カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

松方マグロ



松方弘樹が325kgのマグロを釣り上げた。
それに437万円もの高値がついた。
などと、ニュースやワイドショーで騒がれていましたね!

まあ、単純に「すごいなあ…」とは思いますが、実はもっと複雑な思いでこのニュースを見ていました。

ダイバーとして海の中をたくさん見てきたからなのかもしれません。
理屈でも学術的な意味でも、宗教的な意味でもなく、単に感傷的な思いなのですが、「あ~あ、釣られてしまったのかあ…」という思いなんです。

ゲームフィッシングそのものを否定するつもりは毛頭ありませんが、釣りをする方の「大きさ」や「数」に価値観を見いだすことに抵抗があります。

松方マグロのクラスのマグロはたくさんいないから釣り上げられることも少ないわけですよね。
その少ない生物が息の根を止められたわけです。
「せっかく、あそこまで大きくなったのに…」なんて思ってしまうわけです。

あのマグロがこの先生き続けていたらさらに大きくなったのかどうかもわかりませんし、そのこと自体に意味があることがどうかというと、それもわかりませんが、なんだか、可能性を断たれたことを残念に思うわけです。

釣りの醍醐味って、なんなんでしょう?

スポーツ新聞の後ろのほうの釣りのページを見ると、いつでも「〇〇kgの〇〇が釣れた!」とか、「〇〇が〇〇匹釣れた」というような見出しが目立ちます。
話題にするとしたらそれなんでしょうが、それでいいの?とも思うわけです。
もう、そんな時代は終わったのではないでしょうか?

「〇トンのゾウを狩猟した」とか「〇頭のシカを仕留めた」なんてのはもう昔の話になりました。
「325kgのマグロを釣り上げた」というのは「〇トンのゾウを仕留めた」と同じに聞こえるのです。

ゲームフィッシングもそんな時代ではないんじゃないかな…と。

「松方マグロは最終的にはたくさんの人のお腹を満たすことができたのだからそれで本望だろう。そこがゾウを仕留めたのと明らかに違う部分だ」と、きっと言われるのでしょうが、ごく少数の方の満足ですよね。
釣られなかったら誰かが満足したのかというと、それもなかったでしょうが…。
でも、そういう大きなマグロがまだ海には泳いでいるということが続いていてほしいと思うわけです。

釣り上げるということは息の根を止めるということですから。

ね、だから感傷的な文章だと断ってるでしょ!

生きるため、生活するための行為で結果的に大物を釣ったという方がまだ気持ちよく受け入れられるわけです。


以前、ダイビングでは水中での「餌付け」がよくされていました。
魚の餌になるものを持って潜り、餌付けのポイントを決めて同じところで餌をあげ続けると、池の鯉のようにダイバーが潜るだけで魚が集まって来るようになります。

(これは水族館での餌付け)

餌を出すとそれはもう、すごい勢いで餌を食べるようになります。
餌付けは初心者ウケしやすいので、世界中どこでもよくやられていました。

私自身、昔は伊豆あたりに潜ってもそこいら辺の岩についているトコブシやサザエなどを石やナイフで叩き割って餌付けをしたりしていました。

その餌付けは最近ではほとんどやれれていないと思います。

その理由はいくつもあると思います。
自然の生態系を壊すということもあると思いますが、さらに大きな理由として、「釣られていなくなる」ということが大きかったようです。
さらに餌になる貝までいなくなってしまいました。

日本の海岸線でダイビングが禁止の場所はたくさんありますが(というより、潜っていい場所の方が少ない状況です)、釣りが禁止のところは相当少ないです。
ダイバーが餌付けをして餌に慣れた魚は、あるとき根こそぎ釣られていなくなってしまうわけです。

釣った方は食べられる魚なら喜んだでしょうし、それが食べられない魚だったら、そうとうガッカリしたことでしょう。
「どうして、こんなのばかり今日は釣れるんだ…」って。
そして、きっと捨てられてしまうのが落ちです。

生活がかかっていないゲームフィッシング、趣味としての釣りにはそういうエゴがつき物です。

釣れたら釣ったで食べきれるかどうか、持って帰れるかどうか、なんてまったく考えずに根こそぎ釣れるだけ釣るというのが釣りをする方の性ではないかと思います。
その気持ちがわかるんです。
わかるからこそ、複雑な思いで松方マグロのニュースを見るわけです。

そういうわけで、キャッチ・アンド・リリースの釣りの仕方の方が気持ちの中では受け入れられるのかなあ…。

「釣ったら食えよ!」という考えでキャッチ・アンド・リリースの釣りを否定する方もいますよね。

「食うために釣る」のか「釣ったから食う」のか…

どちらでもいいです。
どちらにしても、大きすぎるのも、多すぎるのも無駄だと思うわけです。

「幻の巨大魚に挑む!!」なんて企画がよくテレビでされます。
よせばいいのに…といつも思います。

希少な大型魚類を釣り上げることにそんなに意味があるのでしょうか…。

なんでもね。ほどほどにやりましょうよ!


「おまえもな…」と、言われぬうちにわたしもほどほどに…



海・ダイビング | 投稿者 赤の’57 06:05 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<  2009年 11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホビダス[趣味の総合サイト]