カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ブラジルカルマンTC

ブラジルで作られたタイプ3ベースのカルマンギアTCについてもう少しわかったことがあります。



この車はカルマンギアタイプ3をベースにブラジルで作られたTC(ツーリングクーペ)モデルというもので、1970年から1976年までの間に、18119台作られたそうです。

デザインはなんと、ジウジアーロということです。
エンジンはタイプ3と同じ1600cc65馬力を積んでいたようです。

この車には大きな欠点があったそうです。
それはとても錆びやすいということです。
ブラジル人には「この車は最初の雨粒から錆が始まる」などと言われたそうです。
特に前後のルーバー付近とドアに溜まる水による錆がひどかったようです。
そのためか、ヨーロッパ方面への輸出はほとんどなかったようです。
この写真はドイツのオスナブリュックにあるカルマンの博物館にある車だということです。

TCについてはこれで決着です。
完全にすっきりしました!

この話のネタはこちらのページにありました。
http://www.ritzsite.net/Archive/0508.htm
珍しい車のオンパレードです。
ぜひ、ご覧になってみてください。


ここから先はGmundさん、TJさんのコメントを読んでからの追加です。
BMW1600GTに瓜二つかも。

おおお!と声上げてしまいました。
市場に出たのはこちらの方が先のようですね。
もともとはグラースという会社が1964年に出したものですが、後にBMWに吸収されてあのマークがつけられ1967年に発表されたもののようです。
まるでプリンスから日産になったスカイラインやグロリアのようですね。
それにしても、よく似てますね~、ジウジアーロさん!


カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 17:10 | コメント(6) | トラックバック(2)

オプションパーツ(その6)

今日は朝から、冷たい雨が降っています。
この雨で桜の花びらもだいぶ散ってしまうのでしょうね。

もう一昨日になりますが、ソロモン諸島でも大きな地震が起きたようです。
ソロモン諸島には行ったことがありませんが、きっときれいな南太平洋の島々なんだと思います。
被害が少しでも少ないことを祈るのみです。

この前のインドネシアの大地震では何年か前に行ったタイのカオラックという村やプーケット島が津波で大変な被害を受けていて、とてもショックを受けました。
地震はほんとうに怖いですね。
関東に住む私もまったくもって他人事ではありませんが。

連日、殺人事件や大災害の報道に気が重くなってしまいますが、気を取り直して今日はオプションパーツその6でラジオ編です。

このカタログのラジオはすべてBLAUPUNKT社製のものですが、いくつかの種類から選べるようになっていたようです。
それぞれのモデルに私たちにもなじみのある都市の名前がついています。
トランジスタラジオの普及は1960年前後からのようですので、これらのラジオはおそらくどれも真空管式だと思います。

051モデル(ブレーメン)

私のカルマンにはこのタイプがついています。
中波と長波(FM)を聴くことができます。
プッシュボタンは中波とFMの切り替え用のようです。
おそらく、一番安いタイプ。

053モデル(ハンブルグデラックス)

中波4個とFM1個のプリセットボタン付き

057モデル(ハノーバーⅠ)
写真はありません。
4つの短波のレンジと中波を受信することができるとあります。

059モデル(シュトゥットガルト)

短波、中波、FMの3つのバンドが聴けます。
プリセットボタンは短波用に1個、中波用に3個、FM用に1個。

055モデル(フランクフルト)

超短波、中波、FMの3つのバントが聴けます。
プリセットボタンは超短波用2個、中波用2個、FM用1個。

061モデル(ケルン)

超短波、中波、FMの3バンド。
選局はフルオートのハイテク機。
このカタログではこれが最も高級機だったようです。

これらのラジオに組み合わせるアンテナです。

右の501は伸びたままのタイプ。
左は伸縮式ですが、上の503Aはビートル用、下の503はカルマンギア用となっています。

ラジオもひとりでこんなにたくさん持っている方がいらっしゃいます。


しかし、この時代のラジオで「中波だけ」の設定はないのですね。
日本の車にFMつきのラジオが当たり前になったのは比較的最近のような気もします。

私のカルマンについている「ブレーメン」をぜひ直して音を聴いてみたいと思っているのですが、相当修理費用はかかりそうですね~。

1箇所ネットで修理は受けてくれそうなところを探しました。
まだ、問い合わせもしていませんが…。
http://www2.odn.ne.jp/~cac55760/fureme.htm
どなたか、安くやってくださる方をご存知ないでしょうか?


最後に変り種カルマンシリーズ
バットマンカー風カルマン

Tバールーフはいいですね!



パーツ考察 | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(6) | トラックバック(1)
<<  2007年 4月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホビダス[趣味の総合サイト]