カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

転ばぬ先の熱対策

現代の車は、よほどのことでもない限り、オーバーヒートとは無縁でしょうが、ちょっと古めの欧州車に乗る方はこれからの季節、オーバーヒートは深刻な問題ですよね!

私も、夏になると水温計の針を常に気にしながら走らなければいけないような車ばかり乗っていました。
カルマンは気にするも何も、空冷ですのでもともと水温計はついていません。

オーバーヒートというと、普通、ラジエーターの水温が高くなりすぎた状態をさしますが、空冷のワーゲンのエンジンでもオーバーヒートは存在するんですね。
「熱ダレ」というような言い方をする場合もあるようです。



冬場はオーバークールという言葉がありますが、空冷ワーゲンの場合は「アイシング」という問題が生じるようです。
オーバークールはラジエターの水温が低すぎることが原因ですが、空冷エンジンの場合は、キャブレター周りが負圧による冷えで凍ってしまうことが原因のようです。
どちらにしても、熱すぎ、冷えすぎで、エンジンは快調に回ってくれないわけです。

私のカルマンはひと冬過ごしましたが、いつも充分に暖気してから走り始めていたためか、アイシングに悩まされることはほとんどありませんでした。
そろそろ、夏の時期を迎えるため、イベントでお会いする皆さんのビートルやカルマンはフードを浮かせて熱対策をしている方が増えてきました。
エンジンチューンをしている方は1年中フードを浮かしています。

フードを浮かせると熱ダレ防止には相当効果があると皆さんおっしゃいます。
やはり、日本の酷暑は空冷ワーゲンにも厳しいようです。
最新の欧州車でも日本で使うには熱対策の処理をあらかじめしておかないとパーコレーション(燃料パイプの中に熱で気泡が発生してガソリンが行かなくなる)などのトラブルが起きる場合もあると聞いたことがあります。

日本の酷暑の中でのひどい渋滞でオーバーヒートしなければ、世界中どこでも大丈夫だ…とも。
日本より暑い国はたくさんあるでしょうけど、酷暑+渋滞ということでは車にとって最悪の環境なんでしょう。

私のカルマンにも熱対策が必要かどうか、実はまだわからないのですが、クーラーを使いますので、熱対策は必要じゃないかとカルマン乗りの皆さんはおっしゃいます。
前のオーナーがどうしていたのかは不明です。

通常、フードを浮かす場合は、ヒンジ側を浮かせる場合が多いようです。

空気の流れを考えると当然です。

しかし、この方法では、雨が降ると、エンジンルームにそれが流れ込むことを阻止することが出来ないのが問題なのです。
私のカルマンは雨の日には乗らないようにしていますが、急な雨もあるでしょうし、元来青空駐車のため、ボディカバーはしていても、雨を完全に防ぐことはできません。

そこで、これを試してみようと思うわけです。


ホームセンターで買ったきたゴムの緩衝材です。
箱などの底に取り付けるゴム製の足です。168円。
それに転がらないよう、長めのビスを刺してみました。
(もうちょっと工夫の余地がありそうですが…)

カルマンのエンジンフードの受けはこんな穴の開いたお皿になっています。


ここに、先ほどのゴムパーツを差し込むとこんな感じです。


で、フードを下ろしてみると、このくらい隙間が開きます。

フードの自重で、一応がたつく心配もなさそうに思えます。

どうでしょうね~。
ビートルに乗る方は、受けにドライバーを差して浮かせているという方もいるようですから、効果はそれなりにあるのではないかと思うわけです。
これなら、普段は外して閉め切ることもできます。
これでも熱ダレするようなら、ヒンジ側を浮かすしかないですね。

この週末、試してみようと思います。


**********************************************************
「カルマン100台ミーティング」計画中!
http://mk7054.blog.hobidas.com/archives/article/24758.html

カルマンギアのオーナーの方!
ぜひ実行委員長tosioさんまでご連絡ください!

tosiomm@peach.ocn.ne.jp
**********************************************************



モディファイ | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(24) | トラックバック(0)
<<  2007年 6月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]