カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

カル飲み仙台編(その3)



翌、日曜日は日本三景のひとつ、松島へ。
松島へは仙台市内から30分程度で行けるお手軽スポットですが、ここも誰かと行こうと通りかかることはあってもじっくり見るのはとっておきました。

まずは、お約束の遊覧船に乗ることにしました。

所要時間50分で1400円。
2階のグリーン席はプラス600円。

何社も運行しているのでそんなに待たずに乗ることが出来ます。



松島らしいたくさんの島を見ることができるのですが、後ろのデッキでは島や景色よりもこちらに夢中の方ばかり。

船が走り始めるとカモメだかウミネコだかが後を追ってきます。


エサは船内で売っていて、
普通のえびせんなんです。



カモメとウミネコは足の色が違うということですが、どっちでもいいです。
いつから、こういうことが始まり、いつからえびせんなんでしょう?



慣れたヤツは手から直接持って行きます。
海に落ちたのも確実に誰かがゲットしています。
あんな食感の食べ物は自然界にないのにどうして食べるようになったのか…。

だいたいあんな塩っぽいものを毎日食べていいものなんでしょうか?


(右が鯨島、左が亀島、二つ合わせて双子島。なんじゃソレ?)

後ろのデッではカモメにエサをあげる人、それを写真に撮ろうとする人たちは船内で流れている島の説明の放送はほとんど無関心。
何を見るために乗っているのか…って感じですが、これが面白くて飽きないのは確かです。

これは仁王島という島だそうです。


50分の遊覧時間は、長くも短くもなく、ちょうどいいかな…という感じ。最も沖合いのあたりはそれなりに揺れてました。


船を降りると、すぐ近くにある、五大堂に行きました。
五大堂に行くには短い橋をいくつか歩いて渡るのですが…、
目を正面に見据えて下を見ずに真剣な表情で渡る方が一人…
カメラを持つ右手に緊張感が伝わります…。

この橋はすかし橋といって横に渡した木の間は透けていて下の海が見えるのです。

たくさんの観光客が訪れていました。



これが五大堂。
大聖不動明王を中央に東方降三世明王、西方大威徳明王、 南方軍荼利明王、北方金剛夜叉明王の五大明王像を安置しているので五大堂というそうです。

瑞巌寺に所属するお堂なのですが、1604年に伊達政宗が再建した古いものだそうです。

海風にさらされる木造建築が400年も持つなんてすごいことですね。



屋根の四隅にはカメの胴に竜の頭が乗ったようなものが鬼瓦の役割のように乗っていました。



五大堂の壁面には十二支がそれぞれの方角のほうなのでしょうか?彫られていました。


五大堂から観た松島の景色です。


冬のやわらかな光が海を照らし、そのなかを遊覧船が横切っていきました。





これは以前、仕事の帰り道で通りがかったときに撮った五大堂のライトアップです。





まだ続きます。


みちのく一人暮らし | 投稿者 赤の’57 08:18 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<  2010年 12月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ホビダス[趣味の総合サイト]