カルマンギアおじさん日記 2006年10月に購入したカルマンギアとのお付き合いを中心につれづれなるままに書いてみたいと思います。お気軽にコメントいただけるとうれしいです!

最近の記事
新ブログへ移行
04/20 18:06
ちょっと浮気?
01/09 19:11
青葉神社と輪王寺
01/08 23:01
この冬一番?
01/07 19:09
春の海2011
01/06 20:14
さあ、後半戦!
01/05 19:59
KARMANN-PO…
01/04 15:53
KARMANN-PO…
01/03 17:39
二日目ともなると…
01/02 17:50
明けましておめでとう…
01/01 12:34
よいお年を!
12/31 16:48
掃除三昧
12/30 10:56
帰省準備
12/29 06:36
コメント消滅について
12/28 16:43
雪の秋保
12/28 07:25
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:34
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:08
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:30
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:44
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:57
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:56
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:55
LV LV …
guyucxl111 05/09 12:53
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:25
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:35
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:07
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:06
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:06
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:02
第16回 NHKマイ…
NHKマイルカップ 2011 04/27 14:35
ハイレベルな戦いが続…
NHKマイルカップ 04/26 14:30
無料で利用出来る2シ…
チャットレディー 04/22 14:03
イトヤンさん…
赤の’57 04/21 22:05
ケェーイ カムバック…
イトヤン 04/21 13:29
第142回 天皇賞 …
天皇賞 春 2011 04/20 13:27
最近のトラックバック
トヨペット マスター…
02/10 16:06
そろそろか!?・・・…
01/12 22:50
Vespa & Mo…
01/07 20:06
春の海2008
01/06 22:50
春の海2009
01/06 22:21

10000km






昨日の帰り道、べスパが10000kmを達成しました!

といっても、新車で買ったのではないので、自分で10000kmを走ったわけではありません。

万の台まで表示があると、まだまだという感じですが、日本製のスクーターでは千の台までしか表示がないものもあります。
同じ距離でも一回りして0に戻るとなんだかすごく走った感があります

スクーターにとっての1万キロはクルマの10万キロのような、一区切り的な要素があるのでしょうか?


このべスパ、ちゃんと控えていなかったのですが、2008年11月に購入したときの走行距離は4600kmくらいだったと思います。

きっと、実走行ではないと思いますが…。


今の場所に引っ越してきてから走行距離が伸び始めました。

4月11日に7777kmになって、3ヵ月半で10000kmですから、月に600km以上走っていることになります。
それまでは月に200kmペースでしたから、3倍です。

月600kmということは年7~8000kmペース…。

車並みじゃないですか!!

購入して1年と8ヶ月。
この間、トラブルは球切れ、パンク、アクセルワイヤーが切れたことくらいです。

ま、これらもトラブルとはいえない程度のこと。

現物を見もせずにネットオークションで購入したのですが、元気に走ってくれています。

ワゴンRも現物を見ずに買ったのですが、べスパのように元気に走り続けてほしいものです。

帰り道は日が沈んで徐々に暗くなってくる時間帯でしたが、ストロボを普通に使って撮ったら真っ暗に写ってしまいました。


ストロボを使わないで撮ると実際の明るさに近くなりましたが、手ブレしてます…。

難しいなあ…



カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

エントリーリストも更新しています。

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


ベスパ | 投稿者 赤の’57 07:36 | コメント(4)| トラックバック(0)

蒸し蒸しの休日



昨日は一日、激しい雨が降ったりやんだり…。
久しぶりの猛暑からの開放でしたが、涼しくなるまで気温が下がるわけもなく、蒸し暑かったです…。

せっかくの休みなのに外に行く気もせず、少しだけカルマンいじりを…。

といっても、たいしたことではありません。
窓の掃除!

なんだかこのごろ、窓の内側も外側もギトギトに汚れたままになっていました。

油膜をきっちり落とすべく、蒸し暑い中、汗だくになってがんばりましたよ!

雨降りでもガレージがあるとこういうことができるので助かります。

フロントとサイドはそこそこきれいになったのですが…、



リアウインドーの内側はこれがあるため、簡単には拭けません…。

外すの、面倒だなあ…

考えた末、放置プレー決定…。

リビングに戻って音楽鑑賞に切り替えました。

たまにはモーツァルトなど…。
シンフォニー40番と41番。
41番は「ジュピター」という呼び名がついています。


夏の雨の日、結構いい感じです。

雨は時折、台風のように窓に激しく打ちつけてました。
ゲリラ豪雨というほどにはなりませんでしたが…。


2ヶ月くらい前に植え替えをしたスパティフィラムですが、葉っぱが1枚1枚今までよりも大きくなってきています。

植物はやはり鉢に合った大きさに育とうとするようです。



民主党の両院議員総会で執行部がつるし上げられていました。
責任を取れの大合唱…。

醜いですね…。

選挙で民主党が負けたから総理大臣を辞職しろということになるのですから…。

日本の国家の責任者を一政党の人事レベルで辞めるのが当然というのがわかりません…。
それが、議院内閣制だって?
違うと思うなあ…

だいたい今の首相がしばらくやってきた政策の失敗で選挙に負けたのならまだわかります。

カンさんはまだなにもしてないでしょ。

本来、今回の選挙の負けの責任を取るべきはオザワとハトヤマでしょ。
原因はそこなのに、消費税発言に集約して首相を降ろそうとしている民主党のあいつら(オザワグループ)にはほんとうにがっかりです。
さっさと出て行けばいいのに…。

民主自由党(民自党)とかそんな名前でいいんじゃない?

国民じゃなくて、党員に対して責任を取れといっているわけで、彼らが常日頃、国のことよりも自分たちの身の上のことしか考えていないことが明らかで、こんな政党じゃどちらにしても政権を維持する力はないでしょう…。

かといって、自民党も何も変わってないし…。

あ~あ…、
ほんとにどうしてくれんのよ!
日本を…。




気を取り直していい話題を!

昨日、100台ミーティングのエントリーがありました!

りょうさん、ありがとうございます!!

これで、エントリーは67台になりました!



カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

エントリーリストも更新しています。

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


日記 | 投稿者 赤の’57 10:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

ヒョウモンダコ



熱帯や亜熱帯にしか生息しないはずのヒョウモンダコが九州で発見され、大変だあ…と大騒ぎしているようです。

地球温暖化だ、天候異変の影響がこんなことに…なんて、ニュース番組でも報道されたりしています。

でもね…

ヒョウモンダコなんて、私がダイビングインストラクターをしていた何十年も前から伊豆半島や伊豆七島でも見かけてましたよ!

ダイビングの講習でも「危険な生物」という時間で必ず教えていた生物ではあるのですが、具体的にダイバーの被害は聞いたことがありません。

確かにテトロドトキシンというフグと同じ猛毒を持っていますが、普通に泳いでいる海水浴客やダイバーを襲って噛み付くなんてことは考えられないのです。

ウミヘビも同じです。
猛毒を持っていますが、捕まえて口に指でも突っ込みでもしない限り噛まれることはあり得ません。

毒をもっている生物というだけで、必要以上に恐怖感を増徴させてニュースネタにするマスコミの姿勢には?????です。

こういう小さい生物は死滅回遊魚といって、南方から流れ着いて、水温が高い秋口まで温帯域の海域で見られることは不思議なことではないわけです。

ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)も九州の海水浴場に現れたと報道しています。
これも南方系などと報道していますが、昔から相模湾や伊豆七島近辺で生息していることはダイバーならみな知っています。


(ハンマーヘッドシャーク)

一応危険なサメの部類にはなっていますが、これもいきなり襲われる心配は少ない生物のはず。


こういった生物よりも本当に気をつけないといけないのはクラゲや岩に付着するカヤなどの付着生物、南方では珊瑚です。


(シロガヤ…この辺の海に普通にあります)

クラゲの触手は見えにくいし、見えても避けることは難しいものです。
有名なカツオノエボシやアンドンクラゲなどは刺されると半端じゃなく、痛みます。
岩に付着するカヤの類も、素肌で触るといつまでもジクジクとかぶれていたりします。

珊瑚の傷も意外と深く切れていて、化膿しやすいものです。
なかにはカエンサンゴという猛毒のものもあります。
(正確には珊瑚ではありませんが…)


こういった生物の被害のほうがヒョウモンダコやハンマーヘッドの被害よりもはるかに多いはずです。

どうせ、報道して注意を促すのなら、こういった生物からの被害の防ぎ方を紹介するほうが、よほどためになるはず…。


で、どうやって、防ぐかというと、簡単なことなんです。



「素肌で海に入らない」



これに、尽きます。


生物被害だけでなく、やけどに近い日焼けの被害も防げます。

長袖のTシャツのようなものでもいいのですが、一番いいのが、サーファーやボディサーファーが着るような、ピタッとしていて首周りまで覆うウェットシャツとか言われているものです。

(長袖のほうがベターです)
今では子供用の小さいサイズの物まで売られていますし値段もそんなにしません。
体にぴったり張り付くので泳ぎにくいということもありません。

これが一番です。

お父さん、お母さん!!
お子さんにはこういうの、着せてあげてください!


さらに手にはグローブをすることをお勧めします。
ダイビング用のグローブがいいのですが、かわいい色の軍手でも大丈夫です。
これも、子どもサイズからあります。

下半身もね~、覆ったほうがいいのですが、せめて上半身だけでも覆って海に入るとかなり安全性は増します。

そして、マスク、スノーケルの正しい使い方を知り、お子さんに教えて海のすばらしさを小さい頃から知ってほしいですね!

モリやヤスを持って小さな生物を殺すことは海を楽しむことではないと思います。

もっと知的な海の楽しみ方を知ってほしいものです。

そして、海で命を落とす人が一人でも少なくなっていってほしいものですね。


海・ダイビング | 投稿者 赤の’57 17:55 | コメント(8)| トラックバック(0)

えっっ!!ヨンク??



今日は朝から雨が降り始めました。
久しぶりですね。こんな天気は。
少しは涼しくなりそうです。

昨日は急遽休みになり、TJさんちにワゴンRのお披露目に行ってきました。
というより、ホントはメンテを教わりに…。



殺人的な暑さですから人間用の燃料を買い込んで…。


TJさん、まずは、車の後ろから下を覗き込みます。



「これ、ヨンクだったの?」


「えっ!!

 ウソ…」


って、覗いてみたら、デンと…



デフが見えています。


うわ、ホントだ!
4駆だ!!

センターにはしっかり、ドライブシャフトが貫通していました。

しかし、購入してから2週間、今まで気づきもしないなんて…。

売り主も言ってなかったし…。
今、オークションのページを見直したらはっきり2WDと書いてありました。

普通、車体のどこかに書いてそうですけどね。
4WDとか、AWDとか…
フルタイムだからシフトレバーも1本だけだし…。
取説はついていないし…


しかしコレ、よかったのか、悪かったのか…


まあ、冬場に雪国に行くのは安心ですが…。
スタッドレスも軽サイズだと安く手に入るということですし…。

でも、燃費には悪そうだし、ハンドルを目一杯切ったときのゴリゴリはこのためかもしれません。

しかし、カルマンの相棒はパジェロ→レガシー→ワゴンRとずっと4駆ということに。



前輪をランプに乗せて、初めて下回りをじっくり見たのですが、やはり、フロアーにはあちらこちらに錆びの穴が…

ま、仕方ないでしょう。
年式も年式だし、値段も値段だし…



TJさんが、ココがちょっと気になる…と言ったところ…。

ミッションが取り付いているフロアー近くに腐食で穴が…。



見なかったことにしておきます…(笑)



で、昨日行った作業がブレーキオイルの交換。

そうか、そうか。
こうやってやるのか…というのが初めてわかりました。
(低レベルを笑わないでくださいね!)

抜いてみると、やはり結構汚れていました。


新しいオイルが入り、きれいなボトルになりました!


パワステオイルも交換しようと、買っていったのですが…



なんと…



電動パワステ…



オイル、無駄になりました…。

ちゃん、チャン。


ま、TJさんの見立てでは
「事故車じゃなさそうだし、格安だったのじゃない?
2年は動くでしょ…」

ということで一安心!

ミッションオイルだの、デフオイルだのワゴンRにはもったいない高級オイルをいただいて帰ってきたのでした。


ランプ、やはりいいですね。
ほしくなりました。

ジャッキやウマで持ち上げた車の下に潜り込むのはどうにも怖くて…。
熟練者がちゃんと作業したところに潜り込むならまだしも、自分で持ち上げた車の下に潜るのはどうにも…

それが、このランプだったら安心ですからね。

ホビダスのコレにするかなあ…。

TJさんが必要なときは貸してくれるというのすが、これくらいあってもいいですかね?


TJさん、暑い中、ほんとうにお世話になりました!!
あの猛暑の中、半日外にいましたからね…。

私としては楽しかったしとても勉強になりました!!




カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

エントリーリストも更新しています。

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


日記 | 投稿者 赤の’57 08:29 | コメント(14)| トラックバック(0)

クラシシェスVWトレフェンインジャパン



Gさんのブログでも紹介していますが、FLAT4主催でこの秋にヴィンテージワーゲンだけのイベントが開催されるそうです。

HPはこちら

**********************************************
日時: 2010年10月23日(土)~24日(日) ※雨天決行

会場:
1.初日 「静岡県御殿場高原 時之栖(ときのすみか)」
2.二日目 「山梨県河口湖 湖畔特設会場」

対象車:
「TYPE-1」 ~1957年モデル(OVALウィンドー)まで
「TYPE-2」 ~1958年モデル(リブバンパー)まで
「K.GHIA」 ~1959年モデル(角テール)まで
「コーチビルド」 ~1959年までに生産されたVWベ-スのコーチビルド&ミリタリーモデル

 ※ノーマル車高とオリジナルホイールをキープしたVWに限らせていただきます。

内容:
日本国内のVINTAGE VWを中心とした初のクラシックVWイベント。
土曜日から集合し、全国から集まるVINTAGE VWを前にゆっくりと流れる時間を楽しんでいただき、その日の夜には海外ゲストを含めた「ウェルカムパーティー」。
二日目の日曜日の朝からは、イベント会場である河口湖に向けた「モーニングクルーズ」、そして河口湖畔にて富士山をバックにした最高のロケーションでのクラシックなVWイベントを開催致します。
色々なアクティビティーを盛り込んでおりますので、VINTAGE VWに囲まれた最高の2日間をお楽しみ下さい。
**********************************************

う~ん、魅力的なイベントですね!!

しかし、日程が100台ミーティングの2週後…

もろ、バッティングしなくてよかったです。
きっとバッティングしないようご配慮いただいていると思いますが…

100台ミーティングにエントリーしている角テール乗りのみなさん!
「こっちにエントリーするから100Mは…」
なんて言わないでくださいね!

私はどうしよう…
休みを取れるか…



そもそも、
「※ノーマル車高とオリジナルホイールをキープしたVWに限らせていただきます。」

この、ノーマル車高というのが問題です…。

私のカルマンはフロントだけちょっと車高が下がっているのです。

ドロップスピンドルも、アジャスターも使わず、板バネのようなパーツを1枚抜くことで下げているようなのです。

スタイル的には悪くないのですが、ハンドルを大きく切ると段差などでフェンダーにタイヤがあたるし、やっぱりノーマルな状態が…と思うので、元に戻したいとかねがね思っているのですが、その板が手に入らないのですよ…。

アジャスターを使って逆に上げるという方法もできるのかメカさんに聞いたらできるかもしれないが、クーラーのコンデンサーが邪魔するかもしれないということです。

やはり板を元に戻すのが一番いいのでしょうが…


ま、私のカルマンが参加するしないは別として、こういうイベントが日本で開かれるというのは画期的ですね!!

如何にカスタムするかを競ってきた感のあるワーゲン界。

それはそれでいいのですが、オリジナル状態を重視するヴィンテージワーゲンのイベントも望まれていたのではないでしょうか?

車高だけでなく、エンジンもミッションもオリジナルではない(内装も!)私のカルマンですが、何とかそこに仲間入りしたい気持ちは強くありますね…。

ムフフンエロエロなワーゲン変態仲間の皆さんのフォーマルな集まりになりますかね!?


10月は富士五湖が熱いぞ!!



カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

エントリーリストも更新しています。

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


イベント | 投稿者 赤の’57 08:54 | コメント(12)| トラックバック(0)

雑誌コーナー



本は結構好きなほうです。
時間つぶしをしたい時などは本屋さんに行く方も多いと思いますが、私もそのひとりです。

その気になれば、かなり長い時間でもいられますね!

ちょっとした時間つぶしには雑誌コーナーが一番です。

雑誌コーナーをウロウロしていると自分の広くて浅い多趣味というか、興味があることの多さに気づきます。

週刊誌関連はおいておいて、まずはインテリア関連。
今の興味の方向は「ちょいヴィン」。

「ちょいヴィン」っていうのは自分の造語なのですが、軽いビンテージ家具趣味のことです。
ネオクラシックといった方がいいのですかね?
本気のアンティークになると、ちょっと違うんですよね。
この、自分の好みに合った方向の雑誌はぜんぜんないです。

モダン系、カントリー系、アジアン系はたくさん発刊されていますがちょっと違います。
古民家系もね、ちょっと違います…。

おもいきり高価な骨董家具、装飾華美なベルサイユ宮殿系のような家具にもまったく興味はありません。

ちょっと古くていい材料でしっかり作られていて、飽きの来ないシンプルなデザイン。
年月が経つほど渋みの増す家具。
そして、高価じゃない。

これが理想です。

気に入ったものに、ふと出会ったときが買いどきなのだろう…ということでなるべく探し回ったりはしないことにしています。

家具だけでなく、雑貨、証明器具とかもそっち方面で揃えていきたいですね。

ストーブや扇風機はその一環だったのでした。

そっち系の雑誌、自分で作りたいくらいです。



女性雑誌はもちろん見ませんが、近くにある旅行系、カフェや飲み屋系のお店紹介の雑誌はみますね。
大人の隠れ家のようなのも。
「湘南スタイル」だけは新しいのが出てると必ず買ってます。

海のそばに住むのが夢なものですから…。


次にアウトドア、スポーツ関係
BEPALに代表されるようなアウトドア雑誌、オートキャンプ系、当然ダイビング系、ウインドサーフィン系、自転車系、時にはサーフィン系。
この辺は内容によりですね。

その近くには車関係の棚がありますね。
旧車を扱っている雑誌や「オートメカニック」のような系統をみます。
ワーゲン関連の2誌は扱っている本屋さんが少ないですね。
ワーゲン系も最近はよほど保存版と思える内容がないと買いませんが…。

オートバイもビンテージバイクを扱っているものなら見ます。


模型関係、
ラジコン関連は興味があります。
もうずっとやってませんが…
鉄道系は興味なしです。
でも、SL特集の雑誌があったりしたらみたりします。
中学生の頃は「丸」という戦記ものの本を愛読していました。
戦争好きだったわけではありませんが、戦艦などのプラモデルを作るための資料的な気持ちが強かったですね。
軍艦や飛行機などの当時の写真をみるのが目的でした。


科学雑誌も、記事によりみます。
ニュートンとかね。
ナショナルジオグラフィックは以前は定期購読していましたが、今はやめています。
とても好きな雑誌ですが。

その他、カメラ、オーディオ、ホームシアター系、音楽はJAZZ系あたりをたまにみます。

アニメ、ゲーム関連は素通りです。
ファッション系もみなくなりました。

映画は好きですが、映画関連の雑誌はほとんどみません。
高校の頃はキネマ旬報をよく買ってましたが…。


パソコン雑誌もパソコンを自作していた頃はよく買っていましたが、ここ数年、新しいマシンは作っていませんので、知識はウインドウズ2000、ペンティアム3とか4時代のDOS-V機レベルで止まっています。


熱帯魚関連も以前買っていた頃にはよく買ってました。
カミさんは海水魚を飼育していましたし。

海水魚は冬よりも夏が大変なんです。
冬はヒーターが安価にあるので水温を維持するのは簡単なのですが、夏、水温が上がりすぎるのは専用のクーラーを設置するか、部屋全体を24時間冷やすしかなく、どちらにしてもとてもお金がかかるのです…。

水温が高くなりすぎると、魚以上にライブロックという石が死んでしまい、大変なことになるのです。
でも、この話を書くと長くなるのでやめときます。


小説などの単行本は最近は普通の本屋さんじゃなく、BOOK OFFで買うほうが多くなりました。
新刊をどうしても読みたいということがないので…
BOOK OFFの1冊100円のコーナーはお買い得ですよね!


本屋に行くとなぜかトイレに行きたくなるという方の話をよく聞きます。

それも、大という方と小という方と両方いるようです。

私は、「小」派です…。


そして、皆さんは本は捨てられるほうですか?
私はダメなほうです。
なかなか捨てられないんですよね…。



カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

エントリーリストも更新しています。

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


日記 | 投稿者 赤の’57 12:50 | コメント(12)| トラックバック(0)

暑中お見舞い申し上げます



しかし暑い日が続いていますね~。
カラッと暑い、バキバキ暑い、キリッと暑いなんてのならまだいいのですが、このところの暑さはヌウォ~っと暑いというか、ダオ~っと暑いというか、グワァ~っと暑いというか、なんかこう、切れがない感じなんですよね!


べスパで走っていると、太陽の暑さだけでなく、路面からの照り返し、それからけっこう厳しいのがトラックやバスからくるエンジンの放射熱。

これが、かなりのものなのです。
つまり、上から、下から、横からと暑さが3D攻撃してくるわけです。

これはたまりません…!

私はどちらかというと、寒いのより暑いほうが好きなのですが、ここ数日の日中の暑さは身の危険を感じるくらいです。


自宅のある街でもときどき光化学スモッグ注意報が出ています。
あんなの、昔の話しかと思っていたら今でも発生するのですね…。

この暑さで悲鳴をあげて止まってしまったカルマンですが、その後は元気です。
先週の金曜日の話になりますが、私が力任せにグリグリやったため、配管のつなぎ目からガスが漏れるようになったところが直ったという連絡がありました。

メカさんのところにカルマンを取りに行くと、いつか見たきれいなタイプ3ファストバックが入庫していたのですが、ちょっと変わったフェンダーミラーが付いていました。

それが上の写真です。

アームのカーブがなかなかきれいなミラーでした。





帰りに寄ったガソリンスタンド。
自宅近辺のこのところのガソリンの価格はこんなところ。
最安値でレギュラー119円です。


ふと見上げると、満月に近い月がオレンジ色に光ってました。


再び、カルマンのクーラーはギンギンに寒いくらい冷えるようになりました。




ワゴンRの方は、ナビとETCの取り付けは自分でやりました。
(自分でやったというほどの作業ではありませんが…)
まだ高速は未使用なので、実際に使ってはいませんが…。

ひび割れが始まっていたタイヤも交換しました。
サイズは155-65/13です。

なんと新品タイヤが4本で9800円。
安いですね~、軽のタイヤは。

あとは、ミッションオイル、パワステオイル、ブレーキフリュード、ベルト類の交換をしたらすっきりという感じです。

普通に走る分には何も問題ない感じですが、パワステ関連が弱っているのか、ハンドルを目一杯切って進むとゴリゴリへんな音がします。

ここだけ、ちょっと気になります。



カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

エントリーリストも更新しています。

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


日記 | 投稿者 赤の’57 11:38 | コメント(12)| トラックバック(0)

エコカー減税??



エコカー減税だの、補助金だのと車のCMはこのことばかりでいささかうんざりですね。

この施策は別に一般のマイカーに限っているわけではないのですが、たかだか年間に1万キロ走るか走らないかのマイカーをたかだか数年乗っただけでどんどん買い換えさせようと、政府や自動車会社が躍起になっている感じです。

まあ、景気対策のための施策なのでしょうが、本当に環境問題や省エネのための施策なら、マイカー向けよりも営業車向けの施策を本気でやるべきですよね!

今、日本でどのくらいの数の車が走っているのかちょっと調べてみました。

総務省の発表によると2007年の自動車の保有台数は、

自動車全体で 7602万台
乗用車    4750万台
バス       23万台
貨物     3432万台

乗用車のうちの何割かはタクシーだと思います。

だいぶ前に聞いた話ですが、タクシーは年間12万キロくらい走るそうです。
昼夜ぶっ通しですからね。ドライバーは変わっても車は動きっぱなし。
3年で36万キロ走って交換していたが、最近はもっと走らせることもあるとか…。

長距離トラックも同じように年間20万キロ以上、5年で100万キロ以上走るトラックも普通にあるとか…。

どう考えてもこっちからでしょう。
手を打つべきは…。

いきなりすべての貨物車、バス、タクシーを低燃費、低公害車にすることはできないでしょうが、〇年以降の新車登録はすべてハイブリッドや電気自動車にしていく方針など出せばいいのに…。

ブウブウ言われてましたが、東京都を中心とした一都3県のディーゼル車規制もゴリ押しすれば達成されるわけで、黒煙をモクモク出しながら走るトラックがなくなったことは望ましいことだと思います。

実際、ハイブリッドのトラックやバスは見かけますので、それらの製造に切り替えればいいわけで…。
(そんな簡単な話じゃないぞ…と業界の方からは言われそうですが…)

でも、本気になればできることだと思うわけですよ…。


逆に年間数百キロしか乗らないような古い車の自動車税を割り増しにするなんて、わけのわからない話しです。
自分が乗っているからというわけではなく、こちらの税制も変更すべきだと思います。

たとえば製造から30年以上経過して年間の走行距離が1000km未満の車、いわゆる保存やショーカーレベルの旧車なんかは無税にしてもいいかと思うわけです。

クラシック、ヴィンテージカーまでもが、単なる古い車と同一に扱われることに車文化が育たないお国柄が表れています。


・緑ナンバーはなるべく近い将来、すべて低公害車に!
・旧車は増税などせず、減税処置を!
・一度作られた工業製品はなるべく長く使う方がエコにつながるという方向になるべきだ!


ってのが、今日言いたいことでした!


日記 | 投稿者 赤の’57 09:02 | コメント(8)| トラックバック(0)

61年カルマンのカラーバリエーション(L452)



これは、L452パプリカレッド。
この色は60年モデル~62年モデルまで採用されていますが、やはり、60年モデルはカブリオレだけです。

クーペのトップはやはり、白系ですね。
この時代のカルマンはほとんどすべてツートーンで攻めているようです。








パプリカは言うまでもなく赤ピーマン。






カルマンの実車の写真が見つからなかったので、ビートルの写真を紹介します。

おお!
なかなかいい色ですね!


ミニカーの棚に似た色のカルマンがありました。
きっと、この色を目指したのでしょうが、ちょっとちがいますね…。



いつかベルニナブルーのところで紹介したベルニナ急行で大きな事故があったようですね。
別名氷河特急っていうんですね…。
なくなられた方のご冥福を祈ります。



昨日、100台ミーティングのエントリーがありました!

パッポンさん、ありがとうございます!

エントリーはこれで66台になりました!


カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!

カラーバリエーション | 投稿者 赤の’57 07:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

2010年7月23日(金)の愚痴



昨日のカルマンの路上ストップの原因は間違いなくパーコレーションだろう…とTJさん。
現場ではフュエルポンプにもガソリンが来ていないということだったのできっとそうなのでしょう。

現場ではカルマンのオリジナルのプアなジャッキしかなく、フュエルフィルターの状態さえ確認することができず、とりあえず無料なんだからメカさんの所まで運んでチェックしよう…という事にしたのですが、きっと運んでいる途中で冷えたり振動とかでガソリンが行ったのでしょうね。

今日、私は休みなのですが、カルマンは入院中だし、カミさんは今日は仕事でワゴンRで出勤しているし…
わざわざべスパでこの暑さの中出かける気もせず、今日はウチの中でクーラーかけてウダウダすることにしました。

ヒマなので、取りとめもないことをこれから書くことにします。
写真と文はほとんどリンクしていないことをご了承ください…。




BGMはレコードをパラパラ物色していてふと見つけたこのアルバムのジャケットで決まり。

井上鑑、松任谷正隆、佐藤博の SEASIDE LOVERS という1983年のアルバムです。

サウンドは…
まあ80年代のあっさり系のフュージョンです。
このアルバム、いつどこでどうして買ったのか、ぜんぜん覚えていません…。


今朝、こちらでは地震がありました。
震度4ということで、けっこう揺れました。
でも、飼っているオカメインコはパニックになりませんでしたからまだ激しい揺れではなかったということになります。

オカメインコはほんとうにビビリで大き目の地震があるとパニックになって羽根が抜けるほどかごの中で飛び回ります。



あまりにも暑いので、このところ、ベランダの植物たちには朝晩の2回、水やりをしています。

するとアマガエル君発見!
去年も今頃、来ていました。→こちら




テレビのワイドショーでは元死刑囚とか元工作員とかいうヒトの話題がたくさん出ています。

しかし、拉致問題解決のための有力な情報を持っているかもしれないからといって、大量殺人の実行犯ですからね!
洗脳されていたからといって罪がなくなったわけでもない。

そんなヒトの扱いとしてはどうなの??

リアジェットの特別チャーター便に元首相の別荘?

面談した被害者家族の人たちも要人にでも会ったような態度だし…

大韓航空機に乗っていた方の遺族が見たらどう思うのでしょう?

そして、結局新事実は何もなし?

少し、なめられてません??



夜のテレビも本気で楽しめる番組がほんとうに少ない気がします。
どの番組もお笑い系の芸人さんに頼りすぎていません?

司会も回答者も、ゲストもお笑い芸人ばかり。

企画のプアーさを芸人さんの芸の力でカバーしてもらっているような番組ばかり。

VTRが流れているときに、ゲストの反応している顔を抜いて見せるのもとてもうざったいですね!

意識してオーバーな反応を顔で演技しているゲストもいやだなあ…

というわけでテレビへの興味がどんどん減ってきてます。



消費税は将来的には上げざるを得ないだろう…という民意を少しずつ構築しようとしている政府やマスコミにも腹立ちますね~。

個人的には消費税は最も公平な税金かもしれないと思っています。
でもね、まともに運用できない政府ではね…。
意味ないです。

よくね、北欧やヨーロッパの利率と比較して日本はまだ低い…なんてもっともらしい説明されますが、仮に、北欧並みの25%になったとしても、向こうのようにすべての医療費、教育費が無料になり、貯蓄が必要ないほど年金が充実するなんて日本では絶対にありえない話でしょう。

議員の歳費を少なくするべきだ…なんて、市民の意見が出ているテレビ番組もありましたが、それに対する議員側のまともな返答はまったくないし、司会者やゲストまでが笑いをとるコメントして茶化して、次の話題に行くことなど多いですね。

百歩譲って議員数減らさなくてもいいから歳費を半分にカットしてみなよ!
参議院議員一人だけにでも1年になんだかんだ1億数千万
円の税金が使われているらしい…。

すぐに全員のカットができないのなら、返納のシステムを作ってみなさいよ!
誰が、そのシステムを使うかよーくみたいものです。
きっとそんなの作らないでしょうが…。



アブダビにできるというフェラーリのテーマパーク、面白そうです!
日本に作ればいいのにね!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000006-rps-bus_all





ホビダスのこのブログサイト、ちょくちょくコメント欄やトラックバックにしょーもない迷惑コメントが入ります。
ヘンなトラックバックは時折管理者が掃除しているようなので放っているのですが、先日、まともなトラックバックも削除されていました。

k-ghiaさんがトラックバックしてくださった「色もいろいろ」とか、自分のトラックバックも…。

ホビダスさん、気をつけてくださいよ!!



あ~!!

海、行きたい!!

でもガキが砂を巻き上げながら走り回る砂浜はあまり好きではありません…。

ひとんちのシートの上を平気で歩いて行くガキ…
風上でパンパン自分の使ったシートの砂を払うヤツ…。
わけのわからない音楽を大音量でかけているヤツ…。

そんなのがいない、海水浴場じゃなくてビーチリゾート。

千葉にないかな??



スパティフィラムの新芽です。
ちょっとピンボケですが、かわいいです。


とグチグチ書いて、ちょっとすっきり!!

あ、私の中学時代のニックネーム、「グッチ」でした。
別に、同時から愚痴ばかり言っていたわけではないですよ!!



日記 | 投稿者 赤の’57 11:22 | コメント(13)| トラックバック(0)

ロードサービス



猛暑の3連休に調子を崩してJAFや保険のロードサービスのお世話になったという仲間のカルマンが何台かいたようです。
旧車じゃなくてもこの暑さの中、渋滞にはまったら調子を崩してもおかしくないですからね。

私のカルマンも路上で止まってしまった事は数回ありますが、幸いレッカー移動せざるを得なくなったことはまだありません。

でも、旧車に乗る身としてはいつそのようなことになっても不思議ではありませんので、今入っている保険のロードサービスについて再度確認してみました。

ロードサービスというと昔からJAFが有名です。
私も入会していたことはあるのですが、役立ったことが1度もなく、今は入っていません。

入っていなくても今では保険のロードサービスの内容で十分カバーできているのはないかと思うわけです。

私が入っている保険会社の保障はこんなものでした。

・レッカーサービス 
35kmまで無料でこちらが指定する工場まで運んでくれます。

この35kmというのがちょっと心配ですね…。
遠出をしたときにワーゲンをみてくれるショップが35km圏内にあることを祈ります…。

・修理後輸送サポート
修理が終わった車を自宅まで無料で搬送してくれます。
距離などは無制限。

これは遠方で故障した場合はありがたいかも…。

・脱輪、落輪の引き上げ
タイヤ1本まで無料ということです。

・宿泊・帰宅費用サービス
車の故障で帰れなくなった場合の宿泊費用や自宅までの交通費は乗っている人全員分無制限で出るそうです。
ただし、宿泊は保険会社が指定するビジネスホテルクラス。
交通機関は飛行機、新幹線もOKだそうです。

・レンタカー費用サービス
レンタカーを使って帰った場合も24時間までのレンタカー代や乗り捨て料金も自己負担なし。

上の二つのサービスがあれば、帰るに帰れなくて困ることもなさそうです。



さらに応急処置サポートして

・バッテリー上がりのジャンピング
・キー閉じ込みの開錠
・パンクタイヤのスペアタイヤ交換
・ガス欠時のガソリン補給(ガソリン代も10㍑無料)
・オイル漏れ点検、補充(オイル代も無料)
・灯火類のバルブ交換(バルブ代も無料)
・ボルト増し締め
・上記以外の30分以内でできる応急処置

う~ん、至れり尽くせりですね…。
故障した場所も携帯のGPS機能ですぐに特定できるようです。

応急処置のサービスを受けている人がどのくらいいるのか知りませんが、こういうドライバーの不注意に近いことまで無料でサービスしてくれるのがありがたいと感じるのか、そんなのナシにして、その分保険料を安くしてもらうほうがいいと感じるのか、微妙ではあります。

灯火類のバルブ交換といっても、私のカルマンに適合するバルブを補給してもらえる可能性は低いですよね…。

どちらにしてもレッカーサービスは別途JAFに入らなくて済むのは助かります。

まあ、使わずに済めばそれに越したことはありませんね!




という記事をアップしようとしていたまさにその時、

カミさんから電話。





「カルマンが止まった…」



連休から引き続きの猛暑が続く中、カルマンで美容院に行く途中で動かなくなったそうです。

たまたま、私が今通っている職場からほんの数キロのところだったので、べスパで駆けつけてみました。

最初はもうちょっと、斜めな状態で止まっていたのですが、たまたま通りがかった自転車に乗った方が押してくれたそうです。

そして驚いたことに、その方に「これ、カルマンギアおじさんのカルマンでしょ?」と言われたそうです。

なんと、このおバカブログを読んでくださっている方でした。

この場を借りてお礼申し上げます!!
暑い中、ありがとうございました!



単なる熱ダレならしばらく冷やしておけばかかるはず…。

しかし、止まって1時間くらい経っても、セルは元気に回るのですがかかりません…。

これまた、たまたまいつも診てもらっているメカさんのガレージも近いので電話してみると。

「今、陸運局なので、帰りに寄ってみます」とのこと。

最悪、ロードサービスでレッカー移動してみてもらうこともできそうなので、私は止まったままのカルマンとカミさんを残し、職場に戻ったのでした。



メカさんは路上のカルマンまで来てくれ、状態をみてみると、どうもガソリンが行っていないということなのです。



で、結局…



ほんとうにロードサービスを受けることになってしまいました。


カルマンをキャリアカーに乗せた後、カミさんはこれまたロードサービスを使ってタクシーで美容院へ。


さて、何が原因だったのでしょう…。


と、書いていたら、メカさんから電話…。



メカさんのところに着いたら、なんとエンジンはすぐにかかったそうです…(爆)


う~ん、なんだったんでしょう…。



まあ、こんな暑い日に旧車を酷使しちゃダメよ!ということでしょう。


いい機会と言うことで、私の不注意でエアコンのガスが抜けるようになったコンデンサー脇のパイプを交換してもらうことにしました。


いよいよワゴンRの出番です。

いやあ、保険のロードサービスは便利ですね!!
入っててよかった!!




トラブル修理、メンテ | 投稿者 赤の’57 14:33 | コメント(8)| トラックバック(0)

ラジオ体操



夏休みに入り、昼間から子供たちの姿が目につきますが皆さんのところでは朝のラジオ体操はやっていますか?

私が子供の頃は、夏休み中やってました。
夏休みの直前にどこかの教材会社か何かがラジオ体操用のスタンプカードのようなものを配給していたようで、それを学校で受け取ると、「よし、今年は全部の欄にはんこもらうぞ!!」と決意したりしていたものです。

うちに帰るとそのカードに穴を開け、紐を通して首から提げて嬉々として通っていました。

今思うと、何が楽しかったのかな??

朝から友達に会えるのが楽しかったのかな?

ラジオ体操が終わって、並んで上級生からはんこを押してもらうのも楽しかったのは確かです。

はんこを押す係りの上級生にも人気不人気が若干あって、人物の人気というのもあったのですが、押してもらうはんこにも左右されていたような…。

当時、カッコいいな…と思って見ていたのが、自動で朱肉が付くはんこでした。

シャチハタのようなはんこがまだない時代、はんこ押しの係りの上級生は自分のうちの認印を持ってきて押してあげるわけですが、その金属でできて、先端部分が上下するのに合わせてはんこの印字部分がくるっと回転して朱肉をつける仕掛けになっているはんこがなんともカッコよかったのです。


まさしく、コレです。
こういうギミックって、大好きです!
今でもほしいかも…

自分も大きくなったらこうやってカチャン、カチャンとはんこを押す係りのお兄ちゃんになりたいなあ…と憧れましたね~!


当時は夏休みに限らず、学校でも体育の時間のたびにとかことあるたびにラジオ体操をやっていましたから、今でも完璧に第2体操までできますよ!!

ここは、こうつま先まで上げる…とか、うるさいこといわれて指先にまで神経使って体操させられましたからね!

でも、高校、大学と運動のクラブに入るとそれぞれの独自の準備体操がありました。

ラジオ体操は上半身の動きが多くて、下半身の準備体操にはならないんですよね。

まあ、もともとラジオ体操は運動の準備体操として作られたものではないのでしょうが…。


ラジオ体操のときに歌う「ラジオ体操の歌」や甲子園の高校野球の歌を聴くと、過ぎ去り日の夏の日差しや通り過ぎる風を思い出します。



ラジオ体操の歌
http://www.youtube.com/watch?v=UkkplSH7zQ8


栄冠は君に輝く


日記 | 投稿者 赤の’57 11:22 | コメント(14)| トラックバック(0)

リペアーマニュアル


(いい写真だなあ…)

http://www.volkswagen-classic-parts.de/

DKWさんが教えてくださったワーゲンのパーツカタログやりぺアマニュアルのサイトです。

すごいボリュームです。
こんなのが惜しげもなくネットでダウンロードできるなんて…。

すべて印刷したらそうとう分厚いマニュアルになりそうです。

でも残念ながらドイツ語なんですよね…。
WEB上では翻訳もできますが、PDFファイルになると全部手入力しないと訳せません…。

ま、写真を見るだけでも楽しいし、何が書いてあるか想像つく部分も多いです。

とにかく、製造状態の各部の詳細の写真が見られるだけでもワクワクです。

テクニカルデータは私にはまだほとんど猫に小判、豚に真珠状態ですが…。

この下は1952年~57年モデル用のリペアーマニュアルの中から、カルマンのライト関連の記事の部分を抜き出してみたものです。

57年モデルですから、当然、角テール前期型です。



写真をアップにしてみます。


おパンツデザインのユーロレンズとリムの写真を見るだけで鼻血が出そうです…。


ドライバーはやはり、マイナスドライバーのようです。
「切り開かれたネジ」というような記述があるのですが、これはマイナスネジのことを指すのでしょうか?





リムもライト本体も、小さなネジ1本で止められています。
他に2個あるネジは光軸調整用のネジです。



そうそう、この電球です。
これが日本でも簡単に手に入れることができるようになったのはDENNIS師匠のおかげです!



ここは光軸調整に関する説明のようです。



テールライトの電球交換の方法。
白黒の写真ですが、上段はアンバーのようですね!

電球は丸いタイプではなく、ルーム球のようなタイプです。
ここも、前期型と後期型で違う部分です。




ソケット部分はこの斜め上下のネジ2本で止まっているのですが、なにをこんなにたくさん説明しているのか…

1字1字入力して訳す気力がありません…。


このマニュアルの完全日本語バージョンが出たら嬉しいですけどね!

ヘインズがあるからいいのかな…。



3連休は涼しいところにいたのですが、今日は何箇所も訪問するところがあって、猛暑の洗礼を受けてきました。
ジリジリというより、ぼわ~っとした暑さでひどいものでしたね~…。

ウチにたどり着いたら、空が真っ赤に燃えてました。
暑そう…





カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 11:22 | コメント(2)| トラックバック(0)

スーパー6



この3連休は暑かったようですね~!!
ようですね~というのも、私は3日とも仕事で冷房の効いた館内に缶詰状態だったからで、どうにも実感がないのです。

それに引き換え、半端ない暑さの中、クーラーなしの、ヘタすれば窓を閉めたままの車の中でヘルメットまでかぶって耐久レースをしたイトヤンさん、ミイラにならずに済んだでしょうか?
暑がりの私なんかでは5分で意識を失っていたかもしれません…。

休みだったら応援に行きたかったのですけどね!!

ぺスパでの通勤も真昼の暑さはないので、割と涼しいです。

上の写真は19日の夕陽です。


ウチに着くと西の空が真っ赤になっていました。

斑点はレンズの汚れかと思ったら、もしかしたらカビかも?
気になりますね~。
2箇所になってしまったし…。




さて、これから先の話題は数日前のことなのですが、近所のホームセンターに買い物にいったら、こんな車が駐車場に止まっていました。


プリンス・グロリアのスーパー6です。
東京オリンピックの前の年、昭和38年の発売です。



しかも、きっと発売当時からの古ナンです。



ボディのつやもメッキも完璧な状態でした。



フロントグリルにはこの車の車暦を物語るバッジがいくつも付けられていました。



シルバータウンというネームの入ったホワイトウォールのバイアスタイヤを履いていました。
BFグッドリッチのタイヤなんですね。
日本でも入手可能ですが、1本3諭吉近くしています…。
軽自動車のタイヤなんて、4本で1諭吉くらいで手に入るのに…。



室内にはクーラーのダクトらしいものも見えました。
ステアリングはなんとなく58~59の角テールのものに似ています。

素通しではない、色つきのガラスも高級感が漂います。


この、「有鉛」のステッカー、懐かしいですね!

昭和30年代に日本でこんなに優れたデザインの車を作っていたのは凄いです。

しかも、日本グランプリではクラス優勝をしているようですから、見た目だけでもありません。

これだけの押し出しの車が5ナンバー枠に収まっているのもすごいです。
今やシビックでさえ、3ナンバーですからね…。

昔から好きな車でしたが、惚れ直しました!



カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

エントリーリストも更新しています。

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!

車(カルマン以外) | 投稿者 赤の’57 22:46 | コメント(4)| トラックバック(0)

Teak



朝からバリっと晴れて暑いです!
今日は3連休の中日。梅雨も明けて海や山へ遊びに行った方は絶好の行楽日和でしょうね!

さて、今日は1966年オンリーの特別仕様のもう1色、Teakの紹介です。

Teakはもちろん木材のチークのことでしょう。
チーク色の内装はパールホワイトの外装色のみに(Pigalleはブラックとパールホワイト)設定されていたようです。

Pigalle仕様よりもさらに少ないようで、写真がなかなか見つかりません。

カルマンのTeak仕様で唯一見つかった写真が上のもので、状態はかなり悪いですね…。



こちらはタイプ3カルマンの内装です。


こちらはなかなか程度がよさそうです。


珍しいとはいいながら、こういう色の内装の車は日本車にもよくあるので特別色とはわかりにくいかも…ですね!


こちらはタイプ3ワーゲンの内装です。


サンルーフ付きでルーミーですね!!


こんなお嬢さんとドライブなんていかが?

でも、そのピンヒールで運転は…



カルマンギア100台ミーティングでは参加予定車の写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

詳しくは、下記公式ホームページをご覧ください!

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!

カラーバリエーション | 投稿者 赤の’57 10:31 | コメント(2)| トラックバック(0)

Pigalle



今日は久しぶりのカルトネタです。
カルマンの変態マニア以外はすーっと引いてしまうことは覚悟で書きますよ!

今まで、何度か触れてきたことがある、独特の赤い色をした内装のことです。
この内装について自分なりに少しわかってきました。

この内装は1966年モデルオンリーのもので、カルマンギア、タイプ3カルマン、タイプ3にワーゲンに設定されていたもので、Pigalle redと呼ばれていたようです。

Pigalleって何??って調べたのですが…
どうも、パリにある歓楽街の地名のようなのです。

有名な高級キャバレー、ムーラン・ルージュもこの地区にあるようです。

どうしてこの色のことをPigalle redと呼ぶのか…、
やはり、この街の赤いライトの色から来ているようです。
怪しい赤…という感じでしょうか?


実は1966年の特別仕様はこのPigalle redだけではなく、Teakという色の特別仕様も存在していたようです。
Teakに関してはまた別途レポートします。

ワーゲンの変態マニアはPigalleというだけで、「おおっ!!」となるようです。

このPigalle仕様が発売された1966年という年はワーゲンにとっては大変重要な年です。
というのも、この1966年が電装が6Vの最後の年だからなんです。

1967年から電装は12Vになり、ビートルは外装も大きく変化しました。
さらに1968年にさらに変化したため、1967年だけの仕様の部分がたくさんあり、ロクナナモデルとしてマニアには珍重されています。

一方カルマンは67年モデルに劇的な変化はないのですが、逆に66年モデルにその年だけの特徴があります。
それが一番上の写真のダッシュパネルのモールなんです。

そんな貴重な66モデルのさらに特別仕様なわけですから貴重中の貴重なモデルということになります。

日本にPigalle仕様のカルマンをお持ちの方はいるのでしょうか?

ちなみに、1966年というと、日本ではこんな歌が流行っていたようです。

 ●「こまっちゃうな」 歌 山本リンダ。
 ●「星影のワルツ」 歌 千昌夫。
 ●「君といつまでも」 歌 加山雄三。
 ●「骨まで愛して」 歌 城卓也。
 ●「夢は夜ひらく」 歌 競作(園まり、緑川アコ、バーブ佐竹、藤田功、愛真知子)。
 ●「霧氷」 歌 橋 幸夫。
 ●「バラが咲いた」 歌 マイク真木。

う~ん、全部よく知っている…。


話をPigalleに戻しましょう。

ハンドル、ダッシュパッド、内張り、シート、カーペットがすべてPigalle redのこの特別仕様は後部はこんな感じになります。

鮮やかな赤じゃないからいいですが、当時のアメ車は内装すべて真っ赤というのがよくありましたね!
その影響ですかね?

右ハンドルの66のさらにPigalleというと貴重さはさらに増すのでしょう。



こちらはタイプ3カルマンのPigalle仕様です。


タイプ3カルマンのPigalle仕様はきれいに内装が残っている個体はかなり少ないようです。






こちらはタイプ3のPigalle仕様。




鉄板の部分が少ないとかなりくどく感じます…。




ビートルにはPigalle仕様はなかったようですが、Pigalleという色の内装はあったようです。



この、カルマンのダッシュボードの下にはレコードプレーヤーが付いています。
走りながらレコードを聴くことができたのでしょうか?

そして写真のEPレコードのタイトルが、Pigalle…。

1961年にドイツでヒットした歌のようです。

こんな歌です。

http://www.youtube.com/watch?v=GE9736uxv24

微妙ですね~…。


*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!

パーツ考察 | 投稿者 赤の’57 11:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

電気扇



各地で大雨の被害が凄いようですね…。
私の実家のほうも凄い雨だったようで、ニュースで報道されていました。
幸い実家には被害はなかったようですが、皆さんの所は大丈夫ですか?

直接、間接的に被害にあわれている方をお見舞いいたします…。

こちらのほうは昨日から夏空が広がっています。
まだ梅雨明け宣言は出されていないようですが、週間天気予報でも雨マークは出ていません。
関東地方の梅雨明け宣言は時間の問題でしょうか?

これからの季節に備え、涼を呼ぶアイテムを入荷しました。

芝浦製作所(東芝の前身)の電気扇です。
扇風機は昔は電気扇と呼ばれていたようです。

真ん中にあるSEWはShibaura Engineering Worksの頭文字のようです。

ウチにはシーリングファンしかないので、より冷房効率をよくするために…ということです。

どうせなら、雰囲気のいいものをということで…。
予想通り、部屋の中にうまく溶け込んでくれています。

この扇風機がいつ頃作られたものなのかははっきりしないのですが、昭和初期、昭和3年前後のもののようです。
カバーの形から、睡蓮と呼ばれているモデルです。

整備されているのでちゃんと作動しますよ!
首振りもします。
とても静に動いてくれます。


芝浦製作所により、日本で最初の扇風機が作られたのは、1894年(明治27年)だそうです。
なぜか、白熱球付きだったようです。



入手した扇風機ですが、羽根は真ちゅう製で、他は鉄製で小柄な割りにずっしりと大変重いです。
重さを量ったら8.3kgありました。

モスグリーンの塗装は当時モノと売り主は言っていましたが、もともと黒だったのに、誰かがモスグリーンを上から塗ったのではないか…のようにも見えます。
でもラベル周りの状況を見ると、もともとの色のようにも…。

スライド式のスイッチの上にプレートがあります。
この頃の同型の扇風機は回転速度が4段階のものがほとんどなのですが、これはなぜか3段階です。
年式が新しいのかもしれません。
風量はどれにしても、そんなに大きな変化はありません。
多少違うという程度…。

どちらにしてもこの扇風機、戦前のモデルであることは確かです。
戦中、戦後になると羽根や真ん中のSEWのマークも鉄製になってしまうようです。

この写真は当時の製作風景。

完成品をチェックしているところらしいですが、製品の数に比べて従業員の人数、少なすぎ?(笑)

80年も前に造られた扇風機が静かに動いている姿はとてもいいものです!



カルマンギア100台ミーティングでは参加カルマンの写真を使ってオリジナルポスターを作製予定です。

ぜひ、製作にご参加ください!
詳しくはこちらもしくは下記、HPで!

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!







お気に入りの小物 | 投稿者 赤の’57 09:54 | コメント(8)| トラックバック(0)

61年カルマンのカラーバリエーション(L360)



今日から1961年モデルのカルマンのカラーバリエーションを紹介します.

色によって61年~62年まで使われているものもあり、66年まで使われているものありと、まちまちなのですが、ここでは61年モデルに採用されていたカラーすべてを紹介していこうと思います。

この年式からどの色もクーペとカブリオレの両方に使われているようです。
2種類のボディバリエーションが完全に定着したのでしょう。

これらのチャートはシートや内装の色は本物のチップが貼り付けられているのでとても参考になります。

とはいっても、私は実物は持っていません…。
実物を見せていただいたことはあります。
持ってる方がいるんですよね~。

最初は61年モデルのチャートを一気に載せようと思って書き始めたのですが、長くなりそうなので、いくつかに分けますね。

60年代の三日月テールはオリジナルカラーを維持している個体の写真がなかなか見つかりません。

チャートだけの紹介になる色も出てきそうです。





まずはL360シー・ブルー。
海の青ですかあ…。
私にぴったりの色なんですが…。

この色は60年モデルから66年モデルまで長く採用されています。
60年モデルのときはカブリオレにしか使われていなかったようですが、61年からクーペにも採用されています。

トップは白系のツートーンですね!

こっちのチャートの方が色がわかりやすいですかね?


なんだかぜんぜん違いますね~。色が。

実車の写真も見つかったものは載せておきましょう。



うん、とてもきれいな色ですね!

内装も寒色系で爽やかな雰囲気です。
今までのカルマンにはなかった明るさですね!


カブリオレのトップもグレーで明るい感じです。

こういう明るい色の組み合わせは角テール時代にはまったくなかったものです。

きっと主要輸出国だったアメリカ人の好みによるものなんでしょうね!!

50年代の巨大で羽の生えたアメ車のあいだで、おしゃれなクーペとして人気だったのでしょう!


以前、サンクスで販売されていたカルマンの1台はこの色だったのですね!

あれ?でも、このカルマン、角テールだ…。



さて、100台ミーティングですが、2台の申し込みをいただきました!

孫一さん
コオロギさん

ありがとうございます!!
コオロギさんはタイプⅢカルマンでのエントリーです!

タイプⅢが2台になり、これで寂しくありませんね!
でも、タイプⅢカルマンにお乗りの皆さん!、ぜひもっとご参加ください!

日本にタイプⅢカルマンはいったい何台生息しているんでしょうね?

エントリーはこれで65台です!


*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!




カラーバリエーション | 投稿者 赤の’57 13:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

ゴリラ来襲



2~3ヶ月前からDVDカーナビの調子が悪くなって来てました。
DVDの読み込み不良なのです。

以前パジェロで使っていたアルパインのDVDナビも同じように読み込み不良になり、最初のうちはDVDのソフトをクリーニングしたり、レンズをクリーニングするとよくなっていたのですが、その頻度がどんどん増していき、そのうちまったく読み込まなくなってしまいました。

今回も同じ症状です。

復旧はあきらめて新しいナビをヤフオクで購入しました。
だから、新しいといっても中古です。

ほぼ希望価格で購入できました。

ゴリラというだけでも、驚くほどたくさんの機種が出てるんですね。

ヤフオクにはそれらがごちゃごちゃと、ピンキリで出品されているので違いを調べるのが大変で…

大変だから調べるのはやめました(笑)。

この機種は使った方のレビューも悪くなかったのでまあいいだろうと落札しました。
ワンセグも使えるというし…。

なにしろ、ポータブルでGPSアンテナも内蔵なので、シガーライターの電源しかコードがなく、カルマンとワゴンRと共用が簡単にできるのが助かります。

まだちょっとしか使ってみていませんが、機能的には何も不満はありません。

以前のNAVIは20万も30万もして、やれ車速センサ-だのFM多重放送だの、ジャイロなど…、あれはなんだったんだろう…って思います。

地図のアップデートもSDカードを取り替えるだけで済むようですし…。そのソフトもDVDナビのソフトよりも安いし…。

最新型のものを買うよりもちょっと古い機種を格安で買ってソフトを最新にするほうがお得だろうということでこれにしました。

2010年版の最新ソフトは8月に発売のようです。


お気に入りの小物 | 投稿者 赤の’57 13:08 | コメント(4)| トラックバック(0)

旧友


(昨日の夕焼け、手前はワゴンRです)

先日、高校時代の旧友からmixiを通して連絡がありました。

mixiに卒業した高校や大学の登録をしておくと同じ登録をしている人に連絡が行くんですね。
便利な世の中です。

彼とはいつかこのブログに書いた白紙答案を出したり、九州半周のサイクリングを一緒にしたり、体育祭の準備委員をやったりと高校時代の思い出をいくつも共有しています。
さらに学部は違っていましたが、大学も同じで1年生のころ住んでいたアパートも1駅違いという偶然もあり、時々会ってはバカ話しをしていました。

卒業後もたまに会っていたのですが、このところ私の無精で連絡が途絶えていたのでした。

旧友というのはいいもので、家族のようにたまに会ってもブランクを感じずにすぐに昔のように屈託なく話しができるんですよね!

彼もそんなかけがえのない旧友の一人です。
今は京都に住んでいるということで、京都観光の基地ができた思いです!?
近いうちにそっちに呑みに行くからね!

そんな彼から聞いた久しぶりの情報が同級生の訃報でした。

自分の同級生が亡くなったという話しは二人目です。
ひとりはとても若いうちに逝ってしまいましたが、昨年亡くなった彼は家族を残して心残りだったと思います。

彼もmixiの日記を残しているらしいのですが、まだ開いて読む勇気がありません…。

高校を卒業してから一度も会っていないので、彼の面影は高校時代のままで、この文を書きながら姿を思い出すだけで泣けてきます…。

ビッグウェンズデーという映画で、戦争で死んでしまった仲間の墓の前で友達が酒を飲みながら思い出を語るシーンがありました。

あれをやりたい心境です。

もっとも、日本では墓の前で酒を酌み交わすなんて不謹慎と思われるんでしょうかね…。
でも、同じ日本でも沖縄は違うんですね。
あちらの墓はとても大きくて墓の前のスペースで親族が宴会をできるようになっています。
そういうことをする地域は他にもありそうですね。



ああ、親父とももう一度酒を呑み交わしたいです…。

お盆も近いですね…。



日記 | 投稿者 赤の’57 10:44 | コメント(8)| トラックバック(0)

名義変更(ワゴンR)



休みを利用してワゴンRの名義変更に行ってきました。

途中のオートバックスでオイル、オイルエレメント、エアーフィルターを交換し、軽自動車検査協会へ。

陸運局の敷地内にあるのかと思ったら、すぐ隣ですが、別の敷地になるんですね。

初めて行きましたが、陸運局のミニ版という感じで、検査のラインがあり、そうかあ…と当たり前のことに感心したのでした。

お昼休み直前の11:50くらいに入ったからか、いつもなのか、手続きをする人は少ししかいないため、あっという間に終わりました。

でも、これ持って〇番の窓口に行ってください。
今度は〇番へ、
次に〇番へ…と窓口を行ったり来たりさせるのは陸運局と同じ…。

どうして横に、横にと動かさないのか、書類を動かさないで人を動かそうとするのか、そこんとこがよくわかりません…。

申請者は書類の運び屋をやっているだけなのですから、横に横に受け渡して必要なときに呼び出すようにすればいいと思うのですが…。

まあ、そんな愚痴を余り考えてる暇もなく、15分程度で新しいナンバーが交付されました。

かかった費用は1500円かな?

希望ナンバーは取得しなかったので、まあ中途半端な数字が付きました。
足車ですから…ね!
どのくらい動き続けるかもわからないし…。



リアに付いていた10連想のCDチェンジャーを試したらちゃんと使えました。
CD-Rもしっかり再生しました。

よし、よし!…です。

ミッションオイル、ブレーキオイル、ベルト関連をどうするか…(タイミングベルト、ドライブシャフトブーツは交換済みだそうです)
とりあえず、このまま乗りますかね。



カルマン100台ミーティングには2台の申し込みをいただきました!

NEGIさん、
タクさん

エントリー、ありがとうございます!

これで63台になりました!!

ポスターの応募のほうもお待ちしております!
カルマンが過ごしている土地柄がバックにあらわれていると地域の特色がでて面白そうですね~!

*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!




日記 | 投稿者 赤の’57 13:51 | コメント(8)| トラックバック(0)

祝!200万アクセス



アクセスログを出してみたら数日前に200万アクセスを超えていました。

ピンときませんが、200万という数字は大きい数字ですよね!

こんなブログをたくさんの方に読んでいただいているということでちょっと恥ずかしくなっています。

お付き合いくださっている皆様に感謝、感謝!です。

これからも、カルマンギアの話題を中心に支離滅裂に広く浅く書かせていただきますので、よろしくお願いいたします!




テレビでは参議院選の開票速報をしています。

民主党に厳しい判断が出るのは予想できましたが、自民党が躍進する理由がわからない…。

自民党は民主党の批判はしているが、自民党自身がどのように変わったのか、まったくわからないし…。
ていうか、変わってないと思うし…。

民主にも自民にも入れたくない…、でも、小さな党に何ができる…?

今回ほど票を入れる先が見つけにくい選挙もなかったのではないでしょうか?

当選したタレント議員に今後6年間でいったいいくらの歳費を税金で投入するのか…

ばかばかしいなあ…

衆参でねじれて余計な税金がまた、たくさんかかるのだろうなあ…
でも、民主党が暴走するよりもいいかもしれないし…
民主党の暴走を止める立場だ!といっていた政党の親分が一番暴走してたし…


政権末期、ブレまくっていた自民党が民主党がブレているブレていると鬼の首取ったように言っているのもむかつくなあ…。

日本はいったいどうなっていくんだろう…
不安感しか残りませんね…

あ~あ…

と、天気と同じようにグズグズ気分が乗りません…。

いい話題がほしいなあ…!



日記 | 投稿者 赤の’57 22:07 | コメント(8)| トラックバック(0)

ワインレッドの心(配)



生まれて初めて軽を買って、これから名義変更なのですが(車検は2年付きでした)、必要書類等、普通車とずいぶん違うんですね。
車庫証明も印鑑証明もいらないし、車を持っていかなくてもナンバーだけ外して持っていってもできるらしいし…。

さて、ワゴンRの室内です。
着座位置が高いので乗り降りしやすいし、目線が高いので大きな車に乗っている感じがします。
エアバッグは助手席はもちろん、運転席にもありません。
エアコンはよく効きます。
室内は、軽とは思えない広さですね。
現行モデルはさらに大きくなってるのですね…。


なにやら、ターボタイマーらしきものが付いています。
使えるのかどうか、わかりませんが…。


シートの破れや汚れはなく、思ったよりもきれいです。


天井もきれいです。
黒っぽいシミのような部分はカメラのレンズの汚れです。
身長184cmの私が座っても頭と天井の間は20cm近く空いています。
ここまでの高さはいらない気もしますが…。


ダッシュパネルには懐かしのカセットデッキが…。
こりゃ、ダンボールにつめたままのカセットテープ復活か??


でも、リアには驚きのCDチェンジャーが…。
まだ試していません。
後付のリアスピーカーもいかにも素人的な取り付け方で、昔懐かしい形をしています。
リアシートにも3点式シートベルトが付いていますが、ヘッドレストはなし。(いりませんが…)
前に倒すとぺたっとフラットな荷室になります。


フロントシート下にも80年代のもの?と思えるような古臭いデザインのスピーカーが置いてあります。
音に関しては…
期待するほうが無理ですね…!


水冷直列3気筒SOHC6バルブICターボ657cc
61ps/6000rpm
10モード燃費18.2km/リットル
とりあえず、オイルにじみ等はなさそうです。
水もオイルも要交換という感じです。
バッテリーは? 不明です…。


塗装はこんなになっている天井以外はまともなんですが…

あと、写真を撮り忘れましたがアルミホイールが付いてます。


さて、この車がどのくらい普通に走り続けてくれるか…
まったく未知数です。
もう、運の問題?




で、みなさんが「どうしたの?」っていう、レガシーですが…

この写真でご想像ください…(涙)


富士の最終コーナーで…

…なわけないか…。



今日は参議院選挙ですね。
最後まで他党の悪口ばかり言っている党首の演説には嫌気がします。

本当はそうではないのに、テレビ局が編集する段階でそうしているとしたら、そういうセンスのマスコミに嫌気がさします。

与党も前与党も自分たちのしてきたこと、言ってきたことに責任持たないし、小さな野党はできもしない理想論(ほんとうは実現してほしいけど)をぶっているばかりで…

なんだかね…


日記 | 投稿者 赤の’57 07:26 | コメント(10)| トラックバック(0)

ワインレッドの心



やはり、足車というか、下駄代わりの車がないと不便だということで、軽をヤフオクで落札し、昨日雨の中、引き取ってきました。

あはは!…の初代ワゴンRです。

だって、安かったんだもん!!(笑)

そんな古い軽で大丈夫???
まともに動くの?
という声がたくさん聞こえてきそうです。

大丈夫かどうか、わかりませんが、昨日引き取って90kmくらい運転したところでは問題なしです。

あれ?
レガシーはどうしたの?
という、このおばかブログをいつも読んで下さっている方…。

聞かないでください…
語るも聞くも涙涙の悲しい物語があるのです…。
解禁まであと3年くらい必要かも…(笑)


というわけで、今回の足車も

生意気にこんなステッカーが貼ってあります。
レガシーはツインでしたが…。

ヒュイ~ン…と、ほぼ全領域タービンの音が聞こえます。

5速MTです。

雨だし、夜だし…で、ゆっくり見ることもできず、とりあえず納車終了というところです。



計らずも、赤系の車が2台になってしまいました。



*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!




日記 | 投稿者 赤の’57 07:12 | コメント(14)| トラックバック(0)

ベストショットって…



100M記念ポスターを作るにあたり、自分がどんな写真で応募しようかとk-ghiaさんに習って探してみました。

でも、膨大な写真の中で探すのも面倒で、ブログの中から探すことにしました。
それでも、今まで書いたブログを全部見直すなんてとても面倒な作業で、ざ~っと、はしょって見た中からいくつかピックアップしてみました。

感じたのは、思っていたより、自分のカルマンの写真って少ないこと。
そして、気に入ったショットは比較的縦位置の写真が多いことでした。

今回のポスターは横位置の写真での応募になるので、横位置のものだけを取り出してみたのがこのページの写真です。

ワンショットでカッコよく撮れているものってないですね~。

思えば、ピンナップを撮るというより、ブログ用の説明写真を撮るようなつもりでシャッターを押していることが多いからなんですね…。

一番上の写真はカルマンを購入してまだ間もない頃、調子がいいのか悪いのかもわからず、茨城のショップへ見てもらいに行く途中のスナップです。
場所は茨城県の土浦です。

まだダブルバンパーがついていますね。
ナンバー以外は買った時のそのまんまの状態です。


この場所にはよく通いました。
もっとも近い海で、夕陽を見に行っていました。
すでにバンパーはシングルにしています。


これも同じ場所です。
レインボーブリッジが背景に入るように撮る位置を変えたものです。



外房の千倉海岸です。
ここも時々行く海です。

好きなカットなのですが、空の色も海の色もいまいちです。




白川郷の合掌造りの家と一緒に。
カルマンの角度がいまいち。



やはり、東京湾の夕暮れの時の写真です。
気に入っている写真ですが、カルマンはよくわかりませんからポスター向きではないですね…。
後ろからのショットはこの角度からのカルマンが一番好きです。



クリスマスイルミネーションで飾られた東京丸の内。
もうちょっと、低い位置から撮ればよかった…。



低い位置から紅葉と一緒に撮った写真です。
場所は茨城県の袋田の滝の近く。



これは私が撮ったのではなく、papabusさんが撮ってくださった写真です。
100Mの下見に行ったときの写真です。
富士山も後ろに見えますね!
やはり、低い位置から撮るとカッコいいですね!
すごく車高の低い車に見えます。



この写真からは今の状態に近いです。
ルーフを師匠がブラックに塗ってくれて、ツートーンになりました。
フロントバンパー上にはファンファーレホーンが付いています。
場所は静岡県ならここの里です。
極寒キャンプをした時です。



内房勝浦の夕陽。



100M当日の写真。
駿河屋伝兵衛さんが撮ってくれたものです。
ワイドレンズで面白い雰囲気の写真です。



筑波山の夕陽。
気温の低さが伝わってきません?
かなりアンダーに撮ったのでカルマンっぽくないですね。



琵琶湖湖畔のキャンプ場。
カルマンの顔が暗くつぶれてしまっています。
この写真ではわかりませんが、ヘッドライトが念願のユーロレンズになっています。
ウインカーもオレンジに変更しています。



内房の夕陽。
雰囲気はあっても誰のカルマンかわかりませんね!



山中湖撫岳荘で。
前からのショットはこの角度がベストかも…。
でもバックはぜんぜん面白くありません。


というわけで、どれも決め手に欠いていて、決めかねます…。
撮り直すチャンス、あるかなあ…。

カメラ、レンズが汚れているし…。

もうちょっといいカメラほしいけど、なかなかね…。


さて、一昨日の話になりますが、
100台ミーティングにエントリーがありました。

バスクラさん、ありがとうございます!!
バスクラって、バスクラリネットのことなのかなあ…

ポスター応募の写真も少しずつ集まり始めています。
みなさん、素敵な写真をお持ちですね!

8月31日が応募の締め切りですので、よろしくお願いいたします!



*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!




カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 08:29 | コメント(3)| トラックバック(0)

100Mオリジナルポスター製作決定!!



第2回カルマン100台ミーティングを記念してオリジナルポスターを作ろうか!!ということになりました!

皆さんからいただいた自分のカルマンの写真を集めてひとつのポスターにしようということなんです。

カレンダーという案もあったのですが、その年を過ぎるとカレンダー部分が意味がなくなってしまいますからね…。
ポスターで行こうということになりました。


上の写真はイメージです。
あのポスターでは8台しか写っていませんが、希望者全員の写真を載せようと思っています。


仮に希望者が100人いたら、1台ずつは小さすぎて見えなくなるのでは…とお思いの方、大丈夫です!

これは、2006年に参加した八王子のクラシックカーイベントの時のポスターなのですが、ざっと250台くらい写っています。

このサイズでも自分の車の写真はちゃんとわかりますよ!

せいぜいこの半分ですから、楽勝です!!

ミーティング当日に撮った写真をまとめて…という案も出ましたが、背景がみな同じだと却って面白くないので、自分のカルマンのベストショットを持ち寄って作ってみたいな…と思うわけです。

ですから、このポスター作りの参加はミーティングの参加が条件となります!

ミーティングの思い出として作るものですからね!

サイズなどは特に指定しませんが、横位置でお願いします。
縦横比の関係で多少こちらでトリミングさせていただくことがある点、ご了承ください。

ナンバーを隠したい場合は事前に処理をした状態で送っていただけると助かります。

ご自分でできないけど処理をしてほしいという方は応募時に申告してください。
申告がない場合はそのまま掲載させていただきます。

紙焼きの写真での応募もお受けします。
こちらでスキャンしますので、現物を送付してください。


〇販売予価 500円

  ※購入予定の方のみが参加できます。

〇応募締め切り 8月31日

〇応募先   info@karmannghia100cars.com
  
  ※郵送希望の方はメールで送付先をお問い合わせください。

〇ポスターサイズ B2版予定

販売はミーティング当日に行う予定です。

応募者がとても少なかったらコストの問題でこのプランはキャンセルということになってしまうこともある点、あらかじめご了承ください!


ぜひ、皆様のご応募をお待ちしております!!


ミーティングのホームページも随時、更新していますので、ときどき覗いてくださいね!!

こちらですよ!
  ↓ ↓




100台ミーティング | 投稿者 赤の’57 10:04 | コメント(2)| トラックバック(0)

パンク…そして引越し1年



昨日はカミさんが一人でTJさんちにお邪魔し、いろいろお世話になったようで…

ありがとうございました。

で、上の写真の植物は何でした?
カミさん、すでに名前を忘れているようで…

花が咲いた後の実のようですが、とても綺麗です。



新しいチーズケーキのお供も無事熟成を始めました。
思えばちょうど1年前、ここに越してきた時に、いの一番に山桃酒を持ってきてくださったのがTJさんでした。

そう、引越しをしてちょうど1年経ちました。

早いものですね!
あの日も大雨でした。


先日は引越し1年のお祝いに駅前の飲み屋に行ったのですが、写真は1枚もなし…。



私はといえば、朝から通勤途中でべスパがパンクするし…
写真じゃわかりにくいですが、お尻のほうがグニュっとなって、確かにパンクです。


押してるうちに雨降ってくるし…



スペアタイヤは持っているのに工具がなく、近くにガソリンスタンドもなく…

近くにあったスーパーオートバックスまで押して開店まで1時間待って…

挙句、パンク修理はできない。工具も貸せない。
なんていわれるし…

べスパでも最低限の工具は持ち歩くべきことを痛感したのでした。

まあ、最終的になんとかなったのですが…。


KBスクーターズの遠藤さんにはまたまた大変お世話になりました。

ほんとうに、親切なべスパ屋さんです。
そこで買ったべスパじゃないのに、親身に面倒を見てくれます。

みなさん、べスパを買ったりメンテをお願いするのなら、絶対にこのお店がお薦めです。

しかし、べスパはスペアタイヤ積んでるけど、普通積んでいないバイクはパンクしたらどうするの??

素朴な疑問でした。




*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


ベスパ | 投稿者 赤の’57 06:36 | コメント(10)| トラックバック(0)

紫陽花



蒸し暑い日が続きますね~!!
寝苦しくて、このところ毎晩寝るときにはクーラーを付けているのですが、タイマーで夜中には切れるようにセットされています。

で、朝起きると、着ているTシャツは汗まみれ…
寝てる間に発汗して体力使っているような感じです。

それで、ダイエットになってればまだいいのですが、そこのところはちっともだし…

ブログを開けると、なんだか変なコメントやトラックバック…
それ見ただけでなんだかテンション下がって書く気にならず、コメントへの返信まで遅れたりして申し訳ないです…。

上の写真はすぐご近所の家で咲いているガクアジサイ。
普通のアジサイよりもこのガクアジサイが好きです。

この花を見ると、三宅島を思い出します。
この時期、三宅島では島のいたるところにこの花が咲いていて、島の花に指定されています。

ほどほどに主張していて、ほどほどに謙虚な雰囲気。
陰気な梅雨時に爽やかさを届けてくれる、この季節、紫陽花は貴重ですね!

各地にアジサイ寺なんてのがあり、鎌倉の明月院なんてことに有名ですが、風流な姿を見ようなんて思っていくと、まず後悔しますからね。

アジサイよりも人のほうが多いんじゃないかというような混みようですからね。
ゆっくり鑑賞できるのは開門前に入れてもらうテレビなどの報道機関やごく限られた特別待遇の方だけ…。
一般人は何を見に行ったかわからなくなってしまいます…。

これは春の桜の名所や秋の紅葉の名所も同じですね。

私は都会は好きなんですが、人ごみは嫌いです。
人の少ないところでのんびりするのも大好きです。
そして、都会から離れたところでの人ごみはもう、最悪なわけです…。
都会なら、覚悟して行きますが、郊外に行くときはそんな覚悟したくないですからね…。

かといって、ひなびてほとんど人がいない遊園地や元商店街など、本来にぎやかであるべきところにぜんぜん人がいないのも、なんだか寂しくなってしまってイヤですね…。

って、なんだかわけのわからに愚痴をグダグダと書いてしまう、テンション下がり気味な今日この頃ではあります。


そんな中、ひとつ嬉しいことが!

59台でピタリと止まっていたカルマン100台ミーティングのエントリーですが、今日、1台エントリーがありました。

なんと、石川県からタイプⅢカルマンでのエントリーです。

おくむら*はなさん、ありがとうございます!!
前回はタイプ1カブリオレでのご参加でしたね!
両方お持ちで羨ましいです!!

どうぞ、お気をつけて来てくださいね!


*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


日記 | 投稿者 赤の’57 14:23 | コメント(11)| トラックバック(0)

動画2点


上の写真は6月24日に紹介した59年ブリリアンレッドの角テールですが、この車の動画を発見しました。

きっと、オーナーなのでしょう。
いかにも素人という撮り方でなめまわすように愛車を撮影しています。

「どうだ!どこを撮っても程度いいだろ!!」という声が聞こえてきそうな撮り方ですね!

でも、これがノンレストアとしたら、信じられないくらいのコンディションです!



もう1台、


こちらは2009年5月19日に紹介した極上の56カルマンですが、その動画もありました。

この動画はイベントの様子のようですね!

撮ってる方はオーナーの知り合いのようですね。

オルデンドルフでのイベントのようです。
周辺の建物などの景色や置いてある車がまたなんとも凄いです…


こんなところです。

56の極上ペリカンレッドカルマンを所有しているUDOさんの姿も見えます。
彼は私のことなど何も知りませんが、私は車だけでなく、彼の顔もよく知っているわけです…(笑)

目標ですから…


さて、カルマン100台ミーティングのエントリーですが、現在59台でピタリと止まっています。

参加予定の方、ぜひ、事前にお申し込みをください!
いろいろと準備の都合がありまして、ぜひ、よろしくお願いいたします!!




*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


カルマンギア全般 | 投稿者 赤の’57 07:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

ダッシュパネルの変遷


(これはマイカルマンのダッシュパネルです)

今日から7月。
2010年も半分終わりました。
ホビダスのカレンダーは356スピードスターになりました。
とてもいい絵です。
きっとこれからの半年もさっと終わってしまうのでしょうね!


さて、今日はカルマンギアのダッシュパネルの変遷に関してのお話です。

1955年から1974年まで約20年間に渡って生産されたカルマンギアですが、ボディは大きくは3つのタイプに分かれていますが、細かい部分は毎年といっていいくらいに変化があります。

その中で、ダッシュパネルはどのように変わっていったか…

じっくり見てみましょうか?
文中の年は製造年ではなく、モデルイヤーになります。




これは1953年に発表されたプロトタイプのダッシュパネルです。
市販モデルとは明らかに違いますが、スピードメーターと時計の2連メーターの基本デザインは同じ雰囲気です。
ステアリングはタイプ1のスプリット時代のデラックス~オーバル前期に使われた通称バットウィングと呼ばれるタイプのものと同じものが使われています。



1956年~1957年モデル、最初の市販モデルのダッシュパネルです。
まだ燃料計が備わっていません。
ステアリングやスイッチノブはタイプ1オーバルと同じものが使われています。
ダッシュ左下にあるフレッシュエアーの切り替えレバーが確認できれば、56か57かのどちらか判別できます。



1958年~1959年前期モデル。
燃料計が標準となり、ステアリングはカルマンギア専用タイプとなります。
ノブも58~59専用のものです。



1959年後期モデル
ダッシュボードの端のプレスラインが変わりました。
よくわからないという方はこちらをご覧ください。
ダッシュパッドがついたモデルもあったようです。
ステアリングのホーンボタンも細かく見ると58年と59年では違うようです。
詳しくはこちらをご覧ください。



1960年モデル。
この年のモデルからボディが三日月テールタイプに大幅に変更になりました。
右ハンドルも生産が始まりました。
ダッシュパネルは基本的には59年モデルと変わりませんが、リブの入ったダッシュパッドが60年モデルオンリーの特徴です。
ステアリングはビートルと共通のものに戻りました。



1961年~1963年モデル。
60年モデルにあったダッシュパッドのリブがなくなりました。
エンジンがこの年からオートチョークになったので、チョークのノブがなくなりました。(ダッシュの左端、イグニッションキーの上)
ワイパースイッチの中にウインドーウォッシャーのボタンが付くのは62年モデルからです。



1964年~1965年モデル。
ステアリングのホーンリングがなくなり、ボタンから左右に伸びたレバーのみになりました。



1966年モデル。
6V時代最後のモデルです。
このモデルのみ、ダッシュパネルに専用のモールが付きます。
この写真の赤いステアリングやダッシュパッドは特別オプションだったようです。(詳しくはこちらをご覧ください)
灰皿がダッシュの下に移り、スイッチ類の配置も変わりました。
ステアリングのホーンリングは復活しています。



1967年モデル。
この年から電装が12Vになります。
カルマンの外見はほとんど変わりませんが、ダッシュパネルは大きく変化し、2連メーターからミッキーマウスの顔のような大1個、小2個のメーター配置になります。
また、鉄板むき出しではなく、木目のシートが貼られました。
そしてカルマンギアの小さいスクリプトがラジオの上のスペースに付くようになりました。
スイッチノブはブラックに。



1968年~71年モデル。
助手席前のクラブハンドルがダッシュボードの上から一体型になりました。
またダッシュの下側にもパッドが備わりました。
イグニッションスイッチがステアリングポストに移動しました。
70年にボディはビッグテールへと大幅な変化をしているのですが、ダッシュパネルは基本的に変更がなかったようです。



1972年~1974年モデル。
カルマンギアの最終モデルは2連のコンビネーションメーターになり、木目調がブラックになりました。
ステアリングも4本スポークのパッド入りに。
ワイパースイッチがステアリングコラムのレバー式に変更になりました。



さらに、今回はタイプ3カルマンにも触れてみます。
1962年から1969年まで造られたタイプ3カルマンですが、外見と同じようにダッシュパネルもタイプ1カルマンとまったく違うものです。


1964年モデルのダッシュパネル。
ステアリングは共通のようで、64年~65年モデルはホーンリングがありません。



1966年モデルのダッシュパネル。
タイプ3カルマンにはタイプ1カルマンと同じ66オンリーのモールは付いていないようです。
このカルマンも、66~67オンリーの特別色のステアリングで
、ホーンリングがついています。



1967年~1969年モデルはやはり木目調のダッシュパネルになっていたようです。
デザインのせいなのか、とても幅広い車に見えますね!


このように、一見同じにみえるカルマンギアですが、ダッシュパネルを覗くだけで、かなりの年式考察ができるわけです。

秋のカルマン100台ミーティングでその違いをじっくり見てみませんか?



*************************************************************
第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!


パーツ考察 | 投稿者 赤の’57 07:48 | コメント(4)| トラックバック(0)
<<  2010年 7月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ホビダス[趣味の総合サイト]