カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

ストVジャンボリー(出発編)


ストリートVWsジャンボリーに行って来ました!
花冷えというんですか?寒かったですね~。
午後から雨がポツリポツリと降りだし、帰る頃にはしっかり降り出しました。
まあ、イベント中はなんとかもったという感じでよかったです。
主催者の話では500台以上集まったそうです。
カルマンもけっこう集まりましたよ!

もったいぶっているわけではありませんが、写真の整理も頭の中の整理もまだできていないので、徐々にレポートしていきますね!

個人的にはカルマンを通してお知り合いになることができた方にたくさんお会いすることが出来てとても有意義でした。
なんだかバタバタしているうちにあっという間に一日が終わったという感じです、

いつもブログを読んでくださっていると言ってたずねてきてくださったYABO’Sさん、ミーティングのお申し込み、ありがとうございました。
じょーじさん、カルマンを見る目が肥えたでしょうね~。
あのコンバチはおすすめですよ~!
高年式マニアさんは岡山までの往復、本当にお疲れさまでした。
また、いろいろ教えてください。
PAPABUSさん、最後にようやくお会いすることができました!
これからもよろしくお願いいたします。
チャイニーズシチューさんも遠くからお疲れさまでした!
ぽんぽこさん、これからもよろしくお願いいたします!

そして実行委員会、カルマニアメンバーの皆さん、お疲れさまでした。
いろいろありがとうございました。

おかげさまで、本日の申し込み初日の結果は、

30台!!

まずまずじゃないでしょうか?
まだ申込書に書いてもらっていないだけの実行委員の方の数を入れると34台になります。
快くお申し込みいただいた皆さん、ありがとうございます!
秋の山中湖をおおいに楽しみましょう!
今後、100MのHPから申し込みができるフォームができますので、そこからもお申し込みいただけます。
八ヶ岳、フラバグでもお申し込みいただけるよう準備できたら…とも思っています。
カルマンオーナーの方、よろしくお願いいたします!

それから師匠!ベストカルマン賞受賞おめでとうございます!!
さすがです!
というより、当然の結果かな?
その話もまたゆっくり後日。



さて、話はいきなり朝に戻ってしまいます。
出発した時はまだ薄日が差していたのですが、雲はどんどん厚くなっていきました。
午後の降水確率は40%でしたからね~。


お台場までの道すがら、江戸時代からの桜の名所、隅田川の桜並木に寄ってきました。
以前、このすぐ近くに住んでいたので、見慣れた景色ではあるのですが、やはり、ここはすばらしいです。


夜になると、桜の下は人で、川面は屋形船でごったがえします。
さすがに早朝は静かです。


対岸も並木が続いています。
緑色の橋は言問橋。
その向こうは浅草です。

春のうららの隅田川でしばしの花見を楽しんで、待ち合わせ場所に向いました。


ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(2)

100Mフライヤー完成


100台ミーティングのフライヤーが完成しました。
デザインは委員会メンバーの一人、観音ライダーさんです。
ありがとうございました!

このカードを今日からジャンボリーの会場を皮切りに配布開始です。
スタッフジャンバーも完成しましたよ!

このカードの配布をカルマンオーナー、もしくは紹介しくださるショップの方、ショップにお願いできる方はぜひご連絡ください。
データで送ることもできますし、現物を送ることもできます。


(クリックで拡大)

正式な受け付けは当日、会場で結構ですが、参加予定の方はあらかじめ、予約を入れていただけると嬉しいです。
予約のフォームは今後100台ミーティング専用のホームページにアップする予定です。

前夜祭ではトレーラーハウスに泊まってバーベキュー大会です。

翌日早朝に、参加者全員で山中湖を1周するミニツーリングをやります!
何台集まりますかね~。
100台以上集まると嬉しいなあ。

カルマンオーナー以外の方で車の誘導などボランティアをやっていただける方も募集します。
「やってもいいよ~」という方、ぜひお声をおかけください。


さてさて、昨日は仕事でもあったのですが、近くの神社の桜がもう満開になっていたので、写真を撮ってきました。

去年も同じところで撮っていますが、ブログを確認したら、3月31日でした。


桜の写真は難しいです。
最新の機器を使ったテレビ中継でも実際に見るきれいさには遠く及ばない気がします。

ここに引っ越す前は隅田川の有名な桜並木のすぐそばに住んでいました。
今頃、大変な騒ぎになっていると思います。


今日聴いたレコードはジャズの定番中の定番といえる、ジョン・コルトレーンのバラード。
ゆっくりした時間を過ごしたいと思う時にはぴったりです。

さあ、これからストVジャンボリーに出発です!



100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 05:21 | コメント(8)| トラックバック(0)

ストVジャンボリーの前日


暖かい日が続いて東京地方は桜が満開になりました。
今日はお花見に行く方も多いでしょうね!
ストリートVWsジャンボリーにエントリーしている方は今日は車をモディファイしたり磨いたりと準備をされるんでしょうね~。
私は残念ながら午前中は仕事が入っていて、ろくに準備ができそうにありません。

去年の第1回は前日が雨でなにもできなかったんですよね!
現場に着いてから磨こうかとワックスまで持って行きましたが、結局そんな時間はなくなり、ホコリを取った程度になりました。

今年のジャンボリーではとにかく「カルマン100台ミーティング」のプロモーションに力を注ぎます。

エントリーされている方、遊びに行こうと思っている方、きっとカルマンがずら~っと並んだところの真ん中あたりにテーブルを出していますから、ぜひ、来てください。
早めに来られた方はとてもおいしいものにありつけると思いますよ!
(それが何かはナイショ!)

100台ミーティングの先行予約も受け付けています。
カルマンオーナーの方はぜひ、登録してくださいね!

そして、今日は千葉の蘇我ハーバーシティというところでワーゲンのイベントが行われるそうです。
とpapabusさんが教えてくださいました。
昨年、花火を見に行ったところです。
PM4:00~7:00という少し変わった時間での開催です。
サンセットクルーズと銘打ってますが、走るとは書いてないですね~。
展示だけなんでしょうか?

行って見たい気もしますが、これに行くとジャンボリーの準備をする時間がまったくなくなってしまいます…。
といっても、何するわけでもないのですけどね。


3月29日は何の日?
・マリモの日
 1952(昭和27)年、北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定された。
同時に、富山湾のホタルイカ群遊海面、鹿児島県出水市のナベヅル、高知のオナガドリ等も国の特別天然記念物に指定された。

・八百屋お七の日
 1683(天和3)年、18歳の八百屋の娘・お七が、3日間の市中引回しの上、火あぶりの極刑に処せられた。
前年12月28日の大火で避難した寺で出会った寺小姓・生田庄之介のことが忘れられず、火事になればまた会えると考えて3月2日の夜に放火、火はすぐに消しとめられたが、お七は御用となった。
 当時は放火の罪は火あぶりの極刑に処せられていたが、17歳以下ならば極刑は免れることになっていた。そこで奉行は、お七の刑を軽くする為に「おぬしは17だろう」と問うが、その意味がわからなかったお七は正直に18歳だと答えてしまい、極刑に処せられることとなった。
 お七が丙午[ひのえうま]の年の生まれであったことから、丙午生まれの女子が疎まれるようになった

・キン肉マンの日
 sawacchiさん情報による。理由は不明(笑)



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(2)

タイムマシーンフェスティバル(最終回)


ロスマンズカラーのポルシェ962.
テールの長さ、ハンパじゃないです。
もっと、ハンパじゃないのは、なんとこの962が、噂のナンバーを取得した962なんだそうです。
車検取得に必要な保安部品はすべてついているそうです。
これが高速を走っていたり、ショッピングセンターの駐車場に入っていたりしたら驚くでしょうね~。
(ショッピングセンターなんて行くわけないだろ!…by皆さん)


あの、黄色いプレートのところに、「品川300 へ 59-63」なんて日本のナンバーついてても、今ひとつ似合わないかも…。


こちらはロータス77。
私くらいの年代の人にはほんとうに懐かしい車だと思います。
1976年に日本で始めて行われたF1グランプリでマリオ・アンドレッティが運転して優勝した車です。
マリオ・アンドレッティの息子さんはアメリカのCARTで活躍していましたね~。
お孫さんもレーサーになっているとか?
すごい家系です。


プラモデル、作りましたね~。
この頃のF1マシンのプラモデルを何台か作りましたが、TJさんもブログで書いていたようにFORDコスワースエンジンを積んだマシーンだらけで、エンジン部分のパーツは皆同じものが入っていました。
最初にエンジンの組み立てから入るのですが、そういう意味では新鮮味がなかったですね~。


これ、フェラーリの痛車?



3月28日は何の日?
・シルクロードの日
 1900(明治33)年、スウェーデンの探検家・地理学者のスウェン・ヘディンによって、廃虚になっていたシルクロードの古代都市・楼蘭が発見された。

・スリーマイル島記念日
 1979(昭和54)年、アメリカ・ペンシルベニア州のスリーマイル島原発で放射能漏れ事故が発生した。世界初の原発事故だった。

・三つ葉の日
 「み(3)つ(2)ば(8)」の語呂合せ。


タイムマシーン | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(8)| トラックバック(2)

ストVジャンボリーにカルマンで参加の方へ




いよいよ今度の日曜日、3月30日はストリートVWジャンボリーです。
カルマンギアで参加する予定の方はぜひぜひ、一緒に入場しましょう。
そうやって並んで入場するとまとまって止めることができ、見栄え度バッチリになります。

集合場所は以下のところです。(上の地図も同じです)
   ↓
http://www.mapion.co.jp/here/all/080302/mapi6115486080302161829.html
住所:東京都江東区有明3丁目
場所:お台場:東京ビックサイト内メイン道路の路肩
時間:3/30 Am7:30集合(7:45出発)
   会場内での並び順に、カルマン連ねて10分位で入場します。

対象は、もちろん正式にエントリーしていて入場券が届いている方だけになります。

ご一緒にジャンボリーを楽しみましょう!!




ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 08:00 | コメント(4)| トラックバック(0)

ビートルの三様


昨日は目黒に行く仕事がありまして、それがFLAT4のすぐ近くだったのでつい、カルマンで行ってしまいました。
東京はとても暖かかったです。
天気予報によると20℃を超えたそうで、今年初めてクーラーを入れて走りました。
窓を開けて走る方が快適なのですが、花粉が…。

相手先に行く時間までのんびりお宝パーツを眺めたり、小物を買ったりしてました。


1階の販売車両の展示スペースには黒いビートルが3台並んでいました。
一見同じに見えるビートルですが、年式により細かく違いがあります。
その中でもこの3台はまさに大きく違う3台です。
向って左から、'78年型、’55年型、’49年型。
左右で約30年の年代差があります。
前から見るとそんなに違いは感じないかもしれませんが、

後ろから見ると大きく違うのがわかります。
'49年型はリアウインドーが二つに分かれているのでスプリットウィンドーと呼ばれているモデルです。
’55年型は楕円のリアウインドーでオーバルと呼ばれています。


並んでいると、窓の形や大きさだけでなく、ボディラインそのものもずいぶん違うのがわかります。


こうやって見ると、フロントフードのラインも違うのがわかります。
どれも同じように見えるビートルもこうして並んでいると装備だけでなく、ボディそのものもずいぶん違いがあるのがわかって面白いですね!
(って、思うのは一部の人だけ?)


真ん中のオーバルのフロントウィンドーには珍しいステッカーが貼ってありました。
Bad Cambergという、ドイツで行われるワーゲンのイベントなのですが、ビートルはオーバルウィンドーまで、カルマンは角テールまで、改造車はダメというような敷居の高いイベントなのですが、ヨーロッパ中から数百台のワーゲンが集まるそうです。
一度行ってみたいものです。カルマンでエントリーできたら尚いいのですが。


3月25日は能登の地震から1年だったのですね。
外部のものからみると1年は早いですが、被害にあった方は大変な1年だったんでしょうね。
改めてお見舞い申し上げます。
また、3月25日はウチで飼ってるオカメインコの「ポンタ」(ぽんこじゃないですよ!)の4歳の誕生日でした。
何枚撮ってもストロボに反応してこんなポーズになってしまいます。
明るい昼間に撮らないとまったりしたポーズの写真は無理なようです。

ポンタ、誕生日おめでとう!

桑田投手、引退発表。
あなたはよくやりました!
ほんと、たいしたものです!



さて、3月27日は何の日?
・さくらの日
 日本さくらの会が1992(平成4)年に制定。
3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二侯のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから。
日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深める日。

車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(12)| トラックバック(2)

タイムマシーンフェスティバル(日本車編)


おお!トヨタ2000GTがたくさん来ている…と思ったら、違うんですね~。
以前も紹介したことがある、ロードスターベースのカスタムカーなのです。


よくできていますね~。


本物も来てましたよ。
こちらは後期型。


そして、こちらは前期型の2000GT。
TJさんのお知り合いの車ということです。


どの角度から見ても完璧なフォルムです。
5ナンバー枠なのに存在感すごいです。

ちょうど、到着したときに居合わせました。
バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン登場のシーンのようです。


この車、ご存知の方、いらっしゃいますか?
ダイハツのコンセプトカーのようです。
コペンを一回り大きくしたようなボディです。

ここから下はクラブスタンド

コスモスポーツもたくさん残ってますね。
イベントに行くたびによく見ます。って、みんな同じ車?


GT-Bもずいぶんたくさん来てましたよ。
10台以上?


初代シルビア。
同じ色で2台仲良く並んでいました。


SR311。
日本車と富士山はやはり、似合いますね!



3月26日は何の日?
・カチューシャの歌の日
 1914(大正3)年、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座が、トルストイの『復活』の初演を行った。この中で歌われた「カチューシャの歌」が大流行した。

タイムマシーン | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(2)

タイムマシーンフェスティバル(356編)


今日はタイムマシーンフェスティバルに集まった356の写真の紹介です。
朝日に輝くGmundさんのBのカラーリングはひと際目立っていました。
Gmundさんは午前中で早退だったのですね!
お疲れ様でした~!!
隣りはアバルト シムカ1300です。

バオ~ン…と富士のストレートを駆け抜けるGmundさんの356B



このコーナーは356クラブのブースです。


どの車もきれいでしたね~。
程度もさることながら、ボディラインは悩ましいです。


このシルバーのAは1957年型。
私のカルマンと同じ歳です。


こちらのスピードスターも1957年型だそうです。
ああ、最終理想がここに…。

新車のようにどこもピカピカでした。


こういう色もありですね~。

ここから下はレースに出場していた車両です。

モテギにも来ていた1954年型プリA


由緒正しそうなバッジがたくさんついていました。












オリジナルで乗っても、レース仕様にしても絵になりますね~。



今朝はすごい濃霧でした。


土手のサイクリングロードは100m先も見えません。
しっとり濡れてしまいました。






3月25日は何の日?
・電気記念日
 日本電気協会が1927(昭和2)年9月に制定。
1878(明治11)年、東京・銀座木挽町に開設された中央電信局の開局祝賀会が虎ノ門の工部大学校(現在の東京大学工学部)で開かれ、式場に50個のアーク灯が点灯された。日本で初めて灯った電灯だった。

タイムマシーン | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(4)

タイムマシーンフェスティバル(体験試乗編)


春らしい陽気の中、タイムマシーンフェスティバルに行ってきました。
今回もド素人的視点からレポートをさせていただきます!
昨年は大変な天気だったようですが、今年は朝から晴天のイベント日和。
タンクローリーに写る朝日とカルマンなのですが、わかりますか?


富士スピードウェイではレースだけでなく、さまざまなクラブミーティングも行われていて、1台でも珍しい車が何台もまとめて置いてあり、好きな車のコーナーでは何度もウロウロしてしまいます。

今回、タイムマシーンフェスティバルに行ってみようと思ったきっかけは、Gmundさん、TJさん、ボールチェアさんなどブログ仲間に会えることもありましたが、レクサスの体験試乗会というのに参加できることになったからです。
ホビダスのイベントに参加したことがある方には全員お知らせが行ったと思いますが、それに応募していて、「当選」の通知をいただいたからです。

レクサスの最新のISFという車をレーシングドライバーが運転し、それに同乗できるというものです。
レーシングドライバーが運転する車に同乗するのも初めてだし、富士のサーキットも走ったことがないので、大変興味があったのです。

試乗会はタイムマシーンフェスティバルのいろいろなプログラムの合間に細かく設定されていて、私は10:05の会を指定されました。


1回に5台、それぞれ3名ずつ、15名が乗ることができます。
田舎の小学生が通学のときにかぶるような白いヘルメットをかぶって、さらに花粉症のマスクまでして待機している私の姿はカミさんに言わせると「昔の学生運動のひとみたい…」だったそうです。


私が乗った車はこの濃紺のレクサスでした。
運転したのは影山正彦選手という星野一義、鈴木亜久里とトリオでルマンも走ったことのある一流の方でした。

撮影禁止ということで、写真はありませんが、仮にOKでもとても写真を撮れる余裕はありませんでした。
素人を乗せているから適当に走るのかなと思っていたら、なんのその、本気で走ってくれました。
コーナーではドリフトしながら、直線ではリミッターを外しているため250km出てました。
ストレートから第1コーナーへのブレーキングなんて、シートベルトをしていなかったら大ケガをしそうなくらい強烈なものでした。
いやあ、いい経験をさせていただきました。
これだけでも、行った甲斐がありました。

当日、抽選で何名か同じように試乗ができたのですが、カミさんは3回並んですべてアウトでした。
でも、あれに乗ったら、青ざめた顔で降りてくるのは目に見えてましたが…。
なんせ、絶叫マシーンの類はぜんぜんダメですから…。
ああ、ちょうど上下移動のないローラーコースターに乗っているようなものかも…。
ピットに戻ってきた車の前輪のディスクから煙がモワ~っと出ていたのが印象的でした。

レクサスISFが遊園地のローラーコースターなら、カルマンは薬局の前の100円入れてカタコト動く幼児用の乗り物くらいかも…(笑)


しかし、このレクサスISF、5000ccで423馬力、ミッションなんて8速というとんでもない車です。
お値段も850諭吉!
どんな人が買うのでしょう。


これは、昨日行けなかったエロメタ軍の皆さんへのサービスカットです。



3月24日は何の日?
・世界結核デー(World TB Day)
 世界保健機関が1997(平成9)年に制定。
1882年、ロベルト・コッホ博士が結核菌を発見した。
医学の進歩で克服されたかに見えていた結核が、再び猛威を振い始めたことから、結核の撲滅を目指して結核抑圧への協力を世界に呼びかけている。
日本では9月24日~30日を「結核予防週間」としている。

・マネキン記念日
 1928(昭和3)年、上野公園で開かれた大礼記念国産振興東京博覧会で高島屋呉服店が日本初のマネキンガールを登場させた。
マネキンガールとは、マネキン人形ではなく現在でいう「ハウスマヌカン」のことである。「招金」に通じるということで、フランス語のマヌカンではなく英語のマネキンという言葉を使った。

・ホスピタリティ・デー
 日本ホスピタリティ研究会(当時)が1994(平成6)年に制定。
数理学的に、3は新しいものを創り出すエネルギー・創造・自己表現等を、2は調和とバランス・思いやり・協力・理解力・人間関係を象徴し、4は全体をつくりあげる基礎を表わす数とされ、3・2・4はホスピタリティに関連性の高い要素が多く含まれていることから。
思いやりのある社会を築く為に、ホスピタリティを意識的に実践する日。

・壇ノ浦の戦いの日
 1185(元暦2)年、長州沖の壇ノ浦で、源義経が率いる源氏軍が平家軍を破り、平家一門が滅亡した。



タイムマシーン | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(1)

開通記念パレード


昨日は金曜日とうって変わって暖かかったですね~。
もう、春そのものという感じでした。
東京は桜の開花宣言もされましたし。
上の写真は先週買ってきたヒナ草という花です。


昨日は地元でとある道路の開通式があって、クラシックカーパレードをやるというので参加してきました。
開通パレードというものには参加したことがなかったので、どんなものだろう?と興味があったのです。

毎年開催されている地元のクラシックカーフェスティバルに昨年初めて参加したのでお誘いを受けたというわけです。
集合場所に行ってみるとすでに15台くらいは集まっていました。
みなさん、フェスティバルにも来ていた車ですから見覚えがあります。
MGAの後ろはオペル1600GTです。
私のカルマンはこのず~と後ろ。


私の前はスカイラインGT-R軍団。
後ろにはアルファロメオ ジュリアGTC。
珍しいかも…。





トライアンフTR-4Aのエンブレムについて、質問をいただいているのですが、ご存知の方、教えてください!


このTR-4とTR-4Aのみ写真の地球をかたどったエンブレムのようで、それ以外は下の写真のような本を開いたようなエンブレムのようなのです。
それぞれの由来をご存知の方、いらっしゃいませんか?
なぜTR-4だけ変えたのか?






さて、開通式ですが、まずは近くの小学校で式典がありました。
興味はなかったのですが、ぜひ参加してくださいと言われたのと後学のためにと参加してみました。
想像通り、しょーもないです。
想像以上にたくさんのお偉いさんたちが来ていて、会場となった小学校の校庭は黒塗りの車で埋まっていました。
衆議院議員や県知事や市長さんなどが交替で挨拶するだけ。
当然、いかに暫定税率の維持が大切か訴えます。

3~40分の式典後、現場に行ってテープカットなどのいろいろな儀式がありました。
消防庁や近くの高校などからバトントワラーやマーチングバンドが来て雰囲気を盛り上げます。

何が一番バカバカしいかって、今回開通した区間の距離はなんと1kmなのです。

1km。

今後さらに車線を増やしたり自動車専用道路も併走してして作っていく予定で、そのほんの一部が開通したわけです。
それだけのために、この式典です。
いったい幾らの道路特定財源がこの式典に使われたのでしょう。
たった1kmの新しい道を走るために集まった私たちにもお弁当にお茶に、さまざまな資料、冊子類が配られました。
それぞれに、ビックリするような費用を使って印刷しているのでしょう。

いったい日本中でどれだけこんなやらなくてもいいセレモニーを開催して税金を投入しているのでしょうか?

例えばレインボーブリッジの開通など、誰がみても特別な道路ならわかりますが、こんな、ごく普通の道路までやっているとは…。




式典のあと、パレードが始まりましたが、見ているのは近所の方数十名だけ。


たくさんの黒塗りの車や関係者が乗ったマイクロバスの後を追いかけ、集合から2時間近く経ってようやく走ることができました。


なんせ1kmですから、ゆっくり走っても2~3分でおしまい。
なんとあっけないことか…。


会場となった小学校の校庭の桜がなにか言いたげに咲き始めていました。

ま、いい勉強になりました。
出てみて文句ばかり言っていますが、出たからこそわかりました。
こんな式典、まったく無駄です。
「○月○日○時に開通します」と近辺の住民に何らかの形で知らせればそれで澄むことだと思います。


今日は、FISCOのタイムマシーンフェスティバルに行ってきます!
心配は、花粉だけ…。



3月23日は何の日?
・世界気象デー
 世界気象機関(WMO)が、発足10周年を記念して1960(昭和35)年に制定。国際デーの一つ。
1950(昭和25)年、世界気象機関条約が発効し、WMOが発足した。
WMOは、加盟諸国の気象観測通報の調整、気象観測や気象資料の交換を行っている世界組織である。日本は1953(昭和28)年に加盟した。



イベント | 投稿者 赤の’57 04:25 | コメント(27)| トラックバック(6)

ゲタ代わりの車



いつかどこかのサイトで紹介されていた靴の形をした車の特集です。
日本ではゲタ代わりの車なんて表現をしますが、欧米ではまさに、「靴代わりの車」というか、靴のような車なわけですね。
ま、笑ってあげてください!



























ま、このおバカさ加減には脱帽です!
みな、公道走ってるし…。

後ろの女性は…?



3月22日には何の日?
・放送記念日
 日本放送協会(NHK)が1943(昭和18)年に制定。
1925(大正14)年、社団法人東京放送局(現在のNHK東京放送局)が日本初のラジオ仮放送を始めた。
 東京・芝浦の東京高等工芸学校に仮スタジオを設け、午前9時30分、京田武男アナウンサーの「アー、アー、アー、聞こえますか。JOAK、JOAK、こちらは東京放送であります。こんにち只今より放送を開始致します」という第一声が放送された。
 元々は3月1日に放送を開始する予定だったが、購入予定の日本にたった1台しかない放送用送信機が、同じく設立準備中の大阪放送局に買い取られてしまった。
 そこで東京放送局は、東京電気研究所の送信機を借り放送用に改造して使用することにしたが、2月26日の逓信省(後の郵政省)の検査で「放送設備は未完成のため3月1日からの放送はできない」と判断されてしまった。既に3月1日から放送を開始すると報じており、また、大阪放送局よりも先に日本初のラジオ放送を行いたいということで、「試験放送」という形で逓信省の許可を受け、なんとか3月1日から放送を開始することができた。
 22日には逓信省から正式に免許を受けて仮放送を開始し7月12日に愛宕山からの本放送が開始された。大阪放送局はその年の6月1日から仮放送を開始した。

・国連水の日(World Day for Water)
 1992(平成4)年の国連総会で決定し、翌1993(平成5)年から実施。国際デーの一つ。
地球的な視点から水の大切さ、貴重さを世界中の人々がともに見詰め直す日。
 日本では、8月1日が「水の日」となっているので、この日は「地球と水を考える日」としている。



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(3)

桜、咲くかな?


今日は冬に逆戻りしたように冷たい風が吹き、雨も降っています。
気象庁では桜の開花予想なんて出してますが、どうなのよ?と職場の近くの桜の木を見てみたら、たしかにしっかり蕾は膨らんでいましたね!


種類が違うのでしょうが、もう満開状態の桜も1本ありました。

こちらの方は23日に開花と予想されているようですが、23日はこちらのイベントに行くことにしました。

FISCOで行われるタイムマシーンフェスティバルです。
昨年は雨と霧で大変だったようですが、今年は晴れそうですね!
行く気になったのは天気もありますが、申し込んでおいたレクサスの試乗会に当選したという通知が来たからです。
プロのドライバーが運転する最新のレクサスに乗せてもらってFISCOを1周できるそうですから、楽しみです。

Gmundさんも出場するようですし、TJさんやボールチェアさんにもお会いできそうですね!
他に行く予定の方はいらっしゃいますか?
現地でお会いできたら、よろしくお願いします!

22日(土)は地元を走っている外環道の延長部分が一部開通した記念でクラシックカーパレードをやるというので、エントリーしています。


で、今日、21日19:00~、ポチたまスペシャル(TV東京系)という番組にこの写真のワンコと飼い主のみんみんさんが出るそうです。

どういう登場の仕方をするんでしょうね!
楽しみです!



3月21日は何の日?
・国際人種差別撤廃デー(International Day for the Elimination of Racial Discrimination)
 1966(昭和41)年の国連総会で制定。国際デーの一つ。
1960(昭和35)年、南アフリカのシャープビルで、人種隔離政策(アパルトヘイト)に反対する平和的デモ行進に対し警官隊が発砲し、69人が死亡した。この事件が国連が人種差別に取り組む契機となった。
世界中で人種差別の撤廃を求める運動が展開される。

・ランドセルの日
 ランドセルをミニサイズに加工する店「スキップ」の増田利正さんが提唱。
3+2+1が小学校の修業年数の6になることから。

・催眠術の日
 催眠術をかける時のかけ声「3、2、1」から。
     ↑
  上二つはすごいこじつけですね!

・カラー映画の日
 1951(昭和26)年、初の国産総天然色(カラー)映画『カルメン故郷に帰る』が公開された。

日記 | 投稿者 赤の’57 08:31 | コメント(18)| トラックバック(0)

花粉症対策七つ道具


スギ花粉のピークが続いています。
花粉症の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

…という自分も10年近く花粉症に悩まされ続けています。
それでまた、医者、薬の類が嫌いなため、花粉症の治療で医者に行ったことは今まで一度もありません。
この10年以上、歯医者以外に行ったことないかも…。

そんな私を見かねてか、カミさんが花粉対策グッズを揃えてくれました。

マスク、鼻洗浄、目薬、目の洗浄、鼻腔拡張テープ(夜用)、花粉ブロッククリームなどです。

特に夜が厳しいのです。
鼻が詰まって口で息をするため、口が渇いて目が覚めるときがあります。

今朝はくしゃみを連発していてメタボで膨れた腹でズボンのボタンを飛ばしてしまいました…。

なんだかんだで、GWくらいまでこれと付き合うことになります。

「そんなことなら医者に行けよ!」って思いますよね!
いいんです。
風邪を引きそうなときも薬も飲まず、気合で直す主義なんです。

「まったく、お前は原始人か!」

でも、この数年、風邪で寝込んだこともないのです。


気になり続けているあのビートル
運転席の写真です。
イチローの見出しがあるスポーツ新聞が助手席に置いてありました。
パーセルシェルフをつけてます。
内装も、オリジナル度、高そうです。


ダブルバンパーは若干錆が来ていますが、磨けば何とかなりそう…。

書類があるとして、この車を最低限動くようにするにはいくらくらいのお金が必要ですかね?
とりあえず動く状態にして、コツコツ少しずつ仕上げて行くのも楽しいかな…なんて。
…いえ、想像しているだけですよ!

昨日から冷たい雨が降り続いています。
そんな中、今日は引越しの手伝いに行き、夜はお通夜です。
出かける予定だった方は残念ですね。



3月20日は何の日?
もちろん、春分の日。昼と夜が同じ時間の日です。

・上野動物園開園記念日 
 1882(明治15)年、日本初の近代動物園として、上野動物園が上野公園内に開園した。

・東京国立博物館開館記念日
 1882(明治15)年、上野動物園と同時に、上野公園内の上野寛永寺跡に東京国立博物館(東博)が開館した。

・LPレコードの日
 1951(昭和26)年、日本コロムビアからLPレコードが「長時間レコード」の名前で発売された。

・電卓の日
日本事務機械工業会が1974(昭和49)年に、日本の電卓生産数が世界一になったことを記念して制定。
制定当時は記念イベントを開催していたが、現在では何も行われていない。


日記 | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(21)| トラックバック(1)

羽田空港の北原コレクション


北九州空港までの最終便に乗るため、先週の土曜日の深夜、羽田空港にいたのですが、ほとんどのフライトが終わって、ガランとした空港内の3階に車らしきものが見えるので行ってみました。

行ってみて初めて知ったのですが、おもちゃ博物館の北原照久氏のギャラリーでした。


向かいには「童心」というおもちゃショップがありましたが、当然営業は終了していました。


一番上の写真はシトロエンのペダルカーのようでした。
この写真のペダルカーのことはよく分かりませんが、古い年代の価値のありそうなものだということだけはわかりました。


きっと、どれも年代モノにもかかわらず、完璧なコンディションの1台数十万円から百万円以上するようなおもちゃなんでしょう…。
自分で所有するだけでなく、こうして展示してくれると私たち庶民も楽しめますので、いいですね!


ビートルズやバットマンなどの古い人形、ミッキーマウスの年代モノの人形なども飾ってありました。

ま、どれを私が持っていても、「宝の持ち腐れ」というヤツでしょう。


2日にわたってカルマンギアのリアエンブレムの本物とリプロの違いについて知ったばかりの知識を書きましたが、鮮明な画像を添付しますね。
これならはっきりわかります。


低年式のカルマンを見るたびにチェックしてしまいそうです…(笑)


で、3月19日は何の日?
・ミュージックの日
 音楽関係者の労働団体・日本音楽家ユニオンが1991(平成3)年に制定。
「ミュー(3)ジック(19)」の語呂合せ。
日本の音楽文化と音楽家の現状について広く理解を求め、その改善の為の支持を得ようと、全国各地でさまざまな活動が行われる。

・アカデミー賞設立記念日
 1927(昭和2)年、アメリカで映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が設立された。

・カメラ発明記念日
 1839年、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明した。
この写真機は「ダケレオタイプ」と呼ばれ、長時間露光させるため写真機の前で長い間じっとしていなければならなかったが、大変な人気を集めた。


日記 | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(4)

第3回実行委員会


ようやくデジカメが戻ってきたので、1週間前に遡っての記事になります。
3月8日の土曜日は辻堂のOnly weekendさんでカルマン100台ミーティングの実行委員会がありました。
Only weekendさんの駐車場はまたても色とりどりのカルマンで埋められました。


委員会を始める前に、前の空き地を借りて並べて撮ってみました。


ニューイヤーミーティングの時に2000GTで登場したYさんは今回なんと観音クラウンで登場!
ご本人がお持ちの観音クラウンは黒で現在ドッグ入りしており、これはお知り合いの車でずっと預かっているそうです。
凄くきれいな色です。
何年型か聞いたのに忘れました。
'62年とか'63年型あたりだったでしょうか?


純正のクーラーつき。
内装の色も外装の色とあっています。
さすがはクラウン、豪華な内装です。


この車の給油口はなんと、テールランプの中。
こういうギミックって、いいですね!


またまたエリバとツーショットで撮ってみました。
カルマンで引けるそうです。
コンパクトですが、大人二人が寝るには充分な広さです。

Okachinさん、またしても長居してすみませんでした。
ローストビーフサンドもスープも美味しかったです!



さてさて、昨日のクイズの正解です。
違う部分をアップで撮っておけばよかったのですが、携帯カメラの写真を大きくしたので、違いがわかりにくいのですが、実物はもっとよく分かります。



わかりますか?

よく分からないという方はこちらをご覧ください。
  ↓


Nの付け根に下から斜めに延びている部分が上のリプロ品はNの文字とずれができています。
本物はこの段差がないのです。
字の太さや先端の処理などもリプロ品は本物よりも作りが甘いです。
さて、この違い、気づいた方はいらっしゃいましたか?

また、これは1962年までの大きいタイプのバッジのみの話のようです。
63年からの一回り小さくなったタイプのリプロ品との違いはよく分かりません。

師匠には他にもお宝アイテムを見せていただきました。
ありがとうございました!


今日は久しぶりに自転車通勤をしました。
今年になって初めてです。
自宅から職場まで12.5km。

川原はヒバリが鳴き、菜の花が咲き始めていました。
春なんですね~。



3月18日は何の日?
・精霊の日
 柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の3人の忌日がこの日であると伝えられていることから。

・明治村開村記念日
 1965(昭和40)年、愛知県犬山市に博物館明治村が開村した。
博物館明治村は明治の建築物を保存展示する野外博物館である。


100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(24)| トラックバック(3)

師匠のもとへ


先週末は暖かかったですね!
杉花粉もピークのようで、車で出かける時は黒いサングラスにマスク姿という、そのままでは銀行に入れないような姿です。
鼻水だけでなく、目も痒くなって来ました。
おまけに今日は黄砂まで飛ぶといってます。
困ったもんです。

昨日の午後は私が勝手に師匠と決め付けているカルマンオーナーの所にお邪魔しました。
あるプロジェクトの作業中で、お手伝いできることがあればそれをしながらいろいろ教えてもらえたら…なんて考えだったのですが…。

結局は作業の手を休ませてしまい、邪魔をしてしまっただけのようです。
私は一方的に楽しかったのですが…(笑)

いやあ、さすがです!
いろいろ教えていただき、ありがとうございました。
今回初めて知ったこともたくさんありました。

以下は、カルマン乗りじゃないとどうでもいいことです。きっと。

私のカルマンのエンジンフードの裏側には二つの楕円の穴が開いているのですが、これは’56と’57だけなんだそうです。
何のための穴かというと、夜、エンジンフードを開けたとき、ライセンスライトの明かりがここから漏れてエンジンルームを明るくするためだそうです。
へ~10個分くらいでした。

また、私のカルマンのエンブレムを見て、
「これは、本物ですね!」と師匠。
「えっ!どこを見たら本物かどうかわかるんですか?」
「比べると一目でわかりますよ!」

というわけで、この写真です。

下が本物で上がリプロです。
携帯の画像で、若干違いがわかりにくいのですが、わかりますか?
雑誌の間違い探しのようですが…。

正解は次回のブログで発表しますね!
これはへ~20個分くらいあります。
見た目ですよ。見た目でわかります。
(でも、この写真じゃ正直、わかりにくいです…すみません)

師匠! お邪魔して、ほんとうに済みませんでした。
でも、またお邪魔しに行きます!(笑)


帰り道、師匠のガレージのすぐ近くにカルマン発見!
渋い色のカブリオレでした。
100台ミーティング、よろしくお願いします!


こちらのGT-Rは小倉の実家の近くの家にあったもの。
この家の持ち主の息子さんの所有の車だけど、どこかに仕事か何かで出たきりで、ずっとこのまま…というような感じで数年間乗られていないような雰囲気です。
もったいない…。


TJさんのブログに刺激されて、私がカルマンと遊んでいる間にカミさんが携帯ショップをチェックしてくれていました。
そうしたら、上の写真と同じL704iがFORMAからFORMAへの機種変更でも無料のものがあるというので迷わず変更しました。
オプションの申し込みも必要だったのですが、ポイントと相殺で、最初から解約状態。
結局完全に0円で機種変更できました!イエ~イ!!

LってLGのLだったんですね。
あまりにも使い勝手が違うので掛かってきた電話に出るだけでもオロオロしています(笑)


さてさて、3月17日は何の日?
・漫画週刊誌の日
 1959(昭和34)年、日本初の少年向け週刊誌『少年マガジン』『少年サンデー』が発刊された。
当時は読み物が中心で、漫画は少ししか載ってなかった。

少年マガジンは幼稚園~小学校低学年の頃、よく読んでました。
当時の価格はたしか40円。
「ぼくら」とか「冒険王」もちろん「少年サンデー」も人気でした。
「ジャンプ」、「チャンピオン」はまだなかったです。
お気に入りはちばてつやの「紫電改のタカ」「丸出だめ夫」でした。
 
丸出だめ夫って、知ってる方いるかなあ…。
何をやってもダメな男の子とちょっと気が利くボロットという名前のロボットが出てくるのですが、その関係はまるで、のび太とドラえもんの関係と同じです。
オバQもしかり。

このボロットというロボット、しゃべれないので、ADのカンペよろしく、紙に字を書いて意思を表現するのです。
今、考えるとロボットにしゃべらせるよりも字を書かせるほうがよっぽど難しいことに思えます(笑)

これ以上は歩瑠さんにお任せします!


カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(1)

エンスーな廃車置場(その2)


ず~と前から気になっていたのです。
通勤途中でチラッと、レイトバスが置いてあるのが見えるのです。
いつも走りながらチラッと観るだけだし、遠目なので程度もわかっていませんでした。
昨日、買い物のついでに「そうだ!」と寄ってみました。


う~ん、思ったよりも程度悪かったです。
なぜか、有名ワーゲンショップの大きなステッカーがついています。
しかも、ナンバーまで。
ナンバーは四国のものでした。
ここまでボディが錆びてると再生するのも勇気が要りますね。


置いてあるのはバスだけだと思って行ったのですが、奥のほうに白いビートルが見えました。


フェンダーに錆はきていますがなかなか状態はいいように感じます。
後ろのシートがめくれていて6Vのバッテリーが見えていました。


エンジンフードが開いたのでエンジンを見ることができました。
やはり、6V仕様です。
エンジンはオリジナルではないでしょうか。
すぐにでもかかりそうに見えましたよ!


ビートルのさらに奥にSRが。
やや!さらに奥にカルマンまでありました。


ハンドルはVWマークの入った小径ハンドルに変えてあり、走り屋仕様?
ドアミラーがボディと同色の珍しいタイプがついていました。


このミニはここにおいてある車の中では一番程度がよかったかもしれません。
他にはC3コルベット、シトロエンBX、アストロなどが置いてありました。


バスの横には2台だけボディカバーをかぶせた個体がありました。
おそらく、1台はSRでもう1台はZのようです。

この車たちの持ち主は、おそらくすぐ近くにある修理工場だと思います。
ごく普通の修理工場に見えますが、タイプ1、タイプ2、カルマンと揃っているのには驚きです。

あのタイプ1はちょっと手を入れれば動きそうで、惹かれます…。


このところ、カミさんがカルマンの運転を練習してます。
今日も往復すべてカミさんの運転で、私は緊張しながら助手席を暖めていました。
まあ、坂道発進とバック以外は及第点です。

よ~し、これでカルマンで出かけても飲めるぞ~!
って、それかい、目的は!!それより、ガソリン入れろ!(by エロメタ軍)

デジカメがまだ戻ってこないので、すべて携帯カメラの画像です。
結構古い携帯ですが、それなりに撮れてますね。



3月16日は何の日?
・国立公園指定記念日
 1934(昭和9)年、内務省が、瀬戸内海・雲仙(現在の雲仙天草)・霧島(現在の霧島屋久)の3か所を国立公園に指定し、日本初の国立公園が誕生した。
国立公園はわが国の風景を代表する自然の景勝地で、環境大臣が指定した公園である。現在、28の国立公園が指定されている。


しかし、毎日何か記念日があるのですねえ…。





車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(30)| トラックバック(2)

痛車


いやあ、知りませんでした。
車にこういうジャンルがあるとは…。
先日、テレビで紹介していて初めて知ったのですが、けっこういるんですね。

Wikipediaによると、「痛車(いたしゃ)とは、漫画・アニメやゲームなどに関連するキャラクターやメーカーのロゴをかたどったステッカーを貼り付けたり、塗装を行った車、あるいはそのような改造のこと。」と定義されるそうです。

う~ん、私的には微妙です…。







痛車の専門誌も発行されているようですよ!



で、これがバイクになると、「痛単車」というそうです。




自転車バージョンもあるようで、痛チャリというそうです。


イベントのようなオフ会もやっているようで、愛好家同志で張り合ってるんでしょうね~!!

でも、「最近では「オタクがスポーツカーに乗っているのが許せない」等の理不尽な理由で、カラーギャングなどにより、ボディに無数の傷を付けられる、ステッカーを剥がされる等の痛車狩りも起こっており、注意が必要である。」
ということですから、ただ、まったりしているわけにも行かないようですね。

また、「車種は、セリカ・スカイライン・インプレッサ・インテグラ・ランエボのようなスポーツカーが多いが、ハイエース・ステップワゴンのような1BOXカー、カローラ・コンフォート・クラウンコンフォート等のセダンも多い。このほかにも外車をベースにする者もおり、アルファ・ロメオベースの「イタ車をベースにした痛車」を作る者まで現れている。」ですって。

イタ車の痛車かあ…。


動画です。






さて、3月15日は何の日?

・靴の記念日
 日本靴連盟が1932(昭和7)年に制定。
1870(明治3)年、西村勝三が、東京・築地入船町に日本初の西洋靴の工場「伊勢勝造靴場」を開設した。
陸軍の創始者・大村益次郎の提案によるもので、輸入された軍靴が大きすぎたため、日本人の足に合う靴を作る為に開設された。

・世界消費者権利デー
 国際消費者機関の消費者運動の統一行動日で、1983(昭和58)年から実施。
この日、ケネディ大統領が「消費者には権利がある」との一般教書を発表した。
消費者の権利確立・拡大に向けて、世界でさまざまなイベントやキャンペーンが実施されるが、日本では目立った取り組みはされていない。

・万国博デー
 1970(昭和45)年、前日に開幕式が行われた大阪府吹田市千里丘陵の「日本万国博覧会(大阪万博)」の一般入場が開始された。

・オリーブの日
 小豆島で実施。


車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(24)| トラックバック(1)

エンスーな廃車置場

昨日、仕事で行った先の近くに何台かの車とたくさんのバイクが捨ててあるように置いてあったのですが、見かけない丸い屋根が目に入り、近寄ってみるとまあ、ビックリでした。
デジカメがまだ戻ってこないので携帯電話の画像です。

シトロエン2CVが2台。
1台はチャールストンのようです。


その横にはMGが。
珍しいハードトップつきです。


そしてその横にはボディカバーをかけたオープンカーが…。
運転席部分には水がたくさん溜まってました。


前に回ってみると、ボンネットの上にコブが…。
やはり、カニ目のようです。
シートを少しめくってみると、水色の塗装でした。

カニ目の前にはミニが置いてありました。
周りを見渡しても車関係のお店等はありませんでした。
少なくとも5年やそこらはほったらかしの状態に見えます。

なんなのでしょう…、ここは。
カニ目、再生させてあげたいなあ…。


それから、昨日、ストリートVW'sジャンボリーの書類が届きました。
100台ミーティング関連のカルマンだけで20台近くにはなりそうです。
100台ミーティングのアピール方法を考えなくては…。
会場で、仮申し込みを受け付ける予定です。
チラシも用意しますので、ご興味のある方はぜひお持ちくださいね!



さて、3月14日は何の日?
言わずと知れた
・ホワイトデー
 2月14日のバレンタインデーにチョコレートを贈られた男性が、返礼のプレゼントをする日。バレンタインデーのチョコレートに対しキャンデーやマシュマロをお返しするのが一般的になっている。
日本でバレンタインデーが定着するにしたがって、若い世代の間でそれにお返しをしようという風潮が生まれた。これを受けたお菓子業界では昭和50年代に入ってから、個々に独自の日を定めて、マシュマロやクッキー、キャンデー等を「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになった。
 この動きをキャンデーの販売促進に結びつけ、全国飴菓子工業協同組合(全飴協)関東地区部会が「ホワイトデー」として催事化した。そして1978(昭和53)年、全飴協の総会で「キャンデーを贈る日」として制定され、2年の準備期間を経て1980(昭和55)年に第1回のホワイトデーが開催された。
 ホワイトデーを3月14日に定めたのは、269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策にそむいて結婚しようとした男女を救う為、バレンタイン司教が殉教し、その一箇月後の3月14日に、その2人は改めて二人の永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来する。

・キャンデーの日
 全国飴菓子工業協同組合ホワイトデー委員会が1978(昭和53)年に、バレンタインデーの返礼にキャンデーを贈る日として制定。

・マシュマロデー
 福岡県の菓子店「石村萬盛堂」が1977(昭和52)年に、バレンタインデーの返礼にマシュマロを贈る日として制定。

・数学の日
 日本数学検定協会(数検)が制定。
円周率の近似値3.14に因んで。
現代文明を支えている数学の一層の発展を願って祝う日。

・国際結婚の日
 1873(明治6)年、政府が国際結婚を認めるとの布告を出した。



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(20)| トラックバック(1)

人と違うカルマンに乗りたい!


しばらくカルマンネタから離れていたので、今日は久しぶりにカルマンネタでいきましょう。
他人と同じ車には乗りたくないという方はたくさんいらっしゃると思いますが、いくらなんでも、これは…
貝殻をボディ全体にくっつけています。
なかなかのオバカルマンですね~。


アメリカ人はフレアーという炎の模様の塗装をする人って多いですね。
これなんか、相当おとなしい方です。
エンジン関連はそうとう気合入っているようですが…。


デザイン的にはこんなのが多いですね。


これは、相当に手が込んでます。


このカルマンはまたぜんぜん違う方向性です。


この車はいぜん、一度紹介したことがあると思います。

日本ではツートーンやレース用に多少目立つ塗装をしているカルマンは見ましたが、ここまで派手なのはまだ見たことがないです。


下の動画は、1956年型のカルマンの再塗装の作業シーンです。
30秒毎に5秒間自動で撮影したようです。
プライマーの状態から徐々に色がついていきます。



3月13日は何の日?
・サンドイッチデー
 1が3で挟まれている(サンド1=サンドイッチ)ことから。
この日とは別に、サンドウィッチの生みの親とされるイギリスのサンドウィッチ伯爵の誕生日・11月3日が「サンドウィッチの日」となっている。

・青函トンネル開業記念日
 1988(昭和63)年、青函トンネルを通るJR津軽海峡線が開業した。
青函トンネルは、全長53.85km、全長の43%が海底という世界最長のトンネルである。
同時に青函連絡船が80年の歴史の幕を閉じた。


********************************************************************


「カルマンギア100台きららミーティング」



2008年10月18日(土)~19日(日)
 ※18日は前夜祭のみ


開催場所:山中湖交流プラザきらら臨時駐車場


山中湖一周パレードも実施します。


参加カルマン募集中!


公式HP:http://www.karmannghia100cars.com/



ドイツで行われたカルマンギア50周年行事の映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=wiz10sHHl2w




********************************************************************



カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(14)| トラックバック(0)

ミニじゃないミニ


しばらく携帯からの投稿が続いていましたが、今日から元のバージョンに戻りますよ!
週末は夜討ち朝駆け的な強行スケジュールでしたが、花粉症以外は元気です!

先週末の出来事などアップしたいことはあるのですが、実は実家にデジカメを忘れてきたため、リムジンシリーズの続きをやります。

上の写真のストレッチリムジンのミニXXLはわりと有名な車のようですね。
BMW社がアテネオリンピックの年、ちょうど今から4年前に広報用に作った車のようです。
実際にアテネでVIPを移送するのに使われたようです。
日本にも来たこともあるようですので実際にご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。。


中はゴージャスというほどではありませんが、余裕のスペースです。
ま、ベースがミニですから、前後に余裕を持たせるしかありませんが…。


で、お決まりのジャグジーです。
実用性はまったくないのに、どうして、こういうのつけたがるのでしょう…。
はっきり言って、く~だらない。


これは上の車と色違いでしょうか?


旧ミニのリムジンの写真もたくさんありました。
リムジンを好む方はこんな雰囲気で乗車したいのですかね~。



この上下の写真の車は似ていますが別の車ですね。





このミニはオープンになるようです。


長くするだけでなく、塗装も凝ってみましたとさ。


風船の絵で、幼稚園バスみたいになってしまいました。


んんん?
このミニ、いったいどっちが前?
まさか…、両方…。


お幸せに!
リムジンは、こういう使われ方が一番いいのでしょうね!

でも、文金高島田は絶対無理です…。


最後に動画特集でお楽しみください。


リムジンといえば、ダイハード1で黒人少年の運転手が運転するリムジンが結構印象に残っています。
最後にいい出番がありますよね!

この2枚の写真はTJさんにコメントをいただいて思い出した写真です。
ミニのミニ。
  



3月12日は何の日?
・サイフの日
 「さ(3)い(1)ふ(2)」の語呂合せ。

・サンデーホリデーの日,半ドンの日
 1876(明治9)年、官公庁で土曜半休・日曜休日制が実施された。
それまでは、1868(明治元)年9月の太政官布告により、31日を除く1と6のつく日を休日としていた。しかし、欧米との交易等で不便があったため、欧米と同じ仕組みに改めることとした。
1871(明治4)年から皇居で毎日正午に大砲(午砲・ドン)を撃っており、土曜日はドンとともに仕事が終わることから、丸の内に勤める人たちの間で「半ドン」と呼ばれるようになった。ドンは全国の都市で行われるようになり、それとともに「半ドン」という言葉も全国に広まった。
また、オランダ語で日曜日を意味するzondag(ゾンターク)が訛って「ドンタク」となり、土曜日は半分が休日であることから「半ドンタク」略して「半ドン」となったとする説もある。

・モスの日
 モスフードサービスが制定。
1972(昭和47)年、東武東上線成増駅前に初めてモスバーガーの実験店がオープンした。



昨日、エンデバーの打ち上げが話題になりました。
50代、がんばってます。
この国際宇宙ステーションですが、軌道投入高度:約226km、ドッキング高度:約341kmと発表されています。
間を取って300kmとしても、高いような低いような…です。
旅客機の高度で10kmですから、たいしたことありませんが、300kmといっても横にすると直線で東京~名古屋間くらいです。
地球儀の東京~名古屋の距離分を縦にした、そんな表面をくるくる回っているわけです。
それで大気圏外ですから、大気なんてほんとうに地球の表面に薄~くあるだけなんだと実感できます。


車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(24)| トラックバック(2)

夜明け前

またしても、とんでもない時間のフライトで戻ります。
日記 | 投稿者 赤の’57 04:59 | コメント(20)| トラックバック(0)

ソノシート

懐かしいものがありました。
ソノシートという、ビニールでできた薄っぺらいレコード板で、12ページ程度の小冊子付きになっています。
発行は昭和40年、41年で価格は280円となっています。
ジャングル大帝の中を見ると音楽:富田勲と書いてあり、驚きました。
日記 | 投稿者 赤の’57 12:30 | コメント(14)| トラックバック(0)

一安心

こちらは今、雨が降ってます。
父親の手術は無事成功したようで思っていた以上に元気で安心しました。

今、母親を温泉に連れて来ているところです。

電気風呂なんてのがあってビックリしました。
あれはまったくダメです。(笑)
ビリビリして気持ち悪い・・・

赤、白、ピンクの梅が家主が帰るのを待ってます。
日記 | 投稿者 赤の’57 16:14 | コメント(20)| トラックバック(0)

夜間飛行

こなさん、みんばんは!(懐かしいフレーズ?)
こんな時間の飛行機に乗ってちょっと実家に帰ってきます。
コメントへのお返事が遅れてしまう点、ご勘弁ください。
しかし、こんな遅い時間のフライトに結構乗る人がいるのが驚きです。
日記 | 投稿者 赤の’57 23:00 | コメント(12)| トラックバック(0)

おバカリムジン(その2)


ね!、いわんこっちゃない…。
こういうことになるわけですよ。
もうちょっと、考えなさいよ、まったく!


ほらほら、あなたも。
プロなんでしょ!一応、リムジンの運転に関しては…。
だいたいサンフランシスコで走らせるような車じゃないでしょが!


あなたねえ、ちょっとくらい車高を高くしても、こんなに長くしちゃうと上の車と同じ目にあいますよ!
知りませんよ!…私は。


そうか、そうきましたか。
これなら、シーソーになることもなさそうですね。
コレならね…。
でも、ドレスでどうやって乗るっての?
エスカレーターでもついてるの?
いや…、ホントに出さないでくださいよ!
あなたたち、本気でやりそうだから…。


砂漠でも大丈夫なリムジンって聞いたからチャーターしたけど、これ???
もう…、いい加減にしなさいっ!!


あなたは、飛行機になりたかったの?それとも船?それとも車?
まったく…。
はっきりしなさい。はっきり…。


リムジンでも早いんだ!さん…
やりすぎです…。


どうしても車でジャグジーしたいのですね。
しかも、ハート。
どんだけジャグジー好き?


トラバントのリムジン作ったあなた、
お金持ちなの?それともお金ないの?
コンセプトが矛盾してて、気持ち悪いよ~。
フェラーリのリムジンも同じか…。


最後はsawacchiさんへのサービスカットその2です。



で、3月8日は何の日?(いつのまにか、恒例に…)
・国際女性デー(International Women's Day)
 国際的な婦人解放の記念日。国際デーの一つ。
1910(明治43)年の第2インターナショナルのコペンハーゲン第7回大会で正式に制定。
1904(明治38)年、ニューヨークの女性労働者が参政権を求めて集会を開いた日。
日本では1923(大正12)年、社会主義婦人団体・赤瀾会[せきらんかい]が中心となり、種蒔き社の後援で、東京・神田のキリスト教青年会館で婦人の政治的・社会的・経済的自由を訴える演説会が開催されたのが最初だった。

・ミツバチの日
 全日本蜂蜜協同組合と日本養蜂はちみつ協会が制定。
「みつ(3)ばち(8)」の語呂合せ。

・エスカレーターの日
 1914(大正3)年、東京・上野の大正博覧会の会場に日本初のエスカレーターが設置され、この日運転試験が行われた。第1会場と第2会場をつなぐもので、秒速1尺(約30センチ)で動いた。

・みやげの日
 全国観光物産振興協会が制定。
「み(3)や(8)げ」の語呂合せ。

・ビールサーバーの日
 ビールサーバー・ドットコムを主催する木村栄寿さんが2001(平成13)年に制定。
「サー(3)バー(8)」の語呂合せ。



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(10)| トラックバック(0)

おバカリムジン(その1)


アメリカ人に限らないかもしれませんが、「世界一の…」ということに執念を燃やす方というのはいるようで、世界一長いリムジンを作ってみたらこうなりましたという車です。
コレ、実車ですから驚きます。100フィートだそうです。
タイヤ、片側だけで12本、計24本使ってます。
おまけに右前の3番目のタイヤパンクしてるし…。
一応、ギネスで世界一長い車と認定されているようです。
ジャグジーとサンデッキつき。
運転席は一番前だけでなく一番後ろにもあるそう。後ろの運転席はバック用ですって!
人を乗せるのが目的ではなく、映画用に作られたようです。
21000ドルでオークションに出てたようです。


どうして、ジャグジーつけたがるのでしょうね?
アメリカでもジャグジーはステータスの象徴なんですかね?


トライクのリムジン。


なにも、ピックアップをリムジンにしなくても…。
デフが見えますからFR?
どんだけ長いプロペラシャフトなんでしょう。


キャタビラも凄いけど、どこ乗ってんの??


こういうところを走りたいわけですね。


こんなの道を走っていたら、列車が脱線したのかと思ってしまいますよね!





この写真は予定になかったのですが、sawacchiさんのリクエストで載せますね!
ランボルギーニのリムジン?です。


う~ん、皆さん、お遊びが過ぎますね~。
でも、まだ画像はあります。



「お前、あちこち旅行に行ってたのって、洋服特定給与から出してたの?」
「だって、ちゃんとした洋服買うには健康維持が大切じゃない?たまには旅行くらいしてもいいじゃない…」
「………」


さて、3月7日は何の日?
・消防記念日
 1948(昭和23)年、「消防組織法」が施行された。
明治以来消防は警察の所管とされていたが、これにより、条例に従って市町村長が消防を管理する「自治体消防制度」となり、各市町村に消防本部・消防署・消防団の全部または一部を設置することが義務附けられた。
これを記念し、2年後の1950(昭和25)年、国家消防庁(現在の消防庁)がこの日を消防記念日とした。

・東京消防庁開庁記念日
 1948(昭和23)年、「消防組織法」施行によって「東京消防本部」が警視庁から分離独立して誕生した。
約2箇月後の5月1日に、警察組織の警視庁に合わせて「東京消防庁」と名称を変更した。
なお、東京消防庁は東京都の行政機関であり、国の行政機関である消防庁とは別の物である。

・警察制度改正記念日
 1948(昭和23)年、警察の制度が改正され、国家警察と地方自治警察が設置された。

・花粉症記念日

なんじゃ?
花粉症記念日って?



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(22)| トラックバック(0)

ポルシェのリムジン


フェラーリのリムジンときたら、やっぱり次はポルシェのリムジンですよね!
あるんですね、これが。
みな、カイエンベースのようです。


内装はオーダーの内容やビルダーの個性が出ているようですが、さすがにバケットシート仕様はないようです。

このカイエン、日本で買えますよ!
http://www.carview.co.jp/market/ucm/stockdetail.aspx?idstock=694585
ebayで$45000から売りに出たこともあるようです。






リムジンの中を見ていつも思うのですが、横向きに乗っていると車の動きに合わせて体が動いて、快適じゃないのじゃないかと…。
快適なのは一番後ろの2名だけではないでしょうか?

リムジンネタ、実はたくさん控えてます。
しばらく、これでいくかな…。

なんと、356のリムジンまでありましたよ!

う~ん、言葉が出ません…。

ついでに、ヘンテコな6輪ピックアップ仕様の928


あ~あ、やっちゃった…のチョロQ仕様。

このスペースでエンジン、ミッション、ついているのでしょうか?

動画です。
ただ、走っているところを写しているだけですが…。
よく似ていますが違う車です。






さて、3月6日は何の日?
・世界一周記念日
 1967(昭和42)年、日本航空の世界一周西回り路線が営業を開始した。
それまでは日米航空協定により、日本の航空会社は世界一周路線を持てなかった。

・スポーツ新聞の日
 1946(昭和21)年、日本初のスポーツ新聞『日刊スポーツ』が創刊された。

・ジャンヌ・ダルクの日
 1429年、イギリスとの百年戦争で苦戦するフランス皇太子シャルル7世のもとに、神の命を受けたというジャンヌ・ダルクが現れた。
以後、彼女の活躍で戦況は一変したが、翌年イギリス軍に捕えられ、宗教裁判にかけられて火あぶりにされた。


桜の開花予想なんて発表されましたが、日本海側はまだまだ寒いようですね。
今日はかなり、花粉を感じています。



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(16)| トラックバック(1)

フェラーリのリムジン


この車、なんとフェラーリ360モデナのストレッチリムジンです。


伸ばした部分はこんなになってます。
レカロのフルバケットシートが6脚追加。
ウェンディングドレスじゃ乗るの、大変でしょうね~。



製作風景の写真もありました。

あ~あ、ホントに切っちゃった…。




こうやって、型を作って伸ばした部分のボディを作るんですね。


しかし、このフェラーリ、よく見るとストレッチ部分には窓がありません。
小さなライトらしきものはついていますが…。
トンネルのようなボディの中でバケットシートに挟みこまれてくつろげるのでしょうか?
ま、好き好きですね!

このリムジンはスタイルリムジンズのDan Cawley氏がCarbonyte UKに発注して造られ、改造費は200,000ユーロ(今日のレートで約3100万円)かかっているそうです。

動画もありました。





このリムジンはレンタル用で価格が出ていました。
レンタル料は最初の3時間が$1200、それ以降1時間ごとに$400だそうです。


こっちの車のほうがくつろげそうですね。
でも、天井、低いでしょうからね~。





さらに他にも…

これはフェラーリじゃなくて、ランボルギーニのようですね。


きゃ~、やめて~!!
という感じです。



さて3月5日は何の日?
・珊瑚の日
語呂合せと、珊瑚が3月の誕生石であることから。

・ミスコンの日
1908(明治41)年、時事新報社が全国から「良家の淑女」を対象に写真を募集し、その審査結果を公表した。これが日本初のミスコンテストとなった。
1等に選出されたのは小倉市長・末弘直方の四女・ヒロ子で、学習院女子部3年に在学中だった。コンテスト参加は学習院で大問題となり、彼女は退学処分になってしまった。

・スチュワーデスの日
1931(昭和6)年、東京航空輸送が実施した日本初のスチュワーデス採用試験の結果が発表された。
「エアガール」という呼び名で募集され、2月5日に試験が行われた。140人の応募に対し、合格者は3人だった。

車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(18)| トラックバック(2)

水上生活


昨日はたくさんの暖かいコメント、ありがとうございました!
カミさんもこのブログは読んでいますので喜んでいました!

昨日は黄砂と雨が両方降ったようで、仕事帰りに車に乗ろうとすると、ギトギトに汚れていました。(もともと、パジェロはたまにしか洗いませんが…)
花粉症と共に、厭な季節ですね~。
もっと、こう、スッキリ爽やかにならないものですかね!

そういうわけで今日は敢えて、土や砂やスギ花粉とは無縁なリゾートの話をすることにします。

タヒチやモルジブなどの高級リゾートにはよく水上コテージなるものがあります。
ハネムーナーに人気のようですね!
私も何度か泊まった事はありますが、ロマンチックな雰囲気で泊まった事は一度もないかな?
大抵一人か男の人と同室でした。

写真のマブールというリゾートはリゾートの一部が水上というのではなく、リゾートそのものがすべて水上の施設になっています。
客室だけでなく、レセプションも、レストランもバーもダイビング施設もすべて水の上。
ヘリかボートで訪れるリゾート客は砂粒ひとつつかない生活をします。


場所はオラウータンで有名なボルネオ島のマレーシア側、といってもほとんどインドネシアとの国境です。
この近くの海域は長い間インドネシアとマレーシアにフィリピンも加わって領海問題でもめているところのようです。

ここまで来るのはなかなか大変です。
まずはバリまで飛び、バリで一泊、翌日バリからコタキナバルというところまで再び国際線に乗ります。(最近はコタキナバルへの直通便もあるようですが)
コタキナバルからタワウというところまで国内線で飛びます。
この国内線はボルネオ島をほぼ西から東に横断するのですが、ず~~~っとジャングルが続きます。
タワウの空港からセンポルナという港まで車で1時間半くらい揺られて着きます。
そこからさらにボートで1時間以上走ってようやく到着します。
移動するだけで行きと帰りで4日間必要になるのです。
お金のある方はタワウからヘリコプターで一気にマブールまで飛ぶこともできます。
それでも往復4日の行程に変わりはありませんが…。


ここはラウンジです。
もちろん、海の上です。



こんなこと書いていますが実は、私はマブールには泊まったことがありません。
このページの写真はダイビングのついでのときや経由したときに撮った写真なのです。
いつも、ここからさらにボートで走っていくシパダンという島には数回訪れています。
リゾートとしてはシパダンよりもマブールのほうがずっと快適なようなのですが、周りの海が面白くないのです。
小物ばかりで…。
そういう海を好む方もいますが、私も私のお客さんもそれよりももっとダイナミックな景観や魚を好む志向だったため、いつもシパダンに行ってました。

このシパダンというところは大変面白いところで、そこについてはまたの機会にじっくり書こうと思います。
環境保護のため、今ではシパダンには滞在することができなくなっているようですね。
結局私の海の話は「昔はこうだった…」という話になってしまいます。

タヒチやモルジブの話もいつかしたいと思っているのですが、なんせ写真の取り込みが進んでいません…。


3月4日はなんの日?
・ミシンの日…語呂合わせですね!
 イギリスのトーマス・セイントが世界で初めてミシンの特許を取得したのは1790(寛政2)年だそうです。
・サッシの日…これも語呂あわせ
・三線の日…さんしん(沖縄の三味線)の日、これも語呂合わせです。

○○の日…なんて、結局語呂合わせやこじ付けで作っているのがほとんどなんでしょうね~。
ま、それはそれでいいか…。


環境保護団体のテロ行為は許せんゾ!!!
もっと、他にやることあるでしょが!!


海・ダイビング | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(14)| トラックバック(0)

ミニの日?


今日はひな祭りでもあり、耳の日でもあるようですね。
そうすると、昨日はミニの日?…なんて行事、あったのかな?
そういうこととは関係なく、昨日はカミさんの誕生日だったので、夕方まで仕事だったのですが、食事に行きました。(いくつになったかは、聞かないでやってください…。私とほんの○歳違いですから…)

昨年のGW以来のCOCOMOです。
海と月明かりを見ながら食事でもしようと思って窓際の席を予約しておいたのですが、しっかりドン曇りでした(笑)

鎌倉の海沿いの道に面したお店で、ジャズが流れ、椅子もすべてソファーでくつろげるお店です。


木枠の窓は暖かくなるとフルオープンになります。
潮風を感じながら食事をすることができます。
車で行ったので例によってノンアルコールビールを飲んでいます。
このあと、一番窓際の席に移動しました。


この店は牡蠣の品揃えが自慢のようで、一年中牡蠣を食べることができます。
昨日も8つくらいの産地の牡蠣を用意していて、生牡蠣を頼むと「どちらのものにしますか?」と聞かれます。

「あ、お任せで…」
ということで、2個ずつ、3箇所の牡蠣を食べ比べましたが、確かに味は違います。


牡蠣のあとはトマトとモッツァレラチーズのピザ、ワタリガニのスパゲティを食べてお終い!

お酒、飲まないと勝負早いです!


日記 | 投稿者 赤の’57 08:43 | コメント(35)| トラックバック(0)

マッチ棒でできたマクラーレンF1


今日はなんと、マッチ棒でできたマクラーレン・メルセデスF1の紹介です。
sawacchiさん、惜しい!

このマッチ棒F1はMichael Arndtという人が6年の歳月をかけて、656000本のマッチ棒と1686本の接着剤を使って作られたそうです。
かかった費用は約6000ユーロ(今日のレートで942000円)だそうです。

「あれ~!!このF1、少し前に見たぞ!」と思った方、鋭い!!
実は先日紹介したダンボールアートの写真の中に、間違えてこの写真が混ざっていました。
あちらの方からも外しておきました。


このF1の材料と工具はたったこれだけ…。


1本1本、頭の部分を切り取って張り合わせていったんですね。


まずはタイヤの部分から作り始めたようです。




参考にしたのは、このスケールモデルだそうです。


ステアリングの丸みも見事です。




これが以前ご紹介した写真ですね。

自宅で作られたこのモデルは持ち運びのため、簡単に45のパートに分けられるようになっているそうです。
日本人でも五重塔のミニチュアなど造る方はいますが、実物大のF1をつくろうなんて発想、とてもできないでしょうね!
しかも、リビングルームでこんなもの作るなんて、奥様の大変な理解がないとできないことですね!
うちのヨメに聞かせてあげたい…という方、たくさんいそうです…。




車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(12)| トラックバック(1)

中身はセイコー

デブでも早いんだ!さんのブログへのアンサーソングならぬ、アンサーブログです。(そんなのあるの…?)

以前、台湾に行ったときの話です。
台北でのガイドさんは自称元校長先生というオジイさん。
面白おかしく台湾の紹介をしながらちょっとした観光案内をしてくれました。
この人につれていかれたお店がすごかったです。
殺風景な普通のビルの階段を登るとその元校長は壁にあるインターホンで何か話しています。
すると、壁が大きくツツーっと内側に開くではありませんか!
驚いたことに中は空港の免税のブランドショップ店街という様相です。
定員さんもきちんと制服を着て、建物の外側からは想像もできないくらいゴージャスな作りになっていて、あらゆるブランド品が売られてます。

空港の免税店と違うのはそこにあるものはすべてコピー商品、偽物だということ。

女性のバッグやアクセサリーなどには興味のない私達は時計売り場に行きました。
ロレックス、ブライトリング、フランクミュラーなどわかりやすい高級時計が並んでいます。
一見よく似ていますが、ロレックスがクォーツで秒針がカチカチ動いていたりします。
「こりゃ、ないだろ~」と笑っていると、
「お客サン、コレ、ダイジョウブ。ジドーマキネ!」
と取り出したのはたしか、ロレックス・デイトナでしたが、確かによくできていました。
本物を持っているという方が横にいたのですが、「見分けはつかない、重さもベルトもおんなじだ…」といってました。


「でもな~、外見ばっかりよくできていても、中身はね~」と話していると、
「オキャクサン、ダイジョブ。中身ハセイコーネ!世界一ヨ!」
「…………」
そういうことか…。

結局、そうやって時間をつぶして私達は何も買いませんでしたが(話のネタに買って置けばよかったとあとで後悔?)、バスに戻って、例の元校長が言ったこと。

「そこで買ったものは成田空港ではなるべく身につけておいてください。そして、台湾で買ったことがわかっても、あの店で買ったとは絶対に言わず、道端で誰だか知らない人から買ったと言ってください。それ、だいじです」と強調していました。



これも、ずいぶん前の話ですが、フィリピンのマニラで一番大きなデパートによくよっていたのですが、そこで売られているラコステやフィラなどのポロシャツやテニスウェアはすべて偽物でした。
Tシャツ程度の値段だったので、これは皆さん、買ってましたね~。

私は時々音楽のカセットテープを買っていたのですが、(当時のウォークマンはカセットでしたから…)買ったテープを聴くと、レコード針の音がしてました(笑)
どこかの業者がレコードからダビングしてたんですね~。
値段も安かったですが…。
これらが日本で言えば銀座三越のようなデパート、入り口にセキュリティーが銃を持っていて身なりのいい加減な人は中に入れないようなお店なんですからね~。

こういうことが当たり前のこととして捉えられている文化。
節度のかけらもありません。
オリジナルさ、他との違いを重んじる欧米の文化との違いを感じます。
まあ、車やタイヤのように人命にかかわるような重大な問題のあるものではありませんが…。



ダイビングの機材を販売している頃、マスク(水中メガネ)のフレームの色もその頃はとてもカラフルになってきていてたくさんの色があり、時々どの色にするか迷う女性の方がいるのです。
「もう、他にもお客様待ってるのだから、早く決めてよ!」と思うときもあります。
そういう時にコレを言うと、すぐに決まるというひと言がありました。


「最近、これが一番出てますよ!」

そうすると、9割がたの方は「じゃあ、私もそれにするわ…」

人と同じものを持っていれば安心なんですね~。
機能や性能の話しじゃなくて、単なる「色」の話ですからね~。

人と同じものを所有することで安心する日本人の文化意識。
国民性ですから、仕方のないことですが、面白いことに家だけは違うんですね!
欧米では町の調和のために同じようなつくりで家を建てているところが多いですよね。
ところが、日本では、家だけはどうしても隣のうちとは違うものを建てたいようです。
あえて意識をした分譲地以外はもう、てんでんバラバラで町並みの調和なんてまったく関係ありません。
「個人のものなんだからどんな家を建てようと個人の自由だ~」的発想で家を建てます。

不思議だなあ…。
家だけ個人主義…。



********************************************************************


「カルマンギア100台きららミーティング」



2008年10月18日(土)~19日(日)
 ※18日は前夜祭のみ


開催場所:山中湖交流プラザきらら臨時駐車場


山中湖一周パレードも実施します。


参加カルマン募集中!


公式HP:http://www.karmannghia100cars.com/



ドイツで行われたカルマンギア50周年行事の映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=wiz10sHHl2w




********************************************************************



日記 | 投稿者 赤の’57 08:30 | コメント(19)| トラックバック(0)
<<  2008年 3月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ホビダス[趣味の総合サイト]