご一行というように固まっていますので結構楽しめました。

カルマンもみなさん早めに次々と集合してきて、それなりの台数になってくると回りの観光客の注目を集め始めました。



続きます!

走っているときの写真も次回掲載しますね!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(30)| トラックバック(1)

いよいよ明日ミニツーリングです



いよいよ明日、カルマンミニツーリングとなります。
参加者の方、よろしくお願いいたします!

18台以上になりそうで、すごいですね!

天気はどんどん下り坂のようですが、日中一杯なんとかもってくれるんじゃないかというところですね。
最高気温は12℃と寒そうですから、暖かい服装をお忘れなく!
天気がいいと、ビューポイントから上の写真のような景色が見られるはずなんですが…。

一番心配なのが中央道の渋滞です。
今朝、渋滞状況をチェックしていたら、7:30頃から国立のあたりと相模湖あたりで渋滞が始まりました。

私は相当早めに出て談合坂でお待ちしてますから、早く動ける方は早めに出て談合坂でまったりしましょう!

9時半には談合坂を出発予定ですので、渋滞等で遅れた方は山中湖のきららまで直接いらしてください。
現地で合流しましょう。

13:00くらいまできららにいて、それから山中湖の周遊などに行く予定ですので、それまでに着けばいいわけです。
遅れてもあせらないで来てくださいね!

お会いできるのを楽しみにしてます!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 19:44 | コメント(8)| トラックバック(0)

カルマン・ミニツーリングのお知らせ


(写真は2005年のカルマン50周年行事を伝える新聞記事)

カルマン・ミニツーリングはいよいよ今週末になりました。
今のところ、天気は大丈夫そうですね!

100台ミーティング実現に向けて会場の下見を兼ねたミニ・ツーリングです。
ジョイントしたいなと思っている地元のイベントが開催されています。
ドライブに最適なこの季節、ぜひ、ご一緒に走りませんか?

お気楽なツアーですから、スケジュールはラフですが、この場を借りてお知らせします。

○日程 2007年10月14日(日)

○集合 談合坂 AM9:00 9:30出発 10:30頃現地到着予定
    現地集合 AM10:30~11:00

○集合場所 談合坂 駐車場右奥、建物から遠く、本線に近いあたり
      現地  きらら第一駐車場の奥から止めてください。

○予定  13:00ごろまで現地視察、フリーマーケットやその他のイベントをお楽しみください。

     現地の様子 フジヤマフリーマーケット
     13:00 昼食に出発(ほうとう鍋の予定)

     食後は、山中湖周遊、写真ポイントでの撮影等、立ち寄り場所をいくつか考えています。

     16:00~17:00ごろ現地解散予定
      帰る方面が同じ方同士で一緒に帰りましょう。

※この日の夜、大黒Pでワーゲンの集まりをやっています。帰りにそちらに合流というのもアリかと思います。

mixiに入られていなくて、このブログが唯一の連絡手段の方は、コメント欄をご記入の際に、メールアドレスを入れていただければ、私にだけわかります。
幹事2名の携帯電話番号をお知らせできますので、当日の連絡にお使いいただければと思います。

参加を決めている方も、考え中のかたも、ぜひ、お気軽にご参加ください!
当日、フラっと行くことにして頂いても結構です!

たくさんのカルマンのご参加と、晴天を心より祈っております!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 17:06 | コメント(8)| トラックバック(1)

カルマンでミニツーリングに行きませんか?



カルマン100台ミーティングのポスターができました。
まだ、場所も日程も決まっていないのですが、来年秋、開催予定で動いています。

このポスターはMAXXさんの作です。
すばらしい~!!

とにかく今は、開催場所を探すことと、カルマンギアオーナーの方の把握に努めています。

カルマンギアの、オーナーの皆さん、ミーティングに参加できる、できないは別として、ぜひ、以下のサイトにアクセスして愛車の登録をしていただけないでしょうか?
タイプ3カルマンの方もぜひ、お願いします!
お知り合いにカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、この件をお知らせください。

ハローカルマニスト http://www.karmannghia.jp/

カルマンギア登録サイト http://www.karmannghia.jp/syoukai.html




で、今日はカルマンギアでのミニツーリングのお誘いです。

100台ミーティングの有力候補地として浮上している山中湖の湖畔の施設「山中湖交流プラザきらら」まで現地視察を兼ねて一緒にツーリングしませんか?

○日程  10月14日(日)
○目的地 山中湖
○集合  中央道 談合坂SA 09:00
     (もちろん、現地集合でもOKです)

当日は、ジョイントしたいと思っているイベントが現地で開催されています。
フリーマーケットを中心とした交流イベントです。
どんなイベントか直接見てみる予定です。

他に、近くの観光スポットを訪ねたり、山中湖の湖畔をドライブ、名物ほうとうを賞味しようというものです。

秋のこの季節、カルマンギアの窓を全開にして走ると最高に気持ちのいい季節かもしれません。

ご参加いただける方は、コメントで参加表明していただけると嬉しいです。

KAKAAさん、クロムヘッドさん、k-ghiaさん、DENNISさん、他、カルマンオーナーの皆さん、お気軽にご参加ください!

フカさん、参加表明ありがとうございます!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(0)

カルマン100台Mの視察


昨日は早朝からカルマン100台ミーティングの会場候補地の視察に行ってきました。
カルマニア親分のtosioさんのカルマンと私のカルマンのツーショットです。
この写真では、どこだかわからないですよね!

これで、どうでしょう?
って、わかるわけないですよね。
紅白カラーでなんとなくめでたい雰囲気?

実はまだ詳しいことは書けないのですが、ここはけっこういけるかもしれません。
私たちの希望する条件をかなりの部分で満たしていました。
うまく行くと面白い方向に発展できる可能性もあります。

これから実行委員の方々のご意見を聞いてどうするかを決めて行くことになります。

施設の方にいろいろお聞きした後、tosioさんとは現地解散となり、私たちはここで少し早い夕食を食べました。
 
新宿の近くの幡ヶ谷というところにもともと2軒あったイタメシ屋さんなのですが、ここや最近江ノ島にも姉妹店が出来、どんどん店舗数を増やして、前は「知る人ぞ知る」だったのが、今や、「みんな知ってる」お店になって、嬉しいやら寂しいやら複雑なのですが…。

ここで絶品だと思うのが、
 
この二つの料理なんです。
行くと必ず注文してしまいます。
左はサラダなのですが、美味しいのは奥のビンに入った自家製のドレッシングなのです。
このドレッシングとシーフードサラダとのマッチングは最高です!
(ビールのような液体はノンアルコールビールです。念のため(笑)

右の料理は「洋風ネギトロ」という料理です。
ネギトロをオリーブオイルベースで味付けをしているのですが、これがまたうまいうまい。
バケットにつけて食べると最高のオードブルになります。

もちろん、パスタやピザも美味しいですが、上の二つはほんとうにお勧めです。
 
お店の外はこんな景色。
行ったことがある方でしたら、これでどこだかわかりますね!
スワンボートの手前に本物のスワンが泳いでました。

実は行きも帰りもとんでもない大渋滞にはまり、大変だったのですが、行きのサービスエリアにこんなトライクが止まっていました。
 


ホンダのゴールドウィングをベースにしているようです。
水平対向6気筒。
まあ、なんともお金がかかってそうな仕様です。

このトライク、日本ではバイクに分類されないんですね。
だから、ヘルメットは着用しなくていいのです。
サイドカーはバイクだからヘルメット着用が義務付けられています。
へんなの。

トライクって、ある意味、バイクの機動力も車の快適性も荷物運搬等の利便性もなにもない乗り物です。
上の写真のトライクも一人乗り仕様でした。
贅沢ともいえるし、無駄ともいえる、不思議な乗り物です。

あのトライクは初老の紳士がそれまで着ていた長袖のシャツを後ろのトランクにしまい込んで、さっそうと乗り出していきましたよ!




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(16)| トラックバック(1)

カルマンでパレードラン



10月27日(土)~28日(日)にツインリンク茂木で開催されるイベント
「2007 ヒストリック・オートモービル・フェスティバル・イン・ジャパン」にはこのホビダスのブログを書かれている356乗りの方々もたくさん出られるということで、観戦を楽しみにしていました。

ところが開催カテゴリーの中で今年はおそらく初めて「フォルクスワーゲン・パレードラン」というものが実施されるそうなのです。

レースではなく、先導車がいる状態で、ゆっくりコースをパレードするというもののようです。

カルマン100台ミーティングに先駆けて、このパレードランにたくさんのカルマンで参加しませんか?

  


パレードの実施日は28日(日)、募集は100台先着順です。
新旧すべてのワーゲンが対象ですが、カルマンがまとまれば絵になると思います。

参加費は10000円ですが、二人分の入場料、駐車料金を含んでいて、サーキットを走行することができるということなら割安かな?と思います。

(写真はいずれも2005年のドイツでのカルマン50周年行事の時のものです)

(こちらは動画です)

カルマンのオーナーの方!
ぜひ、一緒に参加しませんか?

さらに、さらに、
ぜひ、以下のサイトに登録をお願いいたします!

http://karmannghia.jp/syoukai.html

昨日、アクセス総数が15万件を突破していました。
へっぽこブログにお付き合いいただき、ありがとうございます!


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(0)

カルマンオーナーの登録お願い


(2005年のカルマン50周年記念行事の様子を伝えた新聞記事)

カルマンギア100台ミーティングに関して、ここのところ、記述をしていなかったので、「あれ~!早くも立ち消え~??」なんて思ってた方もいらっしゃいません??

いえいえ、半歩ずつ程度ですが動いていますよ!
やはり、まずは、カルマンオーナーの方の確実な情報がほしい。
ということで、写真つきの登録をお願いしています。
とりあえずの確認台数は190台を超えたようですが、生息場所などのもう少し詳しい情報が欲しいということで、実行委員のメンバーの一人であるMAXXさん作成のHPで登録をお願いしています。
このHP,バイヤーズガイドのところなど、とても充実していてカルマンのことを知りたい方にはとても勉強になりますよ!

カルマンオーナーの方、ミーティングに参加するしないは別として、ぜひ、登録をよろしくお願いいたします!
タイプ3カルマンも大歓迎です!

登録はこちらから
http://karmannghia.jp/syoukai.html

以下は、MAXXさんのブログからの引用です。

*************************************************************
来年の話ではありますが、日本の中心地(長野や岐阜あたりが濃厚)にてカルマンギアを集めてみよう!ということで同士が集まり日々活動しております。
もともとはカルマンって日本に何台くらいあるんやろ?それらを集めてみたらおもろいやろなぁ~みたいなノリだったと思います。

その昔「カルマンギア・トレッフェン」ということで過去に2度ほどカルマンのみのイベントは開催されていますが、2003年以降?は開催されていない。

mixiの登録メンバーが中心に動いておりますが、私も非力ながら生粋のカルマン乗りですので協力させていただきます。

第一段階としてカルマン生息の把握確認ですが、台数は172台(内mixi登録台数は105台まで)となっています。
これは実行委員長であるカルマニア(実は私もカルマニアのメンバーだったのですがいつのまにかメンバーでなくなっています(笑))のtosioさんがリサーチしていただいております。

私も最近「HELLO KRMANNIST ハローカルマニスト」というサイトを立ち上げ、そこでカルマンのオーナーさんの実数の把握とご紹介をさせていただいております。
カルマンのオーナーさんはぜひとも愛車の写真とともに登録していただきますようよろしくお願いします。

登録はこちらから
http://karmannghia.jp/syoukai.html
**************************************************************


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 11:23 | コメント(6)| トラックバック(0)

「カルマン100台ミーティング」計画始動!

カルマンギア・オーナーズクラブの一つである「カルマニア」代表のtosioさんの呼びかけで、「カルマン100台ミーティング計画」を進めています。


(これは2005年のドイツでのカルマン50周年行事の時の写真です)

まだ時期も、場所も、な~んにも決まっていませんが(汗)
でも、おそらく日本で初めて、日本中のカルマンギアを一堂に会してみようという、とても夢のある壮大にして無謀な(?)計画に私も大乗り気なわけです。
勢いで事務局を引き受けてしまいました。
もうやるしかありません!

これを機に、日本中のカルマンギア・オーナーの連絡網ができて、情報交換やパーツの供給、交換などできるようになったらどんなに素晴らしいか!

で、まず始めたいことは、カルマンギア・オーナーさんの把握です。
各地のカルマンギア・オーナーの方のご意見やアイデアを盛り込みながら、ミーティングを形作って行きたいと思っています。
現在、カルマニアのサイトとtosioさんのmixiのサイトを使って確認できているカルマンは105台までだということです。

 
(これを、日本で…というわけです)

このブログを読んでいただいているカルマンギアのオーナーの方で、カルマニアにもtosioさんのmixiにも登録されていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ、下記のtosioさんのメールアドレスまでご一報いただけないでしょうか?

また、カルマンギアを所有している方をご存知の方はこの主旨をお伝えいただけないでしょうか?

tosioさんのメールアドレスは以下の通りです。

tosiomm@peach.ocn.ne.jp

以下をお知らせください。
・お名前(ハンドルネームだけでもOK)
・ご住所(郵便番号もしくは県名だけでもOK)
・電話番号(任意)
・カルマンギアの種類(タイプ1、タイプ3、ブラジル)
・年式
・クーペか、カブリオレか
・色
・その他なんでも

カルマンギアオーナーの皆様のご連絡をお待ちしております!
なお、教えていただいた個人情報の取り扱いには充分注意いたします。
よろしくお願いいたします!

当分、このミーティングの案内をブログの下に書きたいと思います。
カルマンギアのオーナーじゃなくても、この手のイベントの実現に関して、経験のある方のご助言、ご提案もいただけると嬉しいです!


 


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(0)
<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]