カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ノスタルジック・カーショー(その4)



先日のクイズの第1問のアポロ3500GTという車ですが、もう少し詳しく紹介します。
などと、えらそうに書いていますが、実は調べてわかったことだらけです。

この車、MAXXさん愛用のインターメカニカ356と同じ、インターメカニカが作った車なのです。

以下、受け売りです。

カナダに本拠地を置くインターメカニカインターナショナル社(IM社)は従業員が10人、年産たったの25台程度に過ぎない小規模メーカーで現在はポルシェ356とキューベルワーゲンのレプリカを生産していますが、もともとは60年代からは本拠地をイタリアのトリノに置き、オリジナルデザインのスポーツカーを生産していました。

1959年に設立されたIM社はルノー、シムカ、プジョーなどのスピードキットを手がけていました。1960年にはプジョーのエンジンをチューンしたクラス最速マシンを売り出したりもしています。

そのインターメカニカ社(当時はインターナショナルモータースという名前)が1962年~1965年の間に88台製造されたのがアポロ3500GTです。



アルミのボディにエンジンはビュイックのV8エンジンを積んでいました。
排気量は215キュービックインチといいますから、約3500ccになります。
あ、車名がそのままですね…。

価格は約6000ドルだったようです。

ノスタルジック・カーショーに出品していたアポロは長野のドリームビークルというショップがレストアして所有している製造ナンバーが6番目の個体のようです。


このアポロ、なんとあの「ラブ・バグ」第1作でハービーの相手役ともいえる役で登場しています。


映画のなかではソーンダイク・スペシャルと呼ばれています。
私は最初はこの車、Eタイプかと思っていました。

高年式マニアさんはハービーの線から、MAXXさんはインターメカニカの線からご存知たったのですね!

こういうつながりをするのですから、面白いですね~!!


さて、第3問の迫撃砲を装備できるフランス軍のベスパですが、ヒロシさんが装備を積んだ状態の写真を送ってくださいました。
ボールチェアーさんのトラックバックでも写真がありましたね!



これと同じ仕様のベスパをお持ちの方がベスパクラブにいらっしゃるんですよね!

すごいなあ…


とまあ、今年のノスタルジック・カーショーはこんな感じです。
貴重な車をたくさん見ることが出来て、満足、満足!!


ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(12)| トラックバック(0)

ノスタルジック・カーショー(その3)



ノスタルジック・カーショーに行って、自分の中のこの1台を勝手に毎年決めてます。

一昨年はロータス・エリートでした。
昨年はBMWのダイアナ。

そして今年はこのビッグヒーレー。

オースチン・ヒーレーの4気筒です。

後姿がいいですね~。
色もとてもいいです。



このフェンダーラインがたまりません!!


ルーカスのヘッドライトもかなり出目金で○。


テールライトも小さくて○。


ホーンボタンの上のスイッチがウインカースイッチなんですって!


スピードメーターの右下にオーバードライブスイッチが…。
どうも、電気式のオーバードライブがあるらしいです。


センターロックのスポークホイールも○。


で、価格だけが×…
いえ、私にとってはということで…。

誰か買って、時々貸してください!!



で、昨日の正解は、

第1問 1962年型アポロ3500GT
第2問 ジャグワーEタイプロードスター
第3問 75mm迫撃砲

でした。


ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(12)| トラックバック(0)

ノスタルジック・カーショー(その2)



みなさん、ホント、詳しいから自分が知らなかったからってクイズ出しても簡単に答えられて面白くないなあ…

というわけで、「もうちょっと難問じゃないかな?」
という車を紹介します。



第1問 これはなんという車でしょうか?
もともと知ってる方はボケかましてください!



第2問 で、これは?
こっちは本当に簡単かな?


このベスパ、フランスの軍隊の御用達だったそうです。



で、第3問 左のハンドルバーの下のくり抜き、あそこには何が収まるのでしょうか?

ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(15)| トラックバック(1)

ノスタルジック・カーショー(その1)



昨日はノスタルジック・カーショーへ行ってきました。
いろいろと面白い車がありましたが、まずはこの車を紹介します。



コブラ風の車ですが、チョロQのようにずんぐりむっくりでカワイイです。



さて、このかわいいコブラのベース車はなんでしょう?
ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 09:15 | コメント(15)| トラックバック(1)

ノスタルジックカーショー(国産車編)


ノスタルジックカーショーのレポートは今日で最終回かな。
今日は国産車編です。
会場にはたくさんの往年の銘車、フェアレディZやGT-Rなど人気車が展示されていましたが、とりあえずこのブログではすべてスルーします。
いえ、別に嫌いなわけではないですよ!

上下の写真はスカイラインスポーツ。
1962年に発売されたクルマですが、60台しか作られていない稀少な車です。


後ろのオーバーハングが長くて優雅ですね!
テールランプ、もうちょっと小さくてもいいかな…。


両側のフロントフェンダーに付けられていたミケロッティの小さなスクリプト。
これは稀少でしょうね~。

スカイラインスポーツは一昨年の八王子いちょう祭りで一度だけ見たことがありました。



こちらは117クーペのおそらく最初期型。
ジウジアーロのデザインです。

まだハンドメイドで作る部分の多い時代のモデルですね~。
1960年代後半のクルマです。


「有鉛」のステッカーが懐かしいです。
このトランクリッドはプレスで出せなくて叩きだしで作られたと聞いてます。


これはダットサン1200のバン。

うまく仕上げればロングボードが似合いそうです。


後ろの席の窓がスライドガラスになっていました。
リアゲートが2分割で上下に分かれて開くのもなかなかいいです。



えっ!
何でこのクルマが国産車編に??


この角度から見るとベースがなんだかわかりますよね!
なかなかよくできていると思いますが。


こちらもレプリカというか、ミツオカ得意の○○風。

ラジエターにTDの文字がありましたので、参考までに、ほんもののTDの写真を載せちゃいます。
エンジンはTOYOTAでした。



このミゼット2台はミニ顔のミニカトッポを展示していた同じ会社がレストアしたものです。
細部まで、見事に仕上げてありました。



こういうバーハンドルをつけたオート3輪が子どもの頃、父親の実家に行くとあったのを覚えています。




こちらの後期方ミゼットはよく見ると左ハンドルです。
なんでも、アメリカに輸出されてロッキード社かどこかで使われていたのを逆輸入してレストアしたそうです。
超大型車全盛の時代にどうして日本のこんな小さな車を輸入したのでしょうね?


このエンブレムは輸出用のミゼットのみに付けられた貴重なものだそうです。


今回、TJさんのおかげでたくさんのワーゲン乗りの方がこの会場に来る事ができました。
ありがとうございました!



今日は朝からすがすがしい、いい天気ですね!
昨日の大雨で増水した江戸川で投網を投げている人がいました。
それを、普段、川原でアウトドアライフをしている方たちが何人もでじっと見ていました。
獲れた魚、貰おうと思ってるのでしょうか…。

ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(16)| トラックバック(0)

ノスタルジックカーショー(外国車編)


ノスタルジックカーショーのレポートを続けます。
今日は外国車編です。

会場には2台の190SLがありました。
なんと、上の写真の190SLは私と同じ歳(ということはカルマンとも同じ歳)
そして、下の写真の190SLはカミさんと同じ歳でした。

驚いたことに、この2台の価格差は500諭吉!
もちろん、私と同じ歳の190SLの方が高いわけで、意味もなく「勝ったね!」と得意がる私でした。




同じ歳のカルマンのダッシュとは比べようもないほど豪華です。
それでも、メルセデスにしてはシンプルな方なのでしょうね。
ウッドはまったくないですし。


今年はディーノが多かったですね!
4台展示されてました。







今までは1台見ても大興奮だったのですが、このところ目にする機会が多くなってきて、以前ほどの感動がなくなってしまってますね~。
356にしても同じです。
いけないなあ…。
でも、それだけ、私に近づいてきているということ?
…そんなわけないか。

この華奢なハンドルをカチャっとやって乗り込んでみたい…。






この控えめなサイドマーカーがいいですね!


たくさんのBMWを展示していたシンプルオートさんのブースの中で、私のお気に入りはこの、ダイアナ仕様のマルニでした。

クロームバリバリのフロントのルックスはシンプルでスポーティーなマルニらしくないといえばそうですが、他の同型車と少しだけ違うというのは個人的に好きなんです。


後ろから見ると普通のマルニにしか見えません。
前にまわって、「あれ~?コレなに?」ってのがいいですね!


内装も新車のようにきれいでした。
クーラー、オートマ、オーディオ、ETC搭載の快適仕様。
TJさんの計らいで運転席に座らせていただきました。
シートの座面が高く、見切りがよく、運転しやすそうでした。
悪く言えばスポーツカーに乗ってる気にはなりにくいかもしれません。
でも、いいなあ…アレ.

こちらはネットで拾ったダイアナ。

5シリーズっぽく見えますね!


タイプ3カルマンのプロトタイプにも四ツ目があるんですよね。
テールランプ周り、マルニにちょっと似てます。
  


こちらは、今、ものすごい雨が降っています。
駐車場から職場まで洗車用のダンロップのゴム長で歩いてきました。


ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(24)| トラックバック(0)

ノスタルジックカーショーに行ってきました


ノスタルジックカーショーに行って来ました。
TJさん、お世話になりました!
sawacchiさん、こーいちさん、papabusさんとお会いし、軽いオフ会状態になりましたね!
ヒロシさんにも入り口付近でちらっとお会いしましたがそれきりでしたね!


今日はセシリアレーシングのステッカー付きで行ってみました。

まずは、ちょっと変わった車から紹介します。


これは、ロシア製のワンボックスカーということです。
50年間モデルチェンジなしで、今でも新車で購入できるそうです。
約300諭吉だったような…。


こちらは、対戦中のナチのサイドカーのように作成されたBMW風サイドカーです。
ちゃんと、ドライブシャフトがサイドカーのタイヤまで行ってました。
リアには2WDのエンブレムが…。
雰囲気です。でも曲がりにくそう…。
125諭吉。


タイのツクツク。
2台成約の紙が貼られていました。
150諭吉。


ミニ顔ミニカトッポ。
写真よりも実物の方が違和感なく見えました。
100諭吉。


さて、ここで問題です。
このフェラーリのロゴが小さく入った3連のストップウォッチ、
さていくらで販売されていたでしょうか?

正直、目が飛び出ました。


オイル屋さんの抽選会場で昨年に続き、カミさんまたしても大当たり!
こんなオイルをいただいてしまいました。
高いオイルだそうで…。
昨年はBPのクラシックをいただいて帰ったのでした。
私も当たるには当たったのですが、ドラえもんのマグカップ…。

結局オープン直後から閉館時間までずっと会場にいました。
その後、「最高の人生の見つけ方」を観てきました。
いい映画でしたね~。
その話はまた、後日。

今日はこれから仕事なんです…。



あ、あの3連のストップウォッチ、70諭吉ですって!!

ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 06:15 | コメント(20)| トラックバック(1)

ノスタルジックカーショーに行ってきました

昨日行ったノスタルジックカーショーのレポートです。
う~ん、何から行きましょう。
やっぱり自分の好きな車からにしましょう。
 
280SLです。
どちらもとてもきれいでしたが、この2台の販売価格には約500万円の差がありました。
どちらが高い方に見えますか?
白の280SLの横にあるTE、懐かしかったです。
なぜかハンドル、サイドミラー、シフトノブなどが280SLのものに換えられてました。

カミさんが一番気に入った車がこれです。

ロータスですが、恥ずかしながら車名がわかりません。
ご存知の方、教えてください!
 
ドアオープナーやウィンドーの金具の感じがいいです。
スポークホイールも憧れです。
「磨くのが面倒だ~!」と愚痴を言ってみたいです(笑)。

ディーノはやっぱり、いいですね!

どうしても、写真を撮ってしまいます。

ベルエアのステーションワゴンです。
 
かなり、カスタマイズされていましたが、オリジナルの雰囲気は残っていました。
リアのポップアップウィンドーがいい感じです。

ベルエアとほぼ同じ年代の観音クラウンのボンネットマスコットです。
 
クラウンのマスコットがやたらシンプルに見えてきます。
ベルエアのマスコットは先端に房のようなものまでついていました。

ダイハツオート三輪にはいつも人だかりが出来ていました。

新車のようにきれいでした。
カーブでブレーキ踏んだら、絶対転ぶよな…といつ見ても思ってしまいます。

童夢のブースではミッキーカーチスが歌を歌うパフォーマンスがありました。

歌も、ハーモニカも、隣りの方のギターも一流でした。
聴いている人が少ないのがもったいないくらいでした。
11時ごろでしたが、「こんなに朝早くから歌うことはない」と言ってました(笑)。

TJさんが助手席に座り込んで写真を撮ったというDTMマシンがありました。
 
軽量化のためか、電装品が少ないからか、バッテリーはかなり小さめの物がついていました。
中はロールゲージだらけですが、面白かったのが、ドアの内張りのアームレストの一部がロールゲージに当たるため、その部分だけくりぬかれているのです。
そこまでするより、内張りを外してしまった方が、簡単な気がするのですが、レギュレーション上、外せなかったのでしょうか?
ダッシュボードも計器以外はストック状態です。

そうそう、BPの抽選コーナーがあって、アンケートに答えて抽選したら、カミさんがなんとBPのクラシック4リットル缶を当ててくれました!
ラッキーでしたが、ずっと持ち歩くの、重かったです。

ネタはまだまだあるのですが、今日のところはこれくらいにしておきます。
ブログのネタ切れをしたら、続きを書くかもしれません(笑)

一通り見終わって、上の階でやっているガレージングエキスポという展示会にも行ってきました。

憧れのガレージです。
ここのブースの設計はすばらしかったです。
とても日本とは思えないようなおしゃれな家やガレージを設計施工をしています。

ガレージとは関係ないのですが、この会場のあるブースでちょっと大きめなものを衝動買いしてしまいました。
4~5日したら届くそうなので、届いたら報告しますね。

さあ、これから大磯に向かいます!
遊んでばかり!
母の日は紀州梅でごまかした50オヤジでした。




ノスタルジックカー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(8)| トラックバック(0)
<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]