カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

割り箸ってほんとうに悪?



近所のお家の藤の花が日に日に伸びて行っています。
そろそろ、亀戸天神の藤も見ごろでしょうか…。
GWの前半は暖かくて湿度も少なめ、ほんとうに行楽日和ですね。

そういう私は仕事ですが…。

クライスラーもとうとう経営破たんだそうですね…。
ほんとうに厳しい世の中です。

ニュースでは毎日ブタインフルエンザの話題で持ちきりですが、空港のインタビューで凄い人いましたね。

メキシコにマスクを売り込みに行っていたと…。

最初は相手にされなかったのに、次に日には2000万個の注文が来たって…。

大もうけでしょうね~。
あったまいいなあ…


また、少し前に久しぶりに吉野家の牛丼を食べたのですが、割り箸がなくなっていました。

こういう、洗って使える箸に変わっていました。

ファミレスもその傾向にあるようです。

これもエコやゴミの削減につながるということで進んでいるようですが、ほんとうのところどうなんでしょう?

もともと割り箸は捨てられる端材を有効利用しているという話も聞きますが…。

割り箸として使わなければ違うところでゴミが増えるだけなのかも…。

また、割り箸の製造業者の方はどんどん仕事が減って大変なんでしょうね…。

割り箸のことは別としても、モノを大量に作って大量に消費していくことで経済が発展し、多くの人がより豊かに生活できるというような図式での「発展」の時代は終わったと思うのです。

というか、終わりにしたほうがいいんじゃありません?
これって、資本主義経済の否定になります?

このごろ、一旦凍結した道路を作るような話しが浮かんできていますが、これから、どんどん少子化になり、車も売れなくなっていくというのに、この先車が増えていくことを想定して新しい道を作り続ける必要があるとは思えません。

自民党の支持率が上がったら、これももっと加速するんでしょうね~。

それよりも今ある道をもっと走りやすく、整備することにお金をかけるほうが経済効果はあると思うのですけどね~。


日記 | 投稿者 赤の’57 23:42 | コメント(12)| トラックバック(0)

6輪ジムニー



TJさんのブログで懐かしい6輪のF1が紹介されていましたが、今日たまたま通りがかった16号線沿いの車屋さんに6輪ジムニーが置いてありました。

信号待ちで見つけ、カメラの準備が出来たときには走り始めたため、角度が悪いですが、ちゃんと6輪駆動になっているようです。

詳細は不明です…。


こちらは別の場所においてあった356SS。


建物の外から撮ったので、これ以上近づけず…。
本物でしょうか?

ミラーの位置がちょっと変…?

でも、後付けだからか、車によって違うようですからね…。

このカレンダーや


このCDジャケットもみなミラーの位置、違いますね。



やっぱ、白のSSもいいなあ…

夢の夢ですがね…



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 22:21 | コメント(12)| トラックバック(0)

GUTE FAHRT(1957年4月号その2)



GUTE FAHRT4月号の紹介をしないうちに4月が終わってしまいそうです。
いけない、いけない…。

ということで4ページ。

右下に「おや?」という写真がありますね。



ビートルベースのコーチビルダーの作、ロメッチュです。
ロウレンス・カブリオというモデル。
当時、356よりもさらに高価だったそうです。

ビートルベースのコーチビルダーの車についてはこちらで一応まとめています。
まだ、途中ではありますが…



続いて5ページに行きましょう。
ビートルのリアキャリアの写真がありますが…


おお!なんということでしょう!

キャンプのときのキッチンに使っています!
まあ、こんな使い方もできるキャリアなんですよ!ということなんでしょう。
ドイツ人、想像以上にキャンプ好きなようです。
毎号、キャンプの話題や写真が使われています。


もうひとつ、左下に変わった車の写真があります。



再び、ケスクセ?
ほんのちょっとタイプ3カルマンの顔にも似ていますが、ぜんぜん違います。
ボッシュのホーンも付けていますね。

この車のこと、ご存知の方がいたら、ほんと、尊敬します!

ぜひ、教えてください!


世間はブタインフルエンザで大騒ぎですね~。
思わぬ伏兵ですね~。

「豚肉は熱を通して食べてください。」なんて、今更言ってますが、昔から豚肉は生で食べないほうがいいというのは常識だったような…。

気をつけましょうね~!!

自民党の支持率が上がっているらしいですから…?。



GUTE FAHRT | 投稿者 赤の’57 20:11 | コメント(6)| トラックバック(0)

ハーブの叫び



これはカミさんがベランダで育てているハーブ。
育てているといっても水をやる係りは私なので、実は買ってきて植えただけ。
というより、チョッキン係りというほうがいいかもしれません。

カミさんが「ヒッヒッヒッ」と不敵な笑みを浮かべながらようやく育ったバジルやレモングラスなどをチョッキンとやるたびに、私は奥の部屋から、「ギョエ~~!!」とか「ヒイ~~!!」とか、ハーブたちの気持ちを代弁してあげています。

まあ、食べるときは黙って素直に食べますが…(笑)


今度、ベランダ一面で稲作にチャレンジしてみますかね!


日記 | 投稿者 赤の’57 18:47 | コメント(11)| トラックバック(0)

ケスクセ?



とある場所に行ったときにふとみると、見慣れない車がガレージに止まっていました。



「ん??、今の何だ??」と車を止めてバックして撮った写真です。

これ、なんという車でしょう?

車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 23:53 | コメント(12)| トラックバック(0)

友食人酒



昨日は誕生日ということで、地元の廻らない寿司屋で食事をしました。
変わった名前のお店ですが、ちゃんとした寿司屋です。

駅前の繁華街からちょっとそれた場所にあるのですが、かなり人気店みたいで、予約をしないと入れないそうです。
この日も混んでましたね~。

板さんが一人だけでとても忙しそうで、会話を愉しみながら…なんて出来ませんでした。

板さんと旬の魚に関する話をしながらおいしいものを…というのが廻らない寿司屋の楽しみどころなのですけどね…。

お店の名前の由来なんかも聞いてみたかったし…。



ヒラメのお造り(エンガワ付き)です。
ポン酢でいただきました。

その他のネタも新鮮でおいしかったですよ!
厳選しているからか、ネタの種類は少なかった感もあります。





昼は近くに出来たラーメン横綱に初めて入ってみました。
ネギを入れ物ごと持ってきて、好きなだけどうぞ状態にはビックリしました。

なかなかおいしいですね!

このあたり、大勝軒の比較的近くで、ラーメン激戦区になってきてます。



日記 | 投稿者 赤の’57 19:38 | コメント(9)| トラックバック(0)

52nd



また、この日がやって来てしまいました…。

生きていれば全ての人に平等にやってくる加齢…。
50になった時の感慨のようなものはないですね~。

どんどん還暦に近づいて行っていることだけは確かで。

こめかみの白髪がちょっと増えたことはガマンするとしても、眉毛に1本ピンと生えてくる白髪は許せん…!



52歳になったときに話題にしようと思っていたことが一つあります。

上の写真、Fifty Secondという小倉にあるジャズ喫茶なんですが、高校生のときに時々行っていたお店なんです。

調べたら、なんと今でもあるようです。
ビックリしました。
場所は移動しているようですが…。


当時はJAZZにはまってというレベルではなく、JAZZやジャズ喫茶の雰囲気に憧れて通っていたというレベルです。



縦に長い、奥行きのあるお店で、薄暗く、タバコの煙が似合う雰囲気でした。

中でも圧巻だったのがコンクリートホーンでした。
お店の一番奥に据えられたスピーカーは置いているのではなく、壁の一部としてコンクリートで作られたものでした。
実際の大きさがどのくらいか記憶が定かではありませんが、当時の私には想像を絶する巨大なスピーカーに思えました。

そのスピーカーの間に時々ライブもやるらしく、ドラムセットが置かれていました。

巨大なコンクリートホーンからあふれ出るピアノ、トラム、ベース、サックスなどの音量は大変なもので、空気の振動を肌で感じるくらいでした。

友達と二人でよく行ったのですが、会話なんてほとんど出来ません。
小さなテーブルを挟んで向かい合っているのですが、何か話すには口と耳がくっつくくらい近づけないと音楽のボリュームでかき消されるくらいでした。

だから、お店にいる間に発する言葉というと、「コーヒーください」と「そろそろ帰ろうか…」の二つだけと言っていいくらいだったような…。
あとは黙って、聴いているだけ…。

これ、いいな…と思ったら、レコードプレーヤーの横に立てかけてあるLPのジャケットを確認しに行ってました。

もう、35年も前の話ですから記憶も曖昧ですが…。

あのコンクリートホーンの音をもう一度聴いてみたいなあ…。

今度帰省したら、ぜひ寄ってみたいと思っています。

煙くていられないかな?



4月24日は植物学の日、そして、日本ダービー記念日。
1932(昭和11)年4月24日に目黒競馬場で日本初のダービー(東京優駿競争)が開催されたのだそうです。

このくらいです。
なんか、ぱっとしない日ですね。

誕生花はゼラニウム。
こんな花です。


親父がよく育てていました。
自分の誕生花だったというのは今日初めて知りました。



日記 | 投稿者 赤の’57 16:00 | コメント(24)| トラックバック(1)

ビールじゃないけど…



最近、気に入ってます。

けっこう、旨いです。
しかし、発泡性リキュールって…


トップアイドルの事件にマスコミは大騒ぎしていますが、なにをそんなに騒ぐの??って思います。

まるで殺人事件でも起こしたような扱い方。
サイテーの政治家に「最低の人間だ」なんて言われて…。

「おバカだね~…」「カッコわる~…」で済む程度の話だと私は思うのですが…

そんなことより問題にしなければいけないことがどれだけ起きてるか…。

あ~、ヤダヤダ。

日記 | 投稿者 赤の’57 23:16 | コメント(10)| トラックバック(0)

5億円のジオラマ



オリンピックを東京に誘致するために作ったジオラマに5億円の費用をかけたとか…

「ごおくえん」ですからね!



まあ、ビルの1個1個、家の1件1軒まで見事に造りこんでいますが…。

どうしても必要なの?

すでにやってくれてますね~。

でもこれに携わった人たちは大変だったでしょが、楽しかったろうな…と。

模型自体は嫌いじゃないんです…。

でもね…

日記 | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(12)| トラックバック(0)

いいものはいい



昨日につづいて、私の好きなちょっと昔流行った曲を紹介します。
ベタでもいいものはいい!…ということで。

ジョー・コッカーのYou Are So Beautiful。



ケニー・ロジャースのLady




ライオネル・リッチーのHello。
Trulyもいいのですが、映像がありませんでした。



スリー・ドッグ・ナイトのOld Fashioned Love Song



マイケル・ジャクソンのBen。



ニルソンのWithout you。
マライヤ・キャリーのカバーでヒットしましたが、こちらの元歌の方が好きです。

この曲、実は思い出があって中学1年生のときに、ダイヤル式の家の電話を回しまくってラジオ番組のリクエストに掛けていたのですが、ようやく通じたら、「このまま少しお待ちください」と言われて、いきなりスタジオにつながったのです。
その時リクエストした曲がコレでした。
レコード持っていたのに、ラジオでリクエスト…。
そんなことに燃えていましたっけ。


いろんなカバーソングが流行りましたが、ほとんどの曲は元歌の方が好きかなあ…。

例えば…
「プリーズ・ミスター・ポストマン」はカーペンターズよりビートルズ
(でも、確かこの曲はビートルズもカバーでしたかね?)

「なごり雪」はイルカよりも風。

「卒業写真」はハイファイセットよりも荒井由美。

「セロリは」smapよりも山崎 まさよし。

「紅桜」は山口百恵よりもさだまさし。

といった具合です。
音楽 | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(8)| トラックバック(0)

凄い共演



You tubeのおかげで今は見たい映像がすぐに見れて本当に便利ですね。

今日はちょっとベタではありますが、わたしの大好きな曲をいくつか紹介します。

上は、ナタリーコールのUnforgettable。
お父さんのナッキンコールと時代を超えたデュエットで話題になりました。
このグラミー賞の時の映像は私もよく覚えています。



こちらの競演はまた凄いメンツでのA Song For You。
レオン・ラッセルにウィリー・ネルソン、そしてレイ・チャールズ。
最後はウィリー・ネルソンがレイ・チャールズの歌に聴き入って、感動している顔が印象的です。




そして、オーティス・レディングのMy girl。
ドック・オブ・ザ・ベイの映像も探しましたが見つかりませんでした。
マイガールも大好きなので、良しとします。



こちらはマービン・ゲイのWhat's Going On 。
かなり長いバージョンです。



最後にカーペンターズのI Need To Be In Love。

何度聴いても感動します。


でも、この映像のなかのほとんどの人はすでに亡くなっています…。
一度でいいから生で聴いてみたかったです…。



石原知事は東京オリンピック誘致に相当気合が入っているようですが…。
市民はそれをクールに眺めている感じです。
住んで、働いての地元の人にとってはなんか、迷惑なイメージしか出来ないのですよね…。

競技はどうせテレビで見ることしか出来ないだろうし…ってね。

でも、もし実現したら一生の間に2回自国でオリンピックというのも思い出になるのかなあ…。
音楽 | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(13)| トラックバック(0)

ハナミズキ



ウチの駐車場に咲いている花がハナミズキの花であると、博学のk-ghiaさんが教えてくださり、長年の疑問が解けて嬉しい限りです。(ちょっとオーバー?)

ちょっと調べたら、上の写真の形は花が開く前の状態なんですね!

形がかわいいです。



開いた花びらを撮ったつもりが、見事な後ピンでダメ写真でした。



しかたがないので、wikipediaの写真を借用します。
開くとこんな花なんですね。

この、ハナミズキ、なんと、日本での起源はweikpediaによると、「1912年に当時の東京市からアメリカワシントンD.C.へ桜(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり。」
ということです。

外来種だったんですね。
アメリカの東海岸では代表的な花木だそうです。
漢字で書くと花水木。

そのままか…。

病気にも弱いというようなことが書いてあるのですが、ウチの駐車場のハナミズキは相当過酷な環境なのに、よく育っています。



ハナミズキといえば、やはり、一青 窈の歌を思い出しますよね!




徳永英明も歌っています。




こちらは二人のデュエットバージョン




ちょっと、しつこかった?





日記 | 投稿者 赤の’57 19:23 | コメント(10)| トラックバック(0)

カルマンギアの歌



You Tubeにカルマンギアの歌がありました。

The Humbugsという二人組みの"Cream Green Karmann Ghia"という歌です。

クリームグリーンという色は何色を差してるんでしょうかね?
バンブーかな?



ま、角テールとも限らないですしね!


で、歌詞の内容は…



誰か教えてください!!


カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

昼間から

無理やり午後半休にして昼間からビール三昧してます…。
レコードはビートルズのホワイトアルバム。
心の洗濯もたまには必要ということで…。
日記 | 投稿者 赤の’57 12:28 | コメント(12)| トラックバック(0)

雑記



なんだか、忙しいです。
ブログアップがこんな時間になってしまいました。

上の写真は先日食べた「生サクラエビ」。
去年は静岡まで食べに行きましたが…



これは近所に止めてあるアルファ147。
ホイールのイエローラインがカッコいいな…と。




これはウチの駐車場脇の唯一の樹木。
なんという花なんでしょ?


う~ん、見事に支離滅裂…

日記 | 投稿者 赤の’57 23:32 | コメント(9)| トラックバック(0)

Histric Car Village



夕べは嵐のような天気でしたが、朝起きてみるとよく晴れています。
初夏のような陽気になるらしいですが、帯広の方では雪が降っているとテレビでは伝えています。。
日本も広いですね~。

さて、ハンドメイドでミニカーやバイクの模型を作成してくれるセラタオートスカルプチャーのセラタさんがSNSを始めました。

Histric Car Village という旧車愛好家のサイトです。

セラタオートスカルプチャーのHPではなんと、Gmundさんのレース用の356がサンプルとして紹介されていますね
あの、細かい柄を再現するのは大変だったでしょうね!
http://www.serata-auto-sculpture.com/order.html


セラタさんは、以前私がニューイヤーズミーティングのレポートで紹介したこのナッシュ・メトロポリタンのオーナーの方でした!

この車です。


現在、参加をしている方も多様な車にお乗りの方です。
よかったら皆さんもぜひ、ご参加ください!


これからの発展が楽しみなSNSです。



日記 | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(4)| トラックバック(1)

それはナシでしょ



この時期、地元周辺を走ると、写真のような花があちらこちらで咲いています。

なんの花だかわかりますか?

そう、梨の花なんです。



千葉県は落花生だけじゃなく、梨やびわの産地としても有数らしいです。

自宅周辺には梨園がたくさんあります。
二十世紀梨の名前は実は千葉が発祥ということです。
二十世紀が丘なんて地名もあります。

梨香台なんて風流な地名もあります。

そんなわけで、あちらこちらに梨の花が咲いているんですね。

しかし、春は風景がにぎやかでいいですね!

今年は花粉症の症状がなぜかいつもより軽く感じます。
コンタクトレンズをやめたのも大きいのかもしれません。

目のかゆみがほとんどないので、だいぶ楽です。
マスクも1~2回つけただけで済みました。

GWが近づくと花粉症ともおさらばです!

日記 | 投稿者 赤の’57 10:09 | コメント(12)| トラックバック(1)

マジすか…?



昨日はいつもとまたちょっと違った場所での仕事だったのですが、最寄の駅までの帰り道、ふと見た消防署の消防車を見て、

「!!!!!」

4台止まっているうちの3台が、



なんと、119…

あいにく、カメラが手元になく、真っ暗な中、携帯で撮影しました。

何とか写っていましたが…。

しかし、消防署が希望ナンバー取るなんて…。
驚きです。

どうせなら、覆面パトカーも含めてパトカーも全部、・110にしといてくれるものいいですね!

日記 | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(6)| トラックバック(0)

GUTE FAHRT(’57年4月号その1)



2年続けてこの時期、土曜日はコッパディ小海を見学して翌日は八ヶ岳トレッフェン参加というパターンで週末を愉しんでいたのですが…
今年は休みが取れずで…
残念です。

ドライブにはいい気候で、おまけに高速1000円なのに…。


ま、気を取り直して、今日はシリーズ化しているGUTE FAHRT、1957年4月号の紹介です。

表紙はさすがに春の装いですね!
ドイツでも4月になると暖かくなるのでしょうね。
3月号の裏表紙はスキーを積んだカルマンだったのに。


「ねえ、ちょっと止めて!
    お花がとてもきれい!!」

なんて感じでしょうか?、道端で花を摘んでいます。

で、車内のフラワーベースに挿してドライブの続きということでしょうか?



裏表紙はファイアーストーン社のホワイトウォールタイヤの広告でした。
ファイヤーストーン社はアメリカの会社ですが、ドイツの雑誌に広告を出すくらい、景気が良かったのでしょうか?

ちょっと調べてみたら、なんと、1951年にミサイルの製造に関して国と契約してるんですね!
MGM-5 コーポラルという短距離弾道ミサイルです。
>
コーポラルは、アメリカで初めて制式採用された核弾頭搭載の誘導兵器であり、アメリカ陸軍のほか、イギリス陸軍でも運用されたそうです。
こんなものをファイアーストーン社が作っていたなんて…
意外です…。

そういうわけで、ファイヤーストーン社は景気が良かったんでしょうね!


さ、話をGUTE FAHRT誌に戻します。
表紙の裏の広告スペースにまた面白い広告がありました。



アルバート社のロゴが見えますから、フェンダーミラーの広告かと思ったら、ストーンガードの広告のようです。




その右にはバンパーガードの広告が。
これをつければ、後ろの車がガツンとやっても安心安心!
というところでしょうか?

ぶつけられて、イラストのように、「オーケー、オーケー、ガードつけてるから平気だよ!」なんてなりますかねえ…。
ぶつけているのがビートルのようですね。
それとも前の車がバックでぶつかってる?


次に1ページの広告特集です。


ここにも見かけないグッズの写真があります。



こんな平べったいキャリアは見たことないですね!
大きなものを載せるには便利でしょうが…。



GUTE FAHRT | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(14)| トラックバック(0)

1340 vs 50



昨日は春を飛び越えて初夏の陽気でした。
昼間はワイシャツ1枚でバイクに乗っても大丈夫でした。
つい少し前まで、ベスパでは寒い思いしかしたことがない…なんて言っていたのに、もう暑い思いをするなんて…。

上の写真は職場の駐輪場にあったハーレー。
カッコいいですね~。

ハーレーはビートルと同じように、とても長い間製造されているし、改造の幅も大きいようで、私のように知識がほとんどない者にとっては年式など、ぜんぜんわかりません。

このハーレーは前後にディスクブレーキがついていたので、比較的高年式なのでしょうか?

「いつかはクラウン」ならぬ、「いつかはハーレー」の気持ちは持ち続けますよ!

しかし、原付バイクって、どうして制限速度が30kmなんでしょう?
どう考えても、今の交通事情に合っていないように感じます。

だいたい、「原動機付自転車」って名前自体が現実離れしてるでしょう。
自転車ですよ。
エンジン付きの。

もともと、こんなのが原動機付自転車だったわけで…

これならわかりますけどね。

まさに、エンジン付き自転車ですから。

でも、今の原付バイクの性能で、30kmに制限する必要がどこにあるのか、よくわかりません。

実際に走ってみて、また車を運転する側からみても、道路の端を30kmでノロノロ走る方がよっぽど危険が大きいのではないでしょうか?

昔はヘルメットもいらない気軽さが良かったのですが、安全面から、まあ着用義務は受けましょう…。
でも、この30km制限は納得できないですね~。

しかし、私のベスパ50Sの加速は悲しいものがあります…。
目一杯がんばっても、カブを含めてあらゆるバイクやスクーターにおいていかれます。
まあ、少し遅れてそのうち追いつけるのですけどね。

最高速では負けてないです。
と思ったら、最近の原付はメーカーの自主規制で速度抑制装置が付いているそうですね。


1340ccも50ccも一人の人間をA地点からB地点に運ぶという仕事量と結果についてはまったく同じわけで…
それだけが大事なら、大きなエンジンも、高価な車体も単なる無駄なだけなことになります。

購入意欲につながる乗り物に必要なものはそこだけじゃないし、その数字に表れない部分が大事なんですよね~!





TOKYO-BAYの夕日


ベスパ | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(12)| トラックバック(0)

見納め…



すでに何人かの方がホビダスのブログでも記事にしているように、ドイツのカルマン社が会社更生法の手続きに入ったそうです。

残念なことです。
100年以上も続いた会社ですからどうか、カルマン社という名前が残ってほしいものです。

この不況下でもフェラーリは売り上げを前年比30%も伸ばしたらしいですね。
そんなに売れてるんだ…。

ますますの格差社会になっているということですね。



さて、昨日はたまの休みで、桜も見納めだろうということで、写真を撮りに出かけました。

上の写真は毎年見ている桜並木ですが、ちょっと盛りを過ぎてしまっているようでした。


これは、通りがかりに見つけたある稲荷神社の境内にあった桜の老木。



こちらは、見事な満開状態でした。



風が吹くと、ハラハラと花びらが空を舞い、カルマンの屋根にも落ちてきました。





万一、カルマン社という名前が過去のものになっても、この美しいクーペを作り出したという歴史は永遠に残ります。

大事に乗り続けますよ!

日記 | 投稿者 赤の’57 01:04 | コメント(8)| トラックバック(1)

春爛漫



今日も朝からよく晴れています。
まさに、春爛漫ですね!

上の写真は昨日の通勤途中に撮った桜並木です。
どこの桜も満開で年に一度の存在感を出していますね!

えっ?こんなところに桜があったんだ…と思うことがよくあります。
並んで咲いているのはとてもきれいですが、山の中腹などでポツンと1本で、自己主張している桜を見ると、おお、がんばってるな…なんて思ってしまいます。

葉っぱもなく、半年間も光合成をしないで寒い冬をずっと耐えしのいでこれだけの花を咲かせるエネルギーを溜め込んでるなんて、凄いことですよね。



こちらは最近の職場となっているショッピングセンターの屋上庭園。
最近の建物は風力発電、太陽光発電などエコを意識して作られているところが多いようです。


今日は休みなので、カルマンで桜を見に行こうかな!



日記 | 投稿者 赤の’57 08:23 | コメント(10)| トラックバック(0)

JDの550



ジェームス・ディーンをポルシェから知ったというるうふさん…。
若い方はそういうのも普通なんでしょうね。
もっとも、私でさえ、リアルタイムでは知らないわけです。
1955年に亡くなっているのですから…。

ジェームス・ディーンの550に関する小ネタを…。

ジェームス・ディーンは1955年3月に356SSを購入して約半年間レース出場などを楽しみ、9月21日にこの550スパイダーを購入したそうです。

価格は7000ドル。
1956年のカルマンギアが2400ドルだったようですから、いかに高価な車だったかがわかります。
今では1億でも買えないとか…?

また、後ろに写っている車を見ても、このポルシェがいかに斬新なスタイルのスポーツカーであったかもわかりますね!
50年代中ごろのアメ車は全部羽根がついた超大型になった時代ですからね~。



これはガレージでの写真のようです。
しかし、彼はいつもタバコをくわえてますね。
高校の頃、ジェームス・ディーンのタバコの吸い方を勉強したものです。(時効、時効)



これはちょっと違うカットです。

あれ、この写真、どこかで見たことあるぞ…!

でも、なんか違う…



これは、私が持っているポスターの写真です。

あれ??
ゼッケンが消えてますね。
メーカーのポスター用に、うるさい部分を消したのでしょうか?




同じメーカーのポスターなのに、さらに加工されています。

この写真はポルシェのメダリオンやスクリプトも消されています。

フードに写りこんだ照明の反射は復活していますね。

同じ写真をベースにいろいろ加工されているんですね。




こちらも同じときの写真のようです。
隣りのオーバルも気になります…。




そしてこれは彼の最後の写真のようです。

9月21日にこの550が納車され、9月30日に事故ですから、ほんの1週間くらいしか乗ってないことになります。

う~ん…



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(6)| トラックバック(0)

スターの車





昨日はジェームス・ディーンの356SSを紹介したので、次はあの550…としたいところですが…



やはり、そう簡単にあの事故のことは書けないですね…。
謎も多そうですし…
いくつかのサイトでかなり詳しく検証していますので、わたしのブログのような軽いおバカサイトでは敢えて触れないでおきましょうかね!

550の写真は結構たくさん集まっているので、いつか紹介しようと思います。



というわけで、今日は往年のスターたちが乗っていたであろう車を紹介します。


車好きのスティーブ・マックイーンはきっと相当多くの台数の車を所有したでしょうが、これはジャガーXKSSだそうです。


クラーク・ゲーブルはパッカード。
ひげがないとぴんと来ませんね!


オードリー・ヘップバーンはフェラーリ250PFカブリオレ。
運転してたんですかね?


ソフィア・ローレンはメルセデスの300SL。
昔、ラッタッターのロードパルのコマーシャルに出てましたね。


エルビス・プレスリーは堂々のロールス・ロイス・シルバークロウ。


サミー・デービスJrもロールス・ロイス。


ディーン・マーチンはファッセル・ベガ。


いつか紹介したジェーン・マンスフィールドはリンカーンのカブリオレ。
やっぱ、カルマンじゃないです…。


おなじみ、ジョン・レノンのサイケチックロールス。


大御所、トム・ジョーンズはやはりロールス・ロイス。
しかもリムジンです。


最後にペレ。
割と普通にメルセデスですね。

みなさん、大スターですから、単に車と一緒に写っているだけなのかもしれませんが…。



しかし、いまだにマスコミは北のミサイルのことで騒ぎまくっていますね。
アメリカが北のミサイルにとやかく言うにもなんだか…って思います。
マシンガン持ってウロウロしている悪ガキが、水鉄砲持ってる子に、「てめえ、ふざけんなよ!誰が水鉄砲持っていいって言ったかよ!」なんて言ってるのに似てます。

そんなことより突っ込むべき部分は、あの発射に使った費用で、北の1年分の飢餓を救うことが出来るのに…というところじゃないでしょうか?

政治家は何を一番に考えて政策をするのか…
ここを問うべきだと思いますけどね~。


車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 00:58 | コメント(12)| トラックバック(2)

JDの356SS



古い356スピードスターの写真です。
誰が乗っているのでしょう?




あの、ジェームス・ディーンの356でした。

1955年型のスピードスターです。

彼はこの車でレースを愉しんでいたようで、ドアに傷がついていますね。






プリAの特徴の丸くなった部分がよくわかりますね!

この356は半年くらいしか乗っていないようです。
1955年9月にはこの356を下取りに出してあの550を購入したということです。



でも、とても大事にしていたようで、自分で洗車をしていますね!



車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 00:14 | コメント(10)| トラックバック(0)

信号、頭悪すぎ!


(ワーゲンのイベントで時々見かける花屋さんのタイプ2としばらくいっしょに走りました。こっちはベスパですから、あちらはなにも気づいてなかったでしょうが…)



最近、仕事に行く場所がまた変わって、ウチから12kmくらい離れたところにあるショッピングセンターに行くことが多いのです。(会社は変わっていませんよ)

職場を出る時間は夜10時近くになることも多いので、道路は比較的空いていて走りやすいのですが、だからこその言いたいことがあります。

今行っている職場まではほとんどが片道2車線の幹線道路なのです。

帰りは空いているので、目一杯スロットルを開けて走れます。
というか、それでほぼ制限速度です。

なのに、引っかかりまくるのですよ。信号に…。
ことごとく引っかかってしまいます。
しかも、ここは勢いつけて走り抜けたい…と思うような上り坂では必ずなんです。

ところが、制限速度+20kmくらいで駆け抜ける車はどんどん先に行けるタイミングなのです。

制限速度が適切な速度かどうかは別として、制限速度が推奨速度ならそのスピードで走っていれば信号に引っかかりにくいような信号の間隔ってできると思うのですよ。

速度オーバーでギリギリ赤信号を突っ込んでいく車のほうがどんどん先に行けるなんておかしいでしょ、絶対。


もう、何十年も前になりますが、外国のことを紹介したクイズ番組で、道路の上に40とか50とか表示が電光掲示板で示されていて、「さて、この数字の意味は何でしょう?」というのが問題でした。

クイズの答えは、
「その数字の速度で走っていたらこの先の信号には引っかからない」というものでした。

合理的ですよね。

ここまで望まなくても制限速度で走っている私をびゅーんと抜き去った車は信号に引っかかって、制限速度でとろとろ走っているバイクがちょうど交差点につく頃に信号が青に変わる。

こうなるべきですよね。

何度もストップ&ゴーを繰り返すことは省エネの観点からも地球温暖化の観点からもいいことはありません。

余計なことにお金を使わずに、この信号のシステムを整備することで渋滞はかなり改善されるんじゃないかと思います。

国はもっと信号のシステムと駐車場の法的整備に力をいれてほしいものです。

「こりゃ、もう犯罪レベルだ~」と思えるようなおバカ信号ってあちこちにあります。

やっと青になったらすぐ次の信号が赤。
くそって思いながら我慢してようやく青になったらまた次の信号が…って、ありません?

これを犯罪的おバカ信号と私は勝手に思っています。

おそらく警察は信号を車の流れをスムーズにさせるために使うものなんてはなから思っていないのでしょうね。


ほんとに、車社会としては成熟してないなあ…って思いますよ。

だから、ハワイに移住しようと…って、しつこい?



しかし、ミサイルだか、衛星だか知りませんが、騒ぎすぎですよね!
騒げば騒ぐほど向こうの思うとおり…。

無視しとくくらいでちょうどいいんじゃないですかね。
使えもしない迎撃ミサイル配備して善良な市民をかえって心配させるよりも。




日記 | 投稿者 赤の’57 00:53 | コメント(8)| トラックバック(0)

しばしの花見



今日は仕事が夕方からでいいということで、近くの公園に弁当持って花見にいってきました。

オープンカーで…。



てか、久しぶりの自転車です。
今年になって初めてかな?



この公園の桜はまだ5分咲きというところでしょうか。
もう2~3日暖かい日が続くと満開になるのでしょう。

こういうのんびりした時間を久しぶりにとった気がします。


毎年寄る、地元の神社に行ってみると、


こちらの方がよく咲いているようです。



七分咲きというところかな?

皆さんは花見の予定はありますか?
花見に限らず、これからピクニックが楽しい季節になりますね!


日記 | 投稿者 赤の’57 15:51 | コメント(14)| トラックバック(0)

出荷



飛行機に向かってスプリットが並んでいます。

まさか、コレに乗せようと思っているわけじゃ??






いえ、どうもそのようです…。

まさか、自走?

飛行機に乗った後、中でどうやって動かすのでしょうか?

また、大きさからいって、一機に1台か2台?

う~ん、わかりません…



一方、こちらは船積みを待つ車のようです。



タイプ2バスやピックアップも見えますが、356がずいぶんたくさんいますね。

1台くで!
ってなりますね~。


手前のセダンはなんだかよくわかりません…。

説明文によるとオペルだそうですが。


ちょっと、アップにしてみました。


よく見ると、カバーをかけた車もたくさんあります。
これ、何でしょうね?




タイプ2は最初期型のバーンドアにも見えますが…。

としたら、1950年代前半の写真の可能性が高いです。



あ、報告していませんでしたが、カルマンのムフフンな作業は延期中です。
でも、サンシェードが手に入ったので、よしよし状態です。




車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 01:14 | コメント(8)| トラックバック(0)

ストVジャンボリー(カルマン編)



昨日はたいへん失礼しました!
まあ、年に1回ということで…。

毎朝カミさんを駅まで送ってから出社しているのですが、ストVのあった翌朝の駅からの帰り道、ウチの近くに見慣れたシルエットの車があり、「あれ?」と近づいてみたら、フカさんのカルマン…。

いえ、そっくりなカルマンがとまってました。
ストVにはエントリーしていなかったと思うのですが…。
たまたま?



こちらもヤナセもののようです。



以下、ストVジャンボリーでのカルマンのスナップです。
今回、全車紹介ではありません。
とくに、いつものメンバーのカルマンはカットということで…。



























今日はすごい風が吹いてます。
しかも冷たい風…。
ベスパを買ってからまだ寒い思いしかしてません…。
はやく暖かな風の中を走りたいものです。



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(17)| トラックバック(0)

ストVジャンボリー(ちょっと変わってる編)



ついに、ハワイ移住が決定しました。
わけわからない日本を離れて、暖かいところで残りの人生を愉しもうなんて思っています。

さて、上の写真は珍しいタイプ3カルマン。
レースのオフィシャルカーとして使われているようです。

数台、どうしてこの車が?
という展示があったのですが、隣のナスカーもその1台です。



こちらはチョップトップされたカブリオレ。
幌をそれに合わせて作っていますが、コスト、かかってるでしょうね~。



珍しいタイプ4。



スズキのキャリイ。
前からも後ろからもほとんど同じ形しています。
子供が書く車の絵をそのまま本物にしたようで、面白いですね~。



ストVジャンボリー | 投稿者 赤の’57 07:00 | コメント(24)| トラックバック(0)
<<  2009年 4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ホビダス[趣味の総合サイト]