カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

角テールのカルトな世界(右ハンドル編Part2)



角テールにオリジナルの右ハンドルは存在したのか?

という問題ですが、結論といえるような文章を見つけました。
英語力に自信がないので、まず原文を載せますね!


RHD cars were inded made by Karmann in Osnabrueck from August 1959 production (known internally as Types 142 and 144).

There were some companies (two at least) in the UK who manufactured kits to 'convert' LHD Type 14's to RHD, even in the Lowlight (pre-August 1959) era. A small handful of these survive today. No RHD "lowlight" cars were 'factory' although there was a stamping for a RHD steering column on the firewall, before the RHD cars began factory production.

「右ハンドルは(クーペもカブリオレも)1959年8月からオスナブリュックにあるカルマン社で生産が始まった。

イギリスには角テール(1959年8月以前の)の頃から左ハンドルのクーペモデルを右ハンドルにコンバートするキットを販売する会社がいくつか(少なくとも二つは)あった。

その一握りは今でもある。

ファイヤーウォールに右ハンドルを押し込むことはあっても、右ハンドルの工場生産が始まるまで右ハンドルの角テールのファクトリーモデルは存在しないはずだ。」

Sambaの中の変態マニアたちの会話はこれが正しいんじゃない?…という感じで終わっています。

ということで、角テールカルマンは設計段階では計画されていたが、工場で作られることはなく、イギリスやオーストラリアで右ハンドルにコンバートされたモデルが存在していると、結論しておきましょうか?

MAXXさん、Gさん、いかがでしょう?

パーツ考察 | 投稿者 赤の’57 17:42 | コメント(8) | トラックバック(0)

角テールのカルトな世界(右ハンドル編)


今日はMAXXさん、Gさんのリクエストにお答えして角テールの右ハンドルに関して少し調べてみました。

そもそもカルマンの型式コードは4つ存在します。

141…カブリオレ左ハンドル
142…カブリオレ右ハンドル
143…クーペモデル左ハンドル
144…クーペモデル右ハンドル

の4つです。
ナンバープレートに143とか141とかつけている方は年式ではなくてこの型式コードを使ってるわけですね。
カブリオレは後期型から出てきたのに型式コードはクーペよりも若い番号というのも面白いです。

私自身はコードが存在しているのだから右ハンドルは最初から存在しているのだと思っていました。
でも、考えてみたら、角テールの右ハンドルはまだ一度も見たことがないですね!

でも、存在するようです。
まずはブループリント(日本では青焼き)とよばれる3面図を確認してみました。
角テールのブループリントは数種類存在しているようですが、私が実際に持っているのはその中の1枚だけです。

このタイプのブループリントには室内のパーツは書き込まれていないのでわかりません。


このブループリントは所有しています。(といってももちろん複製ですが)
右下のコード名は143 000 111Aと書かれています。
でも、ハンドルは右ハンドルも破線で書かれています。

この図面が前期型なのか後期型なのか判別は難しいのですが、シート形状を見ると前期型のようです。
右下の枠に書かれた文字はよても見にくいのですが、’57とか’58の文字もなんとか読み取れます。
とすると後期型?


このタイプのブループリントにも右ハンドルが描かれています。


こちらはカブリオレのブループリント。
やはり右ハンドルも描かれています。

いつからかははっきりしませんが、角テールにも右ハンドルは確かに存在するようです。


この写真は一番上の写真のカルマンの室内です。
はい!昨日のこのブログを読んだあなたは、このカルマンがいつごろ作られたモデルか、すぐに解りますね!

ここで、昨日のブログを読み返さずにわかったあなたは立派な変態マニア、角テールオタクの仲間です!(笑)


次に写真を探してみたら、ちゃんとありましたよ!


このカルマンの車体ナンバーは1 113 2174、1956年3月製造の’57年型のようです。
レストアしてもらえたのでしょうか?


このカルマンの車体ナンバーは1 245 136、1957年製造の’57年型です。


この角テールの年式は不明です。
フロントエンブレムが年式相応なら前期型ですね!


このカルマンの車体ナンバーは1 951 360,1958年3月製造の’59年モデルのコンバチモデルです。


このカルマンの車体ナンバーは2 257305、1959年1月製造の’59年モデルです。


このカルマンの車体ナンバーは2 475 680、1959年6月製造の’59年型のほぼ最終モデルですね!
昨日も紹介させていただいたカルマンです。
ただこのカルマン、ちょっと気になるのがオーナーのコメント。
最初の仕向け地はアメリカのテキサス。
今はイギリスにあるようですが、3人目だという現オーナーは「ダッシュボードを右ハンドル用に変更した以外はほとんどオリジナルだよ」と書いているのです。
確かに右ハンドルでテキサスに輸出することは考えにくいので、このカルマンはもともと左ハンドルだったのかもしれません。


確かにこの写真を見ると左側の助手席の足元にペダルの跡らしいものが見えます。

まあ、それでも上記ように図面と写真で確認できますので、角テールの右ハンドルは初期モデルからあったと考えていいのではないでしょうか?

また、バルクヘッドには、左右両方にハンドルポストを通すためのホールの型がつけられているようです。

(この写真は’63年製造のカルマンということですが)


このカルマンも製造年は不明ですが、’57年以前の角テールです。
面白い改造をしています。
足元にエアーベントのようなものを追加しているのです。

気になるのは、右ハンドルにはこだわるはずのイギリスのオーナーズクラブのホームページにタイプ144と142は1959年8月から製造されたとはっきり書いているんですよね~。
謎です…。

角テールの右ハンドルに付いてご存知の方!
教えてください!!



カルマンギア100台ミーティング
2008年10月19日(日)in山中湖
参加カルマンのエントリー受付中!!


現在のエントリー数は82台です。
ミーティングの詳細はこちら
エントリーの内訳はこちら
お申し込みはこちらからお願いいたします。

私のブログの100台ミーティングに関する記事はこちらをクリックするとまとめて見ることができます。


お盆休みも今日で終わり、夏も終わりに近づいて、寂しいですね~。
高校野球が終わり、テレビで秋用の化粧品のコマーシャルが流れ出したりすると無性に寂しくなります。
今年はオリンピックとともに夏が終わる感じかな?


パーツ考察 | 投稿者 赤の’57 08:44 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<  2008年 8月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ホビダス[趣味の総合サイト]