カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

GUTE FAHRT(’57年7月号その1)



なんと、今日で7月も終わりなんですね!
夏らしい天気にならないうちに夏も後半戦?
なんだか、損したような気もします…。

GUTE FAHRTの1957年7月号の表紙は思い切り、夏らしい写真です。

ツヴィッターのカブリオレですかね?
静かな入り江の波打ち際にはディンギーが…。

静かな大人の時間が流れているといった感じの写真です。



裏表紙はカルマンの広告でした。
「大人4人とこれだけの荷物が積めるんですよ!」
とでもいいたいのでしょうか?

これはちょっと、ウソですね。
大人4人乗ってドライブは正直、無理です。

GUTE FAHRT | 投稿者 赤の’57 06:25 | コメント(10)| トラックバック(0)

祝 甲子園出場!



まったく知らなかったのですが、地元の高校が甲子園出場を決めたようです。
まあ、まだ地元という意識がありませんからね…。

でも、応援しますよ!
がんばってくださいね!

甲子園出場は野球部員だけでなく、在校生、卒業生、地元のいい思い出になりますからね!

私の出身高校も私が在校しているときにだけ春と夏と1回ずつ出場しています。
単なる在校生でも一生の思い出になっています。



さて、昨日は休みだったので久しぶりに…というか引っ越して初めて自転車で付近を散策してみました。

1日中車がガンガン走っている国道16号沿いで住宅地ではあるのですが、歩いて数分で…


こういう景色が広がっているところに行けます。
一気に都会から田舎にワープした感じです。

稲がずいぶん育ってきていますが、なんとカカシ代わりにおそらく床屋さんや美容院でつかうヘアースタイルのモデルの頭を田んぼのあちらこちらに差しているんです。

以前、書きましたが、人形の類が苦手な私は直視することも写真に撮ることもできません…(笑)



近所にとても素敵な家が一軒あって、ガレージの木製のシャッターに張られたプレートなどをみるとそこにはフランス車が納められていると思うのですが、まだ何が入っているのか見たことがありません。

サブカーとして使っているらしいラパンもとてもおしゃれなモディファイをしていて、これまたかっこいいのです。

バイクも何台もお持ちのようです。


さらに奥に行くと、



お寺や観音様を祭った祠(ほこら)がありました。



境内には巨大な木もあり、歴史を感じます。
このあたり、かなり古くから農家の集落があるようで、立派な門構えの大きな家がたくさんありました。

ちょうど都会と田舎の境目に住んでいるような感じです。



カルマンはこのところ、乗ってあげていませんが、エンジンはかけてあげました。

エンジンの下に敷いているボール紙はオイルが漏れたらわかるようにと思ってなのですが、1滴も落ちていません。

2週間、放置プレーでもセル一発でかかりました。
カルマンおばさん、なかなか元気なようです。



日記 | 投稿者 赤の’57 08:11 | コメント(2)| トラックバック(0)

た~ぼ~



2332ccにインタークーラー付きターボ搭載とのこと。

コンバチボディが耐えられるのかなあ…

カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 08:32 | コメント(2)| トラックバック(0)

GUTE FAHRT(’57年6月号その2)



GUTE FAHRT1957年6月号の26ページ~27ページはシートのフルフラット化の特集記事です。

日本ではスバル360が発売され、国民車構想としてなんとか普及しようとしていた時代、車を持つこと自体が目標の時代…

ドイツの雑誌ではこの車をいかに使うか…というところに行っています。



この記事に限らず、キャンプやアウトドアに関する記事や広告などがたくさん載っています。



左の段の上から2つめはツーバーナーのストーブ(コンロ)の広告ですし、右の段にはビートルに取り付けるタイプのテントの広告です。

荷物をたくさん積むためのキャリアの広告もそこここにあります。

昭和32年にルーフキャリアを取り付けた車は何台日本に走っていたでしょう?

やはり、バケーションという習慣がある国ですね。



フロアトンネルに取り付けるタイプのポータブルラジオの紹介のようです。
後にダッシュから外せるタイプのラジオも出ましたし、356用も助手席の足元から取り外せるタイプのラジオがありましたね!



スペアタイヤの代わりになにか置いていますが、これ、何でしょう?
どうも、キャンプ用の丸テーブルのようです。

というわけで、車をレジャーやバケーションに使う意図がよく見える記事のいくつかでした。


GUTE FAHRT | 投稿者 赤の’57 08:32 | コメント(12)| トラックバック(0)

アマガエル



今朝は気持ちのいい青空が広がっています。
でも、まだ日本全体が梅雨明けをしたわけではなく、大雨が降っている地域もあるようです。
関東地方も夕方から雷雨とか?
バイクで行くかどうか、悩むところです。


ベランダのハイビスカスに水をやろうとしたら根本にアマガエル君がいました。
どこからやってきたのでしょう…。

そういえば、実家の私の部屋の窓にもよく来ていました。
昼間は窓の墨でじっとしていて、夜になると窓から漏れる明かりに集まってくる虫を食べているようでした。

朝になると、違うカエルかと思えるくらいに腹を膨らませていましたねえ…。

待ち伏せてたらふく食べようという、賢いカエル君でした。

上の写真のカエル君も同じでしょうか。

先日、お風呂の窓にヤモリもいました。

どちらも、あの吸盤のある手がかわいいですよね!



昨日、友人から海の幸が届きました!



さっそく、ウニ丼にして食べました。
う~ん、ウマかった!!


日記 | 投稿者 赤の’57 07:52 | コメント(6)| トラックバック(0)

GUTE FAHRT(’57年6月号その1)



久しぶりにGUTE FAHRTです。
引越しに伴い、早いうちにダンボールにしまった関係で6月はスキャニングすることができなかったわけです。

そんなわけで、今月は6月号と7月号を続けて紹介しようと思っています。

6月号の中身はなかなか充実していますので、数回に分けて紹介します。

表紙の写真はスプリット時代のカブリオレでしょうか?
スラックス姿のスポーティーないでたちの女性ドライバー
いいですね!



裏表紙はファイヤーストーンのタイヤのコマーシャル。
当然ながら、すべてバイヤスタイヤです。



11ページの広告です。
すでにこの時代から車用のデオドラントスプレーがあったのですね!
まあ、彼らは体臭が強いので、昔からこの手のものは進んでいたのかもしれません。

私は自分の車に匂い系の小物は置かないようにしています。



この写真はブラジルのサンパウロのようです。
警察車両のパレードのようですが、先頭と後ろ半分はビートルです。
当時、すでにこんなにブラジルで採用されていたのですね…。
オーバルの時代ですからね…。



上の写真はアメリカのようです。
やはり、アメリカ人はおバカなことやるとピカ一です。



真ん中へんは駐車場に関する特集記事が4ページほど続いていました。
この時代から本気で駐車場対策を考え始めているあたり、やはり、モータリゼーションが進んでいますね。






遊園地の観覧車のような発想ですが、男性の表情を見てもマジなんでしょう。

スペース効率や出し入れの効率のいい駐車方法をいろいろ模索しているようです。

GUTE FAHRT | 投稿者 赤の’57 22:36 | コメント(7)| トラックバック(0)

お仲間発見



近所でビートル発見!

二桁ナンバーで、かなりヤレてます。

例によって年式はよくわかりません…。


車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 13:11 | コメント(9)| トラックバック(0)

あ~あ…





こういうことするから、プアマンズポルシェなんて言われてしまうんですよね~。

この車のオーナーはカルマン、好きなのかなあ…。


カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 18:10 | コメント(4)| トラックバック(0)

応急処置



以前、アクセルが固くなって困っているということをブログに書きましたが、フカさんが遊びに来てくれたときにみてくれました。

「これはひどいですね~」
ということで、とりあえず、グリップの裏側をパーツクリーナーを吹き付けて掃除し、グリースがないので(ほんとうはどこかにあるはずなのですが…)CRCを吹き付けたところ、劇的に軽くなりました。

ほんとうは分解して掃除、グリスアップをしたほうがいいようですが、とりあえずの応急処置としてはたいへん助かりました。

これでマメを作らずに乗ることができそうです。

しかし、購入してから9ヶ月。
雨ざらしに近い状態でまったく手入れしないでいたのに故障もせずに動き続けてくれていますからたいしたものです。

さすが、シンプルな構造のロングセラー商品です。
フカさん、ありがとうございました!


k-ghiaさんからのお祝い


フカさんからのお祝い


ありがとうございます!
どちらもレアなもので、大事にしますよ!!


ついでに撮ったうちの小物第2弾。


陶器製のビール瓶はほとんど全てベルギー製。
入れ物が陶器というだけでおいしそうです。
もちろん、中身は入っていませんが…。


カルマンの電話機は前のウチではほんとうに使っていましたが、今はオブジェとして置いています。


ベスパ | 投稿者 赤の’57 12:27 | コメント(4)| トラックバック(0)



皆既日食や防府の土砂災害で大騒ぎしているうちに、衆議院は解散していたのですね…。
というくらい、影薄いですね…。

戦後50年続いた自民党政権がついに…というくらい大きな出来事になるかもしれないのに…ですが。
まあ、これから嫌でも盛り上がっていくのでしょう。

防府といえば、防府天満宮という日本で最古の天満宮があるところなんですよね。
天満宮を中心に栄えた町が大変なことになっています。
一日も早い復興を願っています。

日食は関東地方は残念ながら雲が厚くてまったく見ることができませんでしたが、大金払って遠方に行ったのに見られなかった方はもっともっと残念だったでしょうね~。

私はダイヤモンドリングよりも周りが360度夕日という光景を肉眼で観てみたいという気はします。

子どもの頃にも日食騒ぎがありましたが、あの頃は皆、色付きのセルロイドの下敷きで見ていましたけどね…。

上の写真は自宅のベランダから見た19日の夕日で日食とは関係ありません。
週末に仲間が遊びに来てくれて、2日間通しの飲み会となりました。
夕日を2回見ましたね…。
私も久しぶりに週末休みで楽しいひと時を過ごせました。

2回目の夕日の後はおいしいと評判らしい地元の焼き鳥屋で…。


皆さん終電間近で帰ることになり、駅まで見送りに行ったところ、こんなおじさんが…



電話の横にきれいにはまってじっとしてました。
ちゃんと帰れたのかなあ…
日記 | 投稿者 赤の’57 13:26 | コメント(9)| トラックバック(0)

トムとジェリー



トムとジェリーというアニメを知らないという方はまずいらっしゃらないと思いますが、私も子どもの頃から大好きでよく観ていました。

MGMという映画会社が作っていてオープニングからそのパロディで愉しめます。

テレビで観るトムやジェリーのタッチが数種類あり、とても面白い内容のものと面白くないものがはっきりしていて、嫌いなパターンのものだとがっかりして観ていたものです。

今、改めて調べてみると、3期に分かれるようですね。
第1期 ハンナ=バーベラ期 1940年~1958年
第2期 ジーン・ダイッチ期 1961年~1962年
第3期 チャック・ジョーンズ期 1963年~1967年

最も評価が高く、私も好きなのは第1期のもののようです。

1940年というと、昭和15年。
第2次世界大戦の真っ最中ですからね…。
あれだけのクォリティーのアニメを作れていたのは凄いです。

ほとんどセリフはなく、映像に完璧に合わせたフルオーケストラを使ったバックの音楽もすばらしいです。

音楽そのものを題材にした作品もいくつかあって、その中でも私が最も好きなのが「星空の音楽会」です。

シュトラウスの「こうもり」の序曲1曲分が見事なアニメになっていると思います。

1950年の作品だそうです。


「ワルツの王様」もすばらしい作品です。


1953年の作品です。
ここでもシュトラウスの作品「美しき青きドナウ」が使われています。
作者はシュトラウスが好きだったのですかね?



もうひとつ、紹介します。
「ピアノコンサート」という1947年の作品で、こちらもすばらしいです。


この曲はシュトラウスではなく、リストの「ハンガリー狂詩曲第2番」です。

指使いが音と完全にシンクロしている作りこみは凄い技術です。


日本での最初の放送は1964年(昭和39年)5月13日から、1966年(昭和41年)2月23日ということですから、私が7歳~9歳の頃。
ドンピシャはまっていたわけです。


皆さんはどんな作品が印象に残っていますか?


日記 | 投稿者 赤の’57 11:19 | コメント(13)| トラックバック(0)

モンステラ



モンステラ、なんだか流行ってません?
もともと好きだったんですけど、流行ってしまうと流行りに乗っているようでなんだか…なんですが…。

ウチでは実物だけでなく、ラグやカーテンにモンステラ柄のモノを使っています。

なぜか、ハワイを連想するんですよね~。
実際はアメリカ大陸の熱帯地方(つまりはアマゾン?)の原産なんだそうです。


モンステラを撮るついでにウチの小物を撮ってみました。





上の2枚は玄関です。
一応海を連想するもので統一しています。






出窓の観葉植物たち。
パキラは切り戻し中で、ようやく新しい葉が出てきました。




ピアノコーナー?





大事なお酒は隣りのガラスケースに入れています。




ありゃ、窓が写りこんで、ダメ写真でした…。


リビングルームのテーマは音楽と酒…(笑)


レコードプレーヤーのセッティングがやはりダメで悩んでます…。
プリアンプつないだだけじゃひどい音で…




家・ガレージ | 投稿者 赤の’57 10:54 | コメント(12)| トラックバック(1)

やめといたほうが…


前から見るとまあ、そんなに変わったところはない70年代のカルマンのように見えます。








ん?
ちょっと、なんか変ですね…











だ、ダサっ…



カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 21:23 | コメント(10)| トラックバック(0)

踏切の一旦停止って必要?


(写真は借り物です)

今まで住んでいたところでは通勤経路に踏切はなかったのですが、引越しをして、踏切を通過せざるを得ない箇所が出てきました。

朝の通勤時間は決まってそこを基点に渋滞しています。
遮断機が降りたままで開かずの踏み切りになっているようなところが東京にはたくさんありますが、まあそこまでではなくて済んでいます。

でもね…
遮断機のある踏切の一旦停止って、必要と思います?

あれによって莫大な時間とエネルギーが無駄に?消費されていると思うのは私だけ?

国道6号沿いに信号がついている踏切があります。
遮断機が上がっていれば青信号。
一旦停止は必要ありません。

だったら、それでいいではないですか!

遮断機が上がっている=青信号という意味で…

もちろん、信号が青といってもその先が詰まっていたら進入してはいけないわけで、交差点以上に踏切に突っ込んでしまっては危険です。

でも、それはドライバー自身の責任で気をつけるべきだし、先ほどの6号線の信号がある踏み切りでもその先が詰まっていることはあるわけです。
だからといって突っ込んだ車で事故になったという話は聞いたことがありません。

まあ、あそこは引込み線レベルで通る本数が少ないからということもあるでしょうが…。

遮断機が故障していたらどうする?

そんなこと、信号が故障していたらどうする?ということで、青信号でも一旦停止を義務付けることと同じことになりません?

遮断機の精度をもっと信頼してもいいのでは?
というより、信頼できる精度にすべきです。

田舎道の見通せる踏切でも一旦停止義務があり、ヘタするとそんな踏み切りの影に隠れて取締りをする警察までいたりしますからね…。

バカバカしいにもほどがあります。

そんなわけで、「遮断機がある踏み切りでは一旦停止義務をなしにします」とマニュフェストに書いてくれる政党ないかな…?

日記 | 投稿者 赤の’57 13:44 | コメント(15)| トラックバック(0)

久しぶりの海



引越しの片付けもひと段落した休日、天気もいいし…ということで久しぶりに海に行ってきました。
地図で確認してみると、どうやら東京に出るよりも海に行く方が近いくらいの距離らしいのです。

下道でも充分かと初めての道を走って海を目指しました。

しばらくルート66を走ります。(県道ですが…)
そのうち、きれいな田園風景が広がってきました。




高速道路を使わなくても1時間ちょっとで海に着きました。
朝からとても強い南風が吹いていて、遊泳禁止の旗が並んではためいていました。
泳ぐつもりはもともとありませんでしたが、椅子を出してのんびりとはいきませんでした。



浜では海の家の設営中でした。
例年より早い梅雨明けで、今週末に間に合わせようと、がんばっている感じ。



浜にいても砂が吹き付けられて痛いので、さっさと車に戻り…
この距離ならいつでも行けるね…と安心して早々と帰路につきました。



砂と潮にまみれたカルマンを洗車したら夕日になってきました。



壁にカルマンの影がいい表情で映っていました。



今度のウチからはこんな感じで夕日が見えました。

なんだか…
電線だらけだ…



海・ダイビング | 投稿者 赤の’57 07:39 | コメント(20)| トラックバック(0)

とりあえず…



LINNのWAKONDA(プリアンプ)にレコードプレーヤーを接続してMCヘッドアンプ代わりとしてYAMAHA DSP-A1(AVアンプ)に接続してみました。

OKです!

ちゃんとレコードを再生してくれました。

あとはパワーアンプを追加するかどうか…
もうちょっと、様子をみることにします。
使っていないパワーアンプがあるのですが、場所取りますからね…。
パワー不足を感じるかどうか…です。



関東地方は昨日で梅雨が明けたということで、朝からガンガンに晴れています。

思い切り、夏空してます。
今日は休みなのでこれから海でも行こうかな~なんて話してます。


音楽 | 投稿者 赤の’57 11:11 | コメント(8)| トラックバック(0)

役不足か…



今まで、オーディオと映像用の音源は別々のアンプを使っていたのですが、引越しを機にスッキリさせようと、YAMAHAの古いAVアンプにCDもDVDもチューナーもレコードプレーヤーもつなげてみました。

一応、PHONO端子もついていたので…。

CDの音にはまあよしとして、
DVDの場合は前にも書いたように音と映像がほんの少しずれる現象が出てしまい…
レコードプレーヤーに至っては、これがぜんぜんダメでした。

それもそのはず、このアンプはMCカートリッジには対応していないのでした…。

今まではLINNのプリアンプかマランツのプリメインアンプにつないでいました。

アンプを戻すとDVDを5.1chで見ることができなくなるし、2アンプにすると、またゴチャゴチャしてしまうし、LINNのプリアンプ使うと、さらにパワーアンプも置くことになるし…

MCトランスやMCヘッドアンプの追加という手もありますが、とても高いし…。

どうしましょ…

プリアンプをMCヘッドアンプ代わりに使ってももんだいないですかね?

試してみよう…


そうそう、昨日、ようやく電話とネットが開通しました。


音楽 | 投稿者 赤の’57 09:17 | コメント(8)| トラックバック(0)

S/C&A/C



ジャドソン・スーパーチャージャーとエアコンって同時搭載可能なんですね…。


カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 20:04 | コメント(10)| トラックバック(0)

ハワイの夜…



引越し当日の夜は荷物の整理に追われ、気がついたら夜中…。
食パンと缶詰で腹を満たすと言う、極貧ディナーだったのですが、その次の夜は外食しようと出かけました。

引越し先の近くにちょっと気になる店を見つけていたので、そこに行ってみたわけです。

WAIKIKIというレストランで、予想以上にいいお店でした。

カメラを持っていってなかったので、以下携帯の写真です。
(一番上の写真はお店のHPから借用しました)



たまたまハワイアンの生演奏の日だったようで、ナイスミドルなおじさんたちの堂に行った演奏を聴くことができました。

お客さんの年齢層も高めで、ちゃんと、アロハやサマードレスでドレスアップして食事と音楽を愉しんでいる方が何人もいました。



ハワイのビールを味わい、



なぜか石焼になっているロコモコなどを食べました。

ワイハ好きの方、いらっしゃいましたら、金曜の夜、ご一緒しましょう!!
プチハワイ旅行気分を楽しめます!

リムジンの送迎まであるそうです。


日記 | 投稿者 赤の’57 18:45 | コメント(14)| トラックバック(0)

表札



ガレージの入り口に以前ヤフオクでゲットしておいたカルマンのプレートを貼りました。

ガレージ内側の壁はまだ何もしていません。
TJさんに見てもらったら茶色い部分もカビではなさそうで、ちょっと安心です。

まだ、なんの飾りもない、素っ気ない状態です。

進めたいカルマンのプロジェクトもあるのですが、師匠と休みが合わず、なかなか進めることができません…。



レガシーのタイヤも減ってきてるなあ…

今年の年末、2台とも車検なんです。

大変だあ…




家・ガレージ | 投稿者 赤の’57 18:55 | コメント(6)| トラックバック(0)

行商



引越しをして早くも1週間が経ちました。
このところ風の強い日が続いているのですが、夜雨戸のシャッターを閉めて寝てるとそのシャッターが風で揺らされてガタガタとうるさい、うるさい。
キングコングか何かが家をわしづかみにしてゆすっている夢を見ました。
…というのはウソですが…。

シャッター開けて寝ると、車の通る音がうるさいし…。
この家、幹線道路のすぐ横にあるものですから…。
夜中になると交通量は減るのですが、その分スピードを出せるので高速道路の横にいるような状態になります…。

窓ガラスは一応ペアガラスのようですが、あまり効果なし…。
解決するには2重サッシにでもするしかなさそうです。


通勤に使う電車も初めての路線。
なかなか新鮮です。
上の写真は今日乗ったときなのですが、一番後ろの車両が、「行商専用車両」となっていました。

千葉の行商のおばちゃんの話はテレビなどで知っていたし、常磐線にもたまに乗っているのを見たことがありました。

でも、1車両貸し切るようなおばちゃんの団体は初めて見ました。

ちょっと調べたら昔は1編成全部が行商専用の列車というのもあったようです。

専用列車は1982年に廃止されたそうです。
この写真はその頃の写真。

大きな荷物を背負って、大変ですよね。
30kg~50kgはあるようですよ!
最近はほとんどの駅にエレベーターが設置されるようになりましたから少しは楽になったかな?

予定通りに全部売れたら、身も心も軽くなって帰ることができるのでしょうね!

スーパーで買う野菜よりもおばちゃんから買う野菜の方がずっと新鮮でおいしいような気がします。


日記 | 投稿者 赤の’57 12:37 | コメント(4)| トラックバック(0)

地で痔



アナログ放送の最後の瞬間を見てやろうと密かに思っていたのですが、引越しを機に薄型テレビに変更しました。

アンテナも共聴アンテナになっていたため、普通につないだだけで地デジが見られるようになりました。

それでも面白い番組が少なく、テレビをあまり見ないこと自体が習慣化してしまい、ついている時間は少ないですね~。

薄型にしたついでに5.1chも構築しました。
(センタースピーカーは設置していないので、正確には4.1ch)

テレビ番組はあまり観ないわけですが、映画や音楽のDVDは観たいわけで。かなり古めのDVDプレーヤー(それでもプログレッシブ対応)をつないでいるのですが、困ったことがひとつ。

AVアンプ経由にしてもテレビに直接つないでも映像と音が微妙にずれてしまうんです…

これ、どうすればいいんでしょうね?

ブラウン管のテレビに接続している時にはなかったと思います。

DVDプレーヤーが古いからデジタルと相性が悪い?

ギターにしても、ドラムにしても、ピアノにしても映像と音がずれていると非常に気持ち悪いです…。

対策をご存知の方、教えてください!!


日記 | 投稿者 赤の’57 19:41 | コメント(10)| トラックバック(0)

引越し顛末



ようやく引越しもひと段落というところです。
おおよそ、ダンボールも片付きました。

といっても、荷詰めも、荷解きも大部分カミさんがこなしてくれました。
感謝、感謝です!

私は仕事が休みの日や合間、合間でお手伝いして程度で…

アレだけの段ボールに詰まっていた荷物がちゃんとどこかに収まってしまいました。

上の写真は引越しのイブ、最後の食事に行った近所のイタ飯屋さんです。

1ヶ月も前から準備を始めていましたので、前日まで必死に荷造りすることもなくすみ、ゆっくり食事もできたわけです。

荷物は4トン車と3トン車の2台分でした。
自転車3台は事前に自分たちで運んでいたのですが、それでもギリギリでした。
もし、運んでなかったら…
トラックの屋根にでも積んだのかなあ…

それにしても、今回お願いした引越し業者さんの仕事の速さには驚きました。
「引越し前日にある程度積み込んでおきましょう」ということだったのですが、ある程度どころかほとんど積み込んでしまうつもりで来ていたようです。

「どれを積みますか?」というより、「どれを残しますか?」と聞かれましたからね。

で、4トン車一杯の荷物を積み込むのに要した時間はわずか1時間…。

荷物が消えるように部屋からなくなって行きましたね~。

普通の人なら二人がかりで「せーの」「せーの」と運ぶようなものまで一人でひょいひょい運んでいきますから…
さすがプロというか…

あんたたち、ぜったい腰壊すよ!

と余計な心配もする暇もなく、1日目の作業はもの凄い勢いで進み、あっけなくらいに簡単に部屋から大部分の荷物はなくなったのでした。


翌、引越し当日、
朝から雨…
しかもどんどん強くなるという予報…

やはり、日ごろの行いか…

イトヤンさんが3人必要なくらい、午前中は土砂降りになってきました。

そんな中、引越し業者の若者たちは走るように残りの家財を運び出し、残りの3トン車一杯分は1時間かからなかったかも…。

引越し先までの途中で昼食をとるのかと思ったら、それもナシで一気に運び入れると言うことで、ゆっくり名残を惜しむ暇もなく、トラックを追いかけてカルマンで新居へ。

せっかくガレージに入れることができる初日にビショビショ状態で収まることに…

引越し先の方でも彼らはもの凄い勢いで運びこみをはじめました。

リフォームを終えてきれいになった部屋の中はどんどんダンボールの山が築かれていきました。

メシも食わずによくあんなに力仕事を続けるものだと思いましたね~。

「それは2階、それは1階、それは地下」と指示に追われ、写真の1枚も撮る余裕もないまま、引越しは終了しました。

ちょうどその頃TJさんから電話。
いいタイミングだったのですが、なんのお構いもできずにすみませんでした!

また、こんどゆっくり来てくださいね!





で、荷物を開封して…
壊れていたもの2点
パーツを紛失していたもの1点…

早いだけじゃね…
もっとていねいにね!

お願いしますよ!

日記 | 投稿者 赤の’57 21:38 | コメント(2)| トラックバック(0)

ケスクセ?(その3)


今日、見かけた懐かしい車。
4ドアでした。
仕事用の携帯カメラで急いで撮ったので写りが悪いですが、なんだかわかりますか?

ご存知の方はボケてくださいね!

なんだかバタバタの日々でコメントの返信ができず、すみません。
明日は休みになりそうなので…
日記 | 投稿者 赤の’57 14:02 | コメント(11)| トラックバック(0)

HIKARIとKEGANI



しかし、うっとうしい天気が続きますね!
からっとした初夏の天気が待ち遠しいです!

ウチのほうはようやくリビングやキッチンまわりは片付きましたが、部屋によっては相変わらずダンボールの山の中での生活が続いています。

開けたダンボールの束も山になってきてるし…(笑)

引越しに伴ってインターネットと電話を光回線に変更することにしたのですが、テレビやDMや電話の問い合わせに対してもやたらと光を宣伝しているのに、肝心のインフラの方が遅れているようで、開通は2週間後になるようです。

それまでネットも電話もナシの無人島のような環境です。

まあ、ノートパソコン用のイーモバイルはありますし、携帯もありますから不自由はないのですが、ブログ更新は遅れてしまいました。

写真は友人が引っ越し祝いに送ってくださった毛がにです。

いやあ、おいしかったです!


で、HIKARIとKEGANIの関係は?

ぜんぜんありません…(笑)


日記 | 投稿者 赤の’57 10:02 | コメント(12)| トラックバック(0)

山桃酒

まだまだ段ボールが片付きません。
それでも少しは部屋らしくなってきました。
引越しの日のことはまたゆっくり書きますが、このウチの最初のお客様はTJさんでした!
庭で採れた山桃の実を漬けた山桃酒を引越し祝いに持って来てくださいました!
飲みごろになる11月が楽しみです!
日記 | 投稿者 赤の’57 22:44 | コメント(2)| トラックバック(0)

Mooving

いよいよ引越しです。
昨日半分以上のものを運びだし、ガランとした部屋はやはり広く感じます!
しかし、雨かよ…
日記 | 投稿者 赤の’57 08:06 | コメント(8)| トラックバック(0)

リヤカーマン



さて、今日と明日でいよいよ引越しです!
引越しはこのリヤカーで…

…なわけないですね。

上の写真の方は私ではなく、永瀬忠志さんという方です。

歳は私とほとんど同じ…。

この方、じつは凄いことやってるんです。
リヤカーで廃品回収をしているわけではなく、世界中を旅しているのです。

その模様はテレビ東京でも放送されたので、見たことある方もいらっしゃると思います。

そのHPからの抜粋で彼を紹介すると、

「第10回 植村直己冒険賞を受賞したリヤカーマンこと永瀬忠志さん(50歳)。
リヤカーを引いて世界中を歩くこと延べ43,107キロ、その距離は地球一周に相当する。
永瀬さんが、リヤカー旅をはじめたきっかけは、大学時代19歳の時。
少年の頃から夢見ていた大冒険を成し遂げようと、徒歩で日本縦断を思い立ち、手では持ちきれないテントや食料などを載せるために、北海道で中古リヤカーを手に入れたことにはじまった。
以後、“リヤカーを引いて歩く旅”が永瀬さんのスタイルとなり、現在9代目のリヤカー「田吾作4号」を相棒に、世界中を旅している・・・。
リヤカーには、テントやガソリンコンロ、水、食料を加え、通常装備で総重量150キロ。
砂漠など過酷な場所に挑む時は、水と食料の増量で、200キロに及ぶこともある。 」

今までの旅の記録
1975年 日本縦断 3200キロ
78-79年 オーストラリア大陸横断 4200キロ
82-83年 アフリカ大陸横断 6700キロ
87年 韓国縦断 466キロ
88年 スリランカ横断 360キロ
88-89年 台湾縦断 536キロ
89-90年 アフリカ大陸横断・サハラ砂漠縦断 1万1100キロ
92年 ジャワ島横断(途中断念) 253キロ
95年 マレー半島横断 408キロ
96年 南インド横断 562キロ
97年 パラワン島縦断 414キロ
98年 モンゴル縦断 864キロ
99年 タイ北部横断 596キロ
2000年 タクラマカン砂漠縦断 590キロ
01年 紀伊半島横断 155キロ
01年 カラハリ砂漠縦断 591キロ
03-04年 南アメリカ縦断 8800キロ
04年 沖縄一周 312キロ
05年 日本縦断(30年ぶりに敢行) 3000キロ
06年 アマゾン縦断 900キロ


凄いですね~!!

行っている場所が場所ですから過酷な旅になることは確実で、上の写真の「温和なお父さん」のような雰囲気の方がこんな姿に…







同一人物とは思えないワイルドさです。

動画はコチラから。


さ、引越し準備の続きです…。
もう、ダンボール倉庫状態で歩くのもままならない状態です…。






日記 | 投稿者 赤の’57 11:17 | コメント(5)| トラックバック(0)
<<  2009年 7月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ホビダス[趣味の総合サイト]