カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

師匠のカルマン


L337ドルフィンブルーを紹介した流れで私が勝手に師匠と呼んでいる方のカルマンを紹介したいと思います。

2年間に及ぶ壮絶なレストアにより、このような見事なオーラを発するカルマンに仕上がっているわけですが、私が初めて知った時にはほぼ完成したばかりのころで、下の写真の解説はすべて雑誌や本人から聞いた話の受け売りです。
間違っていたら、後ほど師匠が訂正してくれるでしょう。

旧いナンバーの角テールを手に入れて、錆を少し落としてきれいに…と思っていたら、想像以上にボディの状態は悪かったようで、フルレストアすることになったわけですが、このほとんどを自分自身の手でやってしまったとんでもない苦労が詰まったカルマンなわけです。

大きなお金をつぎ込んでプロに頼み、あとは待つだけ…というわけではなく、そのほとんどの作業を自分自身でやっつけたわけです。


まずは塗装をすべて剥離することから始まりました。
手作業とサンドブラストの両方で、塗装を剥ぎ…と、文章で書くと簡単に終わりますが、車1台の塗装をすべてはがすなんてとんでもない作業量だったようです。


まるで弾痕のような修理跡。




剥離して、錆止めを塗った状態で、板金と塗装はプロに頼んだそうです。

下回りはすべて自分で…。











塗装が仕上がったカルマンに、アメリカから取り寄せた内装のパーツをすべて自分で貼ったそうです。


シートも一度バラバラにして、スプリングも剥離塗装し、張り替え。


リアシートは型枠から製作。






ハンドルやノブなどのプラスチックパーツはすべてパテなどで補修し、メッキパーツはすべて最メッキに出しました。


ホイールもすべて剥離塗装。




ガソリンタンクもきっちりと。

エンジンルームのバッテリーの下は特に苦労したようです。





ハーネスも秋葉原で電線を買ってきて、オリジナルと同じ色の線を張りなおし。


エンジン、ミッションも一度分解してオーバーホールし、ようやく動くレベルまで仕上げたわけです。



その後、プラウプンクトのラジオを購入し、アンテナを取り付け、今は当時もののクーラーのエバポレーターを手に入れて、

見た目は当時もののようで、中身は最新のクーラーの取り付けのプロジェクトを進行中です。


まあ、よくあるヘロヘロのエンジンルームが、
            ↓

マグニートー仕様(飛行機やレースカーなどに使われる高性能な点火システム)のスタンドエンジン(初期型の年式に合ったエンジン)になり、
            ↓

ツインキャブ化、クーラーのコンプレッサー装着状態に。
この、エンジンルームにもワンオフのパーツ、満載です。
軽自動車用の小型のコンプレッサーを中心部に取り付けるため、ツインキャブ化したのですが、フードのヒンジにキャブが干渉するため、マニホールドをステンレスで自作してます。

もちろん、コンプレッサーのステーもすべて自作。
電装は6V風にしていますが、12Vにしています。


コンデンサーは特注品をミッションの横に地面と平行に2基、装着してます。





で、当時もののファンファーレホーンやフォグランプでドレスアップした最新の姿がコレです。

先週のチロルの森トレッフェンの時の写真です。
よく撮れた写真なので、KdFさんのホームページから拝借しました。
他にもいい写真がたくさんあります。
KdFのN沢さん、さすがに写真、お上手です。
ぜひ、こちらをご覧ください。



カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 08:35 | コメント(18) | トラックバック(0)

角テール後期型のカラーバリエーション(L337)


さて、今日はL337ドルフィンブルーの紹介です。
なんと言っても、今や、日本で一番有名かもしれない師匠のカルマンの色ですからね~。
ふんどしの紐をきゅっと引き締めていきますよ!(いえ、履いてないですって!)


この、ドルフィンブルーも難しい色のようです。
写真で見るどの車も多少違って見えます。
実際の色が違うのか、写真の色の出方なのか…。
きっと、その両方でしょう。

さらにまったく同じ車でも、太陽光線のあるなし、その角度でぜんぜん違った色に見えます。

ドルフィンはもちろんイルカ。
イルカって青くないのですけどね。
どちらかというとグレー。
これは本物をたくさん見たことがありますから自信アリです。


カルマンのドルフィンブルーという色も、青っぽいというよりグレーに近い感じです。
実際、イルカの色によく似ていると思います。


内装はP206 BlueとK309 Light Blueのコンビ。
カーペットはT111 Gray
ヘッドライナーはK 307 B Light Gray
アームレストはK309 Light Blue
サンバイザーはGrey
ということになっています。


師匠のカルマンの写真は最後のところまで使わないようにしようと思っていたのに、この写真、師匠のカルマンじゃないですか!

こちらは、カラーチャート。
う~ん、微妙な色ですね~。









このカルマンのエンジンはオクラサというチューニングエンジンのようですね。

ドルフィンブルーらしい色のカルマンの写真を拾ってきましたが、見事に全部、色が違いますね~。

師匠も実際本当はどんな色なのかわからず、ついに先日紹介した本当の塗料の色見本を手に入れて解明したわけです。

そんなわけで、この機会に師匠のカルマンを紹介しますね。
カルマン乗りの方には有名な車なのですが、ほとんどの方はよくは知らないでしょうから…。

と思ったのですが、続きのネタじゃもったいないので、別項目にします!
今日は2部構成でいきます。


昨日、また100台ミーティングの申し込みがありました。
そーしさん、ありがとうございます!
このところ、連日申し込みをいただき、とても嬉しいです。
これでエントリーは67台になりました。

エントリーの状況はこちらをご覧ください。

100台ミーティングに参加しようかな、どうしようかな…とお考えのカルマンオーナーの皆さん!
カルマン社の記念品を確実に手に入れるため、ぜひ、事前のお申し込みをお願いします!
お申し込みはこちらから。

カルマン以外の方の当日の見学も大歓迎です!
入場料も駐車場も無料です。
お気軽に遊びに来てくださいね!
詳しくはこちらから。

カラーバリエーション | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(4) | トラックバック(1)
<<  2008年 7月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ホビダス[趣味の総合サイト]