カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ストVジャンボリー(カルマン編)



昨日はたいへん失礼しました!
まあ、年に1回ということで…。

毎朝カミさんを駅まで送ってから出社しているのですが、ストVのあった翌朝の駅からの帰り道、ウチの近くに見慣れたシルエットの車があり、「あれ?」と近づいてみたら、フカさんのカルマン…。

いえ、そっくりなカルマンがとまってました。
ストVにはエントリーしていなかったと思うのですが…。
たまたま?



こちらもヤナセもののようです。



以下、ストVジャンボリーでのカルマンのスナップです。
今回、全車紹介ではありません。
とくに、いつものメンバーのカルマンはカットということで…。



























今日はすごい風が吹いてます。
しかも冷たい風…。
ベスパを買ってからまだ寒い思いしかしてません…。
はやく暖かな風の中を走りたいものです。



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(17)| トラックバック(0)

ストVジャンボリー(ちょっと変わってる編)



ついに、ハワイ移住が決定しました。
わけわからない日本を離れて、暖かいところで残りの人生を愉しもうなんて思っています。

さて、上の写真は珍しいタイプ3カルマン。
レースのオフィシャルカーとして使われているようです。

数台、どうしてこの車が?
という展示があったのですが、隣のナスカーもその1台です。



こちらはチョップトップされたカブリオレ。
幌をそれに合わせて作っていますが、コスト、かかってるでしょうね~。



珍しいタイプ4。



スズキのキャリイ。
前からも後ろからもほとんど同じ形しています。
子供が書く車の絵をそのまま本物にしたようで、面白いですね~。



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(24)| トラックバック(0)

ストVジャンボリー(あれ?ルーバーが…編)


(フカさんカルマン、ヨーロピアンレンズ仕様でお披露目です!)

今回、私たちのカルマンはなんだか、会場の隅の端っこの方に追いやられた感じでしたね。

入場が遅かったからかなあ…。
それって、私が到着するのが遅かったから?
…としたら、申し訳なかったです…。

でも、いつもカルマンはその他なんですよね。

タイプ1ビートル、タイプ2バス、そしてその他…
その他の中にタイプ3、カルマン、356レプリカ、シングその他改造車なんてカテゴリー分けされてしまいます。

まあ、どこ行っても少数派ですからね。


お向かいはタイプ3の列でした。

今年はいつになくタイプ3が多かったような…。

タイプ3-100台ミーティングなんて計画中?
んなわけないか…。

ああ、でも何人ものカルマン乗りの方に聞かれましたね~。
「今年はやらないんですか?」って。


こちらは、私のカルマン。



あれっ?
なにか付いてますよ!

つい数日前に、「ほしいかも…」なんてブログに書いた」ルーバーがなんと、なんと、付いているわけですよ。

私自身、驚きましたね~。
こんなにすぐに手に入るとは…。



オーバルには似た感じのルーバーをつけている方もいましたが、カルマンでは私だけでした!

人とちょっとだけ違う部分がほしい私にはぴったりかも…。

これを譲ってくださったのはまたしても、mr.patinaさんです。
もう、ほんと、感謝の一言です。


彼のスワップのブースは常に人だかりがしてましたね。


なんせ、レアアイテムの山なんですから…。

フラット4のショーケースの中に入っているようなものがドンと並んでいますから…。

店主は応対に追われて食事をする暇もなかったようですね。


スワップミートのコーナーを何周もしましたが、450円のミニカーさえぐっとガマン汁の私なのでした…。



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 00:05 | コメント(6)| トラックバック(1)

ストVジャンボリー(感動のワンオーナー編)



ストリートVWジャンボリーに参加してきました。
天気はまあまあだったのですが、午前中は風が冷たかったですね~。



主催者の発表では500台くらい集まったそうです。
3回目の今年は会場が少し移動し、ちょっと狭くなったかな?


残念ながらお昼には会場をあとにして仕事に向かいましたので、イベントを堪能したとはいきませんでしたが…

それでも100台ミーティング以来という感じでたくさんのカルマンオーナーの方やワーゲンオーナーの方とお会いできました!



シングルナンバーのビートルにお乗りのこちらの方としばらくお話しをしました。
1967年のビートル、通称ロクナナというビートルが初めて12V仕様になったときのビートルなのですが、なんと、ワンオーナーで42年間乗り続けているのだそうです。

ヤナセで新車を購入したのだそうです。

購入したときの1967年の写真や、この車とともに生きたご家族と一緒の写真を展示していました。

左にある3枚の写真は同じ場所で撮っているのですが、お子さんがどんどん大きくなっているだけでなく、車の横の樹木が大きく育っていて、年月の流れを感じます。

車だけはずっと同じ。

「車よりも持ち主の方がくたびれてきて、こんなシール貼って乗ってますよ…」
とおっしゃってました。

「乗り続けようと思って乗ったわけではなく、気がついたらこんなに長い間乗ってましたね~」と。

素敵な話しですね。

ゴムのシール部分以外は全てオリジナルのままだそうです。

ルーフキャリアも初めて見るタイプのものでした。

気負いも何もなく、普通に数十年も付き合えるビートルという車はやはり、ただものではありませんね!

いつまでもお元気でビートルを乗り続けてほしいものです!



千葉県知事は森田健作氏が当選したそうです。
う~ん、まあ、いいか。
少なくともお金の匂いがしないだけでも…。



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(12)| トラックバック(0)

ストVジャンボリー(356編)


昨日は仕事だったので気の利いたネタもなく、ジャンボリーネタの続きです。
大好きな356ですが、ワーゲンのイベントですから、ワーゲンベースのレプリカが多くなってしまいます。
本物の356を主有している方にとっては複雑かもしれませんが、356のレプリカは市民権を得ている感もありますね!

ここでは本物かどうか、こだわるより車の雰囲気を楽しむ視点で紹介します。
でも。これ、どう見ても本物だなあ…という車も…。

レーシーな雰囲気が抜群の1台でした。


この356はモテギのヒストリックオートモビルでレースに出ていたと思います。
縦に並んだおっぱいテールが印象的でした。

なんと、911の6気筒を搭載しています。
入るんですね。


これは雑誌で紹介されていたT6ボディのENVEMOというブラジル製のレプリカだそうです。。
ボディパーツの90%が、本物の356と互換性があるそうです。
200台くらいしか作られていないそうで、これはこれで稀少車ですね!
名古屋にもう1台、シルバーの個体が現存しているそうです。
Gmundさんはご存知かな?


カレラのフードはかっこいいです!

昨日は大磯で356のジムカーナの大会があったそうですが、残念ながら時間的に無理で行くことが出来ませんでした。
行きたかったなあ…。
Gmundさん、また寝てないのでしょうね~。




天気がいいので、カルマンで仕事に行きました。
駐車場でのひとコマ。
よく晴れて暖かな1日でした。
先週のジャンボリーが今日のような天気だったら…と参加したすべての方が思ったでしょうね!

ジャンボリーネタは次回が最終回です。


ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(1)

ストVジャンボリー(スプリット編)


今日はスプリットビートルの特集です。
実はカルマン100台ミーティングのことでいろいろ忙しく動いていてゆっくりと他の車を見ていられなかったので、このスプリットウィンドーのビートルたちも目にとまった車を急いで写真に撮っただけで、ゆっくり見ることができませんでした。
他にもエントリーしたスプリットもいたかもしれません。


スプリットウインドーのビートルは1945年から1953年まで約50万台生産されたそうです。


その後オーバルウインドーという楕円型のリアウインドーのモデルにモデルチェンジされたわけですが、当時、スプリットウインドーの真ん中の支柱を切り取ってオーバル風に改造したビートルもたくさんいたそうです。
テールライトはアズキライトと呼ばれているタイプです。


それにしてもみなさんきれいに乗ってます。
このテールランプをハートテールと呼びます。
テールライト上の部分のレンズがハート型をしています。
これがストップランプなんです。
これだけじゃ現代の交通事情じゃ危ないだろう…と、一番上の写真の車両のようにストップランプを増設する方も多いようです。


このビートルはヘッドライトが高年式の立ったタイプに換えられてました。
キャルルックのスプリットです。


右ハンドルって、珍しいのでしょうか?
イギリス向けにRHDも作られているようですが、台数まではわかりません。
ドアの後ろに見える細長い部分が横にピョンと飛び出して方向指示器としての役目をするセマフォーと呼ばれているものです。
これも知らない人は気づかないだろうと、安全のためにウインカーを増設している方も多いようです。
内装もスプリットウインドーモデルだけの独特なものです。

ブレーキや保安部品など現代の足車に使うには大変な部分もあるようですが、雰囲気は抜群ですね!
憧れます。

ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(2)

ストVジャンボリー(レア車編)


ストリートVWsジャンボリーのレポートも、カルマンの全車紹介を終えて、山を越えたという感じでひと段落です。
今日はちょっと変わったワーゲンを紹介します。

FLAT4のブースにはおそらく日本でこれ1台だけのレアなワーゲンが2台持ち込まれていました。
どちらもビートルをベースとしたコーチビルダーによるカスタムカーです。
この車はダネンハウアー&スタウスという車です。
私がコーチビルダーの車に興味を持ったきっかけとなった車です。
ついに、本物を見ることができました。


初めて写真を見たときはポルシェ356に似てるなと思いましたが、実際に見るとスポーツカーというより、エレガントな雰囲気の車でした。



こちらは356プリAロードスター


こちらは1959年型ロメッチュ。
ロメッチュの3世代目のモデルです。
1956年型のロメッチュは今年のニューイヤーミーティングに来てました



一方こちらは一般エントリーのビートルの1台なのですが、かなり笑える仕掛けをあちらこちらにつけていました。
フード先端のカブトムシの角は前後に動いていました。
そしてなんと、ヘッドライトがバタバタと閉じたり開いたりするのです。
動画に撮っておけばよかったですね。
どうなっているのかと思ったら、近くでオーナーがプロポを持って動かしてました。ラジコンになっていたわけです。
ウケてましたね!

後ろにもいくつか仕掛けがありましたが、知ってる人だけ笑える部分。
1970年前後のビートルのテールライトは形がアイロンに似ているのでアイロンテールと呼ばれているのですが、この車のテールライト、ほんとうにアイロンのようになってコードやコンセントまで付けてます。


この車も雑誌で紹介されていたような…。


古い軽のピックアップがなぜワーゲンのイベントに??
って思いますよね!

後ろに回ってみると、なんとこの車、ワーゲンのエンジンを積んでます。
でもナンバープレートは軽のまま…。
どうなってるんでしょ?


こちらの車はマイミクのアニキさんの67ビートルです。
もう20年以上、乗ってるんでしたっけ?

ビートルでは珍しくオーディオカー仕様です。
アンプのトータルは何と1200W!
電子レンジ並み!

バカの57「スピーカーいったい何個ついてるんですか?」
アニキさん「う~ん、何個だろう…」
前席にもいたるところにスピーカーがあり、それらをバランスを取って鳴らしてるのですからすごいです。
今回、ジャンボリーのエントリーに向けて、アンプの周りや室内をカーペットできれいに内装工事を仕上げてます。
ワーゲンオーナーの方は普通は業者に出すようなことでも自分でやってしまう方が多く、ほんとうに感心します。



最後にこのビートルはいつもコメントをくださるヒロシさんの1953年型カブリオレ、ブラウンシュガー号です。
快適化プロジェクトの真っ最中ということです。
残念ながら私自身がバタバタと動き回っていたので、ゆっくり見せていただく時間がありませんでした。
八ヶ岳でゆっくり見せてくださいね!



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(7)

ストVジャンボリー(カルマン全車紹介編)


さて、いよいよストリートVWsジャンボリーにエントリーしていたカルマンを全部掲載します。
昨日紹介した3台と一般駐車場に来ていた車両は含まれていません。

まずはカルマニアメンバーやtosio親分のmixi仲間の方でオーナーのお名前がわかるカルマンから紹介します。

1972(フカさん)          1965(ueさん)


1970(k-ghiaさん)         1969(kazuさん)


1967(ぽんぽこさん)        1967(ナガシマさん)


1968(tosioさん)          1964(maruさん)


1964(カルマンパパさん)        1959(ナカジマさん)


1958(リーさん)           1958(観音ライダーさん)


1957(チャイニーズシチューさん)      1957(EVANSさん)


1957(カルマンフジタさん)        1957(赤の'57)


1956(okachinさん)カルマンの市販モデルの最初期モデルです


ごめんなさい。ここから先は年式などわかりませんので写真のみ紹介させていただきます。

このカルマンは「ベストキャルルック賞」を受賞したカルマンです。










こちらのカルマンは雑誌でも有名なカルマンですね!
細かいところまで念入りに手が加えられています。

全部で27台。昨日紹介したのと合わせて30台ということに。
他にもいたかもしれませんが、写真に撮ったのはこれで全部のようです。
なんだか中古車情報誌みたいになってしまいましたね…。

k-ghiaさんのブログで駐車場のカルマンも含めて全車紹介していますよ!

全体的にみると、黒、白、赤と、色が偏って見えますが、黒っぽい色もダークブルーだったり、白も赤も1台ずつ微妙に色が違います。



大好物の生しらすを地元で売っていたといって、カミさんが買ってきてくれました。
これを炊き立てのご飯にたっぷりかけてかき込むと、もう旨い。美味い!!
他におかず、何もいらないくらいです。
久々の感動でした!



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(26)| トラックバック(0)

ストVジャンボリー(極上カルマン編)


今回のイベントで「ベストカルマン賞」を受賞した1959年型カルマンです。
師匠、あらためておめでとうございます!


「品5」のナンバーがまた超レアです。
この頃のプレートはハイフンもないのですね。
この車のレストアのことを語ると本一冊書けそうなくらいじゃないですか?
そうだ!書くといいですよ!
mixiで書いたことベースにすると、面白いかも!
ストV誌上で紹介されてからもさらにいろいろ進化したようですが、ここ最近はオリジナルスタンドエンジンのツインキャブ化、クーラーの取り付けでしょうか?

キャブのマニホールドはステンレスで自作。
さらにクーラーのエバポレーターは当時モノを探し出して加工。
コンデンサーはワンオフで作ってもらい、ミッションの横に地面と平行に自作のステーで設置。
コンプレッサーは最新の軽自動車用の小さなものをこれまた自作のステーで固定してます。
まだ完全に出来上がってはないそうですが、今年の夏は家族で快適なドライブができそうですね!


これがベストカルマン賞の盾。
えっ!これだけ?
確かに記念にはなりますが…。
ストV1年分無料購読…とか副賞ないの?って感じです。


一方こちらはスワップミートをされていた方のカルマンです。

’70か’71年のカルマンだと思いますが、これがまた隅々まで新車のようにきれいでした。
フカさんに教えてもらうまで気づいていませんでした。
実はカルマンに限らずワーゲンはみな、どちらかというと低年式のモデルよりも高年式のモデルの方が、程度が悪い車が多く、レストアしようにもパーツが欠品している率が高いのです。
このカルマンはそんな欠品パーツまで新品のようにきれいに保たれているのです。

テールライトもバンパーもレアな’70~’71だけのタイプです。
向こうの車が’72年~’74年の最終型です。
こうして並ぶと違いがよくわかりますね!

このカルマンのエンジンフードにはなぜか356のバッジが…。
356もお持ちなんですかね?
左側のバッジは356クラブの初代のバッジのようです。
漫画家の佃公彦さんデザインです。
佃さんらしいほのぼのとしたデザインがいいですね!

カルマンにバッジ、悪くないですね!
私も気の利いたバッジをつけてみようかなあ…。

これはスワップミートで売られていたバッジ類です。
危険な世界…。
恐くて値段、聞けなかった…。


で、こちらはマックツールのブースにあったカルマンのレーサーです。
相当気合の入った車でした。

九州の方で活躍している車だそうです。

エンジンがどういうことになっているか、私にはよく解りません!

なんだかすごいぞ…ということだけはわかります。
エンジン音、聞いてみたかった…。

フロントカウルはFRPの一体成型のようです。
ストックカーのように、姿かたちは似ていますが、実際にはぜんぜん別の車といえるくらい構造から違います。
でも、フロントサスはトーションバーのようですね。

車内も完璧なレース仕様でした。


100台ミーティングにお申し込みいただいた中に関東圏ではない方がけっこういらっしゃって、とても嬉しく思っています。

愛知県3名
静岡県2名
岐阜県1名

皆さん、ありがとうございます!
ロングディスタンス賞はどこからの方になるでしょうね?

ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(1)

ストVジャンボリー(集合編)


実は、事情があって、このブログ、今日で一旦終わりにしてしまわなければならなくなってしまいました…。
せっかくここまで続いたのに残念ではありますが…



なんて、4月1日用につまらない冗談書いてもお里が知れるだけですので、ストVのレポート続けます。

約束の時間より20分くらい早く集合場所に着きましたがすでに2台のカルマンが待ってました。
それもそのはず、1台はこの場所で夜を明かしたというのです!!
寒い中、ほんとうにご苦労さまでした!


きれいなトラウトブルーの’57カルマンは私のカルマンと同じ歳。

エンジンフードにかっこいいカーバッジがつけられています。
フロントにも2個つけてますね!


集合場所には16台集まりました。
順番を決めて1列になって会場に向かいましたが、信号やミスコースで結局バラバラになってしまいました…。


斥候隊がうまく場所を確保してくれていて、なんとかまとまってカルマンを止めることができました。
この列は50年代の角テールの列になりました。

角テールだけで8台集まりましたよ!
8台中、5台がブラックでした。


こちらは60年代~70年代グループ。
こちらはホワイトが多かったですね。


後ほど、全車両個別に紹介しますよ!


角テール軍団の真ん中に本部テントを設置。
本部まで来てくださった方にはもれなく、小安いちご園協賛のイチゴと、北海道のメンバーの方が送ってくださったトラピストクッキーがふるまわれました。

ジッチさん、クッキーとてもおいしかったです!
わざわざ送っていただき、ありがとうございました!
10月にお会いできるのを楽しみにしています!
小安いちご園のタイプ2乗りの若大将た~さん、ほんとうにおいしいイチゴでしたよ!
何もつけなくても砂糖をつけたように甘かったです。
昨年はこちらにイチゴ狩りに行って、もうダメ…というくらいギャル曽根のように食べまくったのでした。

オレンジのスタッフジャンバー、目立ちましたね~。
委員会の皆様、自腹で購入していただき、ありがとうございました。
3000円の参加費は参加者の皆さんにほとんどすべて還元するような計画になっています。
なんせ、記念Tシャツとステッカーをプレゼントですから!



ガソリンの暫定税率に関してはいろいろ言いたいことがありますが、それは置いておいて、4月からいろいろなものが値上がりしますね。
その中でもひどいのが後期高齢者医療制度です。
マスコミも今頃どんなに騒いでも遅いわけで、今更批判的な報道して正義ぶってるんじゃないよといいたいですね~。
可決されてから2年間ほとんど何も言ってないんですから…。
道路特定財源の確保に躍起になるより、医療や教育費の特定財源確保に躍起になってほしいものです。

当たり前の先進国はどこも医療費と教育費はタダですよ!

どうしてやるべきこといつまでもやらないでそのツケを取りやすい所から取ることだけさっさと決めてしまうのでしょう…。

もっと国民は爆発した方がいいと思うなあ…


ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(2)

ストVジャンボリー(出発編)


ストリートVWsジャンボリーに行って来ました!
花冷えというんですか?寒かったですね~。
午後から雨がポツリポツリと降りだし、帰る頃にはしっかり降り出しました。
まあ、イベント中はなんとかもったという感じでよかったです。
主催者の話では500台以上集まったそうです。
カルマンもけっこう集まりましたよ!

もったいぶっているわけではありませんが、写真の整理も頭の中の整理もまだできていないので、徐々にレポートしていきますね!

個人的にはカルマンを通してお知り合いになることができた方にたくさんお会いすることが出来てとても有意義でした。
なんだかバタバタしているうちにあっという間に一日が終わったという感じです、

いつもブログを読んでくださっていると言ってたずねてきてくださったYABO’Sさん、ミーティングのお申し込み、ありがとうございました。
じょーじさん、カルマンを見る目が肥えたでしょうね~。
あのコンバチはおすすめですよ~!
高年式マニアさんは岡山までの往復、本当にお疲れさまでした。
また、いろいろ教えてください。
PAPABUSさん、最後にようやくお会いすることができました!
これからもよろしくお願いいたします。
チャイニーズシチューさんも遠くからお疲れさまでした!
ぽんぽこさん、これからもよろしくお願いいたします!

そして実行委員会、カルマニアメンバーの皆さん、お疲れさまでした。
いろいろありがとうございました。

おかげさまで、本日の申し込み初日の結果は、

30台!!

まずまずじゃないでしょうか?
まだ申込書に書いてもらっていないだけの実行委員の方の数を入れると34台になります。
快くお申し込みいただいた皆さん、ありがとうございます!
秋の山中湖をおおいに楽しみましょう!
今後、100MのHPから申し込みができるフォームができますので、そこからもお申し込みいただけます。
八ヶ岳、フラバグでもお申し込みいただけるよう準備できたら…とも思っています。
カルマンオーナーの方、よろしくお願いいたします!

それから師匠!ベストカルマン賞受賞おめでとうございます!!
さすがです!
というより、当然の結果かな?
その話もまたゆっくり後日。



さて、話はいきなり朝に戻ってしまいます。
出発した時はまだ薄日が差していたのですが、雲はどんどん厚くなっていきました。
午後の降水確率は40%でしたからね~。


お台場までの道すがら、江戸時代からの桜の名所、隅田川の桜並木に寄ってきました。
以前、このすぐ近くに住んでいたので、見慣れた景色ではあるのですが、やはり、ここはすばらしいです。


夜になると、桜の下は人で、川面は屋形船でごったがえします。
さすがに早朝は静かです。


対岸も並木が続いています。
緑色の橋は言問橋。
その向こうは浅草です。

春のうららの隅田川でしばしの花見を楽しんで、待ち合わせ場所に向いました。


ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(2)

ストVジャンボリーの前日


暖かい日が続いて東京地方は桜が満開になりました。
今日はお花見に行く方も多いでしょうね!
ストリートVWsジャンボリーにエントリーしている方は今日は車をモディファイしたり磨いたりと準備をされるんでしょうね~。
私は残念ながら午前中は仕事が入っていて、ろくに準備ができそうにありません。

去年の第1回は前日が雨でなにもできなかったんですよね!
現場に着いてから磨こうかとワックスまで持って行きましたが、結局そんな時間はなくなり、ホコリを取った程度になりました。

今年のジャンボリーではとにかく「カルマン100台ミーティング」のプロモーションに力を注ぎます。

エントリーされている方、遊びに行こうと思っている方、きっとカルマンがずら~っと並んだところの真ん中あたりにテーブルを出していますから、ぜひ、来てください。
早めに来られた方はとてもおいしいものにありつけると思いますよ!
(それが何かはナイショ!)

100台ミーティングの先行予約も受け付けています。
カルマンオーナーの方はぜひ、登録してくださいね!

そして、今日は千葉の蘇我ハーバーシティというところでワーゲンのイベントが行われるそうです。
とpapabusさんが教えてくださいました。
昨年、花火を見に行ったところです。
PM4:00~7:00という少し変わった時間での開催です。
サンセットクルーズと銘打ってますが、走るとは書いてないですね~。
展示だけなんでしょうか?

行って見たい気もしますが、これに行くとジャンボリーの準備をする時間がまったくなくなってしまいます…。
といっても、何するわけでもないのですけどね。


3月29日は何の日?
・マリモの日
 1952(昭和27)年、北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定された。
同時に、富山湾のホタルイカ群遊海面、鹿児島県出水市のナベヅル、高知のオナガドリ等も国の特別天然記念物に指定された。

・八百屋お七の日
 1683(天和3)年、18歳の八百屋の娘・お七が、3日間の市中引回しの上、火あぶりの極刑に処せられた。
前年12月28日の大火で避難した寺で出会った寺小姓・生田庄之介のことが忘れられず、火事になればまた会えると考えて3月2日の夜に放火、火はすぐに消しとめられたが、お七は御用となった。
 当時は放火の罪は火あぶりの極刑に処せられていたが、17歳以下ならば極刑は免れることになっていた。そこで奉行は、お七の刑を軽くする為に「おぬしは17だろう」と問うが、その意味がわからなかったお七は正直に18歳だと答えてしまい、極刑に処せられることとなった。
 お七が丙午[ひのえうま]の年の生まれであったことから、丙午生まれの女子が疎まれるようになった

・キン肉マンの日
 sawacchiさん情報による。理由は不明(笑)



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(2)

ストVジャンボリーにカルマンで参加の方へ




いよいよ今度の日曜日、3月30日はストリートVWジャンボリーです。
カルマンギアで参加する予定の方はぜひぜひ、一緒に入場しましょう。
そうやって並んで入場するとまとまって止めることができ、見栄え度バッチリになります。

集合場所は以下のところです。(上の地図も同じです)
   ↓
http://www.mapion.co.jp/here/all/080302/mapi6115486080302161829.html
住所:東京都江東区有明3丁目
場所:お台場:東京ビックサイト内メイン道路の路肩
時間:3/30 Am7:30集合(7:45出発)
   会場内での並び順に、カルマン連ねて10分位で入場します。

対象は、もちろん正式にエントリーしていて入場券が届いている方だけになります。

ご一緒にジャンボリーを楽しみましょう!!




ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:00 | コメント(4)| トラックバック(0)
<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]