カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ピンクヮイ(氷塊)

台湾の緑島というところに潜りに行ったときの話しです。

台北から国内線で台東まで乗り継ぎ、そこからさらにローカルなラインで緑島まで行ってダイビングをしたですが、台湾では予想以上に英語が通じなくて困りました。
台東の空港内で、自分たちの荷物がスルーで緑島まで行くかどうかを確認したくて、バゲージクレイムのカウンターに行き、「誰か英語話せる?」とヘタクソな英語で聞くと、そこにいた2~3人の職員は顔を見合わせ、誰かを呼びに行きました。
結局、出てきた係りの人も英語はほとんどできない人だったのですが…。
「バゲージbaggagr」とか「ラゲージluggage」などという、飛行機関係では基礎的な英語も通じないのです。
尤も、私の発音が悪かっただけなのかもしれません。
(台東空港)
う~ん、困りました。
でも、こういうときに助かるのが、お互い漢字民族だということです。
紙とペンで筆談が始まりました。
で、ラゲージをどう漢字で表現するか…。
「荷物」「鞄」で通じなかったのです…。
こうなるともう、文字でもダメで、絵です。
スーツケースを絵に描いて、ようやく「ああ…!!」と係りの人はわかったようで、(もっと早くわかれよ!)書いた漢字がなんだったと思います??

「行李」だったのです。

Luggage=行李なんですね~。

(日本で行李といえばこれです)

ちなみに、酒店=ホテル
     大飯店=大きなホテル
になったと思います。
○○耬という名前がついてるとレストランのようです。


まあ、そんなこんなで無事に緑島には着いたのですが、私たちにとってこれだけは押さえておかなければいけない言葉、これは台北にいる時に現地のガイドさんに習って完璧に覚えてました。
「ビール=卑酒(ピーチュ)」
よしよし、この言葉さえ通じれば生きていける!!
と、安心しきっていました。

幸い、ピーチュは見事に通じました。
ただ、現地の人は平気で常温のビールを勧めてくるのには困りました。
帰る頃には常温のバドワイザーの味にも慣れましたが…。

ところが、ウイスキー用の氷を手に入れるのが大変でした。
雑貨屋さんでは「アイス」という英語さえ通じないのです。
その日はとうとう氷は手に入りませんでした。
アイスという英語も通じないことにビックリ、ガッカリしましたが、翌日、現地のダイビングガイドにアイスはなんというのか聞くと、「氷塊(ピンクヮイ)」だと教えてくれました。
よ~し、これで氷にありつけるぞ!と意気揚々と雑貨屋さんに行き、「ピンクヮイ、ピンクヮイ」と壊れたレコードみたいに繰り返すと、これが通じました!

「着いて来い」という店員さんに連れられて店の奥のほうに行くと、業務用の冷凍庫があります。
「やった~!!」これこれ、と思っていると、
出てきたのはなんと、



アイスキャンデー…



そうか、これもピンクヮイか~…



もう、ここからはパントマイム大会です。
最後はこれしかありません。
最終的になんとか通じ、冷凍庫の底の方から何回溶けたり凍ったりを繰り返したのだろう…というようなひとかたまりになった元ロックアイスがめでたく出てきたのです。
よかった、よかったという一席でした。
しかし、その雑貨屋さんで買った紙パックのウーロン茶に砂糖が入っているのには参りました。

現地の人も絶対に生水は飲みません。
誰でもがペットボトルに入ったビニール臭いミネラルウォーターを飲んでいました。
ですから、海岸などで一番目につくゴミはカラのペットボトルでした。


もうひとつ、ここだけで経験したこと。
普通ボートダイビングの場合は港から船に乗ってダイビングポイントに向かいます。
こんなの、あたりまえです。
ところが、台湾全域で港がかなり厳しく管理されているようで、私たちよそ者ダイバーは簡単に港から船に乗って出港できないそうなんです。

で、どうしたかというと、最初に港に行ってタンクなどのダイビング機材を船に積み込みます。
マスクやフィンなどは積み込みません。
その後、車で海岸に移動し、そこから海に入り、沖合いで船と合流して乗り込むのです。

あほくさ!

ダイビング終了後はまた、私たちは沖合いで船を下りて海岸まで泳ぎ、港に車で向かう必要がありました。
これは、外国人だけでなく、台湾人のダイバーも同じことをするそうです。
今も同じかどうかはわかりませんが、台湾は今でも半戦争状態なんですね。
台北の映画館など、大人料金、小人料金の他に、軍人料金という料金設定がありました。
軍人が一番安かったと思います。

近い割りに、外国に行ったぞ~、言葉通じないぞ~という海外旅行気分を満喫できた?緑島の旅行でした。

ところで、海の中は??
…ぜんぜん覚えていません。
というより、わざわざ行く価値なしでした。

「西表島よりも、南の島ですから…」といいう旅行社の甘い誘惑にだまされました…。

でも、台湾料理はどこに行っても美味しかったです。
宿で出してくれた朝のお粥が最高だったかも…。


*****************************************************************
「カルマンギア100台きららミーティング」


2008年10月18日(土)~19日(日)
 ※18日は前夜祭のみ

公式HP:http://www.karmannghia100cars.com/

*****************************************************************


海・ダイビング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(14) | トラックバック(0)
<<  2008年 2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
ホビダス[趣味の総合サイト]