カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

カルマンオーナーの登録お願い


(2005年のカルマン50周年記念行事の様子を伝えた新聞記事)

カルマンギア100台ミーティングに関して、ここのところ、記述をしていなかったので、「あれ~!早くも立ち消え~??」なんて思ってた方もいらっしゃいません??

いえいえ、半歩ずつ程度ですが動いていますよ!
やはり、まずは、カルマンオーナーの方の確実な情報がほしい。
ということで、写真つきの登録をお願いしています。
とりあえずの確認台数は190台を超えたようですが、生息場所などのもう少し詳しい情報が欲しいということで、実行委員のメンバーの一人であるMAXXさん作成のHPで登録をお願いしています。
このHP,バイヤーズガイドのところなど、とても充実していてカルマンのことを知りたい方にはとても勉強になりますよ!

カルマンオーナーの方、ミーティングに参加するしないは別として、ぜひ、登録をよろしくお願いいたします!
タイプ3カルマンも大歓迎です!

登録はこちらから
http://karmannghia.jp/syoukai.html

以下は、MAXXさんのブログからの引用です。

*************************************************************
来年の話ではありますが、日本の中心地(長野や岐阜あたりが濃厚)にてカルマンギアを集めてみよう!ということで同士が集まり日々活動しております。
もともとはカルマンって日本に何台くらいあるんやろ?それらを集めてみたらおもろいやろなぁ~みたいなノリだったと思います。

その昔「カルマンギア・トレッフェン」ということで過去に2度ほどカルマンのみのイベントは開催されていますが、2003年以降?は開催されていない。

mixiの登録メンバーが中心に動いておりますが、私も非力ながら生粋のカルマン乗りですので協力させていただきます。

第一段階としてカルマン生息の把握確認ですが、台数は172台(内mixi登録台数は105台まで)となっています。
これは実行委員長であるカルマニア(実は私もカルマニアのメンバーだったのですがいつのまにかメンバーでなくなっています(笑))のtosioさんがリサーチしていただいております。

私も最近「HELLO KRMANNIST ハローカルマニスト」というサイトを立ち上げ、そこでカルマンのオーナーさんの実数の把握とご紹介をさせていただいております。
カルマンのオーナーさんはぜひとも愛車の写真とともに登録していただきますようよろしくお願いします。

登録はこちらから
http://karmannghia.jp/syoukai.html
**************************************************************


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 11:23 | コメント(6) | トラックバック(0)

岐阜の旅(その2)


郡上八幡の中心地らしいところで路線バスから降り立った私たちはどこに何があるのか、方角すらよく分からず、まずは適当に歩き回りました。
(市内の地図はダウンロードして持ってましたが…)

この町ではほんとうにいろいろな驚きや発見がありました。

まず、驚いたのが町の中心を流れる川の水のきれいさでした。
上の写真は最も中心部にかかる二つの橋の間の部分です。
この澄んだ水の中で子どもたちが水遊びをしています。
大きなコイや鮎などの川魚も一緒に泳いでいます。
私も服を脱いですぐにでも飛び込みたい気分でした。
なんせ、40℃ですから!

飛び込むといえば、ほんとうに飛び込んでいるのです。
向こうに見える橋から子どもたちが飛び込んで遊んでいました。
橋の欄干には注意を促す看板が置いてあるのですが、禁止にはなっていないようです。
 
読めますかねえ?

8月14日だけで4人もケガをしている。
個人の責任において注意して飛び込むように。

ということです。
画期的です!
ケガ人なんてでたら、すぐに禁止にしてしまうのが役所的な考え方です。
ここではそれ以前にこの橋から飛び込むという遊びが「伝統」「文化」として古くから根付いているからなのだろうと思います。
きっと役場の人たち、町会議員方たちすべてが同じ遊びをして大人になったのでしょう。

  
子どもたちは勇気やワザを競い合うように繰り返し、飛び込んでいました。
この橋から水面までは12mもあるので、飛び込むには相当な勇気が必要です。

まだ橋から飛び込むことができない子どもたちは、岩から飛び込んでいます。
初級コース、中級コース、上級コースがきちんと分かれているようです。
 

先週末の24時間テレビでこの橋からの飛び込みに関する放送があったのではないでしょうか?
予告だけ聞いて、実際には私は見ていません。

子どもたちを見ていて自分の子ども時代を思い出しました。
私が少年期に住んでいたところは街中で、昭和30年代ですでに川で泳ぐなんてことはすでにできなくなっていましたが、両親の田舎に行くと、どちらにもすぐ近くに川があり、夏休みには何日か泊まりに行き、よく川で泳いだものです。

家から水着とサンダルだけで川に行き、冷たい水の中にガタガタ震えるまで入って遊んでいました。
大きな木に結び付けられたロープでターザンごっこをひたすら繰り返してました。
寒くなると大きな石の上で甲羅干しをし、温まったらまた川に入る…。
それと同じことを平成19年の郡上八幡の子どもたちはしていました。

街中を散策していると、真っ黒に日焼けした子どもたちが紺のスクール水着姿で浮き輪を持って家に帰る姿をたくさん目にしました。

小学生だけでなく、中学生クラスの女の子も川で遊んでいました。
こういうところがまだ残っていることになんだかホッとしましたね~。

「あれ、そんなの、ウチの近くでもやってるよ!」という方もきっとたくさんいらっしゃるでしょうね!
でも、私にはとても新鮮でした。

さて、町の散策に戻ります。
 
大変な暑さのためということもあるのでしょうが、街中にあまり人は歩いていませんでした。
お祭りですから、昼間から人がわさわさしてにぎわっているのかと思ったら、中心から少し外れると観光客さえほとんどいなくて、ひっそりとしていました。

町のあちらこちらに水を飲めるところがあり、道の両脇の溝にはきれいな水が豊富に流れています。

郡上八幡の住人は昔から、この水を上手に炊事や洗濯などに利用していたようです。
今はそれに使うことはないでしょうが、その名残がそこここに残っています。
 

水路にはコイや金魚だけでなく、岩魚や鮎まで泳いでいます。
 

歩き疲れたら、足をつけて休憩できるところがありました。
 
仙台では「足湯」でしたが、こちらでは「足水?」で疲れを癒しました。

下駄履きで歩き回り、とうとう私の下駄の歯が1本かけてしまいました。
でも、町のあちらこちらで下駄は売っていて、簡単にまた安く、新しい下駄を確保できました。(郡上踊りには下駄がつきものなのです)

夕方には山の上にある郡上八幡城に行ってきました。
さすがに上りはタクシーを使いましたが、帰りは下駄で下山しましたよ!
 
郡上八幡城は昭和8年に再建されたものですが、木造でたいへん趣があります。
木造建築の再建天守閣としては日本最古のものだそうです。
東京の青山の地名はここの藩主の青山氏と関係があるそうです。
また、この城や郡上八幡は山之内一豊の妻の話やNHKの大河ドラマ「功名が辻」でも有名なところです。

天守閣から町を見下ろすと、天下を取った気になれたでしょうね~。
見渡す限り自分の領地…。
どこの町でもそうですが、もっとも見晴らしのいいところに天守閣は建ってますから、最高の眺望を得ようと思ったら天守閣に登ることですよね。

そうこうしているうちに、ようやく日が落ちて夕方になってきました。
郡上の祭りは8時からです。
夕方になって、ようやく浴衣姿の地元の人たちが増えてきました。
いよいよ、郡上踊りが始まります!


つづく


| 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<  2007年 8月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ホビダス[趣味の総合サイト]